ビジネスメール 素早い対応 お礼。 早い対応のお礼を敬語で表すと?早速と早々と迅速の違いは?|ドクモバ!

「ご対応」のビジネスシーン・メールでの使い方と例文集

ビジネスメール 素早い対応 お礼

"Thank you for quickly replying to my message. " quickly - fast Replying - answer Message - this could be a text message, email, voice message, etc. "I appreciate your swift response to my email. " Appreciate - this is something you are grateful or thankful for. The person chose to answer you quickly and you appreciate them doing that for you. Swift - quick or fast Response - Answer, sending their own email The two sentences you see provided above are great ways to express to your listener that you are grateful that they responded to your email quickly. In the first sentence you will see the adjective swift and in the second sentence you will see the adverb promptly. Both of these words mean quick or quickly. They would make excellent additions to your vocabulary. Business email messages can range from very formal to casual depending on your business partner and how familiar the relationship is. If you would like to be very proper and formal, you could use the phrase- "Thank you for your prompt reply. " If you have a casual relationship, then you can instead use the word, "Thanks. " To use the phrase, "quick reply" is also grammatically correct but it sounds less formal than using the phrase, "prompt response. " You can use any one of these two statements to thank someone for a prompt reply:- 1. Thank you for your prompt reply. Thank you for your timely response. If you thank someone for a prompt or timely response to your email, it means that that the person responded withour delay to your email. The words "timely" and "prompt" indicate that the response was without delay. "Thank you for getting back to me so quickly. " is the most common. "getting back to" is a respectful and formal way of saying "reply". "Thanks for responding in a timely manner. " is more formal than the first phrase. "a timely manner" means a time period that is appropriate to respond to an email. "I appreciate your fast response. " instead of saying "thank you" you can be more direct about how it makes you feel by saying "I appreciate". "Thank you for getting back to me so quickly. "(早急な返信ありがとうございます) - これが最も一般的です。 "getting back to" は "reply"(返事する)の丁寧でフォーマルな言い方です。 "Thanks for responding in a timely manner. "(早急な返信ありがとうございます) - これは最初のフレーズよりもフォーマルです。 "a timely manner" はメールを返信する適切なタイミングを表します。 "I appreciate your fast response. "(早急な返信に感謝致します) - "I appreciate" は "thank you" よりも自分の気持ちを直接的に表します。

次の

【ビジネスメール】取引先から返信がきたときのお礼メールの例文|件名や締め方も慎重に!

ビジネスメール 素早い対応 お礼

"Thank you for quickly replying to my message. " quickly - fast Replying - answer Message - this could be a text message, email, voice message, etc. "I appreciate your swift response to my email. " Appreciate - this is something you are grateful or thankful for. The person chose to answer you quickly and you appreciate them doing that for you. Swift - quick or fast Response - Answer, sending their own email The two sentences you see provided above are great ways to express to your listener that you are grateful that they responded to your email quickly. In the first sentence you will see the adjective swift and in the second sentence you will see the adverb promptly. Both of these words mean quick or quickly. They would make excellent additions to your vocabulary. Business email messages can range from very formal to casual depending on your business partner and how familiar the relationship is. If you would like to be very proper and formal, you could use the phrase- "Thank you for your prompt reply. " If you have a casual relationship, then you can instead use the word, "Thanks. " To use the phrase, "quick reply" is also grammatically correct but it sounds less formal than using the phrase, "prompt response. " You can use any one of these two statements to thank someone for a prompt reply:- 1. Thank you for your prompt reply. Thank you for your timely response. If you thank someone for a prompt or timely response to your email, it means that that the person responded withour delay to your email. The words "timely" and "prompt" indicate that the response was without delay. "Thank you for getting back to me so quickly. " is the most common. "getting back to" is a respectful and formal way of saying "reply". "Thanks for responding in a timely manner. " is more formal than the first phrase. "a timely manner" means a time period that is appropriate to respond to an email. "I appreciate your fast response. " instead of saying "thank you" you can be more direct about how it makes you feel by saying "I appreciate". "Thank you for getting back to me so quickly. "(早急な返信ありがとうございます) - これが最も一般的です。 "getting back to" は "reply"(返事する)の丁寧でフォーマルな言い方です。 "Thanks for responding in a timely manner. "(早急な返信ありがとうございます) - これは最初のフレーズよりもフォーマルです。 "a timely manner" はメールを返信する適切なタイミングを表します。 "I appreciate your fast response. "(早急な返信に感謝致します) - "I appreciate" は "thank you" よりも自分の気持ちを直接的に表します。

