山梨県 女児不明 母親 犯人。 美咲ちゃん母が犯人でない理由は?髪を切る・募金・旦那が顔出ししない理由も明らかに【道志村 不明女児】

美咲ちゃんの母親のインスタに衝撃コメント発見「埋めてたら分からないか」【道志村キャンプ場7歳女児行方不明】

山梨県 女児不明 母親 犯人

昨年9月、キャンプ中に美咲ちゃんが行方不明になってから母・とも子さんにはがつきまとった。 「美咲ちゃんは臓器売買で海外に連れ去られていた」「母親が殺した」「美咲ちゃんはキャンプに来ていなかった」。 失意の母親にこんな追い打ちをかける人々は何者なのか。 (後編) 「SNSの誹謗中傷がひどく生活を脅かされています」 山梨県道志村のキャンプ場。 ここでおよそ10か月前に行方不明になった小倉美咲ちゃん(8)の母、とも子さん(37)は、報道陣に対して、そんな心境を吐露した。 「悲劇のヒロインぶるな」とも批判され 山梨県警が2日間にわたって同キャンプ場で再捜索を行った5月下旬のことだ。 とも子さんのインスタには事件直後から批判が殺到し、家族や親族の写真は拡散され、成田市にある自宅の写真までさらされる始末。 「長女に話しかけた」とツイッターでつぶやく人物も現れ、とも子さんのプライバシーは完全に侵害されていた。 「長女と会話をしましたっていうような書き込みを見ました。 それを面白がった人たちが、『俺も行こうかな』と言い始めて、恐ろしすぎます。 長女が縄跳びや庭遊びをするにしても心配で、ずっと見守るようにしています」 そう語るとも子さんは、大金をはたいて防犯カメラを購入し、自宅に取り付けた。 昨年10月半ばには、チラシ配りや情報拡散のため、知人が募金活動を始めてくれたが、台風19号が関東地方を襲来した時期と重なったことで、炎上につながった。 とも子さんはそう思い、募金はわずか5日間で終了した。 こうした誹謗中傷が続く中、とも子さんを応援する「擁護派」からは、「いつまで誹謗中傷を放置するつもりなのか?」、「弁護士を雇ったほうがいい」などのコメントが寄せられた。 しかし、ただでさえ美咲ちゃんのことで頭がいっぱいなとも子さんには、もはや対応できる余裕はなかった。 「誹謗中傷を減らしたいのは山々ですが、もう手に負えません。 投稿を削除すれば『証拠隠滅か』と言われ、『悲劇のヒロインぶるな』とも批判され、何を書いても、叩かれるんです」 とも子さんたちと一緒にキャンプに参加した仲間も、ネットの標的にされた。 とも子さんの長女が生まれた10年ほど前から参加していた「子育てサークル」で、その中でも特に仲のよい家族が集まって年に数回、キャンプをしていた。 ところが事件後、仲間がメディアに登場しなかったことから「なぜ仲間が証言しないのか」と不審の目を向けられた。 とも子さんが語る。 「仲間のコメントをメディアから何度も求められていましたが、ネットでの嫌がらせや誹謗中傷がひどかったため、誰も表だって声を上げることができなくなったんです」 ブログで誹謗中傷を繰り返す人物 中でも、とも子さんへの誹謗中傷の「急先鋒」として活動しているのが、「怨霊の憑依」と題するブログの管理人だ。 ブログは、とも子さんの名前でネット検索すると、上位に引っかかる。 公表されている管理人名は「和田隆二」だが、偽名を使っているとみられる。 肩書は「霊媒師」。 和田氏は、美咲ちゃんの行方不明直後からブログを立ち上げ、毎日のように更新を続けてきた。 タイトルには《とも子の周りは薬物関係者》《当日美咲ちゃんはキャンプに来ていなかった》《鬼畜の夫婦》などの文言が並び、とも子さんへの憶測や偏見を生み出す書き込みで埋め尽くされている。 ブログは事件の詳細を《育児疲れから次女美咲ちやんを自宅で殺し悪天候を利用し行方不明を企て、募金詐欺をした殺人事件》(2月25日付)、《美咲ちゃんの事件ですが、私は臓器販売で海外に連れ去られたと思います》(3月24日付)などと説明し、とも子さんや夫の雅さんの関与を主張している。 投稿には、美咲ちゃんの写真を複数枚掲載し、写真と美咲ちゃんが同一人物ではないことを訴えたいのか、《この写真にはホクロがありません》《髪質も美咲ちやんは猫毛で髪が細い》などと説明。 このほか、小倉さん一家が出かけたときの様子、とも子さんと雅さんの結婚式、美咲ちゃんの小学校入学式、誕生日、とも子さんの車……など、とも子さんの過去のSNSからごっそり抜き取った、ありとあらゆる写真が掲載されている。 一体、和田氏は何者なのか。 SNS被害が深刻化する中、発信する側の張本人に会ってみたいと思った私は、ブログに掲載の携帯番号にかけ、彼の家がある静岡県熱海市へと向かった。 仕事は「潜水艦のソフト開発」 熱海駅から車で約15分、勾配の急な坂を上った住宅街に、古びた鉄筋コンクリート3階建てのその家はあった。 人が住んでいる気配がしないほど、物静かな佇まいだ。 玄関のドアは施錠され、インターホンもない。 しばらくノックを続けると、中から物音が聞こえ、ドアが開いた。 目の前に現れたのは黒いTシャツ姿の中年男性。 年齢は事前に「30代前半」と聞いていたが、相応には見えない。 あらためて自己紹介をすると、 「どうぞ中へ入ってください。 