即パット 残高確認。 三菱UFJ銀行で即PATにご加入いただく際の注意事項 即PATのお申し込み 即PAT はじめての方へ 電話・インターネット投票 JRA

A

即パット 残高確認

即PATの出金処理について、JRAの即PATのQ&Aで、いまいち理解できない部分がありますので教えてください。 「払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられますので、馬券の購入ごとに入金処理をおこなう必要はありません。 」 「ご利用のネット銀行の提携ATMから馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります(これを「出金処理」と呼びます)。 出金処理は競馬開催終了後(通常日曜日夜間を予定)に自動的におこなわれます。 ただし、競馬開催終了前に提携ATMからの引き出しを希望される場合は、会員ご自身で出金処理をおこなうこともできます。 」 この文章で、 1 払戻金や返還金は次回以降の馬券購入資金に繰り入れられます 2 馬券購入資金の残高や払戻金等を引き出すには、それらをJRAの電話・インターネット投票システムからご利用のネット銀行口座に振替える処理が必要となります 3 出金処理は競馬開催終了後(通常日曜日夜間を予定)に自動的におこなわれます 1 と 2 は内容の意味が繋がるのですが、 3 の「自動的におこなわれます」が 1 と 2 に内容が繋がりません(理解できません) イーバンクで即PATご利用の方がいましたらよろしくお願いします。 私は、ジャパンネット銀行ですが同じだと思いますので参考になればと思います。 週末は通常2日間開催 まれに3日間開催もありますが で、 土曜日の競馬終了時は出金処理を手動で行わない場合、 そのまま日曜日に残高を繰り越します。 しかし、日曜日 3日間開催は最終日 が終了した時点で、 出金処理を手動で行わない場合は、即PATのほうで自動的 利用者の意思に関係なく にネット銀行へ残額を戻す処理を行います。 出金処理を忘れて、PAT口座のお金を引き落とせないといった問題を 回避するための処理だと思います。 即PATが無かった時 私がPAT会員になった7年前 は、指定された銀行 営業日時までにお金を口座に入金しないと馬券が買えませんでした。 出金も指定された銀行営業日時でないと出来ませんでした。 その時代に比べると、今はすごく馬券を買いやすい環境になったと思います。 でも、簡単に追加入金できるので余計なお金まで使ってしまうんですが・・・.

次の

即PAT Q&A

即パット 残高確認

こんにちは、ゆんつです。 僕は競馬をたしなみます。 昔は「たしなむ」どころではなくガッツリやってたこともありましたが、今は大きなレースをちょこっと買う程度の健全な遊び方をしています。 馬券は競馬場ではなくもっぱらネットで買います。 JRAの馬券をネットで購入するにはA-PAT、即パットという2つの方法があります。 A-PATは競馬専用の銀行口座を開設してその口座を通じて馬券の購入や払い戻しを受ける方法です。 申込書類の記入や、専用口座の開設など利用までに大変手間と時間がかかります。 開設した銀行口座は競馬専用なので引き落としなどには一切利用できず、純粋に競馬のお金をやり取りすことにしか使えません。 しかも入金や出金ができるタイミングには制限があり、金曜日までには口座にお金を入れておかないと馬券を買えないというとても使いづらいサービスです。 週末は口座が完全にロックされるため、追加の入金もできません。 即パットは2005年6月18日からスタートしたサービスで、申込書類を書かなくてもネットで簡単に申し込みをすることができ、競馬に利用する銀行口座も競馬専用口座を必要とせずJRAが指定する銀行の口座を持っているのなら普段利用している口座を使うことが出来ます。 入金方法や出金方法もA-PATより柔軟かつ簡単で、レース当日に入金できますし、不足すれば追加の入金もできます。 僕が競馬を始めた頃はA-PATも即PATもどちらでも申し込める時期でした。 普通の人なら利便性の高い即PATを申し込むと思います。 でも僕は• 自動解約されてました 解約前にA-PATにログインして現在の状況を確認しようとしましたが、ログインできません。 何でだろうと調べてみるとJRAのこんなページが このページには自動解約について書かれています。 約定により、 利用開始の日から若しくは最後にご投票になった日から4年の間に、1回もネット投票およびプッシュホンによるご投票が無かった場合、自動的に解約となり、加入者としての資格を失いますのでご注意下さい。 電話・インターネット投票の加入者としての資格を失わないためには、最低4年に1回、100円以上は勝馬投票券をご購入していただく必要があります。 もう僕はA-PATからは4年以上投票していません。 どうやら自動解約されたようです。 本当に解約されているか気になったので、念のためにサポートセンターにも電話してみました。 すると僕のA-PATの加入者番号は確かに抹消されており自動解約されていました。 特に何の手続きせずにA-PATを解約することができました。 めでたしめでたし・・・って 競馬専用口座に残ってる21円はどうなる!! A-PAT解約後は普通口座として使えるみたい サポートの方の話では、A-PAT解約後は競馬専用の銀行口座は普通口座として利用できるようです。 JRAの解約手続きのページにも以下のように書かれています。 JRA電話投票会員解約終了後は、お持ちの口座は普通口座としてご利用いただけます。 どうやら競馬専用口座はA-PAT解約後は普通預金口座として使えるようです。 詳しくはこの記事の下にあるリンク先の記事を読んでみてください。 A-PAT解約は最後の投票から4年以上経過していれば何もすることはない というわけでA-PAT会員を解約しようと思いましたが ・A-PATで4年間馬券を購入しなければA-PATは自動で解約される ・A-PATを解約した(自動解約された)場合、競馬専用口座は普通口座として利用できる(後日、実際に銀行に通帳を持って行って聞いたところ「みずほ銀行」は取り扱いが少し違うみたいでした) つまり最後の投票から4年経過する前に解約したい場合以外は、何もしなくて良いということになります。 最後の投票からまだ4年経過していないのに解約したい場合は、下記のリンクにある解約届の提出が必要になります。 A-PATに利用していた銀行口座も解約したい場合は、該当する銀行に行ってA-PATが解約済みであることを伝えるとスムーズに口座を解約できるそうです。 僕はA-PATで利用していた口座は普通預金口座として保有したいので、特に何もすることはありません。 近いうちに競馬専用の口座が本当に普通預金口座として利用できるのか確かめてみようかと思います。 【追記】実際に銀行に通帳を持って行って聞いてきました。 詳しくは下記のリンク先ををご覧ください。 それでは、またー。

次の

三菱UFJ銀行で即PATにご加入いただく際の注意事項 即PATのお申し込み 即PAT はじめての方へ 電話・インターネット投票 JRA

即パット 残高確認

今週の開催情報• データファイル• 競馬のルール• 海外競馬・地方競馬• 競馬にかかわる人々• テレビ・ラジオ中継• 発売・払戻• UMACA投票• JRAプレミアム・プラス10• はじめての方へ• 馬券のルール• プロモーション• イベント• 競馬ギャラリー• インフォメーション• 企業情報• 社会とともに• 馬事振興・生産育成• 採用情報• 工事調達関連•

次の