西村勘九郎。 【斎藤道三の生涯年表】戦国最強の梟雄「美濃のマムシ」の歴史を解説

斎藤義龍はどんな人?父・道三殺し、帰蝶や光秀との関係、死因など生涯を解説

西村勘九郎

甲賀を発った私たちは、瀬田左京を先触れとして送り出し、東山道を下り、不破の関を通過した。 不破の関を少し過ぎた頃、瀬田左京と大勢の武士が待ち構えていた。 「若様、お待ちしておりました。 西村家の館のある稲葉山城までは、こちらの西村隼人佐道利殿が案内してくれます」 西村隼人佐道利と紹介された男は、中背ではあるものの、極道の世界の人たちみたいな顔をしていた。 「西村隼人佐道利にございます。 若様を稲葉山城までお連れさせていただきます」 「近衛多幸丸にございます。 西村隼人佐殿は、西村勘九郎正利殿の御縁者ですか?」 ふと疑問に思ったことを聞いてみる。 「西村勘九郎正利は祖父にございます。 私の父は西村勘九郎の嫡男である西村新九郎規秀の庶子で、母親は瀬田左京殿の姉でございます」 何となく、斎藤道三の息子って気はしていたけれど、話に聞いていた瀬田左京の姉の子であったことにビックリした。 名前からして、長井道利だよな?長井道利は斎藤正義が殺された後、鳥峰城を貰ってるから、何か因縁めいたものを感じるぞ。 しかも、同じ庶子だとは・・・。 「まさか、瀬田左京の甥御だったとは。 稲葉山城まで、よろしくお願いいたします。 」 こうして、西村隼人佐一行に案内され、稲葉山城へと辿り着いたのであった。 二人の顔を見ると、正に極道の組長と若頭って感じでヤバい。 「関白近衛稙家が庶子、近衛多幸丸でございます。 西村勘九郎殿には、私の願いを聞き届けていただかまして、誠にありがとうございます」 取り敢えず、極道の組長に挨拶をする。 「近衛多幸丸殿、よく参られた。 わしが西村勘九郎正利じゃ。 此方は、わしの嫡男で西村新九郎規秀と言う。 」 組長が息子の若頭を紹介してくれた。 「西村新九郎規秀でござる」 若頭が名乗ってくれた。 親子揃って、丁寧だけど、雰囲気が危ない。 「瀬田左京から話は聞いたが、多幸丸殿は、武士になりたいとのことだが、誠か?」 「はい、私は比叡山に入れられましたが、僧になることが我慢できず、武士になって成り上がりたいと思いました。 受け入れてくれる家は多数ありましょうが、畿内近郊で勢いがあるのは、西村殿とお見受けし、縁者の瀬田左京に頼み、お願いさせていただきました」 「僧になるのが嫌か・・・。 わしもかつては僧だった。 元々は日野家の庶流で松波家の生まれで、父は北面の武士であったが、家が貧しく、出家させられた。 今も公家はどこも貧しいから、どの家も嫡男以外は出家させられるだろうな。 」 「えぇ、我が近衛家も、父以外は寺に出家させられております」 「僧になるのが我慢できず、成り上がりたいという気持ちは、わしにはよく分かる。 わしも僧の生活が我慢できず、勝手に還俗した後は、油売りの娘に婿入りし、油売りになってそこそこ成功したが、それだけでは我慢出来なかった。 故に、油売りで成した財を基に、美濃の小守護代である長井長弘様に仕官して、重臣の西村の名跡をいただき、頼武様方の守護代斎藤帯刀様からこの稲葉山城を奪い、今では稲葉山城代よ」 西村勘九郎が自身の経歴を簡単にだが語ってくれた。 「ところで、多幸丸殿は、成り上がりたいとのことだが、領地や城が欲しいのか?」 西村勘九郎は、私が城持ちになりたいかを、ダイレクトに問うてきた。 「はい、仕えてくれている家臣もおりますれば、すぐにでも城や領地が欲しいです」 私の返答に、西村勘九郎はニヤリと悪人面で笑う。 「多幸丸殿ほどのお血筋の方に城を与えるのは、吝かではないが条件がある」 「じょ、条件・・・?」 「そうじゃ、その条件は、我が嫡男新九郎の養子になることじゃ。 本当はわしの養子にしたいところだが、わしではもう老いすぎておる。 新九郎の息子である道利は、今は竹ヶ鼻城の城代じゃ。 新九郎の子となれば、城主になってもおかしくない。 如何かな?」 西村勘九郎は挑戦的な顔で笑いつつ、此方に問いかけてくる。 やはり、斎藤道三の養子にならなければならないか。 まぁ、家柄が良いとはいえ、自分の親族やら他の家臣を飛び越えて、いきなり城主とかにしたら反発もあるだろうな。 道利はすでに城代になってるってことだから、新九郎の養子になれば城主にしても問題ないということだろう。 「分かりました。 西村新九郎殿の養子になりましょう!」 私の即答に対して、西村親子は大層驚いた様子だ。 「ほぅ、即断するとは、果断なよな。 考える時間が欲しいと言われるかと思ったが、近衛の家を捨て、新九郎の養子になることの利に気付いたようじゃな。 立派な武士になれよう」 西村勘九郎は満面の笑みであり、養父となる新九郎もニヤニヤと悪人面で笑っていた。 こうして、近衛多幸丸は、西村新九郎規秀の養子となることとなったのであった。

