アニマルズ 朝日のない街。 アニマルズの1968年日本公演の顛末

アニマルズ、来日公演決定

アニマルズ 朝日のない街

ジャンルは、、、である。 60年代後半にアメリカに渡ってからは、の作品も残した。 1960年代半ば、、、、などと共に人気を博した。 アメリカでは、いわゆる の代表格の一組とされている。 アメリカのに根ざした作風が特徴的で、シーンにも多大な影響をもたらしたバンドである。 ボーカルのエリック・バードンが「」において第57位にランクインしている。 キャリア [ ] 、イギリスのニューキャッスルで()、(、)、()、()、()の5人で結成。 バンド名はグラハム・ボンド・オーガニゼーションのグラハム・ボンドが命名。 ライブがあまりにもワイルドだったため、観客から「Animal! 」という声が多くかかったことから、メンバー自ら名乗るようになったという由来が語られたことがあるが、2013年のインタビューでエリック・バードンが否定している。 音楽性はブルース色が非常に強く、の「Boom Boom」などをコピーしている。 対照的に、シングル曲にはヒットを意識してブリル・ビルディング系の作曲家の作品が多く取り上げられる。 多数のヒット曲の中、「The House Of The Rising Sun(は「」)」が最大のヒット曲として知られている。 これはアメリカの伝統的なフォーク・ソングを、ブルース的な解釈でカバーしたものである。 また、「We Gotta Get out of This Place は「朝日のない街」)」は、全英2位に輝き、やなど、多くのアーティストがカバー。 (2011年版)では235位にランクされた。 特にはこの曲について、彼の1970年代の曲作りにおいて影響を受けた曲の1つとインタビューで語っている。 同じ時期に活躍していたこともあり、とも仲が良かった。 チャス・チャンドラーは、を見出したことでもよく知られている。 1968年の曲「スカイ・パイロット」は、サイケデリック・ロックの反戦歌と認識されている。 この時期のメンバーとして、後ののギタリスト、が在籍していた。 1968年の来日ツアーは、ビザ取得が困難だったため本来9月の予定が11月に延期されている。 この際のトラブルとしてよく知られている事件は、日本でのプロモーターは彼らが全く面識のない反社会的勢力だったことである。 相手は、翌日までにバンドメンバーと共に出国しなければバンドメンバー共々危害を加えると脅した。 彼らはツアー用機材を全て残して、直ちに日本を去った。 1975年及び1983年に、オリジナル・メンバーで一時的に再結成した。 に、入りを果たしている。 ディスコグラフィ [ ] 詳細は「」を参照 アルバム [ ]• 『ジ・アニマルズ・オン・ツアー』 - 1965年、US• 『アニマリズム』 - 1966年、US• 旧邦題『ウィンズ・オブ・チェンジ』• 旧邦題『トウェイン・シャル・ミート』• 旧邦題『ラヴ・イズ』• 『ビフォー・ウィー・ワー・ソー・ルードリー』 - 1977年• 『アーク』 - 1983年 脚注 [ ].

次の

アニマルズの1968年日本公演の顛末

アニマルズ 朝日のない街

同タイトルで別4商品でレヴューが被ってしまっています。 全19曲 56:10 1993年1月27日発売。 そしてこのCD化にあたり更に下記5曲も追加し全19曲の大盤振る舞い。 Tr-15「クラブ・ア・ゴー・ゴー」 Tr-16「朝日のない街」 Tr-17「アイ・キャント・ビリーヴ・イット」 Tr-18「イッツ・マイ・ライフ」 Tr-19「アイム・ゴナ・チェンジ・ザ・ワールド」 解説、歌詞は有るが歌詞対訳は無い。 全11曲 32:39 1999年2月24日発売。 5 でオリジナルのままスッキリと全11曲。 ボーナス・トラックも無いが当時の雰囲気を知るには良いと思う。 全19曲 57:06 2002年12月26日発売。 英コロンビアと米MGMとでのアニマルズのアルバム発売にはタイトルと収録曲でかなり相違多く煩雑です。 そんなことを気にせずに素直に楽曲だけに聞き惚れれば良いのだがやはり気になる。 これは英国版にボーナス・トラックを付けたもの。 アルバムにシングルをダブらせない英版だけに「悲しき願い」「悲しき叫び」「朝日のない街」「イッツ・マイ・ライフ」を含むボーナスは有難い。 歌詞対訳付きなのもとても良い。 全12トラック 39:17 2016年編集。 オールデイズ、クリンク。 紙ジャケット。 利益優先 削ってシングル等を組み合わせて新たに1枚作り出す の為に米オリジナル・サードは全10曲。 次からイギリス本国では英デッカに移籍するがアメリカではそのままMGM。 日本ではロンドン キング からMGM ポリドール へ変わった。 そして「エリック・イズ・ヒヤ」発売。 本商品に解説はあるが歌詞掲載が無い。 70年代以降は、ロック好きな人が集まって,「エリック」と言えばクラプトンの事だったが,60年代の中頃では「エリック」と言えばバードンの事だった。 彼等のサイケデリック以前のアルバムはどれをとっても素晴らしい代物である。この後のDECCA時代の録音もまた素晴らしい。 でも、このアルバムには日本初来日時の頃の録音が残されている。特に,D. ローベリーが加わってからの曲も何曲か含まれている。基本的にはシングル盤から好きになったバンドなので,ボーナスについているB面曲達の存在がありがたい。特に,ここに含まれている4枚分のAB面曲は当時の私のお気に入りだった。「フォー・ミス・コーカー」だってけだるさが素敵だと思うよ。 アニマルズと言えば,最初に買った「悲しき叫び」や「朝日のない街」の方が僕には重要だったが、特にヴォーカルが際立っていたバンドだった。 歴史的にももっと語られるべき存在だったと思う。 レイ・チャールズ好きの彼ららしく「Mess Around」「Hallelujah I Love Her So」を演っている。 定番カヴァーの「Bright Lights Big City」 ジミー・リード 、「Roadrunner」 ボ・ディドリー も演っているが全体的にエリック・バードン vo とアラン・プライス p,org はやっぱり凄い。 アニマルズのUKセカンド・アルバムに同時期のシングル等を加えたお得なCD。 尾藤イサオじゃないが本当に「どうにもこうにもなりゃしねぇ~」傑作。

