お なら 臭い 理由。 あなたのおならが臭い理由!簡単にできる改善方法を徹底解説!

足が臭い理由は気候にもある!!季節別の対策とは?

お なら 臭い 理由

頻繁な清掃も大変になる牛舎の臭い 牛舎の大半を占めるのは「つなぎ牛舎」という、牛を牛舎内につなぎ止めて飼養するスタイルです。 他にフリーストール牛舎やルーズバーン牛舎といった、放し飼い方式もありますが、一般に私たちが目にするのはこのタイプの牛舎と考えてよいでしょう。 一般的なつなぎ牛舎での一日を追ってみましょう。 一日の始まりは牛の健康チェックをしながらの給水器や飼槽の掃除。 搾乳の前にも牛床の掃除、搾乳後には使用した機具の掃除、洗浄・殺菌と、清掃を行います。 合間には、ふん尿処理もしています。 このように、一日のうち、多くの時間が清掃に費やされます。 それでも、事業場における悪臭防止対策に関する調査研究を行っている公益社団法人 におい・かおり環境協会の資料によると、養牛業の臭いに関する苦情件数は年間300件近くにのぼっています。 畜産業全体では「3大臭気発生源」として、畜舎から発生する悪臭、ふん尿処理時に発生する悪臭、牛の飼料から発生する悪臭が挙げられています。 清掃にかなりの時間と労力が割かれているにもかかわらず、なぜ牛舎の臭いはなくならないのでしょうか。 臭いを「消す」から「発生を抑える工夫」へ 牛舎の臭いがなかなか消えない原因は、臭いが発生してしまってからでは対策が追いつかないところにあるようです。 同協会は「高濃度大風量の臭気を脱臭装置だけで処理するには高額な費用がかかる」ことをふまえ、「臭いの発生をできるだけ抑える」ことを推奨しています。 つまり、発生する臭いをどう処理するのかではなく、そもそも臭いを出さないようにする取り組みに変わってきたのです。 牛舎ではふん尿を早期に清掃するのが基本ですが、ひとまとめにして処理するのではなく、ふんと尿を別々に処理することによって尿のアンモニアがふんの微生物に反応して発生が高まるのを抑えます。 そこからふん尿をたい肥化する際にも素早く乾かすことでにおいの発生を抑えられます。 また、ふん尿を発酵させ、短時間でたい肥や敷物に戻す技術も注目されています。 ふん尿発酵のための大型機械の導入により、臭いの発生を抑え、かつ衛生的な作業が可能になりました。 甘い香りが漂う? 進化する牛舎 牛が布団として使っている敷料にもさまざまなものが使われるようになってきています。 昔は麦稈(ばっかん)やおがくずを乾燥させたものが利用されていましたが、最近は、水分吸収力が高く、通気性に富んでいるもみ殻やコーヒーかす、カカオ殻、麦わら、古紙などが使用されるようになりました。 最近、観光や体験で牧場を訪れ「あれ?牛舎なのに甘い香りがする」と不思議に思った人はいませんか?それは、牛舎、堆肥舎の出入り口にチョコレートの香りの芳香剤を噴霧したり、敷料にコーヒー工場やチョコレート工場から取り寄せたカカオ殻、コーヒー皮、豆粉を敷くことで、牛舎にコーヒーの香りがたちこめているからかもしれません。 この他にも換気や通気性をよくするように構造を工夫するなど、酪農家たちはさまざまな臭い対策に取り組んでいます。 今後は臭いがそれほど気にならない快適な牛舎も増えていきそうですね。 上記の情報は2018年2月12日現在のものです。