今から証拠の書類を持ってきますので」 と、地下1階へ案内された。 階段を下りると、教室ぐらいの広さの部屋に、サンドバッグやベンチプレス、フィットネスバイクが並ぶ。 トレーニングルームのようだ。 間もなく戻ってきた男性が、床に腰を下ろした。 Tシャツにはムエタイの選手が描かれ、左上腕部分にはタイの国旗。 「普段はタイにいます。 今は飛行機が飛んでいないので、ここに1人でいます」 床であぐらをかいた和田氏は、不敵な笑みを浮かべている。 「証拠」と称する書類を並べたが、それらはいずれも、ブログに掲載された美咲ちゃんの写真をプリントしたものだ。 うち何枚かを指さしながら語った。 「とも子さんは美咲ちゃんの身長を125センチだと言っていますが、私のほうで測ったら110センチしかない」 「美咲ちゃんの写真はホクロの位置が毎回変わっている」 美咲ちゃんは保育園の文集に120・5センチと記録され、ホクロの位置が変わっていることも確認がとれない。 しょっぱなから要領を得ない話が始まり、私は受け答えに困った。 和田氏はブログで、美咲ちゃん事件の犯人はとも子さんだと主張している。 その証拠が目の前に並ぶ書類なのかと尋ねると、「違います」と否定してから、こう続けた。 「要するに私は今、タイに行けないので潜水艦探知機のソフトを作っています」 和田氏はいきなり話題を変え、自身の仕事について説明を始めたようだが、質問に対する答えになっておらず、話がまったくかみ合わない。 また、和田氏はとも子さんと何度も話をしているという。 「とも子から頻繁に電話がかかってきて怒鳴り声や罵声を浴びせられるんですよ」 とも子さんから頻繁に電話がくることが事実なら、とも子さんの電話番号を知っているはずだ。 番号を尋ねると、「着信記録は無数にあるから消えているかも」と言いつつ、和田氏はガラケーを取り出し、調べ始めた。 差し出された画面に表示された番号は「非通知」だった。 「この非通知は間違いなくとも子からです。 私はとも子の声を知っているので、話せばわかります。 そのときは、とも子から『あんた証拠を持っているのか?』と尋ねられました」 和田氏が示した非通知着信《6月26日18時45分》《6月26日15時53分》は、いずれも私が非通知で和田氏にかけた記録と合致していた。 偶然とは思えない。 そもそも、和田氏は両方とも電話に出ていないので会話が成立するわけがない。 さらには「(私は)とも子さんや関係者の携帯電話をハッキングしている。 違法行為をやっています」という発言まで飛び出し、メディアの前で自身を犯罪者と認めるなどもはや支離滅裂だ。 和田氏の告発状は受理されず 1時間ほど話をしたが、とも子さんと事件を結びつける証拠らしきものは何も出てこない。 さらに追及すると、和田氏は1枚の書類を見せてきた。 差出人は、甲府地方検察庁事件管理担当。 和田氏が甲府検察庁に出向き、告発状を提出したのは事実のようで、その内容についてはこう説明した。 とも子さんが警察に提出した美咲ちゃんの写真は本人とは異なっています。 警察はまったくの別人を捜査してしまったので、これは捜査妨害に当たります」 しかし、和田氏の書類は《告発状の返戻について》と題し、令和2年1月6日付の告発状を検討した結果が、次のように記されていた。 《前記犯罪構成要件に該当する事実(いつ、どこで、どのようにして等)が具体的に特定されているとは認められません》 和田氏のブログには、美咲ちゃんだけでなく、小倉家の親族の写真までもが掲載されている。 プライバシーの侵害や名誉毀損に当たる可能性があるが、それでもブログを続ける理由について、和田氏はこう開き直った。 「今の世の中にはジャスティス(正義)がない。 とも子も旦那も美咲ちゃん事件の主犯です。 名誉毀損というなら、訴えなさい。 白黒つけましょう! 」 和田氏の家を辞した翌7月7日もブログはいつもどおり更新され、相変わらずとも子さんの家族写真を掲載している。 同日は、とも子さんの慟哭の日々(前編)が綴られた本誌の発売日。 ブログのコメント欄には記事を読んだユーザーからさっそく書き込みがあった。 《またとも子ひとりの意見を垂れ流している》 との感想をいただいたので追記しておこう。 私はとも子さんの近隣宅や美咲ちゃんの通う小学校の取材もしており、いずれもとも子さんの話の整合性を確認している。 また、私の経歴やメールアドレスも記載されており、特定班の動きの速度も確認できた。 取材を終えた私は、和田氏とのやり取りを資料として警察署へ提出した。 どちらにジャスティスがあるかはいずれわかるだろう。 」(とも子さん) 【情報提供先】大月警察暑 TEL:0554-22-0110 取材・文/水谷竹秀 ノンフィクションライター。 1975年、三重県生まれ。 上智大学外国語学部卒業。 カメラマンや新聞記者を経てフリーに。 2011年『日本を捨てた男たち フィリピンに生きる「困窮邦人」』で第9回開高健ノンフィクション賞受賞。 近著に『だから、居場所が欲しかった。 バンコク、コールセンターで働く日本人』(集英社文庫)など。 外部サイト.

