情報 セキュリティ アドミニストレータ。 情報セキュリティのおすすめ資格10選!試験の難易度も解説

情報セキュリティアドミニストレータ試験

情報 セキュリティ アドミニストレータ

情報セキュリティアドミニストレータ 資格 資格& 、のやなど、のが脅かされるがしています。 にのを防ぐためには、や、、といったが必要になってきます。 しかしのを保つにはだけでは不十分です。 をする側もにるを持つからです。 そこで、ユーザーサイドからをいくをするで、度にされたのが、情報セキュリティアドミニストレータの資格です。 試験は、の、、、、のほか、やがものとなっています。 これらを身た情報セキュリティアドミニストレータは、の面からなをていくがされます。 にるや、の安全ななどを、にするのも重要なのです。 はのとなり、を負わされるも。 にるなは高く、の資格のです。 受験資格 なし 受験料 5100円() 12. 4%() 試験 年1回。 第に試験 試験 で.

次の

プレス発表 “情報処理安全確保支援士”と現行の情報セキュリティスペシャリスト試験の位置付けについて:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

情報 セキュリティ アドミニストレータ

情報セキュリティーアドミニストレータ 資格の内容 情報セキュリティアドミニストレータは、IT資格の中でも、ますますニーズが高まってきている資格です。 個人情報が非常に重要な問題となっている現在、情報を守るの役目を果たすのが情報セキュリティーアドミニストレータです。 情報の番人、スペシャリストとしての役割を果たす資格といえるでしょう。 個人情報が盗まれ売買されるなどの社会問題が発生しており、これから情報セキュリティアドミニストレータは非常に重要な役割を果たすことになるり、企業からも求められる資格となるでしょう。 受験資格 誰でも受験できる資格です。 資格の対象者像としては、情報セキュリティに関する基礎的な知識を持ち、情報システムのセキュリティポリシーの策定およびその実施、分析、見直しを行うものとあります。 試験内容 午前9:30〜11:10(100分)多肢選択式(四肢択一)55問出題して55問解答 午後I12:10〜13:40(90分)記述式4問出題して 3 問解答 午後II14:30〜16:00(90分)記述式2問出題して 1 問解答 合格率 14. 8% 願書受付期間 秋:7月上旬から8月上旬くらい 資格申し込み方法 インターネット利用による方法と郵便局利用による方法があります。 試験日 秋:10月の第3日曜日 試験会場 全国の主要都市で資格試験が行われます。 受験料 5,100円 税込.

次の

【午後】情報セキュリティアドミニストレータ過去問題

情報 セキュリティ アドミニストレータ

情報セキュリティアドミニストレータ試験 SU [ Information Systems Security Administrator Examination ] 平成13年度秋期から平成20年度秋期まで 1. 対象者像 情報セキュリティに関する基本的な知識をもち、情報セキュリティ管理の現場責任者として、情報セキュリティを保つための施策を計画・実施し、その結果の評価を行う者 2. 役割と業務 情報セキュリティ管理の現場責任者として、情報セキュリティに関する企画・実施・運用・分析のすべての段階で、物理的観点、人的観点及び技術的観点から情報セキュリティを保つための施策を計画・実施し、その結果に関する評価を行う業務に従事し、次の役割を果たす。 1 情報資源の洗い出し、脅威分析、リスク分析を行い、組織体におけるセキュリティ管理のターゲットを示す情報セキュリティポリシを策定する。 2 情報セキュリティポリシに則って、それを実現するための技術の選択と適用、運用に関するガイドラインの策定、一般利用者教育を行う。 3 管理対象から出力される各種情報に従って、セキュリティ侵犯がないか常に監視し、侵犯発生時には対策を講じる。 また、情報セキュリティポリシ策定時のレベルを維持できるよう適切な措置を講じる。 4 セキュリティ侵犯事象の根本原因を解明し、改善策を策定する。 期待する技術水準 情報セキュリティ確保は、各組織における基本的な責任であるとともに、社会的要請でもある。 各組織において情報セキュリティを確保し、必要な管理を遂行するために、次の知識・技能が要求される。 1 情報セキュリティポリシを策定できる。 2 リスク分析、リスク管理ができる。 3 情報セキュリティポリシに基づき、具体的な実施手順を作成できる。 4 OS、ネットワーク、インターネットに関する技術、製品(ハードウェア、ソフトウェア、サービス)知識をもち、利用・活用できる。 5 防御技術に関する知識をもち、適用できる。 6 セキュリティ運用・管理に関する知識をもち、策定できる。 7 脆弱性に関する知識をもち、対処方法を検討・実施できる。 8 セキュリティ侵犯を発見し、対処できる。 9 情報セキュリティ、プライバシ関連法規の知識をもっている。 10 情報セキュリティの監査、評価に関する知識をもち、対象を監査・評価できる。 11 一般ユーザにおける情報セキュリティ対策を策定できる。 12 情報セキュリティに関する国内・国際標準の知識をもち、適用できる。 試験形式と試験時間 平成17年度秋期試験からの試験形式と試験時間 午前 午後I 午後II 9:30〜11:10(100分) 12:10〜13:40(90分) 14:10〜15:40(90分) 多肢選択式(四肢択一) 55 問出題して 55 問解答 記述式 4 問出題して 3 問解答 記述式 2 問出題して 1 問解答 注意1 平成17年度から午前試験の出題数を50問から55問に変更 注意2 平成17年度から午前試験の試験時間を90分から100分に変更 注意3 平成17年度から昼休憩時間を90分から60分に変更 平成16年度秋期試験までの試験形式と試験時間 午前 午後I 午後II 9:30〜11:00(90分) 12:30〜14:00(90分) 14:30〜16:00(90分) 多肢選択式(四肢択一) 50 問出題して 50 問解答 記述式 4 問出題して 3 問解答 記述式 2 問出題して 1 問解答 平成13年度秋期創設 5. 試験の手続日程 秋期 試験実施日 10月第3日曜日 願書の受付 7月中旬から約1か月間 受験手数料 5,100円(税込み) 合格発表 試験実施の約2か月後 6. 出題範囲 出題範囲の最新版は、 をご参照ください。 なお、情報処理技術者スキル標準については、をご参照ください。

次の