次の

なぜか臭い「すかしっぺ」!おならとの違いとニオイの理由とは

お なら 臭い 理由

これからご紹介する理由が、その原因の1つかもしれません。 ニューヨーク大学のランゴーンメディカルセンターの整骨医、胃腸病専門医そして臨床准教授であるが、いつもより お腹にガスが溜まっている状態の理由として考えられることを説明してくれました。 まずは、おならが増える食べ物と飲み物、その6つの原因についてご紹介しましょう。 View Gallery 16 Photos おならは、飲食のときなど「息をのむ」ような場面で口から飲み込んだ空気と言えます。 これに、大腸の腸内細菌によって食物が分解される際に発生したガスも加わります。 炭酸飲料を頻繁に飲む習慣があったり、ガムを噛んだり、ストローを使うことで、空気が大腸に閉じ込められてしまうわけです。 しかし、おならが出ないように我慢してしまうと、体内に溜まった空気は、ゲップとなって出てしまうということも考慮しましょう。 通常のゲップは、腸内で発生した二酸化炭素・メタン・硫化水素などのガスが腸管から吸収され、血液に乗って体内をめぐり、肝臓で無臭化されて、肺でガス交換されて呼気となって体外に放出されたものになります。 しかしながら、おならを我慢し続けると、血液中のガスの量が増えてしまって肝臓で無臭化しきれなくなり、においの残ったままの呼気として出てきてしますこともあるそうです。 とは言え、いつでもどこでもおならを出すわけにはいきません。 ですので、おならのガスを増やさないようにそのガスの増える最大の原因を抑えることが大切となるわけです。 細菌によって発酵される過程で、余計におならの放出量も増えてしまう傾向にあるようです。 また、天然の砂糖であっても、特にフルクトース(果糖)も「おなら」が出る原因になり得るとのこと。 体質によっては分解させるために必要な酵素が欠けている人もいるそうです。 《改善方法》 人工甘味料を控えることで、お腹にガスが溜まることを緩和することができるでしょう。 よくある症状ですが、病気ではありませんのご安心を! 乳糖不耐症(牛乳を消化する酵素である乳酸を生成することができない体質)は、年齢を重ねることで発症する可能性もあるので、これまでに牛乳やアイスクリームを食べても大丈夫だったからと言って、この可能性を排除しないでください。 《改善方法》 「乳製品を摂取して体調がおかしくなったら、数日間は乳製品を摂らないようにして様子をみることをおすすめします」と、ガンジュ医師はアドバイスしています。 そうすることで、腸の調子が良くなった(おならの匂いがいつもより臭くない)場合は、チーズの摂取の仕方を考える必要があるかもしれません。 便秘になると、便が腸の中にあり続ける状態となります。 よって、そこからガスが発生している状態が続くということになります。 ガンジュ医師は、「便秘の方には、 低FODMAP(フォドマップ)ダイエット(=発酵性オリゴ糖、二糖、単糖、およびポリオールの英語の頭文字をとったもの)を試してみることをおすすめしています。 このダイエットは、特定の吸収されにくい炭水化物が多い食品を一時的にカットするものになります」。 避けるもの、減らすべきものの中には、乳製品、果物(りんごや洋梨)、野菜(ねぎ、玉ねぎ、にんにく)、豆類など、さまざまな食べ物が含まれています。 これらの食べ物は腸内で異常発酵し、ガスを産出するため、胃酸の逆流を引き起こす可能性があるのだそうです。 ここまでは、おならの発生原因について解説してきました。 次からは、なぜ臭いおならが出るのか? その原因と改善方法について説明します。 すでに言及しておりますが、「おなら」は大切な生理現象です。 食事中に飲み込んだ空気や、腸内細菌がエサとなる食べ物を分解したときにできた水素や炭酸ガス、メタンなどのガスというわけです。 その一方で、「 臭くて不健康なおなら」というものもあります。 それが硫化水素、アンモニア、ニトロソアミン、インドール、スカトールといった臭い成分を含んだおならになります。 このニトロソアミンという成分は発がん物質でもあり、大腸がんの原因にもなると言われているのでご注意ください。 「臭いおなら」のもとは、消化されずに大腸までやってきた 動物性たんぱく質や脂肪が主です。 これらを 悪玉菌が分解すると、有害な臭い物質に変化します。 つまり、肉類(動物性たんぱく質や脂肪)をたくさん食べたときに、おならの臭いは強くなる傾向があると言っていいでしょう。 例えば、焼肉などの脂を多く含む肉をたくさん食べたあとに、そのような経験があるのではないでしょうか? 乳酸菌(善玉菌)を積極的に摂りましょう。 腸内環境を整えるために摂取すべき食材は、善玉菌がたくさん入ったヨーグルトやぬか漬け、納豆やキムチなどは腸内環境を整えてくれます。 善玉菌のエサとなるオリゴ糖やゴボウ、アスパラガスなどのオリゴ糖を含む野菜類もおすすめです。 身体に良い善玉菌を含むものを プロバイオティクス、その善玉菌の栄養源となるものを プレバイオティクス、そして、両方を合わせて摂ることを シンバイオティクスと呼びます。 善玉菌とエサをセットで摂ることで、より効果的に腸内環境を整え、健康を促進することが大いに期待できます。 《発酵食品》 …乳酸菌やビフィズス菌、酵母菌、麹菌などの善玉菌が含まれています。 継続的に食べると、より効果的とのこと。 塩分が多い食品もあるので、その点はご注意ください。 例:ヨーグルト、納豆、キムチ、味噌、ケフィア・ぬか漬けなどの漬け物類・めかぶ、昆布、ワカメなどの海藻類・食物繊維の豊富な穀類・野菜類・果物類・オリゴ糖.

