カローラ ツーリング スポーツ 価格。 新型カローラ/ツーリング発売 セダンとワゴンの価格/サイズ/内装/ハイブリッドを解説 トヨタ

トヨタ カローラツーリング

カローラ ツーリング スポーツ 価格

メッキ加飾がほどこされた専用パーツを備えたモデリスタ仕様は、スポーティーさだけではなく、高級感を兼ね備えたデザインに…。 また、街中の風景に映える洗練されたスタイルになっていました。 そんな新型カローラ ツーリングのために用意されているモデリスタの各カスタムアイテムは、いくらだったのでしょうか?また、モデリスタのカスタムパーツを装着すると、総額はだいたいどれくらいになるのでしょうか? この新型モデルに用意されているモデリスタ MODELLISTA のカスタムパーツの価格を紹介したいと思います。 新型カローラ ツーリングのモデリスタ【各アイテムの価格はいくら?】 モデリスタ MODELLISTA の専用パーツを備えた新型カローラ ツーリング Collora Touring の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。 また、ノーマル仕様よりも存在感がありひと回り大きく見えました。 このようなデザインになっていた新型カローラ ツーリング Collora Touring のモデリスタですが、私が見たモデルでは、どのようなカスタムパーツが備わっていたのでしょうか? モデリスタに用意されているカスタムパーツの価格を確認してきたので、紹介したいと思います。 ちなみに、工賃はディーラーによって違うのですが、今回は私がいつもお世話になっているディーラーさんの設定価格で計算をしています。 低重心なフォルムを強調するモデリスタのエアロパーツ 今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング Collora Touring のモデリスタでは、ロー&ワイドな低重心フォルムを印象付けるアイテムとして、次の3つのエアロキットを用意していました。 また、フロントスポイラーの両サイドにあしらわれているシャープなデザインのメッキ加飾が良いワンポイントアクセントになっていて、高級感とスポーティーさを演出していました。 そのおかげもあり、モデリスタ仕様はノーマル仕様と一線を画したシャープ&スポーティーなサイドスタイルになっていました。 見た目の高級感をアップしてくれるモデリスタの加飾アイテム また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング Collora Touring のモデリスタでは、外装・エクステリアに高級感や上質感を与える様々な加飾アイテムを用意していました。 しかし、このドアハンドルにガーニッシュを被せるだけで、一気に高級感のあるサイドスタイルに…。 このモデリスタ MODELLISTA のドアハンドルガーニッシュの価格はそれほど高くないので、このクルマのサイドスタイルに物足りなさを感じたら、このドアハンドルガーニッシュをワンポイントで装着しても良いかもしれませんね。 そのおかげもあり、サイドドアガーニッシュを備えたモデリスタ仕様は、高級感だけではなく、スポーティーさを強調したデザインになっていました。 ただ、私が見たモデルでは、タイヤ&ホイールのサイズが大きい18インチの方を装着していました。 標準仕様とは異なるハイスペック仕様のタイヤを装着 また、私が見たモデリスタ MODELLISTA では、標準仕様と異なるタイヤメーカー&ブランドのものを装着していました。 カローラとして考えると、ちょっと高すぎるような感じも…。 ただ、カスタムパーツを装着した新型カローラ ツーリング Collora Touring を見てみると、この金額を支払う価値は十分にあるように感じました。 まとめ:モデリスタパーツは安い金額ではなりが、装着する価値は十分にあり! 今回フルモデルチェンジをして新発売された新型カローラ ツーリング Collora Touring のために用意されたモデリスタのカスタムパーツの価格を確認してみたところ、このようになっていました。 エアロパーツだけではなく、メッキをあしらった加飾アイテムや専用デザインのタイヤ&ホイールをすべて装着すると、モデリスタのカスタムパーツだけで50万円以上に…。 ただ、モデリスタ MODELLISTA のエアロパーツを装着したこの新型モデルは、欧州の高級コンパクトカーに匹敵する存在感と迫力が…。 一般大衆車の新型カローラ ツーリング Collora Touring を、プレミアム感あふれる洗練されたデザインに変えたいと思っている方には、このモデリスタ MODELLISTA のカスタムパーツは、ピッタリなのかなと思いました。

次の

【新型カローラツーリング】500台限定「2000Limited」発売!最新情報、サイズ、燃費、価格は?

