鼻 プロテーゼ 症例。 隆鼻プロテーゼ

SBCプレミアムソフトプロテーゼ|鼻整形なら湘南美容クリニック【公式】

鼻 プロテーゼ 症例

担当医からのコメント 高須幹弥 医師• 20代女性の患者様で、鼻を高くして、鼻筋を通したいというご要望でした。 診察させていただいたところ、日本人の平均的な鼻をしており、鼻根部から鼻先の上にかけての部分がそれほど高くありませんでした。 この部分を高くするには、ヒアルロン酸注射かシリコンプロテーゼのどちらかをすることになります。 患者様は、「ヒアルロン酸だと、いつか吸収されてなくなってしまうので、効果が永久に持続する治療が良いです」というご要望だったので、シリコンプロテーゼを入れることになりました。 自然な範囲内で鼻筋を通したいということだったので、この患者様の鼻に合うように、3mmの厚みのI型シリコンプロテーゼを入れました。 術後は、自然な範囲内で程よく鼻筋が通りました。 この患者様の鼻の皮膚の厚みなどを考えれば(皮膚の厚みは平均くらいです)、3mmの厚みのI型シリコンプロテーゼであれば、歳をとって鼻の皮膚が薄くなってもまず問題ありません。 逆に、鼻の皮膚が薄い人などに、無理して、非常に厚みのあるI型プロテーゼや、鼻先まで入るプロテーゼや、L型プロテーゼをいれてしまうと、将来、歳をとって、皮膚が薄くなったときに(歳をとれば、必ず誰でも全身の皮膚は薄くなります)、プロテーゼの輪郭が浮き出て、不自然になり、入れ替えをしたり、抜いたりする必要がでてくることがあります。 高須クリニックでは、患者様の特別なご要望がない限り、その人の鼻に合った、無理のない最適なプロテーゼを選択させていただくため、将来、不自然になって、入れ替えする必要はまずありませんので、ご安心ください。 リスク・副作用・合併症 隆鼻術(シリコンプロテーゼ) このサイトは、特定非営利活動法人日本美容外科医師会の適正医院として認定されています。 症例写真の効果につきましては個人差がございますのでご了承ください。 高須クリニックWebサイト内の文章、写真、イラストなどの著作権は、高須クリニックおよび関連会社が保有します。 許可なく無断複製・使用を禁じます。 特定非営利活動法人日本美容外科医師会会員です。 症例写真の効果につきましては個人差がございますのでご了承ください。 高須クリニックWebサイト内の文章、写真、イラストなどの著作権は、高須クリニックおよび関連会社が保有します。 許可なく無断複製・使用を禁じます。

次の

SBCプレミアムソフトプロテーゼ|鼻整形なら湘南美容クリニック【公式】

鼻 プロテーゼ 症例

軽く洗顔、洗髪、シャワーは当日から可能です。 お化粧と入浴は3日後からでお願いします。 飲酒は1週間後からでお願いします。 施術後数日程度、鼻の穴の傷から流血することがあります。 その場合、優しく両側から均等に圧を加えて5分程度圧迫止血してください。 拍動性(動脈性)の鮮血でなければ心配ありませんが、心配な時は再診してください。 鼻の穴のガーゼは翌日に取ってください。 鼻表面の固定は3日後に取り外しに通院いただくのが好ましいですが、ご自身で外す場合は鼻が曲がらないように気を付けながら優しく外してください。 少なくとも施術当日は、車・バイク・自転車等の運転はお控えください。 化膿止めは3日分服用してください。 痛み止めは必要なければ飲まなくて構いません。 耳軟骨移植を行った場合は、1週間後に抜糸にご来院いただきます。 鼻の穴の内側の縫合糸は溶ける糸なので、抜糸の必要はありませんが、もし気になる場合は、2週間以上経過してから再診していただき、処理させていただきます。 施術後1か月程度は、鼻に強い外力が加わらないよう、鼻をこすることや、うつ伏せ寝などはお控えください。 強い力での洗顔やお顔のマッサージ・歯の治療は1か月間お控えください。 メガネは鼻にかかる力が左右均等であれば装着していただいて構いません。 その他分からない事や、異常を生じた場合はご連絡ください。 静脈麻酔の主な目的は、術中の鎮静、およびリラックスです。 点滴から麻酔薬が注入され徐々に眠くなります。 大量に投与すれば意識消失させることができますが、呼吸抑制が生じることがあるため、体重を鑑み、単位時間あたりの麻酔薬使用量を調整します。 その調整量の下で、体動が激しい場合などには、手術の安全のために、適宜調整させていただくことがあります。 卵黄・大豆油アレルギーがある方はプロポフォールという麻酔薬が使えないため、別の薬剤(ドルミカム等)を使用しますが鎮静レベルが浅めになります。 麻酔を開始する前に点滴確保、血圧計、心電図、酸素モニターを装着します。 また必要に応じて尿道カテーテル挿入や、酸素マスク(あるいはチューブ)装着を行います。 麻酔の危険の度合いは、手術の内容やお客様の全身状態、体質などによっても異なり、極めて稀ではありますが、様々な合併症があり得ることをご了承ください。 麻酔中には非常に稀にショックや低酸素症などの全身疾患や、以下のような合併症が起こることがあります。 その他、合併症を疑う症状を認めた場合は、救命ならびに後遺症を最小限にするため、手術・麻酔の中止、麻酔方法の変更を含め、あらゆる努力を行わせていただきますが、その際には予定されていた手術や麻酔とは異なった処置と治療が行われることがあります。

