座薬 使用 期限。 ナウゼリン座薬の小児と大人の使用量や間隔と期限!効果と副作用も

開封後の目薬の使用期限と期限切れ点眼について

座薬 使用 期限

使用期限に注意! 目薬には「使用期限」が存在しています。 ちなみに、この「使用期限」とは、 未開封の状態のことを示しており、 開封後は、その使用期限は参考にしてはいけません。 その点においても注意しておきましょう。 このあたりは食料品における「賞味期限・消費期限」 と同じで、あくまでも記載されている日付に関しては 「まだ開けていない状態」での期限になっているので 勘違いしないように注意しましょう! 開封後はいつまで使っていいの? 開封後の目薬に関しては、 使用期限がいつまでか、という部分には関係なく なるべく早めに使い切る(用法を守って、が前提です)ように することが大切です。 開封後はどのぐらいの間使ってよいのか、という点ですが、 病院などで処方された目薬であれば1か月を目安に、 市販の目薬であれば3か月を目安に使うようにすることが 推奨されています。 ただし、保存状況などによっても、これは 大きく変わってくることだと思いますから、 しっかりと保存をして、開封後は、あまり長持ちしない、 ということは覚えておきましょう。 スポンサーリンク もしも期限を過ぎたらどうすれば? 目薬の使用期限が過ぎてしまったり、 開けてから日数の経過してしまった目薬に関しては どうすれば良いのでしょうか? これは、勿体無いので使いたい!という気持ちも 分かりますが、処分するようにして、 もしも目薬が必要なのであれば、また新しい目薬を購入 するようにして下さい。 無理して使うと、逆に目を傷めたり、悪影響を 与える可能性もありますから、 期限の過ぎた目薬、開封後1か月もしくは3か月が 経過した目薬に関しては、諦めて処分するようにしましょう。 使用時の注意点! 目薬は一度で使いきれるものではありません。 そのため、しばらくの間置いておくことになると 思います。 そんな際の保管状況も大切になるので、 注意するようにしましょう。 正しい保管方法で保管しないと、早い段階で 目薬がダメになってしまう可能性も十分に存在します。 保管する際に注意するべき点を 下記にまとめておきます。 ・しっかりとふたを閉めて保管する ・保管用の袋がついている場合はそれに入れる ・目薬の液が出る部分を触ったり目につけたりしない ・光が当たらない場所に保管する(直射日光など) ・高温多湿の場所を避ける ・凍らせたりしない になります。 この点には注意して保管するようにしましょう。 保管方法が守られていない場合は、上記で説明した時期よりも早く、 目薬がダメになってしまう可能性も十分にありますから、 注意するようにしてください。 異変を感じたら使用中止 例え使用期限内であったとしても、 開封後1か月以内であったとしても、 目薬に異変が見られた場合はただちに使用を中止して、 目薬を破棄するようにしてください。 気を付けるべき点としては 「液体の色」と「浮遊物の有無」ですね。 明らかに目薬の液体のが変わっている場合や 浮遊物が浮いているような場合は 使用を停止して処分して下さい。 また、万が一、その他にも「おかしいな」と思う部分が あるのであれば、使用を停止するようにしましょう! 液体の色に関しては、 目薬の容器自体にも色がついていることも多く、 なかなか見分けることができないようなケースも 多いと思いますが、 浮遊物であればすぐに分かるかと思います。 開封後しばらくしている目薬を使う場合には、 必ずこのあたりをチェックしてから利用するようにしてください! スポンサーリンク 無理して使わない もしも、期限がギリギリの目薬があった場合でも 必要ないならそれを無理して使わないようにして下さい。 勿体無い!と思うかもしれませんが、 目の健康のためですから、くれぐれも必要ない目薬を 使用期限が切れそうだから!とムキになって 使うようなことはしないようにしましょう! また、異変のあった目薬や期限の切れた目薬は 廃棄するようにしてください。 逆に目に傷をつけてしまったり、菌に感染してしまったりする 可能性もあり、逆効果になります。 もちろん、使っても問題ない場合もありますが、 何か起きてから後悔したのでは遅いですから、 使用期限の過ぎたモノは使わない、ということを 徹底しましょう。 まとめ 医師から処方された目薬や、市販の目薬は 用法通り使っていれば使用期限内に必ず 使い終わります。 しかしながら、途中で使用をやめてしまったり、 途中で使う目薬が変更になった場合などに関しては 目薬が残ってしまうこともありますよね。 ただ、使用期限の過ぎてしまった目薬に 関してはこれまでに書いてきたとおり 逆効果になってしまう可能性もありますから、 注意をするとともに、絶対に無理をして 使わないようにすることが大切になります。

次の

使用期限が切れた薬は飲んでも平気? 効き目や体への影響は?

