元の意味 類語。 元の木阿弥

「ダメ元」の意味と使い方|例文5つ・丁寧な言い換え表現

元の意味 類語

「元も子もない」の意味 「元も子もない」の意味は「利益も元手もなくす」 「元も子もない」とは、「利益も元手もなくす」または、「何もかもなくす」を意味する言葉です。 「元」は「元金」を、「子」は「利子」を意味しており、投資をして利子を得るつもりが、失敗して元金も失ったことからできた言葉です。 現在では、「利益も元手もなくす」という意味が転じ、「全てを失う」という意味や「無理のしすぎや、欲を出したことにより全てを失う」という意味でも使われます。 読み方は「もともこもない」 「元も子もない」の読み方は、「もともこもない」です。 「元」という漢字は、「もと」の他にも「がん」や「げん」という読み方をするため、読み間違えないようにしましょう。 とくに、話し言葉として使用する場合は、相手に失礼となるため注意してください。 「元も子もない」の使い方・例文 忠告の意味をもつ「体を壊したら元も子もない」 「元も子もない」を使った言い回しの1つが、「体を壊したら元も子もない」です。 無理をしすぎて体を壊してしまっては、せっかく得たものを失ってしまうという、忠告の意味をもつ言葉です。 「頑張るのもいいが、体を壊さない程度に」と、相手に伝える状況で使えます。 同じ意味の「体調崩したら元も子もない」 「体を壊したら元も子もない」と同じ意味をもつのが、「体調崩したら元も子もない」です。 例えば、「明後日のプレゼンのために徹夜するのはいいが、体調を崩して当日欠勤になっては元も子もないぞ」などの使い方をします。 「本も子もない」は一般的な使い方ではないため注意 「元」の部分に「本」を当てはめた、「本も子もない」という表現。 一部の辞書には「利益も元手もなくす」を意味する言葉として、「本も子もない」と記されています。 しかし、「本も子もない」が載っていない辞書があることや、本来「元」は「元金」を意味していることから、一般的な表記ではありません。 同じ「利益も元手もなくす」を意味する言葉ですが、人によっては「間違いだ」と捉えられる場合もあるため、トラブルを避けるためにも「元も子もない」を使用する方がいいと言えます。 「元も子もない」を使った例文• 大会のために練習量を増やすのはいいが、怪我をしてしまっては元も子もない• 家族にいい暮らしをしてもらおうと株に手を出したが、失敗して離婚を切り出された。 「身も蓋もない」とは、「露骨な表現」を意味する言葉です。 表現がストレートすぎて、風情や情緒が感じられない状況や、話が続けられない状況で使用されます。 「重要なことを取り間違える」という四字熟語「本末転倒」 四字熟語の「本末転倒」は、「重要なことと、重要ではないささいなことを間違える」を意味しています。 つまらない事柄に熱中してしまい、本来の目的を忘れている状況や、良かれと思って行ったことが悪い結果を招く状況で使えます。 「元も子もない」の類義語 「無駄な努力」を意味する「無駄骨を折る」 「元も子もない」の類語には、「無駄な努力や労力」を意味する「無駄骨を折る」が当てはまります。 「むだぼねをおる」と読み、やった行いが報われない状況で使用されます。 例えば、「今日は営業で顧客の家を回っていたが、連休のせいで外出している人ばかりだったため、無駄骨を折ることになった」という例文。 上記の例文は、労力が報われていないため、適した使い方となります。 「だめになる」を意味する「台無し」 「元も子もない」の類語には、「物事がだめになること」を意味する「台無し」も当てはまります。 「企画が台無しになった」や「せっかくの旅行が雨で台無しだ」など、「なくなった」「予定通りにいかなくなった」という状況で使われます。 「元も子もない」の英語表現 英語表現は「It defeats the purpose」 「元も子もない」を英語で表す場合、「It defeats the purpose」が適しています。 「元も子もない」または、「意味がなくなる」状況で使用でき、「defeats」が「ダメにする」「無にする」を意味し、「purpose」が「目的」を意味しています。 まとめ 「元も子もない」とは、「利益も元手もなくす」または「何もかもなくす」を意味する言葉です。 混同されやすい「身も蓋もない」や「本末転倒」という言葉ですが、「身も蓋もない」は「露骨な表現」を意味し、「本末転倒」は「重要な事柄とつまらない事柄を取り間違えること」を意味しています。 類語には「無駄骨を折る」や「台無し」が当てはまるため、言い回しを変えたい場合は類語を使用しましょう。