次の

松波庄五郎

西村勘九郎

西村さんのルーツはなんと鉄砲伝来の種子島に! 西村姓の始まりは、清和源氏義家流新田氏族の新田能重が銃術修行のため鉄砲伝来の大隈国(現・鹿児島県)種子島(たねがしま)に渡り、西村(浦)に住んで家号にしたという。 または清和源氏岩松氏の流れとも。 西村流砲術の元祖・西村忠次はその流れといわれ、天正年間に西村時玄は種子島の島主である種子島氏の家老を務めている。 また明治期の名ジャーナリストで、「天声人語」の名付け親・西村天囚(にしむらてんしゅう)もこの種子島の出身で、やはり祖先は西村織部丞時貫。 種子島西之本村(鹿児島県熊毛郡南種子町西之本村)。 ここに鉄砲伝来時、西之村を治めていた西村織部之丞の屋敷跡地がある。 西村織部之丞は、語学が大変達者で、明国船の乗組員と筆談したと伝えられている。 西村さんの先祖には芸術家が多い 西村氏は様々な分野で歴史に登場する。 織田信長の御用釜師として名人の評が高かった西村道仁(にしむらどうにん=西村家の始祖)は、京都の三条に住み、西村家は代々千家に出入りする釜師(茶釜を鋳る職人)として続いた。 同じ京都の六条に「丁字屋」という書肆(しょし=書物を出版・販売する店)を構えていた西村家は代々九郎右衛門と称し、東本願寺の御用書肆であった。 西村九郎右衛門の10代目の三男・西村七兵衛は天保2年(1832年)、京に生まれ、暖簾分けして丁子屋七兵衛を名乗った。 これが現在も続く老舗の仏教書専門出版社・法藏館(ほうぞうかん)で、社長も当然、西村さん。 そういえば、京都出身の俳人で本業は縫針問屋であった西村定雅(にしむらさだまさ)という人物もいたが、たしか浪費で破産したはず。 京から江戸に移れば、独特の漆絵と石摺絵を考案した浮世絵師の西村重長(仙花堂)がいる。 ところで美濃国に西村勘九郎正利という人物がいた。 その名はたいして知られていないが、実は、西村勘九郎正利とは、やがて長井姓を名乗り、次に斉藤姓を名乗った下克上の斉藤道三その人である。 もっとも、西村勘九郎正利という名前の前は松波庄五郎と名乗っていたというので、彼は果たして西村氏なのか、それとも松波氏、長井氏、斉藤氏なのか? 父は松波なので出自は松波家。 長井氏家臣・西村氏の家名をついで西村勘九郎正利を称し、長井長弘を不行跡のかどで殺害し、長井新九郎規秀を名乗る。 羽柴が豊臣に、松平が徳川になったように、戦国時代を生き延びる知恵だったのだろう。 周防国玖珂(くが)郡西村を発祥とする西村氏は西村城(山口県岩国市錦町府谷西村)を居城としていたが、のち府谷八幡宮の神職となった。 伊勢国からは伊勢神宮の神職荒木田氏族の西村氏や、伊勢国司の村上源氏北畠氏族の西村氏がいる。 さらに、大和国式上郡西村を発祥とする西村氏は藤原氏流光岡氏族(奈良県桜井市では西村姓は18位)、出羽国からは斯波氏流の西村氏が、丹後国からは細川氏流の西村氏が、武蔵国からは丹治氏の末裔の西村氏が、摂津国からは渡来系氏族の坂上氏族の西村氏が、伊賀国からは服部氏族の西村氏が、阿波国からは小笠原氏族の西村氏生まれている。 このあたり、ルーツをたどるのは残念ながらかなり難しい。 水生城主が西村丹後守。 天正8年(1580)織田勢の羽柴秀吉の第二次但馬侵攻で西村丹後守が籠もる水生城に但馬の軍勢は終結し、羽柴軍と激突している。 水生城は、八代川の北岸の丘陵に築かれた3つの山城の総称だ。 山腹にある長楽寺(兵庫県豊岡市日高町上石661)から山道が山頂に通じている。 長楽寺は行基の開山と伝わる古刹で、花弁が一枚ずつ散る「散り椿」で有名。 秀吉に攻略された時、戦死者の霊を慰めるために植えられたと伝えられるもので樹齢は500年ほどの。 一般に椿は花全体がポトリと落ちますが、長楽寺の椿は花弁の数が20枚近くあり、花びらが別々にポトリポトリとはかなく散っていくのだ。 