さらし マスク 作り方 簡単。 手作りマスク(プリーツ)をさらしで作る方法!ゴムも代用でOK!

【マスク不足解消】手作りマスクがこんな簡単に!今すぐできる作り方をご紹介!(2ページ目)

さらし マスク 作り方 簡単

立体大人用マスクの材料は手ぬぐい、もしくはガーゼ、マスクゴム、さらしといったものが必要となります。 比較的家にある素材で作れるマスクとなっているので、今すぐにでもマスクを用意しなければならない人におすすめのマスクかもしれません。 立体大人用マスクはインターネットで公開されている型紙などを使って作っていきます。 マスクの表側用のガーゼと裏側用のさらしをそれぞれ型紙に合わせて裁断します。 そして手縫いかミシンによってそれぞれの布の中央部分を縫っていきます。 最後にマスクの表側と裏側を縫い合わせていき、ゴム通し口を作ってゴムを通せば立体大人用マスクの完成です。 文字だけではわかりにくいかもしれないので、ぜひ動画を参照してしっかりとした大人用マスクを作ってみてください。 立体子供用マスクはずばり立体大人用マスクとほぼほぼ同じ作り方となっています。 やはり大人と子供とではサイズが異なってくるので、少しだけ作り方に違いが出てきます。 この項目ではそんな立体子供用マスクについて説明していきます。 子供はもしかしたら手作りマスクを嫌がる可能性がありますが、そんな時にピッタリなのがおしゃれな立体マスクなのです。 上記でも触れたようにガーゼだけでなく、手ぬぐいで作ることができるので、しっかりとしたおしゃれさのあるマスクも作ることができます。 立体マスクの型紙はたくさん公開されていますが、お子さんと相談してどのような形がいいのか選んでみるといいかもしれません。 せっかく手作りするマスクだからこそ、子供が気に入るようなマスクを作ってみましょう。 やはり立体子供用マスクでも型紙を使って、マスクを手作りしていきます。 中にはまだ手元に残っている市販の立体マスクをかたどって型紙を作る人もいますが、しっかりとしたサイズ感で作りたい人はそういった型紙の作り方もおすすめとなります。 基本的に子供用マスクは4歳以上のお子様向けのものが販売されているわけですが、もっと小さい子供のためにマスクを作りたい人もいるかもしれません。 そういった時は型紙よりも1㎝程度小さく縫って、耳元は3㎝程度多めに追加するとちょうどいいサイズになります。 型紙を使ってマスク用の布を切り終わったら、次に縫うという作業に入ります。 もちろん立体大人用マスクと同じ順で縫っていくわけですが、縫い代にV字の切れ込みを入れるとさらに縫いやすくなります。 せっかくのマスクだからこそ細かい部分までこだわっていきましょう。 次に紹介したいシンプルマスクはたった5分で作れてしまうような簡単な作り方の手作りマスクとなっています。 やはりマスクが手に入らないからといって時間ができるわけではないので、忙しい人はできるだけマスク作りに時間を割きたくないかもしれません。 そういった忙しい人におすすめなのが本当に手軽に作れてしまうシンプルマスクなのです。 ダブルガーゼとマスク用のゴムさえ家にあればできるので、もしも余っていたら率先していくつかシンプルマスクを作っておけば安心することができます。 なんと他のマスクと違って難しい縫い方をする必要がないので、不器用な人でも作れてしまう簡単なマスクとなっています。 忙しい人でも本当に5分程度で作れてしまうので、手が空いたちょっとした時間に作ってみてください。 次にシンプルマスクの簡単なDIY方法について説明していきます。 シンプルマスクはガーゼとマスク用のゴムがあれば事足りるのですが、おおよそ縦29㎝、横40㎝のダブルガーゼと25cm程度のマスク用ゴムを用意しておくことで手作りできます。 まずはガーゼの上部分を10㎝程内側に折り込み、下部分を中心に向けて9㎝ほど折り込んでいきます。 そして左右を内側に13㎝折ることでおおよそのマスクの形はできます。 最後に縫い代のために1㎝ほど織り込めば、あとは縫い合わせるだけで完成です。 マスク用ゴムが通るレベルの穴を残して両サイドを縫い合わせていけば、簡単な手づくりマスクの出来上がりとなります。 ガーゼでできたマスクは保温性や保湿性に優れているので、マスク不足が解消されても重宝するマスクになるでしょう。 プリーツとは洋服などのひだの事を指しますが、少しだけ工夫を加えることでおしゃれな手作りマスクにすることができます。 大人用プリーツマスクはほぼほぼシンプルマスクと似たような作り方なのですが、裏布はガーゼを使い、表の布には好きな生地を使うといった方法です。 さらにプリーツマスクにはワイヤーを入れるので、しっかりとした作りのマスクを手作りしたい人におすすめとなります。 もしかしたら使い捨てマスクをそのまま捨ててしまっているかもしれませんが、捨てる前にワイヤーを抜いておきましょう。 プリーツマスクはワイヤーを入れる作業は案外簡単にできるので、本当に誰にでも作ることの出来る簡単な手作りマスクの一種です。 もちろんワイヤーが入っていても洗濯できるので、繰り返し使えるマスクが欲しい人も作ってみてください。

次の

手作りマスク(プリーツ)をさらしで作る方法!ゴムも代用でOK!