次の

アニマルズ/アニマルズ/ベスト

アニマルズ 朝日のない街

同タイトルで別4商品でレヴューが被ってしまっています。 全19曲 56:10 1993年1月27日発売。 そしてこのCD化にあたり更に下記5曲も追加し全19曲の大盤振る舞い。 Tr-15「クラブ・ア・ゴー・ゴー」 Tr-16「朝日のない街」 Tr-17「アイ・キャント・ビリーヴ・イット」 Tr-18「イッツ・マイ・ライフ」 Tr-19「アイム・ゴナ・チェンジ・ザ・ワールド」 解説、歌詞は有るが歌詞対訳は無い。 全11曲 32:39 1999年2月24日発売。 5 でオリジナルのままスッキリと全11曲。 ボーナス・トラックも無いが当時の雰囲気を知るには良いと思う。 全19曲 57:06 2002年12月26日発売。 英コロンビアと米MGMとでのアニマルズのアルバム発売にはタイトルと収録曲でかなり相違多く煩雑です。 そんなことを気にせずに素直に楽曲だけに聞き惚れれば良いのだがやはり気になる。 これは英国版にボーナス・トラックを付けたもの。 アルバムにシングルをダブらせない英版だけに「悲しき願い」「悲しき叫び」「朝日のない街」「イッツ・マイ・ライフ」を含むボーナスは有難い。 歌詞対訳付きなのもとても良い。 全12トラック 39:17 2016年編集。 オールデイズ、クリンク。 紙ジャケット。 利益優先 削ってシングル等を組み合わせて新たに1枚作り出す の為に米オリジナル・サードは全10曲。 次からイギリス本国では英デッカに移籍するがアメリカではそのままMGM。 日本ではロンドン キング からMGM ポリドール へ変わった。 そして「エリック・イズ・ヒヤ」発売。 本商品に解説はあるが歌詞掲載が無い。 70年代以降は、ロック好きな人が集まって,「エリック」と言えばクラプトンの事だったが,60年代の中頃では「エリック」と言えばバードンの事だった。 彼等のサイケデリック以前のアルバムはどれをとっても素晴らしい代物である。この後のDECCA時代の録音もまた素晴らしい。 でも、このアルバムには日本初来日時の頃の録音が残されている。特に,D. ローベリーが加わってからの曲も何曲か含まれている。基本的にはシングル盤から好きになったバンドなので,ボーナスについているB面曲達の存在がありがたい。特に,ここに含まれている4枚分のAB面曲は当時の私のお気に入りだった。「フォー・ミス・コーカー」だってけだるさが素敵だと思うよ。 アニマルズと言えば,最初に買った「悲しき叫び」や「朝日のない街」の方が僕には重要だったが、特にヴォーカルが際立っていたバンドだった。 歴史的にももっと語られるべき存在だったと思う。 レイ・チャールズ好きの彼ららしく「Mess Around」「Hallelujah I Love Her So」を演っている。 定番カヴァーの「Bright Lights Big City」 ジミー・リード 、「Roadrunner」 ボ・ディドリー も演っているが全体的にエリック・バードン vo とアラン・プライス p,org はやっぱり凄い。 アニマルズのUKセカンド・アルバムに同時期のシングル等を加えたお得なCD。 尾藤イサオじゃないが本当に「どうにもこうにもなりゃしねぇ~」傑作。

次の