吉川愛 メイちゃん。 吉川愛の子役時代を調査!あまちゃんなどの子役ドラマ時代も調査!

吉川愛:「はじこい」の“エトミカ”はあの名子役! 「メイちゃんの執事」から10年…

吉川愛 メイちゃん

」で共演されてSNSにこんな投稿が上がりました。 そこで一人の女子生徒につき一人執事がつくという超がつくほどのお嬢様学校でその学校でどう過ごすかという物語の少女漫画です。 その漫画を榮倉奈々さんを主演として2009年実写ドラマが放送されました。 そのドラマで超天才児のお嬢様、麻々原みるくを演じていたのが当時10歳の吉川愛 当時:吉田里琴 さんです。 ちなみにみるくちゃんはお嬢様でありながらとある研究所で技術開発に関わっていたらしく日常生活を監査され問題行動をすると研究所に連れ戻すと脅されその中で鈴木亮平さん演じる執事大門と乗り越えられるのかとかなり演技力が求められる役だったのではないかと思います なつみさん役の吉川愛ちゃん、可愛いなーと思って色々見てたら、メイちゃんの執事の麻々原みるくちゃんでビックリした。 おっきくなったねえ。 — aya aya010113 ただいまだに吉川愛さんの投稿に「みるくちゃんの頃から応援してるよー!」などのコメントもされ今だに観ていた人には印象に残っているので作品に引き込み魅了していたのではないでしょうか^^ 個人的にも好きな作品だったので再放送などしてほし作品の一つですが10年以上前なので出演者も若い頃の作品になるので話題になりそうですよね笑 スポンサーリンク 吉川愛はあまちゃんにも出てた? 今少し話題になっていますが吉川愛 当時:吉田里琴 さんは2013年当時13才の時に連続テレビ小説「あまちゃん」に出演されていました。 吉川愛さんは主人公ののん 当時:能年玲奈 さん演じる主人公天野アキも所属することになる人気アイドルグループ「アメ女」ことアメ横女学園のメンバーである高幡アリサ役を演じられていました。 引退する際未練はないとも言っていたので復帰された時は驚きの声も多く上がりました。 引退してから約一年普通の女子高生だったわけですがその期間アン屋さんでアルバイトをされたりもちろん友達と遊んだり撮影をしていた時は気をつけていた日焼けも何も気にせずできてよかったと言っていました やはり撮影期間中だったりするとそういったことも大変ですね! ただ引退した後も街で声をかけられたり復帰してほしいというような声をかけられたこともあり嬉しかったとも言っています。

次の

【吉川愛】佐藤健と共演したドラマ「メイ執→恋つづ」の成長がすごい!画像|ちのさんブログ

吉川愛 メイちゃん

そんな「メイちゃんの執事」から10年……。 現在公開中の 映画「十二人の死にたい子どもたち」(堤幸彦監督)では、金髪ギャルのマイに扮(ふん)し、「はじこい」のエトミカとはまったく異なる顔を見せている吉川さんとは……。 2017年4月に旧芸名の吉田里琴から改名し、同7月期の連続ドラマ「愛してたって、秘密はある。 」(日本テレビ系)で女優として再スタートを切った。 昨年、水着姿も披露した初の写真集「i」(ワニブックス)を2月に発売。 「はじこい」でも共演している横浜流星さんが主演の一人を務めた青春映画「虹色デイズ」(飯塚健監督)に出演し、ちょっぴり天然でおとなしいメインヒロイン・小早川杏奈をさわやかに好演し、話題に。 また、結婚式情報サイト「マイナビウエディング」のイメージキャラクターにも起用されると、3代目マイナビウエディングガールとしてCMで美しいウエディングドレス姿を披露。 18年9月に開催された大型ファッションイベント「マイナビ presents 第27回 東京ガールズコレクション(TGC) 2018 AUTUMN/WINTER」では、時価総額7億円のジュエリーを身に着け、タキシード姿の新田真剣佑さんと共にランウエーを歩き、会場を魅了した。 」に続く連ドラレギュラー。 演じるエトミカは、主人公の予備校講師・春見順子(深田さん)の教え子で、ピンク頭の不良高校生・由利匡平(横浜さん)らと関わる女子高生の一人だ。 匡平とは合コンで知り合い一目ぼれするが……というキャラクター。 SNSでは、みるくちゃん時代を知るファンから「エトミカ、まさかのみるくちゃん!」「知らなかった! バリ美人になっている!」といった驚きの声に加え、「そら演技うまいわ!!」「さすが愛ちゃん、演技うますぎる」といった投稿も見られた。 ドラマが始まる前「エトミカは原作(持田あきさんのマンガ)の中でもドラマの中でもいちずで可愛いけど、芯は強い女の子です。 エトミカの良さをたくさん出して、女性の皆さんにも共感してもらえるように頑張ります」と意気込んでいた吉川さん。 今後の活躍に注目だ。

次の

吉川愛(吉田里琴)の子役時代にメイちゃんの執事やあまちゃんなどに?

吉川愛 メイちゃん

女優の上白石萌音さんと俳優の佐藤健さんが出演するドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系、火曜午後10時)の第8話が3月3日に放送された。 吉川愛さん演じる循環器内科の新人看護師の酒井結華が、毎熊克哉さん演じる医師、来生晃一に告白するシーンが登場。 視聴者からは「吉川愛ちゃん可愛いな」「酒井さん尊すぎ」などの声が上がった。 ドラマは、円城寺マキさんの同名マンガ(小学館)が原作。 偶然起きた出来事で運命の男性となる医師と出会って恋をした佐倉七瀬(上白石さん)は、彼に会いたい一心で猛勉強し、晴れて看護師に。 念願かなって5年越しに再会した天堂は、毒舌ばかり吐く超ドSなドクターで通称「魔王」と呼ばれていた……。 天堂に素直な思いを伝え続け、くじけず突き進む「勇者」の七瀬と、「魔王」天堂の恋模様をユニークに描く医療ドラマ。 第8話では、七瀬に好意を持つ入院患者の上条周志(清原翔さん)は、天堂から暴力と精神的苦痛を受けたとして訴えを起こす。 七瀬は、上条をなんとか説得しようと試みるが、条件を出されてしまう。 考え抜いた結果、七瀬は誰にも何も告げずに姿を消すことに……。 結局、上条は訴えを取り下げ、病院を去ることになった。 結華とともに上条を見送った来生が、「上条さん、台風のように去っていったなあ」と話すと、結華は「結局、問題は収まったわけだから、戻ってくればいいのに」と七瀬について話し出す。 「彼女は、頼りなくて、ミスも多いし、イライラすることもありましたけど、いるだけでみんなが笑顔になる優秀なナースでした」と振り返る。 「しばらくはみんな佐倉ちゃんロスだな」という来生に、「私じゃ代わりは無理でしょうか?」と結華が告白。 来生は「もちろん、酒井さんならみんな頼りにしている。 シフトにいると安心感があるよ」と伝えると、結華は「シフトの話じゃなくて……先生です。 来生先生のロスを埋めたいです」と告げるも、慌てて目をそらし、去っていく……という展開だった。 SNSでは、「完璧に吉川愛沼にハマった」「可愛すぎる!」「吉川愛ちゃんの勇気にほれた」などの声が上がった。

次の