浦和 競馬 予想。 6月30日(火) 今日の浦和競馬全レース無料予想 藤右衛門川特別ほか

浦和競馬の特徴を覚えて的中率アップ!5つの予想のコツを紹介

浦和 競馬 予想

3 02R 2. 7 03R 11. 7 04R 7. 9 05R 1. 11 06R 10. 1 07R 2. 3 08R 6. 5 09R 11. 6 10R 9. 1 11R 3. 7 12R 4. 時間をかけて競馬予想をする時代は、もう終わり。 「 ボタン1つで競馬解析。 スムーズに3連単を的中」 それがこれからの競馬の常識になります。 新聞を広げるよりも圧倒的にカンタンに 競馬データの解析が完了します。 ボタンを押すだけなのですから、 これ以上なく簡単ですよね? あなたはボタンを押すだけで驚異の正確な解析データを手に入れ、 3連単的中も思いのままに量産することができるでしょう。

次の

プラチナカップ2020(浦和)予想 本命ベストマッチョ│【血統フェスティバル】競馬予想ブログ

浦和 競馬 予想

6 02R 2. 1 03R 1. 5 04R 10. 7 05R 12. 8 06R 6. 8 07R 8. 11 08R 12. 8 09R 9. 12 10R 3. 11 11R 10. 6 12R 7. 時間をかけて競馬予想をする時代は、もう終わり。 「 ボタン1つで競馬解析。 スムーズに3連単を的中」 それがこれからの競馬の常識になります。 新聞を広げるよりも圧倒的にカンタンに 競馬データの解析が完了します。 ボタンを押すだけなのですから、 これ以上なく簡単ですよね? あなたはボタンを押すだけで驚異の正確な解析データを手に入れ、 3連単的中も思いのままに量産することができるでしょう。

次の

浦和競馬新聞一覧!各紙の特徴、競馬新聞が手に入る場所と値段は?

