しゃがん でる ポーズ。 imasaの作ったもの

デッサン人形ポーズ集

しゃがん でる ポーズ

Have you ever had troubles drawing a character sitting down? Whether it's on a chair or on the ground, it's hard to make such poses look natural and realistic. But worry not! Today we put together an amazing collection of sheets that will help you forget your problems. How do thighs look when someone's sitting? What are the differences between the male and the female body when sitting down? You'll find the answers to these and many more questions in this collection of reference sheets. Are you ready to learn how to draw some super-realistic illustrations? These materials are free and traceable, but please be sure to read captions and notes before you use them. Enjoy!

次の

メンバーのしゃがんでる画像が自然と集まるスレ

しゃがん でる ポーズ

完成から投稿までだいぶ時間が空いてしまいましたが、『キルラキル』の鬼龍院皐月を作成いたしました。 以前、纏流子のモデルを作成していたので、それの対になるキャラを作っておきたいと思い作成に至りました。 自前でこしらえた素体モデルもアップグレードしていたので、それの動作確認も兼ねてつくってます。 今まで、長髪のキャラクターは作ったことがなかったのでいい経験になりました。 短髪キャラの場合、今までヘッドパーツとヘアーパーツを作成した段階でポーズ付け作業に移り、そこから髪の毛に動きを付けてました。 円形ツールを幾つかマージしてSmoothかけたり、Moveブラシで引っ張ったりするぐらいでそれっぽいものが簡単にできます。 最近、アイコンを変えました。 一見、イラストですが、実はこれZBrushで作ってます。 ローポリのキューブとかサークルをZModelerで加工して、アイコンとロゴを作ってます。 以前みたいに、作ったキャラクターモデルのレンダリング画像でもよかったのですが、何か私をあらわすような名刺的な感じが欲しかったので作りました。 私は、文字のデザインもいちからしましたが、最近のアップグレードでText3D機能が追加されましたし、FlatColorマテリアルやパースOffを使えば平面的な出力ができるので、割とこういう使い方もいいんじゃないかと。 意外とうまくできたと思ってるので、勢いで業者さんに依頼して缶バッジにしてみました。 「血界戦線」 に登場する「ルシアナ・エステヴェス」と言うキャラクターのファンアートを作りました。 複数に分裂するキャラクターなので、その瞬間のうにょーんって感じを表現してみました。 複数体作るのはなかなか骨が折れました。 ポーズ違いで5体作りましたが、最終的に配置してみて冗長だったので一体はリストラしました。 うにょーんと粘ついているような部分は、 1,白衣パーツに対して複数の円形ポリゴンをProjectionでフィックス 2,円形ポリゴン同士をZmodelerのブリッジ機能で接続 3,Dynameshで結合してディテールの掘り込み の3ステップで作ってます。 白衣のしわを結構頑張ったのですが、うにょーんを付けたことで消えてしまいました。 供養として、うにょーん無しの画像も2枚貼っておきます。 2018年も頑張って作っていきますのでよろしくお願いいたします。 2018年1月ごろから制作しておりました、キルラキル-纏流子のファンアートモデルが完成いたしました。 このキャラクターの制作は今回で3度目です。 2016年 このキャラクターを初めて制作。 1度目 2017年 リベンジということで制作。 2度目 2018年 今回の制作 3度目 以前、twitter上でご紹介いただきましたが、2017年後半に、このキャラクターのライバルに当たるキャラクターを作成しておりました。 「そのライバルキャラクターと対になるようなポーズで配置したい」を思いコンセプトの下、制作しました。 文章の後半で、その画像も載せております。 7月上旬から作り始めて10月22日に完成しました。 こだわりポイントは上げればキリがないですが、頭部と、服、太ももに力を入れています。 頭部については、原作の漫画がかなり描きこみが多く、髪の毛の描写も細かいものであったため、モデルにする際も細かくなるように意識しました。 服については、上着、スカート、ストッキングで表情が異なるため、それぞれの状態を意識したシワを入れるようにしています。 上着については、ベルトから上と下で、たるみ感やツッパリ感が異なるため注意しました。 太ももについては、服の表現と被ります。 ストッキングが破れている状態を表現するための表現は試行錯誤しました。 フローとしては、太もものベースモデルを作成した後に、ストッキング部分と、破れて露出している生肌部分とでパーツを分け、そこから、細かいストッキングのほつれとそれによって圧迫されている生肌部分のディテールを加えています。