さらし マスク 作り方 簡単

1.生地を中表にたたみ、アイロンをかける 2.縫い代1cmで両端を縫い合わせて筒状にする 3.縫った部分をアイロンで割り、全体にアイロンをかける 4.生地を表に返す 5.生地の端を隠すために片側を1cm折り、アイロンをかける 6.生地を三つ折りにしてマスクの形を作る(このとき片方の端を1cm残す) 7.6で折った部分にコバステッチ(折り目のぎりぎりで縫う)をかける 8.反対側は縫い代1cmで縫う 9.マスクの上下にコバステッチをかけて補強する(ゴム通し部分は縫わないように注意) 10.マスクゴムを片側約30cmに切り、マスクゴムを通す 11.糸の始末をして完成 平面マスク作りの失敗点 平面マスクを本当に簡単に作れるのか、手芸初心者である筆者が試してみました。 初めてのマスク作りでは失敗点もありましたが、子どもができ上がったマスクに大喜びしてくれたので、ほっとしています。 これからマスクを作る方は、実体験を踏まえた次の注意点を参考にしてみてくださいね。 ・大雑把はNG マスクは顔の正面に使用するものなので、生地が少しでもずれているととても目立ってしまいます。 筆者は裁断と縫製をやや大雑把にしてしまったため、マスクを折りたたんだときに上下がそろわず、生地がはみ出てしまうというミスがありました。 初歩的なことですが、正確さ(型紙通りに裁断することやまっすぐに縫うこと)がとても大事だと感じました。 ・糸の色に注意 マスクの表の部分にカラー糸でステッチをかけたらかわいいのではないかと思い、子どもの好きなピンクで縫ってみました。 しかし、おしゃれどころかかえって縫い目のずれが目立ってしまい、白い糸で縫い直しました。 ミシンやガーゼ生地に慣れていない場合、糸と生地の色を合わせることが大事だと思いました。 ・失敗しても良いように2個作る 生地を反対に縫った、縫い目がずれたなどのミスがあっても良いように、2つ同時に作ることをおすすめします。 1つ目のマスクで失敗したとしても、2つ目は失敗を踏まえて作れるため、より完成度が高いマスクが作れると思います。 動画は100均の手ぬぐいを使用しています。 1.大きいほうの生地を中表にして半分に折る 2.1の上部を縫い、筒状にしてから生地を返す 3.生地の縫い目で折り、アイロンをかける。 4.生地を半分に折り、中央と上下1. 5cmのところに印を付ける 5.1. 5cmの印を付けたところで折り、アイロンをかける 6.5の折り目からさらに1cmのところで折りアイロンをかけてプリーツを作る 7.小さい生地をマスクの端に合わせて縫い代1cmで縫う 8.小さい生地を反対側に倒し、アイロンをかけながらマスクの端を折り込む 9.8で折り込んだマスクのサイドを縫う 10.反対側も同様の手順で行う 11.マスクのゴムを通し、ゴムの両側を結ぶ プリーツマスクは思いのほか簡単 平面マスク作りに慣れてから、プリーツマスクの手作りに挑戦しました。 プリーツマスクは平面マスクに比べてやや工程が多いですが、平面マスクでガーゼ生地に慣れたこともあり、思いのほか簡単に作れました。 プリーツの折り方は試行錯誤し、より自分の口元にフィットしやすくなるように調整しました。 次に作る機会があれば、メインの生地とサイドの生地の柄を変え、切り替えデザインに挑戦したいです。 完成した手作りプリーツマスクは日常的に使用していますが、使い捨てのプリーツマスクよりも肌触りが良いです。 プリーツの広がり方が大きいので、顎の下までしっかり覆うことができます。 ガーゼは保温性が高いので、自転車での子どもの送り迎えに重宝しています。 立体マスク作りの注意点 ・左右・表裏の生地のズレ 立体マスクは左右・表裏の4枚の生地を縫い合わせます。 そのため型紙通りに切っていなかったり、縫っているズレてしまったりするといびつになってしまいます。 きちんと型紙通りに切る、左右がズレないようにするという点に気をつけると良いでしょう。 まち針の代わりにマスキングテープを利用すると便利でした。 ・生地の中心合わせが難しい 左右の生地の柄の中心をあわせると、見た目がきれいに仕上がると思います。 今回はそこまで気が回らず、左右の柄がズレてしまいました。 左右の柄合わせに自信がない方は、柄が小さい生地を選ぶと良いでしょう。 ・数枚重なって縫う部分は慎重に 立体マスクは左右の表地と裏地が重なる部分があるため、縫うときに注意が必要です。 ガーゼ生地はやわらかく糸が絡まりやすいため、重なっている部分は慎重に縫うと良いと感じました。