座薬 使用 期限

溶け始めた座薬は直腸から吸収されるよ! たまに体温が低すぎて溶けてないってこともありますが、基本は30分以内に効果はで始めると思っておいてください。 ただし、ナウゼリン座剤 吐き気止め などの水分を含んでから溶け始めるタイプのものは、一時間ほどしないと効果がわからない場合もあります。 からだの血漿中濃度は、ほとんどの座薬の場合、挿入から2時間後がピークになります。 座薬の有効期限 座薬自体に有効期限などは書かれていませんが、基本的には 処方してもらってから半年以内に使うように言われています。 よく使う座薬を例にあげると、アンヒバ座薬は製造から5年、ナウゼリン座薬は製造から2年が使用期限となっていますが、もらった座薬の使用期限まではわからないですよね。 特に 小児は体重によって座薬の量も変わるんで、半年以上前のものは使用せずに、また新たに処方してもらってくださいね。 座薬を二種類使いたいときは? 座薬を複数個使いたい場面が時々あったりします。 基本的には先に効いてほしいものを入れなければいけません! 治療薬であるけいれん止めや喘息治療薬、吐き気止めがそれに当たります。 それ以外の場合は座薬の成分を少し考える必要があるんです。 もしわからなければ、薬をもらった病院や、お近くの薬局などに聞いてみてくださいね。 座薬の保管方法 保管方法は、日の当たらない湿気の少ない、室温25度以下の場所になります。 でも室温って変化が激しいですし、全ての条件を満たそうと思ったら、やっぱり 冷蔵庫が最適です! これはきっとほとんどの方がすでに冷蔵庫保管されているかもしれませんね。 みかんの一言 わりと小さい頃から身近にある座薬。 でも意外と知らないこともありませんでしたか? 座薬の効果をきちんと得るためにも、しっかり知って使っていきましょうね。

次の

ダイアップ座薬の使い方や効果と副作用!使用期限や体重の目安も

座薬 使用 期限

座薬のデメリット 小児科で良く処方される副作用は 薬の種類によって副作用は多少違うのですが、共通しているのは眠気が出るということです。 他に、 下痢、吐き気、まれに発疹や蕁麻疹が出る事があります。 滅多にないと言われていますが、ごくまれにアナフィラキシーショックやチアノーゼが出る事があります。 他にも口内炎や腎臓の症状が出たりすることもありますので、 様子がおかしいと思ったらすぐに病院で受診するようにしてください。 余った座薬はどうしたらいいの? 座薬は病院でもらう時少し多めにもらうと思います。 内服薬と違い、 全部使う必要が無いので余る事も多いと思います。 余った薬は処分した方が良いのでしょうか。 それとも何かあった時のために取っておいても良いのでしょうか。 調べてみると、 余った座薬はそのまま取っておいて良いみたいです。 ただ、保管の仕方に注意があり、 必ず冷蔵庫で保管するということ。 常温で保存していると、温度が高いので薬が溶けてしまい、十分な効果が得られなくなる事が理由の一つです。 ですが、 熱さで一度完全に溶けてしまった座薬は使えませんので処分する様にしてください。 使用期限は? 坐薬の有効期限は、薬の製造日や保管の状態によって変わってくるので、ハッキリとは言えないのですが、 目安として1年程度だと言われています。 自宅保管している薬については、ハッキリとした製造日が確認しにくいため、目安として処方した日から1年という一つの基準を設けているようですね。 古くなったものは効き目がだんだん弱くなってくるので、古いものはなるべく使わないようにしましょう。 ただ緊急時どうしても、という場合は、使用期限内であれば、使用してもかまいませんが、必ず医師や薬剤師へ確認のもとに、使用すると良いでしょう。 使用期限の切れた薬については、体への影響はどうなのか個人差がありますが、 効き目があまり期待出来ないうえに、体への影響がはっきり分からないので、使用期限の切れたものは使わない方が良いでしょう。 座薬を使うタイミングは? 座薬は一時的に熱や痛みを緩和する薬ですが、 熱が出る症状というのは、体の中の菌を殺すための自己治癒力ですので、高熱でも元気や食欲があれば使用しない方が良いです。 また、 薬を使わず自然に直す方が実は治りも早いし、体への負担が少ないのです。 ただ、本人がご飯を食べられない、ぐったりしているなど、つらそうな時には迷わず使用する様にしましょう。 また、 子供の場合は熱性けいれんを引き起こす場合もあるので、心配という時には、痙攣予防のためにも早めに使用していた方が良いでしょう。 ただし、乱用はせず、医師の用法、用量の指示を守って使用してください。 病院で良く処方される座薬の副作用などデメリットな部分を紹介してきましたが、いかがでしたか? 冬場になると風邪やインフルエンザなどで高熱を出す事がグンと増えてきますので、薬を上手く使いながら少しでも早く楽になるといいですね。 また 小さな子供は、緊急性がある事が大人より多いので、3個(1日分)ほどは保管しておいた方がいいかもしれません。 発熱したからと安易に薬を使うのではなくて、まずは病院で受診するようにしましょう。

次の