次の

渉外の意味とは?使い方と広報や営業、交渉との違い、類語と英語表現

元の意味 類語

スポンサーリンク 「したためる」の意味と使い方は? まず始めに 「したためる」の意味と正しい使い方を見てみましょう。 「したためる」という動詞は、主には手紙などを 「書き記す」という意味を持つ言葉です。 古風な表現ですので、手紙や書画、かしこまった文章などを書くことを、思いを込め、やや趣深く述べる際に使われることが多い表現だといえます。 「したためる」はこのように「書き記す」という意味のほかに、 「飲み物を飲んだり、食事をしたりする」、「整理する、処理する」、「支度(したく)する」、「(細工などを)仕掛ける」、「(世の中を)治める」といった意味を示す場合もあります。 ただ、これらはいずれもかなり古い表現ですので、現代の日常会話や文章の中では、ほとんど見られなくなった用例だといえます。 例えば、梶井基次郎の 「冬の日」という小説の一節に 「夕餉(ゆうげ=夕飯)をしたために階下へ下りる頃は」といったくだりがあり、ここでは「したためる」が「食べる」という意味で用いられています。 また源氏物語にも 「万(よろず)の事どもしたためさせ給ふ」(全ての事を処理なさる)といった言い方が見られます。 しかし現代では、一般には「書く」「記す」という意味での用法がもっぱらだといえます。 ただし、次の項目でご紹介する語源からも分かる通り、ただ単に「メモ書き」や「走り書き」のように簡略に書いたり、「書き殴る」のではなく、「しっかり準備し、心を込めて書き記していく」といったニュアンスがある言葉です。 「したためる」の語源や漢字は? 次に 「したためる」の語源と漢字を見てみましょう。 「したためる」を漢字で書くと? 「したためる」という動詞を漢字で書くと 「認める」となります。 スポンサーリンク 「認」は通常は「みと(める)」と読みますが、同じ送り仮名でも「したためる」とも読むことができます。 「したためる」は前述のように古い表現ですが、これはそもそも古語から由来しているためです。 先ほどご紹介した源氏物語のほか、平家物語にも 「準備を整える、仕掛ける」といった意味での用例があります。 また松尾芭蕉の 「奥の細道」には、 「あすは故郷に返す文をしたためて」(あすは故郷に送る手紙を書いて)といった一節がみられます。 「したためる」の語源は? 「したためる」の語源には諸説あります。 一説には「粘り強い、しっかりした」という意味の「したたか」と同根の言葉であるといわれ、そこから「しっかり整える」といった意味に転じたという見方。 あるいはまた、「親しい」の元である「親し(したし)」の語幹に「方向、性質」を表す「手(た)」を接続した「したた」に、接尾語の「める」をつなげた形という見方もあります。 もともと「認」と「親」や「調」は縁が近い字とされ、「しっかりと整える」、「手抜かりなく行う」という元来のニュアンスが、この字に当てはめられたといった説も有力といわれます。 「したためる」はこのように、元来は「周到な準備で確かに処理する」といった意味合いを持つ言葉であることは確かなようです。 そこから転じて、そうした含意を持ちながら「書く」、「食べる」、「支度する」といった具体的な行動を示すようになったと考えられます。 「したためる」の類語と例文を教えて? 最後に 「したためる」の類語と例文をご紹介します。 類語 現代主に使われる「書く」という意味での「したためる」の類語としては、次のようなものが挙げられます。 書き綴る• 書きためる• 揮毫する• 書き下ろす• 筆記する• 執筆する• 書き表す• 表記する• 記述する 例文 またこの用法での「したためる」の例文には、次のようなものがあります。 色紙などというものは、現役で戦っている者がしたためるべきではない。 なぜ僕があなたに手紙をしたためる気になったのか、お話ししましょう。 急ぎ事件の報告書をしたためたいと存じます。 遺書をしたためるときの人の気持ちというのは、一体どういうものであろうか。 一念発起して日記をしたため始めたのだが、いつまで続くことやら。 紹介状を一筆したためていただけませんでしょうか。 「したためる」の類語と例文をまとめてご紹介しました。 まとめ いかがでしたでしょうか。 「したためる」の意味と正しい使い方、そして語源や漢字・類語・例文を詳しくご紹介しました。 おさらいをすると一般的には「手紙をしたためる」など何かを書き記すときに利用する言葉になります。 最近ではあまり使わない表現方法なので、聞き慣れないと思いますが、知識として頭に入れておくといいかなと思います。