次の

ビジネスにおける「早速」の意味と類語 迅速,早々,取り急ぎとの違い

ビジネスメール 素早い対応 お礼

質問に回答してくれた時のお礼メールは、どんな内容にすればいいんだろう? 送った質問や問い合わせメールに対して、相手からしっかりした回答が来ると、ありがたいですよね。 では、 質問 に対する 回答 をもらったときの お礼メールは、どんな内容で返信すればよいのでしょうか? そこで今回は、回答のお礼の例文を・・・• 社内の方に宛てる場合• 社外の方に宛てる場合 の2パターンでご紹介していきます! 私の部署では、相手からの質問に回答することが結構あります。 回答をしたにも関わらず、相手から返信がなかったり、雑な場合がたまにあるんですね・・ そのため、相手の気持ちを考えた内容で 回答へのお礼メールを送ることがとても大切。 相手が回答してくれたという行為に対して、 感謝の気持ちを込めてお礼メールを送るのが社会人としてのマナー。 でも、どんな内容でお礼メールを送ればよいのか、悩んでしまうかもしれません… そこで、例文とともに意識すべきポイントをお伝えしていきます。 社内の人へ返信する場合• 社外の人へ返信する場合 それぞれでお伝えしていきますね。 まずは社内の人へお礼メールを送る場合の例文から見てみましょう! 件名:Re:イベントAの流れにつきまして 〇〇 課長 お疲れさまです。 山田です。 当日の流れの件について、迅速にご回答いただきありがとうございます。 〇〇課長のおかげで、効率よく司会の進行を行うことができると思います。 詳細はこれから詰めて参りますので、決まり次第ご連絡いたします。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 山田 一郎 まずは 回答してくれたことへのお礼をしっかりと述べましょう。 それは、お礼だけだと、どうしても事務的で味気ない文章になってしまうから。 回答に対して、どう考えているか・どう行動していくかといった、 今後のことを入れるのが大切です! そうすると、相手が回答をしてよかったと思ってくれるでしょう。 株式会社ビジマナねっとの山田です。 ご回答の内容を反映し、プロジェクトの詳細を考えて参ります。 今回のプロジェクトについては、私個人としても非常に関心を持っており、何としても成功に導きたいです。 今後ともよろしくお願い申し上げます。 jp 全体的に 丁寧な言い回しを心掛けていきましょう。 社内の場合であれば、多少フランクな文調でも許されることが多いですが、社外の場合は要注意。 しっかりとした言葉遣いをしなければ、マナーを知らない人と思われてしまいます。 回答に対する内容についても、忘れずに触れてくださいね。 いざ返信でお礼を伝えようとしても、手が止まってしまうかもしれません。 もしかすると、あなたも・・・ そうならないよう、 意識すべきポイントを頭に入れて、メールを書いていきましょう! 次の見出しでご紹介しますので、ぜひ続けてご参照くださいませ。 スポンサーリンク お礼メールで意識すべき3つのポイントとは? 社内・社外問わず、回答のお礼メールで押さえるべきポイントがあります。 特に意識すべきなのがこの3つ。 件名は「Re:」を付けたままにする• 24時間以内に返信を行う• 回答に対する結果を述べる それぞれについて見ていきましょう! 件名は「Re:」を付けたままにする 件名は 基本的にそのままにしましょう。 その理由は、何のメールかということがすぐに分かるから。 件名にRe:を付いていることで、それが新規のメールなのか、やり取りをしているメールなのかが分かります。 相手は一日にたくさんのメールを受け取っているかもしれません。 受け取る相手の負担を軽減し、何の件のメールなのかがすぐ分かるように、 Re:を付けた状態で返信をしましょうね! 24時間以内に返信を行う お礼メールは鮮度が命でもあります。 時間がかかりすぎれば、「今更」と思われる可能性もあります。 お礼に限らず連絡の早い人は、社会では重宝されるもの。 一般的なマナーと言われる24時間以内を意識しましょう。 可能な限り早いレスポンスを心掛けてくださいね! 回答に対する結果を述べる 手間を取って対応してくれた相手に対して、「ありがとうございました」の一言だけでは、 素っ気ない印象を与えてしまいます。 相手は、回答が役に立ったのかどうかが分からないと、悶々としてしまうかもしれません。 また、相手の進捗が分からなければ、場合によってはお互いの業務に支障をきたす恐れもあります。 解決しなかった場合は勿論、解決した場合でも 回答をもらった結果を伝えるようにしてくださいね。 ある程度距離感が近い相手であれば、「〇〇さんのおかげで助かりました」のように多少フランクな表現も交えてもOK。 社外向けお礼メールは、 丁寧さを重視しましょう。 自分は会社の看板を背負っているんだ意識を持って、言葉遣いや言い回しに気を付けることが大切。 お礼メールはただの社交辞令ではなく、 回答に対する結果や方針を伝えることができます。

次の