復活 の 日 あらすじ。 復活の日

【映画】復活の日を無料動画視聴!安心してフル視聴する方法を紹介!

復活 の 日 あらすじ

小説『復活の日』の気になるあらすじは? では早速、小松左京さんの小説『復活の日』 のあらすじをネタバレなしで見ていきます。 (あらすじは以下から) 吹雪のアルプス山中で、ある小型機が墜落。 傍にあったのは、引き裂かれたジェラルミン 製トランクの破片。 その中には、生物化学兵器として開発された 「MM-88菌」があった…。 MM菌は、感染後70時間以内に生体の70%に 急性心筋梗塞を引き起こし、残りも全身マヒ で命を落とすほどの菌である。 雪解けが始まり、季節は春。 ヨーロッパを走行中の俳優が、突如心臓麻痺 で死亡するという事故が発生する。 その後、各地で不可思議な死亡事故が多発。 菌の恐怖が、猛烈な勢いで世界を覆い始めた のだ。 このままでは、人類は滅亡してしまう…。 そんな中、「最後の砦」と言われている場所 があった。 1万人ほどが暮らす「南極基地」である。 だが、南極にも菌の恐怖が忍び寄り…。 超大国の負の遺産である「戦略核兵器」によ り迫りくる、人類滅亡のカウントダウン。 果たして人類は、この未曾有の恐怖から生き 残ることができるのか!? (あらすじはここまで) 以上、『復活の日』のあらすじをネタバレな しでご紹介しました! ここまであらすじを読んだあなたなら、物語 の続きが気になりますよね? 本作の更に詳しい情報は、以下のリンクから 見れますよ。 1931年、大阪府に生まれる。 京都大 学文学部卒業。 様々な職を経験した後、62年に作家としてデ ビュー。 74年に『日本沈没』で、第27回日本推理作家 協会賞受賞。 85年に『首都消失』で、第6回日本SF大賞受 賞。 日本のSF界の黎明期から活動し、現在まで数 々の作品を発表。 その多大なる活躍から、星新一・筒井康隆と 共に「SF御三家」と称される。 2011年7月、この世を去る。 50年以上前の小説ということもあり、作中の 時代設定は60年代。 そんな昔の作品にもかかわらず、現代にも通 じるリアルな描写が随所にあります。 まるで、世界のどこかで現在起きていること を克明に描写したのではないかと思うほど。 著者の小松左京さんは、日本を代表するSF作 家だそうですね。 この機会に他の作品も読んでみたいです。 化学兵器として開発された「MM-88菌」を 積んだ小型機が墜落し、菌が漏れ出るところ から物語は始まります。 この「MM-88菌」、正確にはウイルスでは ないのですが、症状は風邪と瓜二つ、そして 存在の不透明さからワクチンが開発できない という恐ろしい特性をもっています。 やがて人類がほぼ滅亡し、生き残った人たち にも数年後にある困難が…。 風と症状が似ていることやワクチンがまだな いことは、現在の社会情勢とあまりにも酷似 していますよね。 読んでいて恐怖を覚えまし た。 ただ、本作の根底に流れているのは、実は小 松左京さんの人類に対する深い愛なんです。 特に、吉住の南極から旅立つ前夜の場面は感 動しますよ。 『復活の日』は、小松さんのSF作品の中でも 指折りの名作です。 55年以上前の作品ですので、当然パソコンや スマホなどはありません。 作中で出てくるアマチュア無線は、今で言う ところのSNSでしょうか。 そんな一昔前の作品にもかかわらず、生活の 様子は現在とさほど変わらないことに驚愕。 足りない要素と言えば、JリーグやSNSぐら いでは? パンデミックに苦しむ現代をまるで予言した かのような本作ですが、だからこそ今読むべ きだと思って私は手に取りました。 叶うなら、これを2020年にアップデートした 作品も読んでみたいですね。 あまりにも物語に熱中したので、変な夢を見 てしまったほどです(汗) 人類滅亡がどんどん進んでいく展開は、現在 の私たちの世界と否が応でもリンクしますよ ね。 「現実もお先真っ暗なのでは?」と、絶望感 に駆られます。 とは言え、2020年の今だからこそ読むべきだ とも思うんです。 非常に重たい内容ですが、皆さんもどうか諦 めずに読んでみて下さい。 そんな危険な化学兵器が、雪解けとともに世 界中の人たちを恐怖に陥れていきます。 人類滅亡に向かっている過程はあまりにもリ アルで、思わず鳥肌が立ちました。 人間の「智」を結集して作られた化学兵器が 人類滅亡の引き金になる本作。 人間の優れた頭脳は平和を生み出すこともあ れば、時に恐怖や争いも生み出す。 「では、私たちの将来は…?」 『復活の日』を読むと、そんな問いかけをし てみたくなります。 (感想はここまで) 【著作権上の問題により、感想は意味を変 えず書き直しさせて頂いています。 】 【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた だきました。 】 いかがでしたか? 『復活の日』を購入された方の感想が、あな たの参考になれば幸いです。 見放題作品は 140, 000本、レンタル作品は 20 ,000 本。 (2019 年10 月時点) 映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル の見放題作品数は、他のサービスに比べても ダントツ。 そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も 楽しめるのが、「 U-NEXT」最大の魅力。 本来は月額1. より多くの本を読むほど、月額1. 990円がお得 に感じるのではないでしょうか。 さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め て、本がかさばることもありません。 スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も 1~2分とお手軽! 月額 1. 990円とは言え、実は毎月 1, 200ポイン トの付与があるんです! ポイント付与分を考えれば、実質 790円のよ うなものですし、家族で利用するなら更にコ スパは良くなります。 ・ 140, 000本以上の見放題作品数 ・動画のダウンロードが可能 ・電子書籍は 42万冊以上 ・ 70誌以上の雑誌が読み放題 ・対応端末が豊富 ・ 4人まで同時視聴できる こういったメリットに加えて、毎月の 1, 200 ポイントを考えると、月額 1, 990円はあまり にもお得な金額だと思いますよ。 最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ トにてご確認ください。 おわりに 今回は、小松左京さんの小説『復活の日』の 詳しいあらすじや、本の内容についてご紹介 しました! 「人類滅亡」をテーマに描いた本作。 「菌」という未曾有の恐怖から、現在流行し ている新型コロナウイルスを想起する方も多 いはず。 55年以上も前の作品がこうして注目を浴びる のは、まさに昨今の社会情勢を反映している と言えますね。 あらすじを読んだあなたも、この機会に本作 を読んでみてはいかがでしょうか? では、最後までこの記事をご覧いただき、 本当にありがとうございました!.