次の

【イラスト講座】座ったポーズの描き方・アタリの取り方

しゃがん でる ポーズ

お久しぶりです。 今回は「座ったポーズ」についてです。 座るポーズは立つポーズに比べて難易度が高く、うまくバランスが取れないという方も多いのではないでしょうか。 この記事では「なぜ」座ったポーズが描きにくいかということから 「どうやって」描いていくのかということまで書いていこうとおもいます。 スポンサードリンク 座るポーズを描くことはなぜ難しいのか 座ったポーズはなぜ難しいのでしょうか? 具体的には以下の点が挙げられます。 接地部分を描く必要があるから• 奥行きを使った構図になりやすいから• 体の一部が見えなくなる構図になりやすいから 1の「接地部分を描く」ということは、 「 パースをある程度理解している必要がある」ということです。 その時点で立っているポーズ(接地面を描かずに済む構図)よりも 難易度が高いことがわかると思います。 参考: 参考: また、2の「奥行きを使う」には立体をある程度把握していないといけません。 3も同様です。 見えないところを描くには立体把握能力が必要になってきます。 参考: 参考: 余談になりますが、立体把握ができる、できないとここでは書いていますが 実際にできているかどうかというのは 誰にも明確に定義できません。 なので、うまく行っているかどうかは 「 違和感なくそのポーズに見える」ことを一つの到達点として下さい。 スポンサードリンク 座るポーズのアタリの取り方 さて、ここからが本題です。 以上の問題を解決するにはもちろん長期的な解決法(パースの理解、立体の把握など) が有効なのですが、短期的な解決法としてあげられるのが アタリです。 座ったポーズしか応用が効かないけれど、うまくポイントを抑えれば一日で効果が出ます (効果には個人差があります) では早速、座るポーズのアタリについて解説していきます。 今回は正面から見たポーズをば。 1.股下まで のアタリを描く まずは顔から股下までのアタリを描きます。 参考: 基本的にはここまでは立ちポーズと同じで構いません。 2.接地点までのアタリを取る 座るポーズは基本、 お尻が座る対象(椅子など)と接地しています。 次はこの接地点のアタリを描いていきます。 お尻は弧ではなく、少し特殊な形をしています。 ここをあまり大きく描きすぎると 座っていない様に見えてしまうので 注意が必要です。 3.膝までのアタリを描く ココらへんは座るポーズで一番難しいかと思いますのでゆっくりいきます。 ここから下半身のアタリを取るのですが、で書いたような 股下から膝と膝から足首までの 長さの比率云々が一切通用しません。 (座りポーズはそもそも奥行き(Z軸)があるので 長さの比率が一元化できないんですよね。 ) こんな感じでしょうか。 青い線は接地面です。 長さはすごく短く見えますが、 奥行きを使う絵を描くときは必ずこういう長さになります。 4.全体のアタリを描いてバランスを見る アウトラインを描く前に全体のアタリを描いてバランスを見ましょう 股から膝以外の場所は奥行きを使ってないので長さは以前の講座通りだと思います。 この時点で気になったところは徹底的に直して下さい。 「どこか違和感のある絵」はバランスが取れてないことが原因のことが多いので。 5.下半身のアウトラインを描く バランスをとりおわったらアウトラインを描いていきましょう。 まずはふとももから 太腿は円柱でしたね。 これを意識しながら描きましょう。 わかりやすいように股下に 輪切りの線を入れました。 次いでヒザ下を描きます。 大体は以前の講座の描き方と同じですが、 太腿との接続部分(膝周り)だけ気をつけて描いて下さい。 ここの描き方で立体感の出る、出ないが変わってくることもあります。 ここでは足首とヒザ下に輪切りの線を入れてます。 6.完成 時間なくてアウトラインだけなとこ多くてすみません。 座っているシチュエーションも考えて描くことができると絵のバリエーションが増えておすすめです。 まとめ:パース、立体に気をつけて座っているポーズを描こう 更新遅くなってすみません こういうポーズどう描くの?などの質問がありましたら コメントでもツイッターでもよろしくお願いします! では今日はここらへんで….

次の