浦和 競馬 予想

浦和競馬場とは? 浦和競馬場は、埼玉県さいたま市の南地区にある地方競馬場です。 埼玉県浦和競馬組合が運営しており、船橋、大井、川崎を含む南関東競馬の一つでもあります。 馬場は1周1200mで左回り、大きな坂などは無く平坦なコースになっています。 距離設定では800m、1300m、1400m、1500m、1600m、1900m、2000mとなっており1400m、1500m、2000mの最大出頭数は12頭で、それ以外は11頭となっています。 入場料は100円となっており、中には多くの売店があり、アットホームな雰囲気が売りの競馬場となっています。 名物グルメとしてはアジフライ、天ぷら、チキンカツなどの揚げ物のほかにキュウリやカレーライスも有名です。 お酒を片手に競馬予想しながらグルメを楽しむことが出来るます。 また、春から秋に販売されるマグロカツはグルメサイトでも度々紹介されているほどの人気商品で、来場者が多い時には売り切れてしまうことも。 競馬を楽しむ以外にも魅力が多いのが浦和競馬場なので、是非一度立ち寄ってみて欲しいと思います。 別途で料金が発生しますが、スタンド席も多くある為、ゆっくりとレースを観戦することも出来ます。 浦和競馬で予想する時の5つのコツを紹介 では、ここからは本題の浦和競馬を予想する時のコツについて紹介していきたいと思います。 浦和競馬ならでは予想方法が多くあるので、もし挑戦するという時にはぜひ参考にしてみてください。 直線が短いので逃げ・先行が有利• スタートダッシュが上手な馬に注目• 転厩してきた馬に注目• 騎手に注目• 難しいレースは無理せず回避 今回はこの5つを紹介していきたいと思います。 どのポイントも予想には必要なことなので、最後まで読んでいただければ幸いです。 直線が短いので逃げ・先行有利 浦和競馬場は直線が短いの大きな特徴だと言えます。 元々は220mでしたが、ポケットが新設されたことでゴール版が手前に移動され、現在では200mとかなり短くなっています。 ダートは逃げ・先行が有利と言われていますが、浦和競馬場では特に有利だと言えます。 差し馬が直線に入ってから前方の馬をかわすには距離が短くなる為、多くのレースで逃げ馬が勝利しています。 中には1日のレースで全て逃げ馬が勝つという日もあるほどです。 逃げ馬ではなくても、直線に入る前にある程度前にいないと勝つことは厳しくなるため、道中の位置取りは争いはかなり激しく、騎手のレース中の駆け引きや、競走馬の扱いにも高い技術が要求される競馬場となっています。 距離の長さによっても有利な脚質があったり、ペースによって勝ちやすい脚質があることが基本ですが、浦和競馬場ではその常識は通用しません。 近走で凡走していたとしても、逃げ馬が少ない場合には積極的に狙うべきだと思います。 また、捲れる実力を持っている競走馬がいる場合も例外になりますが、難しいことは確かです。 とにかく逃げ・先行が勝ちやすいのが浦和競馬なので、予想をする時には前に行く競走馬を外すことは大変危険になります。 忘れずにチェックするようにしましょう。 スタートダッシュが上手な馬に注目 浦和競馬場では直前が短いと紹介しましたが、実はスタートから第1コーナーまでの距離も極端に短くなっています。 通常のレース場では、ある程度スタートの直線が確保されている為、スピードに乗って先頭争いができますが、浦和競馬場では直線部分がほぼないに等しい作りになっており、中央競馬に所属する騎手を含めた多くのジョッキーから、日本一スタートが難しい競馬場とも言われています。 その為、スタートダッシュを上手く決めることが出来る競走馬が勝利を掴むことが出来ます。 出遅れるなんてことがあれば、そこから巻き返すことは簡単なことではないのです。 また、枠でも有利不利に大きく差があり、内枠の競走馬の勝率が高く、外枠の競走馬の勝率が低くなっています。 最も枠順による有利不利があると言われているほどで、中には変えた方が良いのではないかという意見も出ています。 実は、先頭争いが激しくなるせいで落馬も多くなり、危険なレース会場とも言われています。 上位人気馬で逃げ、内枠になった時には本命するべきだと思います。 逆にどれだけ上位の人気馬でも外枠になった時には注意が必要になります。 外枠で人気することはかなり稀ですが… 転厩してきた競走馬に注目 冒頭でも説明しましたが、地方競馬はその競馬場の所属になると、連続で同じ競馬場のレースに出走することが多くあります。 中には数レースに出ただけで変えることもありますが、競馬場との相性が悪かったなどの理由があります。 その為、地方競馬では競馬場ごとにレベルが異なると言われており、高いレベルの競走馬が集まる競馬場と、そうではない競馬場があります。 最近ではレベルも上がってきたと言われていますが、浦和競馬場は地方競馬の中でも高いレベルとは言えません。 大井や川崎などに実力が高い競走馬が集まりがちなのです。 基本的には転厩してきた競走馬は競馬場に慣れていないと力を発揮できないこともありますが、大井から転厩してきた競走馬には注目するべきだと思います。 慣れの前に能力が高い可能性があり、好成績を残している時には特に注目す得るべきでしょう。 また、他の競馬場から転厩してきた競走馬も注目するべき理由があります。 それは、わざわざ格下の浦和競馬場に来たということは、状態が良い場合があり、このタイミングでレースに使っておきたいという陣営の目論見があるからです。 競走馬は状態が良い時にレースで使っておかないと、その後のレースにも響いてしまうので、転厩してきた競走馬にはしっかりと注目し、例え浦和競馬場が初めてだったとしても馬券に絡ませるべきとも言えます。 騎手に注目 上記でも説明している通り、直線が短いので道中の位置取りが大切なこと、スタートが難しいので、出遅れが許されないことなどがあり、騎手の実力が大きく決着に影響を及ぼします。 下位人気の馬でも、上手くスタートで先頭に立つことが出来れば、そのまま残り馬券に絡むことも珍しくはありません。 その為、馬券を予想をする時には競走馬の実力だけではなく、騎手の成績や能力にも注目することが必ず必要になります。 中央競馬や他の地方会場で騎手を軽視している人も、浦和競馬場では出走する騎手の情報は多く集めるようにしましょう。 浦和競馬場で好成績を残している騎手を5名紹介したいと思います。 森泰斗騎手(船橋所属)• 左海誠二騎手(船橋所属)• 福原杏騎手(浦和所属)• 繁田健一騎手(浦和所属)• 保園翔也騎手(浦和所属) となっています。 出走数にもよりますが、勝利している数が多い5名となるので、出走している時には注目してみてください。 勝利騎手の特徴としては、浦和所属じゃない騎手の方の勝利も目立ちます。 他の競馬場では、その競馬場に所属している騎手が上位になることが多いですが、浦和では他の所属の騎手も好走しています。 常に浦和で戦っている騎手でも攻略することは難しいのだと思います。 難しいレースは無理せず回避 最後に紹介するコツは難しいと判断したレースは無理せずに回避することです。 上位人気、逃げ、内枠、優秀騎手の条件が揃った時には自信を持って軸にすることが出来ますが、条件が一致していない時には予想が難しくなります。 能力があるにも関わらず外枠に入ってしまった時や、下位人気にも関わらず内枠になった時などは、どっちが上位に入るのかの予想は難しいと思います。 そんな時には、無理して馬券を買わずに、レースを回避するという手もありだと思います。 的中率を上げることは重要ですが、外れ馬券を減らして回収率を意識することも浦和競馬では必要になります。 これは、競馬の基本にもなりますが、浦和競馬では特に意識するべきかもしれませんね。 逆に言えば条件が揃っている時には厚く賭けても良いと思うので、勝負レースをしっかりと見極めて的中率、回収率共に上げていきましょう。 まとめ 今回は浦和競馬場で予想をする時の5つのコツを紹介させていただきましたが、参考になりましたでしょうか? 中央競馬、地方競馬を合わせると日本には多くの競馬場がありますが、浦和競馬場は中でも特徴がある競馬場だと思います。 何も知らずに予想をしてしまうと、全く的中しないこともあるので、この記事で紹介したようなコツをしっかりと覚えてから挑むようにしましょう! 特徴を抑えて、上手く馬券に絡ませることが出来れば、的中させることも難しくはないと思います。 しかし、それはベテランの浦和競馬ファンならば知っている人も多いので、オッズが低くなることもあります。 それでも、勝つ馬をしっかりと見抜き、厚く賭けることで払い戻しにも期待することは出来ると思います。 地方競馬は浦和競馬に関わらず、毎日どこかの会場でレースが行われています。 中央競馬だけでは物足りないという方は、一度地方競馬の予想もしてみてはいかがでしょうか?浦和競馬の予想をする時にはぜひこの記事を参考にしてみてください。 他の記事でも地方競馬の予想のコツについて紹介しているので、そちらも合わせて読んでみてください。

次の