テレビ 朝日 ゼロワン。 『仮面ライダーゼロワン』『魔進戦隊キラメイジャー』6月21日より新作放送再開へ|Real Sound|リアルサウンド 映画部

『仮面ライダーゼロワン』、最凶の敵!アークゼロ出現 声はレジェンド・速水奨 /2020年5月24日 1ページ目

テレビ 朝日 ゼロワン

テレビ朝日系で放送中の『仮面ライダーゼロワン』(毎週日曜 前9:00)。 次回、16日放送の第23話「キミの知能に恋してる!」からは、飛電或人()と社長秘書ヒューマギア・イズ()らによるメタルクラスタホッパーの力を制御するための戦いが始まるが、『特命戦隊ゴーバスターズ』(2012年2月〜2013年2月放送)でブルーバスター/岩崎リュウジを演じたがゲスト出演する。 さらに『ゴーバスターズ』でイエローバスター/宇佐見ヨーコとして活躍したも第21、22話に続き同じ役柄でゲストとして登場し、『仮面ライダーゼロワン』で『ゴーバスターズ』2人の夢の共演が、およそ7年ぶりに実現する。 仮面ライダーゼロワンに変身する主人公・或人が、敵対するZAIAエンタープライズ社長・垓()が構築したメタルクラスタホッパーキーによって仮面ライダーゼロワンメタルクラスタホッパーに変身。 自らの意思で制御できず暴走する、という新たな展開を迎えた。 ゼロワンの力を制御できなくなった或人は、垓に敗れ、社長を務める飛電インテリジェンスを買収されてしまうのか? 仮面ライダーゼロワンの新たなフォームの登場とともに、目が離せない展開となってきた。 小宮が演じるのは、第21、22話と同じ結婚詐欺被害にあった女性・海老井千春。 自分が訴えた婚約者は無罪だったことが証明されたが、裁判沙汰が災いしてか婚約は解消。 新たなお相手を探してほしいと、ゼロワンの新たな力を制御できずに悩む或人社長のもとに駆け込む。 一方の馬場が演じるのは、結婚相談ヒューマギア(AIロボ)の縁結びマッチ。 千春に泣きつかれた或人が、イズの紹介で千春のために用意するヒューマギアとなっている。 縁結びマッチは、結婚したいという依頼者が提出した個人情報をラーニングし、マッチングサービスに登録された人の中から結婚に最適なパートナーをマッチングさせることが可能。 まさに千春にとっては願ってもないヒューマギア、ということになる。 『ゴーバスターズ』では、メンバー最年長のリュウジを演じていた馬場。 小宮演じるヨーコを見守る立場と自任しており、沈着冷静、洞察力にも優れ、しかも博学と兄貴分として申し分のないメンバーだった。 しかし、時に熱暴走を起こして敵味方関係なく襲い掛かる場面も。 そんなリュウジを気が強く口が悪い生意気な高校生のヨーコも「リュウさん」と呼んで信頼。 初めてリュウジが熱暴走した時にはショックのあまり泣いてしまう、ということもあった。 そんな『ゴーバスターズ』では固い絆で結ばれていた2人も、今回は結婚に悩む乙女・千春と、そのお相手探しを引き受けるヒューマギア・縁結びマッチという関係に。 ヒューマギアの縁結びマッチは優秀すぎるがゆえに、人間とは違い歯に衣着せぬ言葉で冷静に千春を分析。 思わず千春がムッとして…、といったシーンも見せる。 そんな凸凹ぶりを披露しつつも千春のために結婚相手を探す縁結びマッチ。 或人やイズをハラハラさせつつも、千春に幸せをもたらしてくれるのか? そして、ヒューマギアの縁結びマッチが人間を絶滅させるマギアに変身、熱暴走ならぬ暴走してしまうのか? そんな『ゼロワン』ならではの展開も含めて2人の活躍に注目だ。 令和初の仮面ライダー『ゼロワン』のカッコいい世界観に参加出来たこと、とても光栄でした! この仕事は、人と人との縁が結びついて繋がっていく仕事だと思うのですが、『特命戦隊ゴーバスターズ』からの縁が結び結ばれ、またこうして日曜朝のヒーロータイムに戻ってくることが出来たことが本当にうれしいです。 何より今回は、共に地球を守った小宮有紗氏と一緒という事で、とても心強くもあり、それ以来の共演ということで、少しこそばゆい感じもありましたが(笑)、僕たちだからこその「千春とマッチ」の関係性が生まれたのではないかなと思います。 是非チェックしていただけたら嬉しいです! ベストマッチ!!! 前話は『キュウレンジャー』のさんとご一緒させていただきましたが、第23、24話では『ゴーバスターズ』で1年間一緒にレギュラーを務めていた馬場さんと約7年ぶりに共演させていただきます! 『ゼロワン』が大好きな皆さんはもちろんですが、当時を知っている方にも楽しんで観ていただけると思いますのでお見逃しなく!!