次の

美咲ちゃんの母親のインスタに衝撃コメント発見「埋めてたら分からないか」【道志村キャンプ場7歳女児行方不明】

山梨県 女児不明 母親 犯人

小倉美咲の誘拐犯はなぜ捕まらない? 出典: 昨年9月に 美咲さんが行方不明になってから2週間が経過した時の報道を読み返しました。 取材を行った新聞記者はこう話していました。 「発見はおろか、衣類や所持品なども見つからず、捜索は難航しています。 県警も防犯カメラの解析や聞き込みなどの範囲を広げて捜索していますが、とにかく手掛かりが見つかっていないのが現状。 遭難などの事故だけでなく、誘拐などの事件も含めてあらゆる可能性が考えられます」 なぜ行方が分からなくなってしまったのか。 あらゆる可能性が考えられますが、今回は 「誘拐」に焦点を絞って見ていきたいと思います。 美咲さん家族ら28人がキャンプをしていた 山梨県道志村のキャンプ場の中のひとつ、 「椿荘オートキャンプ場」は、住宅地が広がる相模原市から国道413号を車で西へ2時間ほど行ったあたりの山間にあります。 キャンプ場は、残念ながら不審者が子供を誘拐しやすい状況で、以下の点が挙げられます。 ・防犯カメラが付いていない ・駐車できるスペースがあちこちに点在している ・不審者が待機できる場所が多数ある ・自販機があり、人が立っていても違和感がない オートキャンプ場では、決まった料金を受付で支払えば、キャンプ場の周辺で自由に駐車できるそうです。 周辺住民によると、受付をしなくてもキャンプ場の近くを車で通ることはできるとのことでした。 美咲さんはキャンプ当日の午後3時40分ごろ、先に 沢で遊んでいた子どもたちのもとへ1人で向かったのですが、 キャンプ場の広場から出て50メートルほど歩くと、丁字路に差し掛かかります。 沢に向かうには、ここで左折する必要があります。 県警によると、 美咲さんが丁字路で沢の方向を向いた状態で立っているのを母親が見たのが最後の姿だといいます。 沢に向かって歩き出せば、広場からはすぐに死角になります。 沢に行くまでの途中に自販機があります。 自販機があることで、仮に近くに人が1人で立っていても、違和感がありません。 その後ろには車が駐車できるスペースがあります。 カメラも設置されていないので、犯罪を抑止するものは何もない状況です。 犯罪者にとってはターゲットを探すのに都合のいい場所と言えるかもしれません。 周囲は昼間でも薄暗い林道が続き、住宅が数軒あるものの、人影はほとんどない場所です。 仮に先ほどの自販機近くて犯人が待機していて、美咲さんを車に乗せてしまっていたら・・・ 人目もありませんし、チャイルドロックをしてしまえば出られません。 車で当時まだ7歳の女の子だった美咲さんを連れ去った可能性はあります。 行方不明事件は2019年9月末に起こり、その翌月には 台風19号により関東地方や甲信地方、東北地方などで記録的な大雨となり、甚大な被害をもたらしました。 当然、現場周辺の地形は大きく変化しました。 美咲さんのお母さんの知子さんは 「来るたびに季節が変わり月日がたっているのを肌身で感じる」と悔しさをにじませていました。 この台風の影響も、犯人を捕まえられないことに関わっているかもしれません。 また、 新型コロナウイルスの影響も避けられません。 情報提供を求めこれまでに チラシ54万枚を作成しましたが、新型コロナウイルスの感染拡大防止のためチラシ配りは自粛中とのこと。 美咲さんのお母さんは、 「美咲のためにやってあげられることがすごく少なくて苦しい日々を送っている」と話しています。 スポンサーリンク 小倉美咲の行方不明事件に対するSNSの声 美咲さんは5月13日に8歳の誕生日を迎えました。 これまで警察や自衛隊、消防が延べ約1700人を投入しましたが発見に至っていません。 ちゃん 山梨県のキャンプ場で行方不明となり8ヶ月。 山梨県警がキャンプ場を再捜索中。 ヤフーニュース等に記載され再度関心を寄せてくれてる人も多いです。 今、改めてお願いです。 美咲ちゃんの顔を覚えて気にかけ続けて欲しいです。 たったそれだけで解決のきっかけになることもあるはず。 — k (たまにリツ協力お願いします) kkcammonaka 去年山梨のキャンプ場から いなくなった、小倉美咲ちゃんの捜査が2日間だけ行われる事になったそうです。 もしかすると、再捜索によって進展が見込めるなにかがあるのかもしれません。 そう考えないと、再捜索に踏み切る理由がわかりません。 多くの人を動員する決定を下したのは、なんらかの理由は絶対にあると思います。 小倉美咲さんが発見されることを心より願っています。 小倉美咲さんに関する情報提供は、県警大月署 0554(22)0110まで。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

