ポケモン 剣盾 サザンドラ 育成論。 【ポケモン育成論まとめ】サザンドラの調整と対策『ソード・シールド/剣盾』

【ポケモン剣盾】耐久振り弱点保険ドラパルトの調整と対策【育成論】

ポケモン 剣盾 サザンドラ 育成論

600族サザンドラの器用さはダイマックス級! もだっちのポケモン育成論 今回紹介するポケモンは 「サザンドラ」です。 2016年に発売された「ポケットモンスターサン・ムーン」では「カプ系」と呼ばれる準伝説ポケモンを代表とした サザンドラが苦手とした「フェアリータイプ環境」と呼ばれていました。 その為あまり、レート対戦のトップ環境で多く見ることはありませんでした。 しかし、第8世代の今 「ドラパルド」や「サニーゴ」「ミミッキュ」などを主体とした 「ゴーストタイプ環境」なので、 ゴーストタイプが弱点とする「あく」タイプをもつ「サザンドラ」は間違いなく現対戦環境における重要な立ち位置です。 今回はその「サザンドラ」の魅力を大いに伝えさせていただきます。 サザンドラの種族値 HP 92 攻撃 105 防御 90 特攻 125 特防 90 素早さ 98 合計種族値 600 高い「とくこう」に加え、「HP」「ぼうぎょ」「とくぼう」の種族値も比較的安定した数値。 「こうげき」も比較的高い数値の為、一応両刀も可能です。 完全物理型は他ポケモンの劣化になってしまいますので、オススメしません 何より、素早さが98と、環境に多い「ミミッキュ」や「オノノクス」より早い為、最速で運用されることが多いポケモンです。 サザンドラの型紹介 性格は「おくびょう」固定。 5倍になり、「ドラパルト」や「カマスジョー」といった高速アタッカーの上も取れるようになります。 「ひるみ」効果が2割もある「あくのはどう」で、不利な対面でも運次第で制圧することが可能です。 「とんぼがえり」でサイクル操作しつつ、有利対面が作れたらガンガン上から殴っていきましょう。 また今作からダイマックス中は、「こだわり」系のアイテムの同じ技しか出せなくなる効果を解除できるので、受けにきたポケモンを豊富な技範囲で刈り取ることもできます。 5倍にする「とつげきチョッキ」を持てば、「とくしゅ」こうげきを主とするポケモンに有利に闘うことができます。 変化技を打てなくなるリスクはありますが、こだわりアイテムと違い打ち分けが効くので、安定した強さを誇ります。 攻撃技で与えてくるダメージが少ないことが多い受けポケモンを 「ちょうはつ」で攻撃技しか打てなくして起点にし、 「わるだくみ」を積みこちらの攻撃力をあげて確実に仕留めていきます。 持ち物 火力を上げるなら、「たつじんのおび」「くろいめがね」 守備面で気を使うなら、「オボンのみ」「半分回復の実」「ラムのみ」あたりを持つと良いでしょう。 1ウェポンになってしまうので、身代わりがある事で安全性は高まりますが、決定力に欠けてしまいます。 倒したい相手を選択して選んでください。 「あくのはどう」や「りゅうせいぐん」で倒せないフェアリータイプに抜群をとることができるので、まだまだ環境に多いフェアリータイプに刺さるとても良い技です。 ダイマックスわざ「ダイアシッド」の「とくこう」ランクを一段階上げる効果もGOOD!! 2ターンかかる攻撃技なので、素の状態で打つことはまずないでしょう。 この技の必要性は、ダイマックス技の「ダイジェット」です。 「すばやさ」ランクを1段階あげる効果があるので、わるだくみ後にこの技を打ち込む事で、次に出てくることが想定される、 サザンドラより早いポケモンよりも早く動くことが可能になり、全抜き体制が整います。