次の

仮面ライダーゼロワン:ついに新エピソードが放送! アズ、アークゼロ、…

テレビ 朝日 ゼロワン

特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系、日曜午前9時)の新作エピソードの放送が、6月21日に再開される。 新型コロナウイルスの影響で撮影スケジュールに変更が生じ、5月17日以降は新作の放送を延期し、特別編を放送していた。 だが、21日放送の第35. 5話「ナニが滅亡迅雷を創ったのか?」で、鶴嶋乃愛さん演じるアズが「滅亡迅雷. net」の前に現れることが予告されるなど、すでに放送前に大きな盛り上がりを見せている。 ここで改めて、新エピソードの放送前に、物語を振り返りながら、これからの展開について考察してみたい。 net アズは、或人の秘書であるヒューマギア・イズ(鶴嶋さん)に見た目はそっくりだが、ショートヘアのイズとは違い、ロングヘアで、頭部のモジュールは赤く光っている。 元々、オープニングに姿は見せていたものの、長らく正体は分からないまま、特別編「プレジデント・スペシャル PART. 01」(5月17日)で初登場した。 特別編では、或人にゼロワンの過去の戦いのデータを要求し、ラーニングしていたが、或人に対しての言葉使いも、いつものイズとは違う少々乱暴なもので、SNSでは「赤イズ可愛すぎ」「赤イズちゃんの小悪魔たまらん」などと盛り上がりをみせた。 第35. 5話の予告では、滅亡迅雷. netのアジトに現れたアズが、通信衛星・アークの使者を自称していたが、その言葉を額面通りに受け取るならば、アークはゼロワンの敵。 つまり、アズは特別編で或人にスパイ行為を働いていたことになる。 一体、ゼロワンの過去のデータを取得して、何をたくらんでいたのか。 また、予告でアズは滅亡迅雷. netの滅(砂川脩弥さん)、亡(中山咲月さん)、迅(中川大輔さん)、雷(山口大地さん)の4人の前で「シンギュラリティ・テストを始めるよ」と意味深なセリフも口にしていた。 アークの使者ということは、アークの人類滅亡の意思を体現する滅亡迅雷. netを指導する立場にもなるのか、アズと4人の関係性にも注目が集まりそうだ。 アークゼロとの関係も気になるところ。 アークゼロの正体は、アークの意志が具現化した姿ということは明かされているが、変身者はいまだ明らかになっていない。 アークの使者ということは、アズがアークの意志というふうにも受け取れるが果たして……。 当初は、アークに人間への悪意をラーニングし、滅亡迅雷. netも生み出した元凶であり、物語の黒幕として登場。 サウザーの強さも相まって、ゼロワン最大の敵として君臨していた。 しかし、ゼロワンがメタルクラスタホッパーにパワーアップすると、防戦一方に。 また、仮面ライダーバルカン/不破諫(岡田龍太郎さん)がランペイジバルカンに変身できるようになると、いよいよ敗戦する展開が目立つようになり、ついには部下の刃唯阿(井桁弘恵さん)にも見限られ、ライダースペックは上回っているはずの、仮面ライダー滅 スティングスコーピオンにも敗北した。 いや、あの「1000パーセント」が口癖の完璧主義者で、権謀術数の限りを尽くし、ゼロワンの邪魔をしてきたサウザーのこと。 このまま物語から退場するとは思えない。 再び、ゼロワンを追い詰める展開が用意されているかもしれない。 ひょっとすると、アークゼロという最大の敵に対して、ゼロワンと共闘する展開も……。 最終章に入りながらも、1カ月以上新エピソードが放送されなかった「仮面ライダーゼロワン」。 さまざまな情報だけが先行して明かされてきたが、やはり視聴者が見たいのは、ゼロワンをはじめとした魅力的なキャラクターたちが紡ぎ出す次なる展開だ。 人間と人工知能が共存する世界を描いた、令和最初の仮面ライダーの物語はどうなるのか。 待ち遠しかった日曜がやってくる。 本記事は「」から提供を受けております。 著作権は提供各社に帰属します。 予めご了承ください。

次の

テレ朝POST » 『仮面ライダーゼロワン』と『魔進戦隊キラメイジャー』、6月21日から新作放送再開

テレビ 朝日 ゼロワン

特撮ドラマ「仮面ライダーゼロワン」(テレビ朝日系、日曜午前9時)に声優としてM・A・Oさんが出演することが6月21日、分かった。 M・A・Oさんが「仮面ライダー」シリーズに出演するのは初めてで、主人公の飛電或人(仮面ライダーゼロワン、高橋文哉さん)の新会社・飛電製作所が初めて生み出したオリジナル人工知能(AI)で、友達型AIのアイちゃんを演じる。 アイちゃんは、6月28日放送の第36話から登場する。 M・A・Oさんは、スーパー戦隊シリーズの「海賊戦隊ゴーカイジャー」(2011年2月~2012年2月)に女優・市道真央名義で出演しており、ゴーカイイエロー(ルカ・ミルフィ)を演じた。 「宇宙戦隊キュウレンジャー」(2017年2月~2018年2月)ではワシピンク(ラプター283)、「騎士竜戦隊リュウソウジャー」(2019年3月~2020年3月)では騎士竜チビガルーの声優を務めた。 M・A・Oさんは「『仮面ライダー』に出演させていただくのは初めてのことだったので、本当にうれしかったです!」と喜び、演じるアイちゃんについて「友達型AIということで、フランクでありながらも、冷静で相手に寄り添いすぎない距離感を意識しました。 客観的に話を聞きながら、核心をついたことをズバッと言ってくれる友達のようなイメージで演じさせていただきました」と語った。 「アイちゃんは、人の本音や素直な気持ちを引き出して、背中をそっと押してくれるような魅力的なキャラクターだと感じました。 ぜひアイちゃんとの会話シーンにも注目していただけたらうれしいです」とアピールした。 M・A・Oさんが演じるアイちゃんは、丸いフォルムのAIユニット。 過去のことで思い悩む不破諫(仮面ライダーバルカン、岡田龍太郎さん)のために飛電或人が発想し、博士ヒューマギアの博士ボット(六角慎司さん)が友達型AIとして制作する。 アイちゃんは、思い悩む不破諫から胸の内を聞き、アドバイスを送る。

次の