次の

足が臭い理由は気候にもある!!季節別の対策とは?

お なら 臭い 理由

洗いたてのバスタオルに顔を埋め……「クサッ」とか、言いたくないですよね…… 「でも、洗ったばっかりの身体を拭くものなわけだから汚れが原因じゃないよね?」と思っている人も少なくないのではないでしょうか。 確かに、この数自体はそう多いわけではありません。 しかしこのバスタオルを、洗濯せず3日使い続けると、細菌数は「数万~数億個」にも激増してしまいます。 この激増した細菌により、雑巾臭さの不快さのみならず、皮膚炎や体臭の発生が、懸念されるようになります。 細菌は一般的に、増殖するのに水分と栄養を必要とします。 バスタオルは入浴後、身体や髪の毛の水分を拭くのが役割ですから、使用するごとに必ず水分が付きます。 栄養(汚れ。 汗や垢など)の方も、使用した「パンツ」や「靴下」などとは度合いが違うものの、全く付着しないわけではありません。 なまじ、汚れていないと高をくくってしまうがゆえに、使用後、速やかに乾かさなくては、という意識が行き渡らず、中途半端に水分が残り、ニオイが発生しがちなのです。 バスタオルのイヤなニオイを防ぐ使い方 バスタオル、使ったらすぐ乾かす! のが鉄則 つまるところ、使用後も洗濯後も、「なるべく早く乾かすこと」がバスタオルの健全さを維持する上では必須です。 また、バスタオルで身体を拭く前には身体や髪の毛をしっかり洗うことも、細菌の付着数を減らす意味では大切です。 バスタオルを使う前に、湯上りタオルなどで身体や髪の毛の水分をなるべく拭き取っておくのも「バスタオルを臭くしない」上で有効です。 これは、やたら周囲を濡らさないといった意味で公衆浴場などでのマナー的にも良いですね。 とはいえ「もう、すでに少し変なニオイになってしまっている」という場合、どうしたらニオイを消すことができるのでしょう? そもそも、消せるのでしょうか? バスタオルの生地に、黒い点々のような汚れ?が付いていて、カビっぽい雑巾臭さがあるという場合。 残念ですがすでに黒カビがバスタオルに生えてしまっている状態です。 そのバスタオルは潔く雑巾などに転用し、次のバスタオルの使い方や洗濯を頑張りましょう。 バスタオルの生地に黄色やピンク系の変な汚れが付いていて、やや雑巾臭いといった場合には、酵母が繁殖している「前カビ状態」と考えられます。 まだ洗濯によって脱臭リベンジが叶うかもしれませんので、念のため試してみてください。 場合によってはそれだけで、ニオイが落ちてしまうことがあります。 2.「粉末洗剤(合成洗剤)」+「粉末漂白剤()」を使って普通に洗濯する でもやっぱり洗剤だけではスッキリしないという場合、そこに粉末の漂白剤()を足して、洗濯してみましょう。 同じ「酸素系漂白剤」でも液体タイプ(主成分は過酸化水素)より粉末タイプの方が効きが良いようです。 3.洗濯前に希釈した「」溶液に漬け置く 適切に希釈した「」溶液に、臭うバスタオルを半日ほど漬け置いてから普通に洗濯します。 