川口 春奈 大河 ドラマ。 沢尻エリカ代役に川口春奈 大河ドラマ「麒麟がくる」再撮影

大河ドラマ『麒麟がくる』、苦労が続く川口春奈に“助っ人”大物女優の存在

川口 春奈 大河 ドラマ

NHKで放送中の大河ドラマ『麒麟がくる』(毎週日曜 後8:00 総合ほか)は、放送一時休止前、最後となる第21回「決戦!桶狭間」が7日に放送された。 織田信長(染谷将太)が今川義元(片岡愛之助)を討ち果たす大一番。 世にいう「桶狭間の戦い」の一連の騒動の中で大忙しだったのが、帰蝶(川口春奈)だ。 第20回では、明智光秀(長谷川博己)からの入れ知恵もあって、母親と伯父を動かし、松平元康(風間俊介)を織田方に取り込む策を講じ、「軍師」ぶりを発揮していたが…。 第21回では、今川義元を討つなら今しかないと、死を覚悟する信長を見て泣きそうになり、その直後、信長が側室に産ませた息子の奇妙丸を紹介されて、がく然。 信長は黙っていたことを詫び、息子と尾張の行く末を帰蝶に託し、清須城を出発する。 その後、越前から駆けつけた光秀と面会した時、帰蝶はしっかりと奇妙丸を抱いていた。 演出を担当した一色隆司氏は「初めて奇妙丸と対面するシーンでは、川口さんにその戸惑いと怒り、その下から湧き出る悲しみをシームレスに表現することを意識してもらいました。 女性の目から見たら許せない部分もあって良いわけで、それもきちんと感じながら、でも、信長に対する思いがその場で冷めることもなく演じて欲しいと話しました。 とても複雑な思いを巧みに演じて下さったと思いますし、帰蝶を確実に自分のものにしていらっしゃると思います」と、撮影時を振り返った。 さらに第21回の終盤。 義元を討ち果たし、清須城へ帰る道で信長は、待ち構えていた光秀を見つけ、言葉を交わす。 「帰蝶は何をしても褒める。 いつも褒める。 あれは…母親じゃ」とうれしそうに話す信長。 次は「美濃の国を取る。 美濃を取って帰蝶を喜ばせてやる」という。 信長を演じる染谷は、番組公式ツイッターで「家臣たちと軍議を重ねても、今川軍に勝つ戦法は見つからない。 でも、元康を味方につけましょうという帰蝶のアイデアには飛びつく。 信長にとって帰蝶は、母のような存在であり、同時に頼れる相棒のような存在なのだと思います」とコメント。 そんな帰蝶を演じる川口について、一色氏は「最初は、所作などとてもナーバスになっていましたが、周りの役者さんから声を掛けていただいたり、いろんな人とコミュニケーションを取りながら帰蝶を掴んでくださいました。 お姫様であるが故に翻ろうされる人生を受け入れつつも、自分の在り方に信念をもって生きていこうとする姿は、川口さんの人見知りだけど負けず嫌いな部分と重なる部分も多いように感じます。 リハーサルで出した芝居上の宿題などは、本番の時までにこちらの想像を遙かに超えるレベルでこなして魅力的な帰蝶を作って下さっています。 ものすごい努力家であると同時に人の心をいろんなレベルで表現できる豊かな感性をお持ちなんだと思います」と、話している。 ORICON NEWS (提供:オリコン) 関連リンク カテゴリ エンタメ総合 記事URL.

