五月雨式 とは。 「五月雨」とは?「五月雨式」と合わせて意味と使い方を解説

五月雨式(さみだれしき)の意味とは?メールでの使い方やマナー本も

五月雨式 とは

五月雨の漢字の読み方と意味は? 五月雨の漢字の読み方は「さつきあめ」で別名は「さみだれ」 五月雨の漢字の読み方は、「さつきあめ」で別名の読み方は「さみだれ」です。 「さつきあめ」は五月を「さつき」と呼ぶことから、「さつきあめ」と読みます。 「さみだれ」は別名で当て字ですが、俳句の季語や文学などでよく使われる別名の読み方です。 五月雨を「さつきあめ」と読むか、別名の「さみだれ」と読むかは状況や前後の文脈で判断します。 しかし絶対な基準はないので、おおむねの雰囲気で判断すると良いでしょう。 確実な読み方を知りたい場合は、文章や俳句を作った人に問い合わせるのが一番確実です。 五月雨の漢字の意味は梅雨の雨という意味 五月雨の漢字の意味は、梅雨の雨という意味です。 5月から6月ごろに降る雨という意味で、さらさらと細かく降る雨のことを言います。 一気に大量に降る嵐のような雨というより、しとしと降る雨や霧状に降る雨を表現するときに使う漢字です。 天気を表現するときにも使われますが、主に文章や俳句など情緒的な表現をするときに多用される表現になります。 俳句の季語にもなっているので、季節をあらわす言葉としても使われる言葉です。 しっとりとした雰囲気を表現するときに使われます。 梅雨の雨はいつまでも降り続いて、やむことがありません。 その様子をあらわすときに「五月雨が降り続く」という表現を使うことが多いです。 五月雨の使い方と例文• ・梅雨の時期は五月雨が降り続く• ・五月雨が降り続くので外出も億劫だ• 五月雨の時期とは、梅雨の時期を指します。 梅雨の時期特有の出来事を説明するときに、五月雨の時期という言葉を使うことが多いです。 五月雨の使い方と例文• ・五月雨の時期はどうしても蒸してしまう• ・雨が降り続くのは五月雨の時期だから仕方がない• 五月雨式とは、連続的に何かを行うことです。 行動のほか、会議やメールといったビジネスシーンでもよく使われます。 五月雨式という言葉が出てきたら、連続して何かを行うことと理解すると良いでしょう。 五月雨の使い方と例文• ・五月雨式に会議が続いている• ・五月雨式のメールで申し訳ありません• ・質問が五月雨式で申し訳ありません 俳句の季語である五月雨は俳句で言うといつの季節を指すの? 俳句の季語である五月雨の指す季節は梅雨の時期 俳句の季語である五月雨の指す季節は、梅雨の時期を指します。 5月ごろ降る雨を指すのかと思ってしまいますが、五月雨の5月は陰暦の5月のことで、実際現代多く使われている太陽暦では6月ごろのことです。 つまり梅雨の時期の雨です。 五月雨とよく似た言葉に「五月晴れ」という言葉もありますが、こちらも主に6月の晴れ間のことを指しています。 つまり梅雨の晴れ間のことであり、現代の5月の晴れ間のことではないこともあります。 しかし一般的に5月の晴れ間を指すこともあるので、文脈や雰囲気で読み取ることが必要です。 俳句の季語である五月雨は夏の季語 俳句の季語である五月雨は、夏の季語になります。 夏を表現するときに使う季語になるので、春の俳句を作るときに誤って使わないよう気を付けてください。 五月晴れも同様に夏の季語となります。 夏の季語をあらわす言葉として、カエルやセミなどもあげられます。 五月雨のほか夏の雨をあらわす季語として、走り梅雨や戻り梅雨、通り雨などもあります。 雨の季語はたくさんあるので、季節を間違えないよう確認してから使いましょう。 ちなみに夕立や白雨、にわか雨などは夏の盛りの雨の季語です。 松尾芭蕉の有名な俳句になります。 梅雨の時期で増水した最上川の様子が目に浮かんでくるようです。 とても有名な俳句なので、一度はどこかで耳にしたことがあるのではないかと思います。 小林一茶の残した俳句になります。 俳句中の「烏哉」は「からすかな」と読みます。 梅雨の雨の中をざくざくと歩いているカラスの様子が目に浮かんでくる句です。 自然のありようを歌った歌が素晴らしい小林一茶らしい俳句でしょう。 江戸中期の俳人、与謝蕪村が詠んだ一句になります。 梅雨の降り続く雨に打たれて池の浮草もずっと沈んでいる情景が目に浮かんできます。 自然のありようや季節の移ろいを読む歌が多い与謝蕪村ならではの俳句です。 