まさに戦死者を弔うかのように。 花期は3月中旬〜4月。 西村さんならこの時季に、ぜひ訪れてもらいたい。 西村神社としては、島根県の隠岐島に西村神社(隠岐の島町西村296-1)があり、西村神社祭礼の8月14日に限り西村神楽が奉納されている。 隠岐島の北に位置するから北村でもいいようだが、すぐ東に昔からの天然の良港の中村があるので、中村に対して、西側の村の意だろう。 熊本県球磨郡錦町西にも西村神社がある。 一方、鹿児島県いちき串木野市に西村寺がある。 西村姓は滋賀県で大姓4位、京都で7位など近畿地方に多い。 中国・四国・九州でもかなり見かけるが、東日本には少ない。 家紋は、清和源氏新田氏は丸に三つ柏、丸に藤巴、甲斐源氏は軍配団扇、丹治氏(丹党)は寓生(ほや)に対い鳩。 他に、揚羽蝶、五瓜に四つ目、花菱、桔梗、藤、片喰(かたばみ)、三つ盛木瓜など。 ダムの大きさは堤高でも表現しますが、その機能を考えると総貯水容量も大切。 水がめの役割は、発電だけでなく、上水道、工業用水、農業用水、さらには洪水防止と多目的に活用されているのです。 さらに加えて、湖上遊覧など観光スポット... カテゴリ:• 山あり谷ありの日本列島にはたくさんの橋がかかっていますが、歴史的に日本三奇橋といわれるのは、甲州(現・山梨県大月市)の猿橋、防州・岩国(山口県岩国市)の錦帯橋、越中新川郡(富山県黒部市)の愛本橋ですが、愛本橋は現存しない... カテゴリ:• 日本三名橋に関しては諸説あり定かでありません。 一般的に東京都中央区の日本橋、山口県岩国市の錦帯橋、そして長崎県長崎市の眼鏡橋と江戸時代に架橋された3つの橋が三名橋とされています。 ただし、選者も定かでありません。 日本橋の代... カテゴリ:• 授業で習った「カルスト地形」。 地表に露出した石灰岩が雨水などで浸食されて誕生した地形のこと。 実は、日本各地にこの石灰岩地帯はあるのですが、日本三大カルストと呼ばれる大規模な奇観は、有名な秋吉台(山口県美祢市)、四国カルス... カテゴリ: ,• 商売繁盛、芸能上達の神様として知られ、繁華街などにも祀られているのが「お稲荷さん」と通称される稲荷神(いなりのかみ、いなりしん)。 日本三大稲荷とされるのが、伏見稲荷大社(京都市)、笠間稲荷神社(茨城県笠間市)、そして豊川... カテゴリ: , ,• 有名だから行ってみたけど、かなりガッカリした・・・、というのが喧伝(けんでん)されて誕生したと推測される「日本三大がっかり名所」。 有名税にも思える、ちょっぴり不名誉な3ヶ所は、札幌市時計台(北海道札幌市)、はりまや橋(... カテゴリ:• ダムの大きさを測る物差しとしてもっともシンプルなのが堤高(ていこう)。 つまりはダムの堰堤の高さです。 基礎地盤からダムの一番上までの高さなので、下から見上げたときの迫力などに反映されるのもこの堤高。 アーチダム、ロックフィ... カテゴリ:• 三大河とは、関東を流れる坂東太郎(ばんどうたろう=利根川)、九州の筑紫次郎(つくしじろう=筑後川)、四国の四国三郎(しこくさぶろう=吉野川)を指す名数(めいすう)で、「日本三大暴れ川」のこと。 日本三大河川(信濃川、利根... カテゴリ:• 日本三大砂丘は、静岡県の御前崎から浜松まで続く南遠大砂丘、有名な鳥取砂丘、そして鹿児島県の吹上浜の3ヶ所を数えるのが一般的。 ただし、この日本三大砂丘は、誰が決めたのか定かでない「詠み人知らず」のため、九十九里浜を入れたり... カテゴリ: ,• 日本一高い山は、富士山ということは知られていますが、では2番というと・・・。 案外知られておらず、南アルプスの北岳で標高3193m。 山男ならベスト3はスラスラのはずですが、実は、近年、3番めは、奥穂高岳(北アルプスの最高... カテゴリ:.