次の

川口春奈の大河ドラマのギャラいくら?代役で上乗せされるか気になる!|ちゃんとテキトー生活

川口 春奈 大河 ドラマ

出演俳優の不祥事で「2週間放送日が延期される」という危機的状況でスタートした大河ドラマ『麒麟がくる』 NHK の評判がおおむね好評だ。 初回視聴率が19. 1% ビデオリサーチ調べ、関東地区 を記録したほか、ネット上の声も「やっぱり戦国大河は面白い」「いきなり戦いのシーンがあってしびれた」などの好意的なものが大半を占めている。 多くの記事が飛び交う中で、最も目立っていたのは帰蝶を演じる川口春奈に対するもの。 昨年11月の沢尻エリカ降板騒動を受けての代役就任で時の人となり、「短期間での撮り直し」「時代劇未経験」という難しさもあって、主演の長谷川博己と並ぶ重要人物となっている。 初回の出番は、終了直前の「馬を飛ばして父・斎藤道三 本木雅弘 のいる城へ向かい、どすどすと音を立てて歩く」「道三に『父上が戦をはじめるという噂があり、馬を飛ばして帰ってまいりました。 御陣にお加えいただきまする』と申し出る」「道三に『ワシは嫁に出した娘に加勢を頼むほど落ちぶれてはおらんわ』と言われ、『父上! 』とすがる」「明智光安 西村まさ彦 に『明智の叔父上、十兵衛 長谷川博己 は息災でいますか? 』と声をかける」というシーンのみ。 わずか1分程度にも関わらず、「違和感なかった」「代役とは思えない」という肯定から、「頑張って! 」「次回の登場も楽しみにしてるよ」という応援まで、そのほとんどはポジティブなものだった。 川口は肯定や応援の声を受けて、どんな帰蝶を演じていくのか? これまで彼女が歩んできた女優人生を踏まえながら、そのポイントと可能性にクローズアップしていく。 「どう演じるかより、どう振る舞うか」を重視したような度胸あふれる役作りで、「時代劇未経験」という不安を見事に打ち消していたのではないか。 実際、国のために男たちの戦に加わろうとする帰蝶の姿を川口と重ね合わせていた視聴者は多かったはずだ。 時代劇未経験である上に、撮影スケールの大きい大河ドラマなのに、放送までの時間がない。 しかも、先輩俳優ばかりの中で「自分だけが初めてそのシーンを演じる」という異様な状況下での撮り直しが続く。 さらに、「川口春奈がどんな演技をするのか」という世間の注目度とプレッシャーはとてつもなく大きい。 だからこそ、火中の栗を拾うように挑む川口の心意気は視聴者の好感度に直結し、ひいては興味本位の視線も含めて視聴率アップにも貢献しただろう。 もともと川口は長崎の五島列島・福江島で生まれ育った天真爛漫さで視聴者とスポンサー両者の好感度が高く、数多くのCMに出演してきた。 つまり川口は『麒麟がくる』への緊急出演によって、2020年1月の時点で「今最も日本人の注目を集め、好感度が高い女優」と言っても過言ではない。 「川口は今回の起用で大きなチャンスをつかんだ」という見方もあるが、これまでの女優人生は順風満帆と言えるものではなかった。 2009年の月9ドラマ『東京DOGS』 フジテレビ系 で女優デビューし、いきなり小栗旬演じる主人公の妹役という抜てき。 その後、『GTO』 フジ系 、『金田一少年の事件簿』 日本テレビ系 などに出演したあと、2013年に『夫のカノジョ』 TBS系 でゴールデンタイム連ドラ初主演を飾ったものの、5話が3. 0%という記録的低視聴率となり、バッシングを受けてしまった。 さらに助演として経験を重ねたあとにヒロインとして挑んだ2017年の『愛してたって、秘密はある。 』 日テレ系 は、結末の強引さや「続きはHuluで」の戦略が裏目に出て、川口にも批判の声が浴びせられる事態に。 どちらも演者の一人である川口の責任は少ないはずだが、一方で「多くの作品に出ているのにヒット作への出演がない」ことを揶揄する声があったのも事実だ。 『麒麟がくる』への出演が、そんな不運の女優人生を一変させるとしたら痛快ではないか。 国や父のために2度の政略結婚を余儀なくされたときの心情、今作では「ピュアなうつけもの」として描かれる信長との向き合い方、幼なじみの光秀に対する甘酸っぱくも切ない恋心。 これらを川口がどう演じていくのか? 昨秋に10年を超えた女優としての経験値を人々に見せつけるチャンスではないか。 最後に1つふれておきたいのは、今後の可能性。 NHKは起用した女優を続けてキャスティングする傾向があり、近年ではその先に「朝ドラヒロインへの抜てき」が待っていることも多い。 実際、NHKで『龍馬伝』『おひさま』『真夜中のパン屋さん』『今夜は心だけ抱いて』『花子とアン』に出演した土屋太鳳は朝ドラ『まれ』のヒロインに、『書店員ミチルの身の上話』『植物男子ベランダー』『おそろし~三島屋変調百物語』に出演した波瑠は朝ドラ『あさが来た』のヒロインに、『ごちそうさん』『軍師官兵衛』に出演した高畑充希は朝ドラ『とと姉ちゃん』のヒロインに、『八重の桜』『プラトニック』『真田丸』に出演した永野芽郁は朝ドラ『半分、青い。 』のヒロインに、『とと姉ちゃん』『いだてん~東京オリムピック噺~』に出演した杉咲花は今秋放送の朝ドラ『おちょやん』のヒロインに起用された。 川口は来月10日に25歳の誕生日を迎える。 この若さで前述した不運を乗り越えた上に、大河ドラマでの演技が認められ、幅広い世代からの人気が上積みされたら……本人がかつて「夢」と語っていた朝ドラヒロインとなる可能性は十分あるはずだ。

