格安sim line 友達追加。 格安SIMでLINEの電話番号検索はできる?年齢認証の突破方法

MVNOの格安SIMのユーザーがLINEで友達を追加する方法

格安sim line 友達追加

格安SIMではLINEを使ったとき、ID検索ができないと言われています。 結論から言うと、実際に格安SIMではLINEでID検索ができません。 ですが、格安SIMに乗り換えのしかたによりできる場合もありますし、ID検索以外にも友だちを追加する方法もたくさんあるんです。 格安SIMでID検索ができない理由と、対処法を解説します 格安SIMでLINEのID検索ができない理由 格安SIMでID検索はなぜできなのでしょうか? まずID検索を使うためには『年齢承認』が必要になります。 年齢承認というのは、そのLINEユーザーが18歳以上かどうか確認するためのものです。 これは未成年を保護する目的があり、18歳未満の人はID検索を使うことができません。 携帯電話を契約した時の契約内容と照らし合わせて確認するんだ。 携帯電話を契約する時は身分証を持って、契約書を書いて登録しますね。 携帯会社とLINEが連携して、携帯会社の契約内容から年齢を見て年齢承認をするわけです。 ではなぜ格安SIMではその年齢承認ができないかと言うと、年齢承認の連携ができる携帯会社は今の所『ドコモ・au・ソフトバンク・ラインモバイル』だけだからです。 そのためこの会社以外の格安SIMは年齢承認ができなくて、年齢承認ができないからID検索ができないと言うことなのです。 ID検索は探す方と探される方、両方とも年齢承認を済ませている必要があります。 格安SIMはID検索をすることも、 してもらうこともできないのです。 格安SIMでID検索を使う方法 格安SIMでもID検索を使う方法がないわけではありません。 格安SIMでID検索を使う方法を紹介します。 端末を変えずにSIMカードを差し替える ドコモ・au・ソフトバンクを契約していて格安SIMに乗り換える人は、端末(スマホ本体)を変えずに SIMカードを差し替える方法なら、ID検索を使うことができます。 ドコモ・au・ソフトバンクを契約中に年齢承認を済ませておき、格安SIMでSIMカードのみ契約して差し替えればOKです。 一度年齢承認を済ませれば、その端末で年齢承認を済ませたLINEを使い続けることができます。 ですが、機種変更などで 機種を変えるとID検索はできなくなるので注意してください。 パソコンのLINEを使う パソコン版のLINEであれば、年齢承認をしていなくてもID検索を使えます。 パソコンを持っている人は、まずパソコンにパソコン版のラインをインストールして、メアドかQRコードでログインしておきます。 IDを教えてもらったら控えておいて、自宅に戻ってパソコンから検索する、という方法が使えるでしょう。 ワイモバイルとLINEモバイルならID検索ができる 先程も書きましたが、ワイモバイルとLINEモバイルならID検索ができます。 LINEモバイルはLINEの会社自体が運営している格安SIMのため、年齢承認ができるからです。 ワイモバイルはソフトバンクの傘下の会社なので、My Softbankにログインして年齢承認ができるようになっています。 各社の特徴はこちらです。 会社 ワイモバイル LINEモバイル 特徴 ソフトバンクの子会社なので 通信速度が早く、安定している。 ソフトバンク端末ならそのまま使えるがSIMロック解除が必要。 ツイッターやインスタグラムなどの SNSが無料になるプランがある。 ワイモバイルより安い。 詳細 ID検索がネックで格安SIMに乗り換えを迷っている方は、この2社がおすすめです。 ID検索以外の友達を追加する方法 格安SIMはID検索が使えませんが、友だちが追加できないわけではありません。 