明治の文豪夏目漱石の俳句になります。 梅雨の時期に鏡が曇ってしまい、なんとも鬱陶しい気分になっている状況が浮かびます。 確かに湿度が高いと、不快な感情が生まれやすいと思いいたる一句です。 メールの五月雨式とはどういったことをいうの? メールの五月雨式とは続けざまにメールすること メールの五月雨式とは続けざまにメールすることを指します。 五月雨式とは、降りやまない梅雨の時期の雨のような様子を指している用語です。 ひとつにまとまっていないで連続してくるメールのことを五月雨式のメールと呼びます。 連続でメールをすると確認に必要な時間を多く必要とするので、あまり好ましくないメールの送り方となります。 なので、連続でメールを送らなくてはいけない場合は「申し訳ありません」などのお詫びとともに送る多いでしょう。 メール以外で使われる五月雨式 メール以外でも五月雨式という単語が使われることがあります。 ビジネスシーンでは連続して会議を行うことを五月雨式の会議と表現することも多いです。 そのほか、五月雨式の訪問や、五月雨式の電話、五月雨式の依頼といった具合に、連続した何かを行う様子を表します。 メール以外で使われる五月雨式• ・五月雨式の会議• ・五月雨式の電話• ・五月雨式の訪問• 5月から6月の若葉が青々と茂るなか吹く、さわやかな風をイメージした言葉となります。 初夏ごろの気持ちの良い陽気をあらわす言葉です。 風薫るの例文• ・5月の風薫る良い陽気の日だ• ・風薫る季節にはアウトドアがおすすめだ• 青嵐とは、新緑の時期を過ぎ青々と茂る歯を揺らす風のことを指します。 青い葉をうねらせながら吹く風に、心地よさを感じる様子を表現した言葉です。 青嵐の例文• ・葉の緑も濃くなって青嵐が気持ちが良い• ・もう青嵐が吹く季節になってきたのか• やや汗ばむようになってきた初夏の気温や気候を表します。 薄暑の時期を過ぎると、酷暑の時期です。 薄暑という言葉を使うことで、まだそれほど暑くはないころの気候を表現できます。 薄暑の例文• ・ついこの間までは花吹雪だったがもう薄暑の時期だ• ・薄暑の時期には着るものに迷うことが多い• 麦の穂が垂れて収穫が近い様子を表した言葉になります。 麦秋は何となく秋をイメージした言葉のように思いますが、実際は初夏のころを指した言葉です。 麦秋の例文• ・麦秋の時期は青々とした若葉がよく見える• ・麦秋の時期は麦畑が美しく輝く時期だ• 日本の古来からある節季の二十四節季のひとつで、太陽暦だと5月の初旬から中旬ごろの時期を指します。 立夏を過ぎると本格的に夏が始まるという一区切りの時期です。 軽く汗ばむ日が増えてきます。 立夏を過ぎると夏の準備が始まります。 立夏の例文• ・立夏を過ぎると夏が訪れる• ・立夏の時期は若葉が美しい• ・立夏が来るとアウトドアの時期が来たなと思う 五月雨と皐月雨に違いはあるの? 五月雨と皐月雨の違いは漢字が違うが読み方は同じ 五月雨と皐月雨の違いは漢字が違うだけです。 五月雨も皐月雨も読み方は「さつきあめ」「さみだれ」で共通し、意味も梅雨の時期の降り続く雨ということで同じです。 漢字が違いますが、「皐」の字は単体で「さつき」と読むことができます。 五月雨と書くよりも、皐月雨と書いた方が雰囲気として恰好がつくような感じもします。 アーティストや俳句では、こちらの「皐月雨」を用いることも多いです。 雰囲気や好き嫌い、そのほか読む相手に合わせて使う漢字を変えても良いのではないでしょうか。 五月雨と皐月雨は別名やひらがなで表記されることもある 五月雨と皐月雨は、別名やひらがなで「さみだれ」や「さつきあめ」「さみだるる」などといった言葉で表記されることもあります。 文章の持つ雰囲気や前後の文脈、ニュアンス、俳句の印象によっても、表記の仕方は異なるでしょう。 ひらがなで「さみだれ」と書かれた方が、雰囲気が柔らかくなりしっとりとした情景を表現しやすくなります。 ふわっとした雰囲気を出した文章や俳句にしたい場合は、ひらがなで「さみだれ」や「さつきあめ」と表記しても良いのではないでしょうか。 また、下記の記事は「つるべ落とし」という言葉の意味について書かれた記事です。 つるべ落としは俳句では秋の季語となります。 夏の季語以外に秋の季語も知りたい方には、おすすめの記事です。 使い方やそのほかの季語などについても紹介されているので、ぜひあわせてご覧ください。