カローラ ツーリング スポーツ 価格

新型カローラの全幅1745mmは3代目プリウスと同じ フロントマスクはセダン、ツーリング、スポーツでほぼ同じだが、セダン&ツーリングは全幅が1745mmの日本専用ボディとなっている 欧州で売られるカローラのワゴンと5ドアハッチバックは、互いに競合しにくい。 欧州のワゴンはホイールベース(前輪と後輪の間隔)が2700mmと長く、全長も4650mmに達するからだ。 5ドアハッチバックはホイールベースが2640mmと短く、全長も4370mm(日本仕様は4375mm)に収まり、ボディサイズが異なる。 しかし日本でカローラとして売るには、欧州のワゴンでは大きすぎる。 そこで国内仕様のカローラツーリング(ワゴン)とセダンでは、専用のボディを開発した。 ベースは5ドアハッチバックのカローラスポーツで、ホイールベースも2640mmだ。 全長はツーリング、セダンともに4495mmだから、欧州仕様に比べるとホイールベースは60mm、全長は155mm短い。 さらに全幅は、欧州仕様や日本で売られるカローラスポーツは1790mmだが、国内仕様のツーリングとセダンは1745mmに抑えた。 フロントは同じ3タイプながら、すべてがそれぞれオリジナルデザインが与えられていてリアで個性を主張している 開発者は、「1745mmの全幅は、先代型の3代目プリウスと同じだ。 先代プリウスは好調に売れて日本のお客様に親しまれているため、同じ全幅なら3ナンバー車でも受け入れられると考えた」と述べている。 そこでカローラツーリングと、ベースになった5ドアハッチバックのカローラスポーツを比較しよう。 ツーリングは拡幅したがフィールダーより狭い ツーリングはステーションワゴンとしてはスポーティなデザインが与えられている。 だからこそ5ドアハッチバックのスポーツとどっちにするか悩む セダン&ツーリングに対し約1年先行発売されたカローラスポーツは、全幅が1790mmあるため、ワイドでどっしりした感じで明らかに迫力がある まずボディサイズだが、全長はツーリングが4495mm、スポーツは4375mmだから、ツーリングが120mm長い。 全幅はツーリングが1745mm、スポーツは1790mmだから、ツーリングが45mm狭い。 ホイールベースは2640mm、全高は1460mmで等しい。 つまりツーリングとスポーツでは、ボディサイズがあまり変わらない。 カローラツーリングとカローラスポーツの車両価格はほぼ同じ インパネなど内装のデザインは、両車ともに共通だ。 開発者は、「前後席に座る乗員同士の間隔、床から座面までの高さなど、基本的なパッケージも等しい」という。 従って前後席の居住性は基本的に同じだが、カローラスポーツG・Zに装着されるスポーツシートだけは、背面形状がほかのグレードとは異なる。 そのために後席の膝先空間が狭まった。 具体的には身長170cmの大人4名が乗車した場合、後席に座る乗員の膝先空間は、ツーリングが握りコブシ1つ半だ。 カローラスポーツも標準シートは同じだが、G・Zは握りコブシ1つぶんに減る。 3ナンバーサイズに拡幅されたツーリングだが、リアシートのニースペースについては先代モデルのフィールダー(現在は併売中)よりも若干狭い ちなみに従来型のカローラアクシオ&フィールダーでは、同じ測り方で後席の膝先空間は握りコブシ2つぶんを確保した。 新型のセダン&ツーリングは1つ半だから、3ナンバー車なのに狭くなっている。 床と座面の間隔も減り、従来型に比べると腰が落ち込んで膝の持ち上がる姿勢になりやすい。 開発者によると、「ツーリングの前後席に座る乗員同士の間隔は、カローラアクシオ&フィールダーを30mm下まわり、床と座面の間隔は40mm減った」とのことだ。 後席の頭上空間は、ツーリングが握りコブシ1つぶん、スポーツは1つ弱だ。 ツーリングはリアゲートのヒンジと後席に座る乗員との間隔が広く、頭上空間にも少し余裕が生じた。 全長の長さ、ステーションワゴンという利点から最もラゲッジが広く大容量の荷物を搭載することができるのはツーリングの大きな魅力 このようにツーリングの居住性は、頭上空間が少し広いことを除くと、スポーツとほぼ同じだ。 荷室の奥行寸法は、ツーリングが後席を使った状態で930mmとされる。 スポーツに比べると、全長が長いために、荷室奥行も100~120mm上まわる。 ただし開発者によると、「従来型のフィールダーに比べれば、ツーリングの荷室は奥行寸法が50mm減った」とのこと。 スポーツよりは広いが、従来型のフィールダーよりは狭い。 このポップな色遣いのインテリアはスポーツのもので、ツーリングにはない。 ツーリングは5ドアハッチバックながら後席のニースペースはツーリングとほぼ同等 次は取り回し性の違いをチェックする。 最小回転半径は、ツーリングの15インチタイヤ装着車が5. 0m、16/17インチは5. 3mだ。 スポーツは15/16インチが5. 1mで、18インチだけは5. 3mになる。 従って16インチを装着する中級グレードを選んだ時は、スポーツの小回り性能が優れている。 その代わりにスポーツは全幅が45mmワイドだから、運転のしやすさは引き分けだ。 カローラツーリングで最も美しく見えるのがリアアングル。 