次の

元の鞘に収まるの意味とは?由来(語源)/類語/英語は?使い方の例文も!

元の意味 類語

ダメ元|意味・類語は? ダメ元の意味はかすかな願望を意味 ダメ元の意味はかすかな願望の意味です。 ダメ元は、駄目で元々の略語です。 元々がダメであるという意味です。 元々はダメだけど何もしないよりはマシだからやってみようという、かすかな願望を求めて使うのです。 ダメ元の類語は玉砕覚悟 ダメ元の類語は玉砕覚悟です。 玉砕覚悟で告白するという言葉と同じ意味で、ダメ元で告白すると使います。 どうせ無理だろうけどという意味あいで使います。 フラれるとは思うけれども紅白しないでいるのはなんだかもったいないから告白して来なという意味です。 ダメ元でいいから告白して来いという言い方も出来ます。 例えば、自分が好きな人にはすでに恋人がいるとします。 その場合は告白しても成功することはまずあり得ません。 しかし自分の気持ちを伝えたいという想いから、「駄目で元々告白して来い」という言葉が使われるのです。 ちなみに以下の記事は縁がない人の特徴を捉えています。 そちらを参考にして好きになる人を選びましょう。 ダメ元の例文の3つ目は、ダメ元で告白したら付き合えたです。 自分に自信が無くてデートも失敗ばかりしている場合には、とても付き合えるとは思えません。 嫌われたとか幻滅されたなどと意気消沈してしまうものです。 しかし、そんな時に自分の気持ちを伝えたくて告白をしてみることがあります。 そして恋愛には絶対というものがないので思いのほか成功してしまうことがあります。 そんな時に使う言葉です。 ダメ元で告白したら成功したや付き合えたと使います。 うっかり目上の人や先輩・先生にため口を聞いてしまった場合に使う例文です。 怒られるかもしれないけれどもダメ元で丁寧語に言い直してみたと使います。 駄目なのは目に見えて明らかなのに断られるの覚悟で協力を要請する時に使う言葉です。 協力を得られればラッキー程度に考えている時に使います。 ダメ元も駄目で元々も造語であり俗語です。 あまりにもくだけすぎた言い方なので、同じような意味で使いたいのであれば、思い切って挑戦するなどの言い方に変えましょう。 ダメ元で挑戦してみますと、頼まれた仕事に対して受け答えしてしまうとマイナスのイメージをも与えてしまいます。 それならば、思い切って挑戦してみようと思いますという言い方の方がプラスの印象になります。 最初から失敗した時の逃げ道を作るよりもチャレンジ精神の方が高評価です。 ダメ元でやってみるという言葉はビジネスにおいてNGです。 最初から失敗するつもりでいるような印象を与えてしまいます。 与えられた仕事がどんなに困難なものであっても、チャレンジしてみますという答え方の方がいいです。 頑張ってみようという姿勢がプラスに働きます。 最もいい印象を与えるダメ元の別の言い方だと思われます。 とても難しいけれども頑張ってみますという気持ちが伝わります。 上司も任せてよかったと思えるはずです。 反対に、ダメ元でやってみます。 と応えられると、ダメ元なら他の人に任せようと思ってしまうものです。 精一杯頑張りますと言われた方が、例え失敗しても頑張ったもんなという気持ちになって怒るよりも褒める方に回るというものです。 この言い方はこちらが頼む側の場合の言い方です。 そもそもお願いをする時に「ダメ元でお願いしますが」という言い方はお願いにもなっていませんし、敬語でもなんでもありません。 当然ビジネスでは全く使えません。 意地悪な人からは、「ダメ元なら駄目だよ」なんて言われてしまうこともあります。 無理を承知で申しますがと、お願いし辛いことを頼む前置きをしてから頼み事をしてみるようにしましょう。 特に、給料の前借など、明らかに自分に分が悪い場合などに使う言葉です。 上司や先輩ではなく、お客様や取引先に対する言葉遣いとして使います。 これもまた、お願いする時に使う言葉です。 