次の

五月雨式(さみだれしき)の意味とは?【知っておきたいビジネス用語】

五月雨式 とは

「五月雨」の使い方 「五月雨」と聞くと、5月に降りそそぐ爽やかな雨をイメージしてしまいますが、現代の梅雨のことを指しています。 俳句でも「梅雨の季語」「夏の季語」として使用されています。 五月と聞くと季節は春をイメージしますが、旧暦では夏となります。 松尾芭蕉の「おくのほそ道」にも掲載されている「五月雨を あつめて早し 最上川」が有名です。 余談ですが、松尾芭蕉は実際に雨で増水した最上川の急流を川下りをしたようです。 しかし最近では、「五月晴れ」は新暦5月に気持ちよく晴れた日のことを意味する表現として、広辞苑などでも認められてきています。 「五月雨式」とは ビジネスシーンにおいて「五月雨式で申し訳ありません」などといった言葉を用いられます。 この「五月雨式」というのは、梅雨の時期にしとしとと降り続ける長雨のように「途切れる事がありながらも、長い間だらだらと物事が続くこと」という意味で使われます。 「式」をとって「五月雨で申し訳ありません」とも使います。 その、「五月雨式で申し訳ございません」の意味を細かく説明します。 例えば、返信や納品など本来は一度にまとめてするべきものを、期日が迫ってきていて出来上がったものからすることがあります。 そういった際に「一度にまとめずに何回にも分けてしまい申し訳ございません」といった意味として用います。 また、「だらだら続く」といった意味で、会議などが終わりが見えずにだらだら続く様子を「五月雨式に会議が続く」などと表現します。 「だらだらと申し訳ございません」よりも「五月雨式に申し訳ございません」の言い回しの方が丁寧で受けても印象がいいですよね。 このように、ビジネスシーンにおいて「断続的に長く続いてること、だらだらと長く続いてること」をそのまま言うのではなく印象の良い言い回しで「五月雨式」と使っています。

次の

「五月雨」とは?「五月雨式」と合わせて意味と使い方を解説

五月雨式 とは

五月雨(さみだれ)• 陰暦の5月にふる長い雨、梅雨• 断続して長い間だらだらと続くこと 「さみだれ」の「さ」は「五月(さつき)」の「さ」であるとともに、古語では「耕作」を意味します。 上記に「雨が降ること」を意味する「水垂(みだ)れ」が加えられ、「さみだれ」になりました。 「五月雨」の使い方と例文 「五月雨」は梅雨の季節を表す季語として使える 「五月雨」は俳句や蓮歌で用いられる「季語」の1つです。 梅雨の季節を表す季語であり、俳句以外にも手紙や挨拶状の冒頭部分で使われることもあります。 俳句や挨拶状にて「五月雨」を使う場合、春ではなく「夏」の季語として使用しましょう。 「五月雨式」とは「だらだらと物事が続くこと」 「五月雨」の使い方の1つが「五月雨式」です。 読み方は「さみだれしき」で、「しぐれあめしき」「ごがつあめしき」とは読まないため注意しましょう。 「五月雨式」とは「途中で途切れつつも、長い間だらだらと物事が続くこと」を意味します。 梅雨特有の「雨がだらだらと降りつづける様子」が転じて、「五月雨式」という使い方ができました。 「五月雨」の類語 「五月雨」の類語は「梅雨」 「五月雨」の類語に当てはまるのが「梅雨」です。 「梅雨(つゆ)」とは「6月から7月中旬の雨がふる時期」を意味しており、「五月雨」の「陰暦の5月ごろにふる雨」という意味と類似しています。 「梅雨」を「ばいう」と読む場合、「梅雨前線」など他の単語とあわせて使用することが多く、一般的に「梅雨」単体の場合「つゆ」と読まれます。 ただ、「梅雨」は「五月雨式」のように「だらだらと物事が続くこと」という意味では使えないため、注意しましょう。 「五月雨式」の類語は「断続」 「五月雨式」と意味が似ている言葉(類語)に当てはまるのが「断続」です。 読み方は「だんぞく」で、「所々とぎれながらも続くこと」を意味します。 「五月雨式」の「途切れながらも物事が続くこと」という意味と類似しているため、「五月雨式」が通じない場合は「断続的に」「断続して」などに言い換えてみましょう。 「五月雨」の英語表現 「五月雨」は英語で「Early summer rain」 「五月雨」の英語表現に当てはまるのが「Early summer rain」です。 「Early summer rain」は直訳すると「初夏の雨」となり、「五月雨」を意味します。 また、「五月雨」は雨季の1つであることから「Rainy season(雨季)」とも表します。 ビジネスシーンなどで「五月雨式」を使う場合は、「Repeatedly(再三)」や「In a row(連続して)」で表してみましょう。 まとめ 「五月雨」とは「陰暦の5月にふる長い雨」「断続して長い間続くこと」という意味があります。 ビジネスシーンでは、主に「継続して長い間続くこと」という意味で「五月雨」が使われます。 本来であればまとまって行うことを、何度かに分けてしまった状況で「五月雨式で申し訳ありません」と表してみましょう。

次の