若者を意識したスポーティなデザインは七かな好評。 スポーツのリアデザインとは大きく違う ツーリングにはスポーツにない1. 8Lガソリンがある エンジンはツーリングが1. 8Lのノーマルタイプ、1. 2Lターボ、1. 8Lハイブリッドを用意する。 スポーツは1. 2Lターボと1. 8Lハイブリッドのみだ。 トランスミッションは、ツーリングは1. 8LがCVT(無段変速AT)で、1. 2Lターボは6速MTと使い分ける。 スポーツは1. 2LターボにCVTと6速MTを両方用意した。 車両重量はツーリングとスポーツで、ほぼ同じになる。 全長はツーリングが120mm長いが、車両重量にはほとんど影響していない。 動力性能は1. 8Lのノーマルタイプが素直だ。 1500回転を下まわる低回転域の駆動力にも相応の余裕があり、4000回転を超える高回転域の吹き上がりもいい。 ツーリングにはカローラスポーツには設定されていない1. 8Lガソリンエンジンをラインナップ。 コストパフォーマンスとしては最も優れている これに比べて1. 2Lターボは、1500回転以下で駆動力が下がるが、2000~4000回転付近は1. 8Lよりもパワフルだ。 つまり中間の回転域は1. 2Lターボが優れ、低回転域と高回転域は1. 8Lが勝る。 ツーリングとセダンは、1. 8LにCVT、1. 2Lターボに6速MTを組み合わせたが、逆でも成り立つように感じた。 8Lを高回転指向の設定にして、6速MTを組み合わせたら楽しいだろう(これには開発者も同意した)。 つまりツーリングとセダンが1. 8Lと1. 2Lターボを用意した目的は、トランスミッションとエンジンの相性というより、コストと価格だ。 5Lエンジンを搭載したカローラアクシオ&フィールダーの後継だから、スポーツに比べて価格を抑えねばならない。 そこで売れ筋のCVT仕様には1. 8Lを搭載した。 カローラツーリングの走りはカローラスポーツほどのキビキビ感はないが、乗り心地がよく、トータルバランスに優れている印象だ この2ZR-FAE型1. 8Lエンジンは、2009年に発売された2代目ウィッシュにも搭載され、償却も進んでいるから低価格で搭載できる。 本来ならカローラスポーツと同様、1. 2LターボにCVTと6速MTを組み合わせてコスト低減と運転感覚の向上を図るべきだが、古い1. 8Lを搭載してコスト低減を優先させた。 走行安定性と乗り心地のバランスは、ツーリングが優れている。 G-Xはリアスタビライザー(ボディの傾き方を制御する棒状のパーツ)が省かれるから推奨できないが、1. 8Lを搭載する中級のSは安定性が優れ、乗り心地はマイルドだ。 車両重量が60kgほど増えるが、17インチタイヤでグリップ性能に不満はなく、乗り心地もさほど下がらない。 カローラスポーツは文字どおり走りのよさが特徴だ。 特に18インチタイヤのG・Zは、乗り心地は少し硬いが、切れのよい機敏な走りを味わえる。 カーブを曲がる時の安定性も高い。 メカニズムや装備の共通点が多いツーリングハイブリッドSとスポーツハイブリッドGでは、価格はほぼ同じだ。 つまりボディの価格差はほとんどない。 しかしツーリングに搭載される1. 8Lと1. 2Lターボの価格差は大きく、1. 8Lのノーマルエンジンは、ターボに比べて17万~18万円安い。 そうなるとツーリングの最も買い得なグレードは、1. 8Lのノーマルエンジンを搭載したS(221万6500円)になる。 2Lターボエンジンには、ツーリング、スポーツとも6MTが設定されるのはマニュアルシフト愛好家にはグッドニュース ハイブリッドは1. 8Lのノーマルエンジンに比べて43万円ほど高いが、購入時の税額は約7万円安く、実質差額は36万円に縮まる。 レギュラーガソリン価格が1L当たり145円、WLTCモードが実用燃費とすれば、36万円の実質差額は約7万kmを走ると取り戻せる。 従って1年間に1. 5万km前後を走るユーザーなら、4~5年に相当するから、ハイブリッドも検討したい。 カローラシリーズで最もスパルタンかつ気持ちのいい走りといえばスポーツで、この走りの気持ちよさこそスポーツを購入する最大の理由だろう そしてカローラスポーツは割安な1. 8Lノーマルエンジンを選べないスペシャルティなモデルだから、1. 2Lターボを搭載するG・Zの6速MT(250万4700円)を推奨する。 オプションでは、ショックアブソーバーの減衰力を変化させるAVS(11万円)も装着したい。 このようにツーリングとスポーツは基本部分を共通化しながら、車両の性格、推奨グレード、価格はかなり異なる。 複数のボディタイプとグレードを試乗して、選ぶ時から新しくなったカローラを大いに楽しんでいただきたい。 ラゲッジの広さ、使い勝手はツーリングが勝っているが、これは全長が長いため当然の結果といえる。 そのいっぽうで、リアシートの居住性はほぼ同じだから、積載性を重視したければツーリング、それほどこだわらないならデザインなど好きなほうを選べばいい。 最大の相違点は、エンジンで、1. 8Lのごく普通のガソリンエンジンが欲しいとなれば、スポーツには設定がないので必然的にツーリングとなる。 走りのキビキビ感を求めるならスポーツ、乗り心地とバランスのよさを求めるならツーリングということになる。