ID検索が使えなくても、友だちを追加する ID検索以外の方法はたくさんあります。 追加したい人と離れていても使える方法もありますよ! メールかSNSで招待する 追加したい人のメアドか電話番号がわかれば、LINEに招待することができます。 メアドか電話番号を使うので、離れたところに済む友だちもLINEに追加することができます。 LINEを開き『友だち』の右上の友だちを追加のマークをタップし、友だち追加の『招待』をタップします。 SMSかメールの選択が出てきますので、電話番号を知っている場合は『SMS』、メアドを知っている場合は『Email』をタップします。 今回はメアドで招待します。 追加したい人のメアドを選び、招待を押して送信します。 メールを送られた人にはこのような文章が届くので、下のリンクをクリックすれば追加されます。 追加したい人に自分のLINEが追加されたので、相手にトーク画面から何かスタンプでも送ってもらえばトークができます。 QRコードを使う QRコードを使って友だちを追加する方法です。 LINEを開き『友だち』の右上の友だちを追加のマークをタップし、友だち追加の『QRコード』をタップします。 QRコードリーダーが開くので、追加したい人のQRコードを出してもらいます。 QRコードの出し方はQRコードリーダー右下の『マイQRコード』を押せば出てきます。 追加したい人のQRコードを読み取ると相手の追加画面が出てくるので、追加すれば登録完了です。 ふるふるを使う すぐ側にいる人を追加したい場合、ふるふるを使うのが簡単です。 LINEを開き『友だち』の右上の友だちを追加のマークをタップし、友だち追加の『ふるふる』をタップします。 追加したい人も追加されたい人もふるふるの画面にして、相手と一緒にスマホをふるか、画面をタップします。 相手が表示されたら追加ボタンを押せば、「リクエスト中」と表示されます。 リクエスト中はまだ追加ができていません。 相手もリクエストを送ると「友だち登録完了」と表示されて、友だち登録は完了します。 ふるふるはGPSを使う機能なので、 LINEの位置情報をオンにしておく必要があります。 LINEの位置情報は、アイフォンなら『設定』からずっと下に行きLINEを探して位置情報を設定します。 ふるふるは周りに偶然ふるふるを使っている人がいたら、知らない人が出てきてしまうことがあります。 相手の名前を間違えないように注意しましょう。 グループのメンバーリストから追加する 追加したい人が同じグループ内にいる場合に使える方法です。 まず追加したい人がいるグループをタップします。 誰かメンバーをタップするとメンバー一覧が出てくるので、その中から追加したい人をタップします。 『追加』を押せば追加ができます。 メンバー内なら誰でも追加できますが、いきなりメッセージを送ったら相手はびっくりするかもしれません。 追加してよいかひと声かけてから、追加するようにしましょう。 格安SIMはLINEでID検索ができない理由と対処法まとめ 格安SIMはID検索ができませんが、他に友だち追加の方法はたくさんあるので、そこまで気にしなくてよいと思います。 ID検索を使う必要があるという方は、ラインモバイルかワイモバイルにする方法が一番確実です。 ラインモバイルとワイモバイルはどちらがよいかと言うと、通信速度を重視するか、毎月安く使えるかで選ぶと良いでしょう。 著者の個人的な意見ですが、速度が遅くてイラッとした経験がある方は、ワイモバイルにしておいたほうが良いです。 会社 ワイモバイル LINEモバイル 特徴 ソフトバンクの子会社なので 通信速度が早く、安定している。 格安SIMで完全通話し放題があるのはワイモバイルだけ。 ソフトバンク端末ならそのまま使えるがSIMロック解除が必要。 ツイッターやインスタグラムなどの SNSが無料になるプランがある。 ドコモとソフトバンクの回線に対応。 ワイモバイルより安い。

