ジーソミア。 「同盟レトリック」消えた露骨なジーソミア、防衛費に圧力…韓米の「配慮」が消えた

「ジーソミア終了]イ・ソクヒョン「国防部は反対したが、最終的に外交・統一部の論理を受入れ」 パイプライン

ジーソミア

いちからわかる! GSOMIA Q 韓国が終了を決めたジーソミアって何のこと? A 「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」のことだね。 防衛についての秘密の情報を、国同士で教え合うためのルールだよ。 同じ外国の脅威を抱える国々で情報交換をすれば、それぞれの国の防衛に役立つ。 安心して情報を渡せる環境を作るため、勝手に別の国に情報を漏らさないようにしたり、情報を見られる人を限ったりするなどの取り決めをしているんだ。 Q 日本が持つ協定は韓国だけなの? A 米英仏など7カ国のほか、欧米などの軍事同盟・北大西洋条約機構(NATO)とも結んでいる。 韓国とは2016年11年に結んだ。 日韓の場合、協定の有効期間は1年で、期限の90日前にやめると伝えなければ自動的に延長される。 これまで毎年自動延長されてきたけど、日本が7月に対韓輸出規制を始めたことで韓国で破棄論が出ていたんだ。 今年の通告期限は8月24日で、韓国がどうするかに注目が集まっていた。 Q 協定は韓国にも有益なんじゃないの? A 韓国の専門家は「協定は日韓双方に有益だ」と説明している。 たとえば日本は日本海側の通信所や飛行機で北朝鮮の電波情報を収集し、弾道ミサイル発射を含めた北朝鮮軍の動きを監視している。 韓国より早く情報を得ることもある。 韓国も助かっているはずなんだ。 だけど、韓国は協定を終わらせ、輸出規制を続ける日本に圧力をかけようとしたとの指摘がある。 Q ややこしいね。 A 日韓はともに米国の同盟国で、協定の終了は、北朝鮮を抑え込む日米韓の連携に影響しかねない。 米国は日韓に維持を求めていたんだ。 でも、文在寅政権は協定に批判的な革新系から強く支持されている。 支持団体は「過去に侵略した国(日本)に大事な情報を取られる」と訴えており、板挟みになっていたんだ。 (武田肇).

次の

ジーソミア(GSOMIA)とは?わかりやすく解説【破棄の日本への影響】

ジーソミア

「 GSOMIA」と「 ジーソミア」はこの項目へされています。 日本と韓国のGSOMIAについては「」をご覧ください。 軍事情報に関する包括的保全協定(ぐんじじょうほうにかんするほうかつてきほぜんきょうてい、: General Security of Military Information Agreement, GSOMIA、ジーソミア)とは、など親しい関係にある2国あるいは複数国間で秘密を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ。 この協定は、軍事だけではなく、情報、高度の統合技術などの際の共同作戦に必要な情報が網羅的に対象となる。 秘密情報活動で得られた情報も含まれるのが一般的とされている。 2019年8月現在、はやなど7カ国と、アメリカ合衆国は60カ国以上と、韓国は21カ国とこの協定を締結している。 米国 [ ] 意義 [ ] 米国は60ヶ国以上とGSOMIAを締結しているといわれているが、すべてが公表されているわけではなく、米国務省発行のTreaties in Force 2007では38の国とGSOMIAを締結している。 主な協定 [ ]• 「秘密情報保護協定」 1964年に締結• 「秘密情報保護協定」 1970年に締結• 「秘密情報の保護協定」 1977年に締結• 「軍事情報保護協定」 1981年に締結• 「情報保護包括協定」 1982年に締結• 「軍事情報保全協定」 1982年に締結• 「軍事情報保護協定」 1983年に締結• 「軍事情報保護協定」 1983年に締結• 「秘密情報の保護のための措置に関するオーストラリア政府とアメリカ合衆国政府との間の協定」 1962年に締結されていた旧協定を2002年に改定• 「秘密軍事情報の保護措置に関する米国・インド間の協定」 2002年に締結• 「秘密軍事情報の保護のための秘密保持の措置に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定」 2007年に締結 日本 [ ] 日米間の協定 [ ] 正式名称 [ ] ととの間の軍事情報に関する包括的保全協定は、正式名称を「秘密軍事情報の保護のための秘密保持の措置に関する日本政府とアメリカ政府との間の協定」( Agreement between the Government of Japan and the Government of the United States of America concerning Security Measures for the Protection of Classified Military Information)という。 沿革 [ ]• (19年) - 日本とアメリカが(日米安全保障協議委員会)で協定締結に合意• 2007年 - 日本とアメリカがGSOMIAに署名 日本のその他の協定 [ ]• 「日・NATO情報保護協定」 2010年6月25日署名。 「日仏情報保護協定」 2011年10月24日署名。 オーストラリア 「日豪情報保護協定」 2012年5月17日署名。 「日英情報保護協定」 2013年5月7日署名。 「日印秘密軍事情報保護協定」 2015年12月12日署名。 「日伊情報保護協定」 2016年3月19日署名。 「」 2016年11月23日署名。 1年毎に自動更新されることとなっており、協定破棄には更新3ヶ月前の通告が必要となる。 2019年8月23日、韓国が日韓GSOMIAを延長せず破棄を決定、11月23日午前0時に効力を失う予定 であったが、破棄の通告を停止することが失効前日の22日に判明した。 関連項目 [ ]• - 民間企業の場合など• TISA:Trilateral Information Sharing Agreement - 2014年12月締結の北朝鮮核・ミサイル限定の取決め 脚注 [ ]• 国立国会図書館. 2020年1月9日閲覧。 外務省• 外務省• 外務省• (外務省)• 外務省• (外務省)• 日本語. NHKNewsWeb NHK. 2019年8月23日. の2019年11月22日時点におけるアーカイブ。 2019年8月23日閲覧。 日本語. NHKNEWSWEB. 2019年11月22日. の2019年11月22日時点におけるアーカイブ。 2019年11月22日閲覧。 최새일 2019年11月22日. 2019年11月22日閲覧。 外部リンク [ ]• - 外務省 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、/)。

