土鍋 ごはん まんま。 土鍋ごはん まんま

土鍋でごはん炊き「さんまの洋風炊き込みごはん」

土鍋 ごはん まんま

旬のさんまで、洋風の炊き込みごはんを作りました。 どうぞ「伊賀土鍋」をご用意ください。 <使用土鍋>• 容量2000mL前後の「伊賀土鍋」全般 <材料>• さんま 1尾• プチトマト 5個(約80g)• にんにく 1かけ• ハーブ(ディル・タイムなど) 適量• オリーブオイル 大さじ1• 白米 2合• 水 370mL• コンソメの素(顆粒) 小さじ2• 塩 適量• こしょう 少々 <作り方>• さんまは三枚におろして内臓・腹骨を除き(包丁で削ぐ)、水でよく洗う。 キッチンペーパーでおさえて水気を取る。 プチトマトは半分に切る。 にんにくは薄切りにする。 ハーブはざく切りにする。 米は研いで水気をきり、分量の水とともに土鍋に入れて20分浸水しておく。 耐熱器(写真はオーバルプレート 大)にオーブンペーパーを敷き、ハーブ(少量残しておく)・にんにく・さんま・プチトマトをのせて全体に塩適量・オリーブオイルをかける。 トースター(1000W)でさんまの表面がこんがりするまで焼く。 1の土鍋にコンソメの素を加えてよく混ぜ、米の上に2を全てのせる。 3を中強火にかけ、沸騰したら弱火にして8分加熱し、火を止めて15分余熱調理する。 残しておいたハーブを散らし、こしょうをふる。 よく混ぜ、取り分けていただく。 さんまの臭みもなく、シンプルながら見た目も華やかに仕上がるので、おもてなしにもおすすめの一品です。 今回は「ヘルシー蒸し鍋」の中サイズで、すのこを外して作りました。 お試しください! <ご紹介した土鍋はこちらから>.

次の

土鍋でごはん炊き「さんまの洋風炊き込みごはん」

土鍋 ごはん まんま

こんばんは。 日によっては早い時間帯から売り切れとなってしまう場合がございます。 ご了承ください。 1王者です🍚🥇👑 : : : : : 今週のお米は.... 🌾秋田県より「あきたこまち」です🌾 : 「あきたこまち」 は豊富な水と豊かな土壌を持つ秋田県の気候に最も適した品種です。 美郷町の名水で有名な六郷地区の「あきたこまち」 をDAG乾燥という火力・熱風を使わず湿度をコントロールする乾燥方法で時間をかけて乾燥しています。 しっかりした食感と口に広がる甘い香り、後から旨味が感じられるお米です。 売り切れの際はご了承ください。 避けていただきますと幸いです。 お待たせしてしまう場合もございますがご容赦いただければ幸いです。 : : : 今週も皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちしております🙇🏻 : : 土鍋ごはんまんま 宇都宮土鍋ごはん 宇都宮ランチ 宇都宮ごはんや 宇都宮定食 宇都宮市役所周辺ランチ 今週のお米 秋田県 あきたこまち こんばんは。 日によっては早 い時間帯から売り切れとなってし まう場合がございます。 ご了承く ださい。 1王者 です 🍚 🥇 👑 : : : : : 今週のお米は.... 🌾秋田県より「あきたこまち」です 🌾 : 「あきたこまち」 は豊富な水と豊かな土壌を持つ秋 田県の気候に最も適した品種です。 美郷町の名水で有名な六郷地区の 「あきたこまち」 をDAG乾燥という火力・熱風を 使わず湿度をコントロールする乾 燥方法で時間をかけて乾燥してい ます。 しっかりした食感と口に広がる甘 い香り、後から旨味が感じられる お米です。 売り切 れの際はご了承ください。 避けていただきますと幸いで す。 お待たせしてしまう場合もござい ますがご容赦いただければ幸いで す。 : : : 今週も皆様のご来店をスタッフ一 同心よりお待ちしております 🙇🏻 : :.

次の

土鍋ごはん まんま

土鍋 ごはん まんま

久しぶりの夜のお誘い。 ゆっくり会話を楽しみながら、おいしい料理が食べたい-。 宇都宮市役所の近くに、お米にこだわったお店があると聞き足を運んだ。 米穀店で働いたことがある店主の榎本英治(えのもとえいじ)さん(49)は、「全国のおいしいお米を紹介したい」と語る。 ディナーは9種類の定食と土鍋ご飯が味わえ、2人以上で来店すれば食べ比べできるのもうれしい。 おなかをすかせ待っていると、炊きたてご飯が入った土鍋が運ばれてきた。 この日のお米は、都内の有名料亭も愛用しているという新潟県岩船地域産コシヒカリ。 ほかほかのご飯をほおばると、ほんのり甘みが広がり一気に表情が緩んだ。 これからの時期にお勧めなのは和風ビーフシチュー膳(税込み2680円)。 3種類のみそとだしを使って和風に仕上げ、ごはんにぴったりの一品。 みそだれに漬け込んだ自家製ベーコンや、和風だしの効いたメンチカツは昼夜問わず人気だ。 ご飯のお供も侮ってはいけない。 辛子めんたいこのごま油あえ(単品、同280円)は、辛みと香ばしさが相まって箸がどんどん進む。 食べきれないと思っていた1合分のごはんは、すっかり空っぽ。 その分、心とおなかはいっぱいになった。

次の