次の

価格差は大きい!?新型カローラツーリングのHVとガソリンの見積もりを公開

カローラ ツーリング スポーツ 価格

カローラは、1966年に誕生した日本を代表するファミリーカーの1台だ。 2019年現在、世界150以上の国と地域で、販売累計は4750万台以上を超えるロングセラーカーとなっている。 もちろん、乗用車として生産台数は世界一であり、この記録は今も更新され続けている。 さて、カローラは新型で12代目になるが、2006年に発表された10代目と2013年に発表された11代目(従来型)のセダンに付けられていた「アクシオ」というサブネームは消滅した。 また、ワゴン版は2000年に登場した9代目から11代目(従来型)までは「フィールダー」というサブネームが与えられていたが、新型では「カローラ・ツーリング」に変更された。 車名まで変更することで、普通のフル・モデルチェンジとは違うというトヨタの意気込みも感じられてくる。 新型カローラの外観 新型カローラは、TNGAプラットフォームを採用することにより、低重心なシルエットを実現している。 前後のホイールフレアが張り出したダイナミックな造形で、ワイドなスタンスを強調した。 フロントまわりでは、ロア・グリルフレームを大型台形とメッシュグリルに統一して、力強くスポーティなデザインを表現している。 この顔つきは、セダンやワゴンに先駆けて昨年の夏に日本デビューを果たしているハッチバック版のカローラスポーツと共通のものだ。 新型カローラ・ハイブリッドS ヘッドランプにはLEDを採用し、ラウンドを強めた一文字形状とすることで、スポーティでワイドな顔つきになった。 セダンのリアは水平基調のリア・コンビランプでワイド感を強調している。

次の