次の

m.tonton.com.my:遠方に住む人とも1タップでLINE友だちになれる便利な方法

格安sim line 友達追加

乗り換えでスマホを変える人は引き継ぎが必要 LINEなどのアプリは、スマホを乗り換える時に「引き継ぎ」を行うのが当たり前。 LINEのアカウント情報は、手持ちのスマホ端末に紐づいているため、乗り換えに伴って端末が変わると、LINEのデータは自分で引き継ぎ設定をしなければいけません。 しかし、例えばキャリアから格安スマホに乗り換える場合には、現在使用している端末を使い続けることが可能。 この場合には、LINEアカウントの引き継ぎ操作は必要ありません。 一方で、格安スマホに乗り換えた際に スマホ端末も変える場合は要注意。 LINEアカウントの引き継ぎ、あるいは新規登録をする必要があります。 LINEアカウントの引き継ぎは、MNP転入で同じ番号を使い続ける場合も、乗り換えを機に新たな電話番号を取得する場合でも可能です。 一方の新規登録は、新たな電話番号で新規にアカウントを作ることになります。 しかし、格安スマホで新規登録をするのは手間がかかるため、なるべく避けたいところ。 特別な事情が無い人は、わざわざ新規登録を選ぶのではなく、「アカウント引き継ぎ」をすることをおすすめします。 このような引き継ぎ作業は、格安スマホに限らずキャリアのスマホ同士で乗り換える際にも必要な作業です。 基本的に、格安スマホでもキャリアでも、LINEの使い方に大きな違いはありません。 しかし、格安スマホでLINEを利用する際には、1点だけ気をつけなければいけないポイントがあります。 実は、 格安スマホではLINEで連絡先を増やす際に使う機能「ID検索」が使えません。 これは、格安スマホとキャリアは利用しているSIMカードの違いが原因となっています。 では、なぜ格安スマホのSIMカードではID検索ができないのか、理由を詳しく見ていきましょう。 格安スマホでは年齢認証とID検索ができない! LINEのID検索は、友達追加に必要な機能の1つです。 LINE上で自分の好きなIDを設定し、友達がそのIDを検索することによって友達を追加できる仕組みです。 ID検索をするためには、 LINE内で年齢認証を行わなければなりません。 auやドコモ、ソフトバンクなどの大手携帯会社では、希望に応じてLINEに年齢を開示することができます。 しかし、格安スマホ会社 MVNO は、異なる会社間での個人情報の規制が厳しいため、年齢を開示することができません。 その結果、 格安スマホでは年齢認証を行えず、ID検索することができない状態になるのです。 とは言うものの、LINEに友達を追加するには、ID検索以外にも多くの方法があります。 そのため、格安スマホでID検索が使えないからと言って、大きな不便を感じることはないはず。 ID検索以外を使う対策法については、後で詳細を詳しく紹介します。 その前に、まずはLINEを格安スマホに引き継ぐ方法を見ていきましょう。 LINE ライン を格安スマホに引き継ぎ・新規登録する方法 先ほどもご説明した通り、格安スマホに乗り換える際に機種変更をすると、LINEの引き継ぎが必要。 そして、もし格安スマホに引き継ぎをしない場合には、新規登録をしなければいけません。 LINEの引き継ぎを行うと、今までのアカウントや友達リスト、スタンプなどを引き継ぐことができます。 ただし、トーク履歴も引き継ぐためには、バックアップをとっておく必要があります。 必ずやっておきたい下準備• 自分のLINEアカウントに、電話番号、メールアドレス、パスワードの登録• LINEアカウントとFacebookの連携 これらの作業をやっておかないと、後々の引き継ぎ作業でうまくいかなくなった時に、対策がとれなくなってしまいます。 どちらも、 LINEの設定 歯車マーク にある「アカウント」から登録できる、忘れずにやっておきましょう。 特に、格安スマホに変える際に見落としがちなのが、 「メールアドレス」です。 