次の

山梨小1女児行方不明…そっくり類似の小説が存在!事件真相のヒントとなるか?【小倉美咲ちゃん】

山梨県 女児不明 母親 犯人

悲しい事件が後を絶ちません。 山梨のキャンプ場で行方不明になった小学1年生の小倉美咲さんは 2週間経った今も見つかっておりません。 9月21日にいなくなったことを考えると、 かなり長い間、未解決の事件となってしまいました。 ニュースを見ている側としては早く解決してほしいのですが、 ネットを見ているとどうやら 小倉美咲さんの母親の評判があまり良くないのです。 子供に対する愛情がないだとか、 インスタでは炎上しているだとか、 同じ学校区内での保護者達からの評判だとか。 この失踪事件にも一枚噛んでいるとの噂まで出ているほど。 そこまではあまり考えたくないですけどね。 これはちょっと整理する必要がありますので、 さっそく見ていきましょう。 目次です• 小倉美咲の母親・小倉とも子さん プロフィール 名前:小倉 とも子(おぐら ともこ)さん 年齢:2019年10月1日時点で36歳 居住地:千葉県 成田市 家族構成:夫、娘2人(小倉美咲さんと姉) 職業:トリマー(自営業) 娘である小倉美咲さんが山梨のキャンプ場から行方不明になって、 テレビでは連日このニュースが放送されていました。 その中で、小倉美咲の写真を公開することになった際、 母親である 小倉とも子さんの姿も放送されました。 母親が子供を思う気持ちなので、 当たり前っちゃ当たり前なのですが、 悲痛な叫びともとれる、とても悲しい声を上げておられましたね。 こういう報道を見てしまうと、 小倉美咲さんが一刻も早く見つかってくれることを祈るばかりです。 キャンプ場へは家族ではなく、オフ会で行っていた これは後から知ったことなのですが、 小倉とも子さんと娘・美咲さんは、 家族で山梨のキャンプ場に訪れたわけではないそうです。 7つの家族、合計30人がSNSを介して集まり、 オフ会と称してキャンプを楽しむ、といった感じでしょうか。 30人にもなれば、 ちょっとしたイベント・企画物ですよね。 子供の中には、小学校6年生の子もいれば、 未就学の年齢の子もいて、 様々な年代の子供たちがいたそうです。 ちょっと考えたら思うのですが、 SNSなどで知り合った 初対面の方とのキャンプ。 ということは、 参加した他の方々に自分の子供の面倒を見ててもらうって、 倫理的にはどうなんでしょう? 小倉とも子さんがテレビでも行っていた、 「悔やんでも悔やんでも悔やんでも悔やみきれません。 」が そっくりそのままの形で事件となってしまったように感じます。 それは一体どういうことなのでしょうか? 娘・美咲さんの捜索活動中にインスタをUP すでに記事は削除されていますが、 どうやら、 美咲さんを捜索活動中の最中に、 母親であるとも子さんはSNS(インスタ)をUPしていたとのこと。 それが、娘を思う気持ちからくる内容だったらまだ良かったかもしれませんが、 UPしてしまったのは 自分が経営するお店の宣伝。 これにはSNSを見たユーザーから反感を買ってしまっても無理ありません。 そもそも、事件の発端を見るに、 母親の管理不足だし本人もそれを痛感しているはず。 