カープ 新 監督。 【速報】広島カープ新監督に佐々岡氏有力|広島東洋カープアンテナ

カープ新監督、内部昇格なら「何も変わらない」 改革求める鯉党の嘆き節: J

カープ 新 監督

広島が新体制作りに着手し始めた。 緒方孝市監督(50)の退任に伴う後任選定が急務となる広島だが、内部昇格による新監督誕生の可能性が出てきた。 広島の松田元オーナー(68)は、2019年10月9日から始まる秋季練習前に監督を決定する方針を示唆。 選定するにあたり時間が少ないことから内部昇格の可能性が高く、佐々岡真司投手コーチ(52)、高信二ヘッドコーチ(52)が有力候補となる。 最終戦での投手交代のタイミングが... 緒方監督の後任者探しが急ピッチで進められる。 新監督候補には、前監督の野村謙二郎氏(53)をはじめ、阪神の前監督で球団OBの金本知憲氏(51)、黒田博樹氏(44)、新井貴浩氏(42)らの名が浮上している。 なかでも野村氏、金本氏の監督経験者に対する期待度は高いものがあるが、新監督決定リミットは遅くとも10月8日。 後任者の生活環境などを含めた条件面を交渉するには、残された時間はあまりにも少ない。 球団は最後まで最善手を模索し続けると見られるが、球団OBの内部昇格が現実的とみられる。 広島のコーチ陣は10月2日、マツダスタジアムで鈴木清明球団本部長と今シーズンを総括。 それぞれのセクションで意見交換が行われたという。 ミーティングに出席した佐々岡コーチは、球団からの来季監督の要請に関して現時点でオファーがないことを明かした上で、今シーズンのチーム成績については「監督だけの責任ではない」と言及した。 鯉党からは球団に対して「改革」を求める声が上がっており、内部昇格に関して「何も変わらない」との否定的な意見も見られる。 リーグ3連覇からBクラス転落の責任を取る形で緒方監督が退任したが、チームが機能しなかった責任を首脳陣に求める鯉党も。 ネット上では、レギュラーシーズン最終戦でクリス・ジョンソン(34)の交代のタイミングを誤ったとの声が多く寄せられ、佐々岡コーチへの不信感を募らせている。 新監督は「FA流出阻止」も必須業務 新監督に求められるのは、リーグ優勝はもちろんのこと、今オフのフリーエージェント(FA)の選手流出阻止である。 今シーズン中に会沢翼捕手(31)と野村祐輔投手(30)が国内FA権を取得しており、権利を行使する可能性がある。 一方で菊池涼介内野手(29)が昨オフにポスティングシステムを利用してのMLB挑戦を明言。 主力3人の慰留は球団主導で行われると見られるが、新監督の求心力も引き留めの大きな要因となる。 10月17日にはドラフト会議が控えており、これに向けた来シーズンのチーム編成に着手しなければならない。 鯉党からは「ウルトラC」として、今シーズン限りでヤクルトのコーチを退任した球団OBの石井琢朗氏(49)を新監督に推す声も。 黄金期に陰りが見え始めた広島に対してファンは「新たな風」を求めている。 内部昇格か外部からの招へいか。 新監督は週明けにも決定する見込みだ。 外部サイト.

次の

カープ緒方監督の次に監督になるのは?順番待ち?

カープ 新 監督

野球解説者・西山秀二による動画「ザ・捕手目線」。 今回のテーマは「広島カープ佐々岡真司新監督」です。 講談社「現代ビジネス」が贈るニュース動画チャンネル、日々更新中。 八尾市大正中学校時代は、桑田真澄とバッテリーを組む。 上宮高校を経て、86年ドラフト4位で南海ホークス入団。 翌87年のシーズン途中に広島東洋カープに移籍。 93年から正捕手の座をつかみ、94年と96年には、ベストナインとゴールデングラブ賞を受賞。 2004年に読売ジャイアンツへ移籍。 同年限りで現役引退。 06年から巨人二軍のバッテリーコーチに就任。 08年〜10年は一軍バッテリーコーチ。

次の

カープ新監督、有力視される「大物OB」 歴代指揮官の共通点から占うと...: J

カープ 新 監督

画像はイメージ 広島の監督監督(50)が2019年10月1日、マツダスタジアムで会見し、今季限りでの退団を発表した。 今季は球団初のリーグ4連覇を目指してスタートを切ったものの、開幕から5カード連続の負け越しでつまずきスタートダッシュに失敗。 レギュラーシーズン最終戦までAクラス残留をかけての戦いが続いたが、チームは2015年以来の4位でシーズンを終えた。 緒方監督はこの責任を取る形でユニフォームを脱ぐことになった。 過去、指導者経験なしの監督はミスター赤ヘルのみ 緒方監督の退任に伴い、チームの再建が急務となったフロント。 来季に向けての第一歩となるのが新監督の選定だ。 鯉党からは前監督の氏(53)の復帰待望論が根強く、リーグ3連覇の土台を作った実績は評価が高い。 理路整然とした野球論にも定評があり、「実績」、「知名度」、「期待度」は他の監督候補らの上を行く。 「知名度」でいえば、広島、ヤンキースなどで活躍した氏(44)も群を抜く。 MLBで複数球団からオファーがあったものの、それを蹴って2014年に古巣・広島に復帰。 黒田の「男気」は多くの野球ファンから称賛された。 また、現役時代「孤高の天才」と称された氏(48)のカリスマ性、昨年引退した氏(42)のリーダーシップは高く評価されている。 ただ、黒田氏ら3人に共通しているのが指導者の経験がないこと。 前田氏は2013年に一軍の打撃コーチ補佐と選手を兼任していたが、指導者としての実績はほとんどない。 黒田氏、新井氏もまた、引退後はスポーツ紙の評論家や野球解説を務めるなど、ともに現在は現場から離れている。 広島の歴史を紐解くと、指導者の経験がなく、いきなり監督になったのは事実上、ミスター赤ヘル・山本浩二氏(72)だけである。 内部昇格か、それともあの... また、約70年を誇る球団の歴史の中で、2度にわたって監督を務めたのはわずかに2人だけ。 広島の2代目監督・白石勝巳氏(1954年〜60年、1963年〜64年)と前述の山本氏(1989年〜93年、2001年〜05年)がその2人である。 山本氏が監督復帰するまでに7年間を要しており、その間、2人の監督が指揮を執っている。 この前例を踏まえると、前任者の野村氏の復帰の可能性は決して高いとはいえないだろう。 過去の監督就任の「条件」を参照すると、広島の監督に求められるのは、指導者としての実績と、現役時代に広島のユニフォームに袖を通した者。 そして、これまで一度も広島の監督になったことがない人物が候補に挙がる。 過去には、緒方監督をはじめとし、内部昇格した監督も多く、いまだ監督経験のない高信二ヘッドコーチ(52)や佐々岡真司投手コーチ(52)も候補となるだろう。 そして、この「条件」に当てはまる人物がもうひとりいる。 阪神の前監督で球団OBの金本知憲氏(51)だ。 指導者としての実績、広島では11年にわたってチームの柱として牽引し、「知名度」は全国区。 ただ、2002年に球団としこりを残したままフリーエージェント(FA)で阪神に移籍した経緯もあり、監督してのカムバックの可能性は...。 いずれにせよ10月17日にはドラフト会議が迫っており、チームの再編は急務となる。

次の