LINEのアカウントをキャリアメール(auやドコモ、ソフトバンクなどのメールアドレス)で登録している場合は、前もってLINEアカウントのアドレス変更作業が必要になります。 格安スマホに乗り換えた後にも確認できるアドレスに変更しましょう。 もしメールアドレスを「 gmail. com」や「 icloud. com」で登録している場合には、変更する必要はありません。 パスワードを忘れてしまった場合は、 事前準備で登録していたメールアドレスを使って問い合わせることができます。 ここでメールアドレスを使うため、引き継ぎを開始する前に必ず古いスマホでメールアドレスを確認しておく必要があるのです。 無事パスワードも入力し終わったら、あとは画面に出てくる質問に答えていくだけで終わり。 「友だち追加」や「トーク履歴の復元」など、自分の希望に沿って進めていってください。 SMS機能が付いていないSIMの場合の対処法 格安スマホでは、SMS機能がついていない 「データ通信専用SIM」なども取り扱っています。 人によっては、料金が安いなどの理由で、格安スマホをデータ通信専用SIMで契約した方もいるかと思います。 このような方は、LINEの引継ぎの際に必要な「認証番号」をSMSで受け取ることができません。 これでは、引き継ぎどころかLINEアカウントの新規作成さえできないのでは…と心配になる方もいるでしょう。 しかし、ご安心ください。 LINEの引き継ぎは、 アカウントを「Facebook」と連携させることで問題なく行うことができます。 Facebookでログインを選択すると、「認証確認」が表示されるため、「排除して認証」を選べば完了です。 このように、SMSがない格安スマホでも、Facebookと連携すればLINEの引き継ぎは問題ありません。 データ通信専用SIMを選んだ方は、Facebookの認証で引き継ぎましょう。 新規でLINEアカウントを登録する方法 ここからは、 格安スマホでLINEを新規登録する方法をみていきましょう。 基本的には、LINEアカウントの引き継ぎを行う際と手順は変わりません。 アカウント名や、プロフィール写真などを自分の好きに設定しましょう。 初期設定の「年齢確認」だけは格安スマホでは実行できないため、「あとで」というボタンをタップして下さい。 SMSがないSIMはFacebookで新規登録 SMS機能がついていないタイプの格安SIMを契約した方は、LINEの引き継ぎと同様に、 Facebookアカウントで新規登録をすることが可能です。 方法は、LINEをインストール後、アプリを最初に立ち上げたときに「Facebookでログイン」を選択するだけ。 FacebookログインでLINEに登録しても、Facebookの友達が自動的に追加されたり、LINEの情報がFacebook上に表示されたりすることはないので、安心です。 または、 音声電話による認証も可能です。 格安スマホ端末でアプリを起動して電話番号を入力したあとに、「通話による認証」を選択して下さい。 音声ガイダンスで6桁の認証番号が流れるので、その番号をLINE上で入力すればOKです。 以上のように、格安スマホにLINEを引き継ぐ・新規登録することは難しくありません。 格安スマホでもぜひLINEを利用してみましょう。 ただし、引き継ぎをせずに新規登録をして新しいアカウントを作ってしまうと、前のアカウントで購入したスタンプや、友達リストのデータなどはすべて引き継ぎできなくなってしまいます。 その点だけ注意して、忘れずにLINEの引き継ぎ手続きを行いましょう。 格安スマホでID検索を使うには? さて、冒頭で説明した「格安スマホではID検索が使えない」という問題について、ここから対策法を解説します。 LINEには友達を追加する方法がいくつか用意されており、その場に居合わせていない人ともLINEで友達になることが可能です。 では、方法を見ていきましょう。 