次の

【ポケモン剣盾】サザンドラの育成論と弱点・対策まとめ【スカーフ特殊アタッカー型】

ポケモン 剣盾 サザンドラ 育成論

準固有の複合タイプによる良耐性• フェアリーへの弱さ• 準固有の複合タイプによる良耐性 💦 「 悪・ 龍」という準固有の複合タイプを持っており、 2つの無効と 6つの半減耐性を持つ。 サイクル参加させやすく、FCなどの受けにくいにも繰り出すことができる。 高 一般の中で8匹いる600族の中の1匹で、合計が高い。 スペックが高く、 行動保障や 汎用性を得やすい。 耐性を活かしたサイクル参加もしやすく、 器用に何でもこなせる。 フェアリータイプが多い現環境ではやや向かい風。 採用価値のある積み技を覚えるわけでもないので、アイテム以外での火力やS操作ができず 中途半端な性能になりがち。 高速勢へのタイマン性能• 立ち回りの窮屈さ• 高速AT勢に対して強いほか、一貫性の高い悪打点で負荷をかけていきやすい。 初手から奇襲をかけることもできるし、終盤、一貫性の高い打点を武器に詰め筋としても機能させることもできる。 火力がほしいのであれば控えめ。 コケコやHSメガゲンは控えめでないと良い乱数で落ちないので、控えめ推奨。 炎技準確定。 残り1は仮想的に合わせて。 以下、調整案。 一貫性の高い悪打点で負荷をかけていきやく、有利対面からの制圧力が高い。 火力がほしいのであれば控えめ。 環境には控えめが多い。 炎技準確定。 残り1は仮想的に合わせて。 炎弱点の鋼タイプなどには後退されたりメガネ悪波で押せたりするので、スカーフよりは炎技の優先度は高くない。 以下、調整案。 ラキムドーやドヒドグライ、ゲンガーカグヤなど幅広い受けサイクルを破壊でき、崩しとしての性能が高い。 持ち物は、殴り合いにも強く誤魔化しがきく悪Zが多い。 ウェポンは悪波1ウェポンがほとんどであるが、悪波の通りの良さやZの火力補助でそれほど苦にはならない。 とはいえ、他の型に比べると対面性能は落ちるので、主に崩しとしての役割を持たせたい場合に採用したい型。 火力がほしいのであれば控えめ。 環境には控えめが多い。 @1はグライのギロチンをかわせるみがわりが多い。 以下、調整案。 ガルランルドやガルクレセドラン、ゲンガーポリ2のような並びに強い。 火力がほしいのであれば控えめ。 環境には控えめが多い。 @2は、展開阻止や崩しもできる挑発、グライやZ透かしに抗えるみがわり、龍タイプに打てる龍技などが多い。 以下、調整案。 しかし、毒Zを透かされたとたん何もできなくなるので、打つタイミングが重要。 確実に役割先に毒Zを打ち込むため、身代わりを採用している個体が多い。 火力がほしいのであれば控えめ。 耐久レは控えめでないと確定が取れない。 @2は仮想敵に合わせて。 以下、調整案。

次の

【ポケモン剣盾】サザンドラの育成論と対策【最強邪竜!高速特殊アタッカー】

ポケモン 剣盾 サザンドラ 育成論

性格補正が何もない場合には特に表記しません。 ダイマックスしている場合にはポケモンの名前の前にGを表記します。 また、火力面は珠と「わるだくみ」で補います。 特性 サザンドラの特性は、「ふゆう」しかありません。 ですので、相手に特性を考えさせるようなことはできません。 その点はサザンドラの弱いところですが、型の多さがそこをカバーしています。 持ち物 型のコンセプト上「いのちのたま」一択です。 珠の利点として、サザンドラはスカーフやメガネを警戒されやすく、 あまり読まれにくい持ち物である点です。 努力値 全抜き性能を高めるため、csぶっぱにしました。 わるだくみサザンドラの別の型は、ラム持ちや耐久調整をして、「みがわり」を採用する型があります。 その型との差別化点は後述しますが、簡単に言えば 抜き性能が段違いということです。 残りの努力値をbに振ったのは、ニャヒートとの兼ね合いです。 hに振っても問題ありません。 技構成 確定枠 わるだくみ 選択枠 次の4つから3つを選択。 上から順におすすめ。 環境に刺さるポケモンが多い。 しかし、アイアントに素早さで負けているため、個人的に採用率は落ちた。 また、サザンドラの炎技は読まれやすい。 ほのお技がパーティ的にどうしても欲しいという場合は、採用の余地あり。 個人的には、ラスターカノンは外せないと考えています。 かえんほうしゃが必要な時は、「りゅうのはどう」か、「あくのはどう」と交換推奨です。 運用・役割 役割は、全抜きを狙う特殊アタッカーです。 基本的には、相手の交換のタイミングでわるだくみを積んで、全抜きを狙っていきます。 ダメージ計算にも載せておきますが、 「わるだくみ」を積めばカビゴンでさえ1撃で倒せるほどの火力が出ます。 ただし、積んだポケモンを流そうと、相手はあくびを打ってくるかもしれません。 そこで、ちょうはつ持ちのポケモンと組むと、相性がよくとても強く使えます。 ちょうはつを入れた相手にサザンドラを後出しします。 そうすることで、相手は高確率で交換してきます。 ここが、積みポイントです。 もし、ちょうはつターンが終わるまで居座ろうとする相手がいても、「わるだくみ」後であれば、ほとんどのポケモンを1撃で倒せるので問題ありません。 1番厄介なのは、サザンドラよりも速く、フェアリー技を打てる相手です。 裏には、必ずフェアリー技に強いポケモンを控えさせましょう。 ここだけの話、その相性のいいポケモンがニャヒートなんです! ニャヒートの育成論も貼っておくので、よければご覧ください。 0~141. 2~74. 0~114. 1~101. 7~127. 4~101. 3~123. 0~84. 8~4. 7~129. 7~55. ニャヒート軸のエースとして採用したのが、かなり強かったので紹介しましたが、ぜひ、ニャヒートと一緒に使ってほしいです。 ニャヒートには地面タイプが出てきやすいのですが、サザンドラの特性:ふゆうと相性がよく使いやすかったです。 関係ないですが、サザンドラを見るとブルーアイズアルティメットドラゴンに見えて仕方ありません。 ブルーアイズといえば、あのセリフですよね。 では、みなさん、あのセリフを一緒に言ってお別れしましょう。 せーのっ! 滅びのバーストストリーム!!! お付き合いありがとうございました。 ニャヒートの育成論はこちら.

次の