次の

【おすすめ夏マスク対策】繰り返し洗える簡単インナーマスクの作り方

さらし マスク 作り方 簡単

さらし布巾の作り方 用意するもの• さらし(5mもしくは10m)• はさみ 手順• 端っこから50センチずつ蛇腹状に折る。 折り目にそって、5センチほどはさみを入れる。 切れ目から一気に裂く。 2と3を繰り返す。 以上です。 たったこれだけの工程で 5mのさらしなら10枚、 10mのさらしなら20枚 のさらし布巾ができあがりました!おめでとうございます!! 両端は、使っていくうちに落ちるべき糸は落ちて馴染んでいくので、切ったり引っ張ったりせず、切りっぱなしが良いです。 6ヶ月間ほぼ毎日使っているさらし布巾の端はこんな感じ。 糸ピローンは、使い始めの数回で落ち着きました! 押し入れに眠っていただけの布を、10枚もしくは20枚もの布巾に昇格させたわたしはエライ!そう胸を張って頂いて良いと思います。 布巾は作った。 さて、 これをどう使おうか?ここからが大事ですね。 さらし布巾の使い道 その1.食材の水切り 野菜の水切りには本当に苦労していましたが、さらし布巾を使うとあっという間。 サラダ用野菜の水切りにはこれまでキッチンペーパーを6枚くらい(10円分相当)を費やしていたけれど、さらしだと1枚で済む。 しかもペーパーより使いやすく吸水性も良い。 そして使い捨てじゃないから経済的! その2.蒸し器の露取り 以前はこれまたキッチンペーパーを2枚重ねしていました。 さらし布巾はキッチンペーパーをよりもサイズが大きいので、露を吸って濡れても蓋でしっかり挟んでいれば重みで落ちてしまうことがない! その3.調理中、まな板や包丁の汚れや水分をサッとふき取る 野菜を切った後などにいちいち水洗いせず、きれいな面でふき取るだけですぐに次の工程に移れるのが本当にラク。 その4.鰹節の出汁を濾す ざるだと目が粗過ぎる。 しかしコーヒーフィルターだと時間が掛かり過ぎる。 そんな時にさらし布巾はうってつけ。 濾してそのままギュッと絞ってしまえば、出汁がらの鰹節でふりかけをつくるのだってあっという間に。 その5.洗った食器の拭き上げ ガーゼやマイクロファイバー生地だとケバケバが気になる食器拭きにも、さらし布巾が一役買います。 食器担当を一枚決めると良いかも。 用意するもの• 1Lの水に対し大さじ1の重層を溶かす。 (いつも計ってません。 アバウトで大丈夫)• 煮立ったら布巾を入れて10分ほど煮る。 (熱湯風呂に浸ってぷかぷかしている布巾はなんとも愛おしい。 火を止めてそのまま冷まし、水でざぶざぶ洗う。 固く絞る。 (出来れば日干しで。 風になびく布巾をみると爽快な気分になれる。 ) ちなみに、直接食材に触れる布巾なので一応ですが 食用重層を使用しています。 工業用(一般的に掃除に使われるもの)でも大丈夫との情報がネット上に沢山ありますので、工業用を使用されても問題ないのかもしれません。 コストが気になる方は一度調べてみてください! そしてそして!この作業には思わぬ副産物が! 鍋がピッカピカになります! 重層さまさま。 曇りも、水位の目安にしていたスープ跡もどこへやら。 まるでホームセンターの棚に陳列されていた出会った頃のキミのよう。 現代ではキッチンペーパーを使うのが当たり前になっていますよね。 物を買いまくり、捨てまくる21世紀の日本人。 物も情報も溢れかえっていて思考停止してない? 本当にこれって必要なの?この使い方でいいの? こう自分自身に問いかけることも、時には必要かも知れません。 嗚呼、古き良きニッポンの台所!先人の知恵は偉大なり。 温故知新で日常を楽しく・気持ち良く! 【キッチンで使うなら、無蛍光の生地がおすすめ】 楽天はこちら!.

次の