そんな中でSNSを見て、投稿するような気になれることが、 炎上の原因になってしまったかもしれません。 ーそんなことをしている暇があったら、 娘を探さないといけないのでは?- 炎上状態で投稿されたコメントの大半がこんな感じでした。 子供を持つ親としては小倉とも子さんの行動が あまりにも軽率に映ってしまったのでしょう。 小倉とも子さんの評判 SNSでの炎上などがきっかけで、 母親である小倉とも子さんには、 結構 辛辣なコメントも寄せられています。 そもそも見ず知らずの方とのオフ会キャンプ自体が軽率なのでは? こういった意見が多数寄せられており、 中には 小倉とも子さんが自作自演で行った事件なのでは? という意見も。 (ここまではさすがに考えたくないですが) ネットでの評判 ここでは小倉とも子さんに対するネットの評判を紹介します。 小倉とも子さんの知り合いらしき人物 中学から顔見知りなんだけど、夫婦仲がかなり悪いのよね。 不貞行為ばかりだし、千葉がこんな状況(台風被害を受けて)なのに、 良く解りもしない人とキャンプに行くって(夫は)嘆いていたし。 以前から、この御夫婦と学校関係で交流があるけどプライベートでは関わりたくない。 御主人の方は比較的寡黙な印象ですが、奥さんはとにかく目立ちたがり屋で噂好き。 学校ではグループキャンプなんて募集はないので、 インスタ繋がりの人達と参加してると思う。 同じ学校行事で良く会う方なんですが、 天候も悪化して学校から外出注意のお知らせが届いていたのにキャンプだからね。 同じ親として同情できないな。 SNS繋がりのグループキャンプだし、御主人はお仕事だったし倫理的にどうなんだろう。 ラインの写真はみさきちゃんなのに、捜索するなら公開したらいいのに。 こんな感じで寄せられるコメントにはかなり厳しいものがありますね。 同じ学校区の保護者の方々からは、 あまり良い印象を持たれていないようです。 ツイッター等 山梨県道志村で行方不明の小学一年生の女の人の母の人、大変な時にこんなん言ったら悪いけど、記者会見で涙が出てへん。 小学一年生の女の人は無事で見つかって欲しい。 — 食住衣 kuizumikoromo 今騒がれてる山梨の女の子行方不明のやつで取引先の人とこの話になって色々聞いた。 家族でのキャンプと思ってたら、SNSでのオフ会でしかも初対面。 いくらなんでも見つからなすぎぢゃないですか? 今日母親の会見みたけど、涙枯れたの?一生懸命泣いてるけど涙1滴もでてないけど??? そして、父親の顔出しNGって何? すごく不思議な感じするんだょねーw 疑いたくはないけどそーゆー目で見ちゃうz — michaaad MichaaadA 早く小倉美咲さんが見つかってほしいというコメントが多い中、 やはり 懐疑的なコメントも多いですね。 それだけ長いこと見つかっておらず、 事件性があると想像してしまっているということでしょう。 まとめ いかがでしたか? 母親である小倉とも子さんがどういう方かどうか、 そはあまり関係なく、 ここまでくると早く小倉美咲さんが見つかることを祈るばかりです。 今後もこの事件について何か情報が入りましたら、 記事にして発信したいと思います。

次の