次の

小松左京『復活の日』コロナ禍で注目の小説!あらすじと感想や映画版は?

復活 の 日 あらすじ

日本への偵察を終えたネレイド号がウイルスの標本を持ち帰り、ラトゥール博士がワクチンの研究に取り組みます。 そんな折、吉住が1か月以内にアメリカのワシントンD. で地震が起こると予測しました。 この地震によってアメリカのARSが作動し、ソ連に向けてミサイルが発射されます。 ソ連もまたARSを保持しており、報復先の1つとして南極基地も選ばれていました。 ARSの発射を止めるため、カーター少佐と吉住がアメリカに向かうことになります。 翌日、吉住とカーター少佐はラトゥール博士から完成したワクチンを渡されました。 万が一の時に備え、女性と子供たちが南極から避難します。 吉住とカーター少佐はワクチンを注射し、アメリカに上陸します。 彼らはホワイトハウスに潜入した途端、地震の余震が始まりました。 カーター少佐は扉を開けるために爆弾を仕掛けますが、その衝撃に巻き込まれて負傷します。 負傷したカーター少佐に代わり、吉住がARSを止めに行きますが、時すでに遅くミサイルは発射されました。

次の

復活の日 : 作品情報

復活 の 日 あらすじ

56年前の小説だが、小松左京氏の「復活の日」は長く読み継がれている。 コロナ禍に重なるへの洞察で昨今、高く再評価される。 この小説は1964年、早川書房「日本SFシリーズ」第1巻に書き下ろされ、72年にハードカバー新装版として再刊された。 その際、イラストレーター生頼範義(おおらいのりよし)氏の絵が表紙を飾った。 ミケランジェロの彫刻「瀕死(ひんし)の奴隷」を援用し、小説の作品世界を表現した。 質の高さに感動した小松氏は以後、60冊以上の自著の表紙を生頼氏の絵で飾るが、「復活の日」の表紙画はその原点となった。 生頼氏は東京芸術大で油彩を学んだ後、群を抜く描写力で書籍や映画関係のビジュアル制作に携わった。 「復活の日」の表紙画を手掛けた翌年、東京から宮崎市郊外に居を移し、2015年に亡くなるまで約40年にわたり同地から世界に向けて作品を送り続けた。 森羅万象を表す画力はトップレベル。 ジョージ・ルーカス監督が雑誌で見た生頼氏の絵に衝撃を受け「スターウォーズ・帝国の逆襲」の国際版ポスター作画を依頼した話は広く知られる。 「復活の日」は80年、角川映画として米国などと協力して映像化された。 生頼氏はそこで主要場面の構想画制作に携わる。 25枚に上る迫真のイラストは米国側スタッフのイメージ喚起に大いに寄与したという。 当時、角川書店が出版していた文庫版「復活の日」は映画公開を前に改装され、表紙には生頼氏の描いた映画用構想画が用いられた。 現在「復活の日」はハードカバー版が早川書房から、文庫版が角川文庫などから出版されている。 出版経緯は異なるにもかかわらず、早川版、角川版いずれも生頼氏の絵を表紙に掲げる。 生頼氏の作品を保管・整理するみやざきアートセンター(宮崎市)の長岡政己センター長(56)は「生頼氏は完璧主義者。 印刷が終了して返却された作品に加筆した例もある」と語る。 厳格な構図の二つの表紙画からはその気迫が伝わってくる。 書籍が長命を保つのは小説が傑作たる証明だ。 同時に40年以上を経た今も書架を飾る表紙画も、その事実で自らの傑作を証明している。 (写真デザイン部次長).

次の