次の

大河ドラマ「麒麟がくる」代役は川口春奈さんに決定

川口 春奈 大河 ドラマ

川口春奈オフィシャルサイトより 新型コロナウイルスの影響でNHK大河ドラマ『麒麟がくる』は放送休止中だが、ここまでの展開を振り返ると、期待以上に面白くなっていると思う。 時代劇では敵役として描かれることの多い明智光秀(長谷川博己)を主人公にした本作は、大河ドラマでは定番の戦国時代を舞台に、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった馴染みのある武将の物語が展開されるのだが、その描き方は今までにないもので、まさに温故知新、令和時代の戦国絵巻を意図的に作ろうとしていると感じる。 それが最も現れていたのが、織田信長と信長の妻・帰蝶(きちょう)の存在だ。 染谷翔太演じる信長は、乱世の覇者とは程遠く、演技ではなく、本当にうつけ者(馬鹿)に見えて、母親に愛されなかったことを気にしているマザコン野郎。 そのくせ、いくさ(戦争)に関しては天才的で、そのギャップが今までにない不気味さにつながり、新しい信長像となっている。 対して川口春奈が演じる帰蝶は、そんな信長の幼さを受け入れた上で、時に母親として振る舞い、ダメダメの信長を支えるカミさん女房。 しかし、その内実は「普通の女」という難しい役どころに挑んでいる。 信長と話している時に帰蝶が見せる慈愛の心と嫌悪感が混ざり合ったような複雑な表情が最高で、この前半の立役者は間違いなく彼女だと思う。 もともと帰蝶は、沢尻エリカが演じる予定だった。 しかし、沢尻が2019年11月16日に麻薬取締法違反で逮捕されたことで放送前の降板となり、急きょ抜擢されたのが川口だった。 沢尻は近年、女優としても評価が高まっていたため、この大河ドラマ出演が彼女のキャリアにとってひとつの達成となるのは間違いなかった。 そんな沢尻と比較されることは、相当のプレッシャーだったのではないかと思う。 幸い、沢尻の登場シーンは全編撮り直しとなったため、番組内で川口が帰蝶を演じる場面は、そこまで違和感はなかった。 しかし、それでも視聴者は、沢尻が演じただろう帰蝶を想像しながらドラマを観てしまう。 先日、再放送されたNHK大河ドラマ『国盗り物語』ではの松坂慶子が演じており、信長と対峙できる強い女性という帰蝶のイメージそのものだった。 沢尻の起用も、そういった既存のイメージを踏まえてのものだろう。 映画『謝罪の王様』で、「別に」発言で叩かれた頃の沢尻を思わせる、お騒がせ女優を演じたこともある川口だが、彼女の代役は簡単ではなかったはずだ。 だが、川口が帰蝶を演じたことは『麒麟がくる』にとっても、川口にとっても、大きなプラスに働いていると思う。

次の