「恐縮ですが日程をずらしていただけますか?」のように下手に出てお願いする時に使います。 どうしても打ち合わせの日程などが合わなくて、相手がこちらの都合に合わせてもらうこともビジネスでは多々あります。 そんな時に、恐縮です。 という言葉を使います。 わざわざ日付をずらしていただいて恐縮ですなどのような使い方が一般的です。 この使い方をお願いする時にもつかえるのです。 本来であればこちらが日程を調整しなければならないのに、相手に日程の調整をお願いする場合などに特に使います。 「恐縮ですが日程の調整をしていただけないでしょうか?」のような使い方になります。 意味としてはダメ元でお願いしているのとほぼ同じ意味になります。 こちらも相手にお願いする場合に使う言葉です。 「ダメ元でお願いしますが、ここに入れてください」という言葉をビジネス用語に言い換えると、「申し訳ありませんが、こちらに入ることは可能でしょうか?」となるのです。 受け取りても、申し訳ありませんがと言われるのと、ダメ元でお願いしますがと言われるのではニュアンスが変わってきます。 申し訳ありませんがの方が、本当に心底謝っているような印象を受けます。 しかし、ダメ元でお願いしますがは、開き直っている感じが出ているのです。 ビジネスにおいては、この印象というのはとても重要です。 これ一つで商談が決まると言っても過言ではありません。 そのためには、ダメ元でお願いしますがなんて言葉は絶対に使ってはならないのです。 駄目だと思いながら商談に来たのかと相手に思われてしまうからです。 これは、無茶な仕事を投げられた時などに使える言葉です。 例えば、明らかに納期がおかしい量の仕事が舞い込んできたとします。 どう頑張っても間に合わないのは目に見えています。 しかし、仕事上断るわけにもいきません。 そんな時、「ダメ元で頑張ります」だと頑張らないような印象を与えます。 しかし、「できる限りやってみます」と言われた場合、限界まで頑張ってくれるような気がします。 もしかしたら仕事を投げた上司も手伝ってくれるかもしれません。 仕事に対する意気込みを、ダメ元でという表現を使うのは自分の評価を下げることにも繋がるので気をつけましょう。 それよりもできる限り頑張りますという言葉で、気合や根性があることをしっかりと印象付ける方が、あなた自身の評価も上がりますし、社内での信頼度も増します。 やってみようという意味になります。 Why don't you just give it a go? でとりあえずやってみたら?という意味になります。 ダメ元でやってみたらと同じような意味になります。 ダメ元は直訳で英語にできるものがないので、ニュアンスや言い換えた言葉で英語に翻訳するしかありません。 It won't hurtを直訳すると痛くないという意味になりますが、give it a goと組み合わせてIt won't hurt to give it a goと書きます。 結果がどうであれやってみた方がいいよという意味になります。 痛いという意味が大丈夫だよいう意味になるのは、半分ニュアンスで話せる英語ならではの表現と言えます。 挑戦するという意味があります。 やってみようという場合などに使えます。 前述した英語と同じような使い方で、You should give it a tryでやってみた方がいいよという意味になります。 tryでやってみようという意味になります。 ダメ元の英語表現として伝わりやすい言い方となります。 やってみようという使い方が、ダメ元を英語に言い換えた言い方として最も伝わる言い方となります。 ダメ元の使い方を覚えよう! いかがでしたか?ダメ元の意味やその使い方、例文や類語、敬語への直し方などについて解説してきました。 今回の記事を参考にして、駄目で元々という言葉の使い方をしっかりと覚えましょう。 また、ビジネスにおける変換方法もしっかりと対応しましょう。

次の