次の

鼻プロテーゼを入れてきた!@湘南美容外科

鼻 プロテーゼ 症例

6月に入り、会社や学校などがいよいよこれまでと同じような生活に戻りつつあります。 ただ実際の生活の内容は、接触を伴う行事などが延期、中止となるなどその影響は大きく残っています。 コロナに感染するリスクを減らしながら、どのように日々の生活を送るかという状況です。 クリニックでは感染対策に気をつけながら診療を行っていますが、どのような方が来られているかというと・・・・ 一番はシミ治療になります。 これは、マスクをしているので今なら治療をしやすいという方が多いです。 またヒアルロン酸や糸リフトなども多くマスク生活をうまく活用されている方もいらっしゃいます。 手術では二重、クマは変わらず多くの方が来られていますが、休みを利用した脂肪吸引も多くいらっしゃいます。 また当院の特徴でもある、鼻治療ですがこちらは年々増加しており、さらには大きな治療をご希望される方が増えています。 長野で開院した当初では考えられないほどの鼻症例の多さですが、おそらく自分が好きな手術で術式も多く扱っていることがあるかと思います。 病院勤務の頃は鼻骨の骨きりも行っており、最近では希望される方も多く骨切りまでしたい気持ちはありますが、当院では静脈麻酔で対応出来る範囲の治療のために今のところは断念しています。 今回ご紹介するのが、鼻症例になります。 こちら術前の写真になります。 ご希望は、鼻の先を伸ばして少し鼻先も小さくしたい。 ということです。 鼻の希望は患者さんそれぞれで、しっかり細くしたい方と少しだけでいいなど様々です。 ご希望の鼻を聞いた上で、必要な治療のご提案になります。 もともと鼻中隔延長はしたいということでしたので、その術式を中心に他の手術を構成していきましたが、鼻先に対して鼻すじが少し低いのでこのまま鼻先の手術だけではバランスが悪くなります。 最終的には 鼻先を下げる・・・鼻中隔延長術(今回は鼻中隔軟骨) 鼻先を細くする・・・鼻尖縮小術 鼻先のトップの位置を調整する・・・軟骨移植 鼻のバランスを整える・・・プロテーゼ 鼻の横幅を調整する・・・・鼻翼縮小 このようなラインナップで治療をしています。 術後を見てみましょう。 今回の方は、自然だけどシュッとした鼻になりたいということで、特に鼻先は絞りすぎないようにしています。 眉間の部分がプロテーゼのためにまだ少しむくんで高く見えますが、もう少し高さは自然になっていきます。 ご希望に添えたようで、喜んでいらっしゃいました。 最近は鼻の修正相談も多くなっております。 カウンセリングをご希望の方はお気軽にご連絡ください。 プロテーゼ 15万円(モニター 12万)税別 鼻中隔延長術 40万円(モニター 32万)税別 鼻尖縮小術 20万円(モニター 16万)税別 軟骨移植 15万円(モニター 12万)税別 鼻翼縮小術 20万円(モニター 16万)税別 合併症:腫れ、内出血、感染、偏位、違和感など.

次の