ID検索以外でLINE ライン に友だちを追加する方法 ID検索以外でLINEに友だちを追加する方法は、4つあります。 もちろん、格安スマホ以外でも利用できるため、活用してみて下さい。 自分のURLを発行する 自分のLINEのURLを発行し、友達になりたい相手にSMS・Emailで送ることで友だち追加をする方法です。 URLを送る際には、 自分の格安スマホの「連絡先」に入っている友達からしか送り先を選ぶことができません。 そのため、まずLINEで友達になりたい人の電話番号もしくはEmailアドレスを連絡先にいれておく必要があります。 また、LINEがスマホから連絡先情報を同期できるように、プライバシー設定を変えておきましょう。 連絡先に友達の情報を追加したら、LINEの設定画面から「友達追加」をタップし、次に「招待」を選択します。 そうすると、URLの送信方法を「SMS」か「E-mail」のいずれかから選択できるので、好きな方を選択。 そのあと、連絡先から友達になりたい相手を選べばOKです。 QRコードを利用する これは、相手に自分のQRコードを見せて読み取ってもらう、または自分が相手のQRコードを読み取ることで友達になる方法です。 QRコードを利用するには、LINEの設定画面から「友達追加」をタップし、次に「QRコード」を選択します。 表示された画面で「OK」をタップすると、QRコードリーダーが表示され、友達のQRコードを読み取ることが可能になります。 自分のQRコードを表示したい場合は、QRコードリーダーのカメラが表示されている画面の右下の「マイQRコード」をタップします。 「ふるふる」を使う ふるふるとは、お互いのiPhone同士を振ることで友達になるという方法です。 ふるふるを使う方法は、まず、LINEの設定画面から「友達追加」をタップし、次に「ふるふる」を選びます。 位置情報のアクセスは「今はしない」を選択すれば問題ありません。 最後に、隣にいる友達とスマホ端末やiPhoneを振れば、友達追加完了です。 パソコン版のLINEでのみID検索を行う 実は、 パソコン版のLINEでは年齢認証が不要。 そのままID検索をすることができます。 他の方法がどうにも上手くいかなければ、LINEをパソコンにインストールして、パソコンでID検索を行ってみましょう。 ID検索を使える格安スマホがある ID検索をするにはキャリアの契約情報をもとに年齢認証が必要なので、格安スマホは年齢認証ができません。 しかし、格安スマホの中でも年齢認証・ID検索を検索ができるブランドがあるのです。 それが、 「LINEモバイル」と「Y! mobile」。 LINEモバイルは、ソフトバンクとLINEの子会社です。 一方のY! mobileは、格安スマホとは言え、ソフトバンクが運営するサブブランドという立ち位置のため、キャリアと同様にユーザーの契約情報と照合をとれるのです。 多くの格安スマホ会社がありますが、現在、格安スマホでLINEの年齢認証とID検索が行えるのは、この2社のみ。 もしどうしても格安スマホでID検索が必要なら、LINEモバイルかY! mobileを選ぶことをおすすめします。 おすすめはSMS付きSIM・LINEモバイル・Y! mobile 今回は、格安スマホでLINEを使う方法を解説してきましたが、いかがでしたか? LINEの引き継ぎの際には、SMS付きSIMの格安スマホは簡単に行うことができます。 端末ごと格安スマホに乗り換えるのであれば、引き継ぎは絶対に必要になるため、忘れずに行うようにしましょう。 格安スマホで友達追加をする際に、今まで通りID検索を利用したい方は、年齢認証・ID検索が行える格安スマホ会社 「LINEモバイル」や「Y! mobile」がおすすめ。 とはいえ、ID検索だけを理由に契約する格安スマホ会社を選ぶことはないかと思います。 そこまで不便を感じないのであれば、様々なプランを比較した上で格安スマホ会社を選んでみて下さい。