このとき柔軟剤の代わりに、ごく少量の「塩化ベンザルコニウム」を投入するとより効果的です。 4.ぬるま湯に溶かした「)」液に漬け置く ぬるま湯に希釈した漂白剤液に、臭うバスタオルを2時間ほど漬け置きし、洗濯機にそのまま入れ、洗剤で普通に洗濯します。 いずれの場合も、「臭うバスタオル」を洗濯する際には市販の「柔軟剤」は使用しない方が無難です。 昨今の柔軟剤は香りが強いことが多く、臭いバスタオルのニオイをマスキングしつつ、混じり合い、かえっておかしなニオイになってしまうためです。 またこの洗濯(干しまで含む)にあたっては、以下の点にも注意してください。 1)洗濯の際、「風呂の残り湯」は再利用しない 前出の衛生微生物研究センターの調査によれば、入浴人数5人の、 ・入浴前の風呂水中の細菌数は、1mlあたり80 ・入浴直後の風呂水中の細菌数は、1mlあたり2700 ・一晩放置後の風呂水中の細菌数は、1mlあたり120万 ただ入浴直後、「洗い」のみ再利用し、濯ぎには真水を使うならば細菌汚染の程度は低く済むのではないかと思います。 2)部屋干しよりも天日干し。 湿気りがちな浴室乾燥機や、乾燥の甘い全自動洗濯乾燥機に注意 早急に乾燥させたいので、部屋干しよりは天日(屋外)に干した方が乾きやすくおすすめ(雨天や花粉時期以外)。 ただ、高温になるものの湿度が高くなる浴室乾燥機や、使用していくうちにフィルターが詰まるなどして乾きが甘くなっている全自動洗濯乾燥機にかけると、かえって(細菌が活発化!? )臭くなることがあるので注意しましょう。 3)エアコン部屋干しでは室内の湿度に注意 エアコン(暖房)=空気が乾燥している、というイメージは割合強固なものですが、最近はちょうど良い湿度(40~50%)に室内空気を加湿調整してしまう機種が出てきていて、室内環境は快適に。 その分、部屋干し的には乾きにくくなっています。 室内の湿度を確認しながら部屋干しするようにしましょう。 部屋干しの際には除湿機やエアサーキュレーターを併用することをおすすめします。 「クサくしない部屋干し」には、空気を撹拌して澱ませないエアサーキュレーターはマストアイテムです ちなみに、ガイド(子ども3人の5人家族)宅の場合。 バスタオルは1人1枚欲しがられ、洗濯したてが好まれ、かつリネンやガーゼは嫌われる(「タオル」じゃないとダメ)といった事情のすえ、探し当てた「薄手で大判のバスタオル」を愛用しています。 ほぼ毎日洗濯していますがあまり負担にならず、乾きも早く、重宝しています。 かさばらないのでスーパー銭湯に持参する際などにもとても便利です。 バスタオルのケアが大変という理由で、バスタオルそのものをもう使わない!などの対策法もありますが、バスタオルならではの良さ(大きさなど)を手放したくないという気持ちもとても良く分かります。 であれば、バスタオルそのものの選定や、洗濯の仕方など、できることを組み合わせて、快適なバスタオルライフを送ることができるよう、工夫、してみてください。

次の