次の

NISHIMURA Kankuro 西村勘九郎という名

西村勘九郎

生没年• 1494? ~1556 名前• 長井 規秀(ながい のりひで) 1533~• 斎藤 利政(さいとう としまさ)1538~• 斎藤 道三(さいとう どうさん)1554~ 斎藤道三 人物解説• 油商人として成功しその後武士になる• 1533年(天文2年)以前は、父である長井新左衛門尉の経歴と混在している可能性がある(六角承禎書写より)• 謀略を駆使し、美濃の戦国大名にまで成り上がる• 出生 京 妙覚寺で得度を受け、法蓮房の名で僧侶となる 美濃 妙覚寺の末寺である常在寺へ赴く 美濃 僧より還俗する 油問屋の奈良屋又兵衛の娘をめとる 油売りの行商人として成功しその後武士となる 美濃 常在寺の日運(日護房)の縁故を頼り、美濃守護 土岐氏小守護代である長井長弘の家臣となる 美濃 長井氏家臣である西村氏の家名をついで西村勘九郎正利を称す 1527 美濃 土岐氏の家督争いで土岐頼芸(とき よりあき)の守護就任に貢献する 1533 2 美濃 土岐頼芸に敵対する土岐頼武と内通した罪で長井長弘を殺害する 長井規秀に改名する 1538 美濃 美濃守護代の名跡を継ぎ斎藤利政と名乗る 1539 美濃 居城である稲葉山城の改築を行う 1541 美濃 美濃守護 土岐頼芸の弟である土岐頼満を毒殺する 1542 美濃 土岐頼芸を追放し、美濃の実質的な国主となる 1544? 斎藤 義龍(さいとう よしたつ) 嫡男、長良川の戦いで道三と戦い敗死させる• 斎藤 孫四郎(さいとう まごしろう) 二男、義龍に謀殺される• 斎藤 喜平次(さいとう きへいじ) 三男、義龍に謀殺される• 帰蝶(きちょう) 濃姫、織田信長の正室• 斎藤 利治(さいとう としはる) 長良川の戦い後、信長配下となる。 信長の嫡男である織田信忠の家老となるが、本能寺の変により二条御新造において討死する。 斎藤 龍興 (さいとう たつおき) 義龍の嫡男。 義龍の死により美濃斎藤氏の家督を継ぐが、信長に侵攻され斎藤氏は滅亡する。 長井 長弘(ながい ながひろ) 美濃守護土岐氏の家臣で小守護代を務めた• 土岐 頼芸(とき よりあき)1533頃~1542 美濃の守護大名。 兄の土岐頼武や甥の土岐頼純と美濃守護の座を巡って争う。 1542年に道三に追放された。

次の