次の

SIMカード入れ替えでLINEデータは消える?LINE引き継ぎ方法をiPhone・Android別で解説

格安sim line 友達追加

格安SIMでもLINEをインストールしてトーク、通話、スタンプ機能などの 基本的な機能は全て同等の機能が使えますが「 年齢認証」することができません。 年齢認証の目的は青少年保護 そもそも、なんで年齢認証が必要になったかといいますと、18歳未満の保護を目的とするためです。 年齢認証がない場合、見ず知らずの人を簡単に友達追加できてしまうため、青少年が事件に巻き込まれてしまうといった問題がありました。 そこで安全にLINEを使うため、通常は通信キャリアがLINEからのリクエストに応じて ユーザーの年齢情報をLINE側に開示することで 利用者が18歳以上であるという確認を行っているわけです。 年齢認証ができる条件 年齢認証のできる条件として以下の2つがありあます• mobile(ワイモバイル)• LINEモバイル 上記の通信事業者を利用している場合は格安SIMでも年齢認証ができるためLINE利用時に普段と同じように使えるため何も心配する必要はないです。 問題となるのは 上記以外の格安SIMの通信事業社を使っているケースになります。 年齢認証ができないLINE利用者のデメリット 年齢認証ができない場合に影響があることは、 友達をID検索で追加したり 自分のIDを友達が検索することができないことです。 なのでIDをそもそも持っていない人や、普段からID検索を使っていないひとの場合は格安SIMによる影響はほとんどないといえます。 でも、普段からLINEでID検索を活用している人にとってはこれって結構不便なことですよね・・・ えーー、じゃあ格安SIMだとLINE使いにくいじゃん。 と思った人も多いかと思いますが安心してください! LINEに友達を追加する代替案があるんです。 これらの方法を利用して友達に追加することで、特に不自由なくLINEライフを楽しむことができるのです!! 格安SIMでLINEの友達を追加する6つの方法 年齢認証のできない格安SIMでも友達追加の代替案として6つの方法があります。 ふるふる機能を使う ふるふる機能を使えば年齢認証に関係なく友達を追加することができます。 ただし、 位置情報がONまたは WIFIがONになっている必要があり、 相手が近くにいるとき限定の追加方法になります。 QRコードを使って友達追加 2つめの方法はQRコードをつかう方法です。 QRコードの表示画面を相手にみせて読み込むことや、相手にメールなどでQRコードを送信することで友達に追加することができます。 自分のLINEアカウントのURLを送信して追加 LINEには自分のアカウントURLが存在しており、このURLを検索することで友達に追加することができます。 使い方は簡単で、まず初めに自分のLINEアカウントURLを調べます。 このURLコピペして友達に送信したり、直接ブラウザに打ち込んで検索することで友達追加を行うことができます。 デメリットとして、URLが長く口頭で伝えることが難しかったり 覚えることが難しいことです。 (覚えようと思う人はいないかと思いますが笑) 4. 電話帳に登録して友達自動追加する LINEの「設定」画面にある「友だち自動追加」にすることで、アドレス帳に登録されていてLINEを使っている人が自動的に友達に追加されます。 なので利用するためには事前に相手の連絡先をアドレス帳に登録しておく必要があります。 また、自動で登録されるため、アドレス帳に登録されているけどLINEに 登録したくない友達も友達に追加されてしまう可能性もあるため注意が必要です。 PC版のラインを使いID検索する パソコン版のLINEを使うことでID検索をすることができます。 年齢認証ができないけれどもどうしてもID検索したい場合はパソコン版のLINEを使ってID検索することがオススメです。 残念ながら相手は自分のID検索をするこが出来ませんが、自分が相手のIDを検索することができて友達に追加することができます。 PC版のラインを使い電話番号検索をする パソコン版のLINEには ダウンロード版と GoogleChrom版の2種類があります。 ダウンロード版はパソコンのローカルにLINEアプリをダウンロードしなければいけませんが、ダウンロード版の場合、電話番号検索も使うことができます。 まとめ ほとんどの格安SIMでは年齢確認ができないため、LINEのID交換による友達追加をすることができません。 でも、代替案を使うことで友達追加をすることができるため、格安SIMに変えても特に不自由なくLINE生活を楽しむことが可能です。 どうしても年齢認証をしたい方はワイモバイルとLINEモバイルをにするのも選択肢の一つです。 通信費は毎月発生する固定費なので格安SIMを活用して節約できると長期的にかなりの効果があると思います。 ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

次の