次の

ジーソミア延長だと?韓国反応!

ジーソミア

「 GSOMIA」と「 ジーソミア」はこの項目へされています。 日本と韓国のGSOMIAについては「」をご覧ください。 軍事情報に関する包括的保全協定(ぐんじじょうほうにかんするほうかつてきほぜんきょうてい、: General Security of Military Information Agreement, GSOMIA、ジーソミア)とは、など親しい関係にある2国あるいは複数国間で秘密を提供し合う際、第三国への漏洩を防ぐために結ぶ。 この協定は、軍事だけではなく、情報、高度の統合技術などの際の共同作戦に必要な情報が網羅的に対象となる。 秘密情報活動で得られた情報も含まれるのが一般的とされている。 2019年8月現在、はやなど7カ国と、アメリカ合衆国は60カ国以上と、韓国は21カ国とこの協定を締結している。 米国 [ ] 意義 [ ] 米国は60ヶ国以上とGSOMIAを締結しているといわれているが、すべてが公表されているわけではなく、米国務省発行のTreaties in Force 2007では38の国とGSOMIAを締結している。 主な協定 [ ]• 「秘密情報保護協定」 1964年に締結• 「秘密情報保護協定」 1970年に締結• 「秘密情報の保護協定」 1977年に締結• 「軍事情報保護協定」 1981年に締結• 「情報保護包括協定」 1982年に締結• 「軍事情報保全協定」 1982年に締結• 「軍事情報保護協定」 1983年に締結• 「軍事情報保護協定」 1983年に締結• 「秘密情報の保護のための措置に関するオーストラリア政府とアメリカ合衆国政府との間の協定」 1962年に締結されていた旧協定を2002年に改定• 「秘密軍事情報の保護措置に関する米国・インド間の協定」 2002年に締結• 「秘密軍事情報の保護のための秘密保持の措置に関する日本国政府とアメリカ合衆国政府との間の協定」 2007年に締結 日本 [ ] 日米間の協定 [ ] 正式名称 [ ] ととの間の軍事情報に関する包括的保全協定は、正式名称を「秘密軍事情報の保護のための秘密保持の措置に関する日本政府とアメリカ政府との間の協定」( Agreement between the Government of Japan and the Government of the United States of America concerning Security Measures for the Protection of Classified Military Information)という。 沿革 [ ]• (19年) - 日本とアメリカが(日米安全保障協議委員会)で協定締結に合意• 2007年 - 日本とアメリカがGSOMIAに署名 日本のその他の協定 [ ]• 「日・NATO情報保護協定」 2010年6月25日署名。 「日仏情報保護協定」 2011年10月24日署名。 オーストラリア 「日豪情報保護協定」 2012年5月17日署名。 「日英情報保護協定」 2013年5月7日署名。 「日印秘密軍事情報保護協定」 2015年12月12日署名。 「日伊情報保護協定」 2016年3月19日署名。 「」 2016年11月23日署名。 1年毎に自動更新されることとなっており、協定破棄には更新3ヶ月前の通告が必要となる。 2019年8月23日、韓国が日韓GSOMIAを延長せず破棄を決定、11月23日午前0時に効力を失う予定 であったが、破棄の通告を停止することが失効前日の22日に判明した。 関連項目 [ ]• - 民間企業の場合など• TISA:Trilateral Information Sharing Agreement - 2014年12月締結の北朝鮮核・ミサイル限定の取決め 脚注 [ ]• 国立国会図書館. 2020年1月9日閲覧。 外務省• 外務省• 外務省• (外務省)• 外務省• (外務省)• 日本語. NHKNewsWeb NHK. 2019年8月23日. の2019年11月22日時点におけるアーカイブ。 2019年8月23日閲覧。 日本語. NHKNEWSWEB. 2019年11月22日. の2019年11月22日時点におけるアーカイブ。 2019年11月22日閲覧。 최새일 2019年11月22日. 2019年11月22日閲覧。 外部リンク [ ]• - 外務省 この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、/)。

次の