オブ ラディン 号 の 帰還。 【ネタバレなし】『オブラ・ディン号の帰還』の攻略に役立つ(かもしれない)メモ画像を作ったよ【というか筆者もクリアしてないよ】

Return of the Obra Dinn(オブラディン号の帰還)クリア記念備忘録|鶴居湊|note

オブ ラディン 号 の 帰還

どうも、ヤマグチクエストです。 みなさん「推理」はお好きでしょうか? 小説、ドラマなどでも広く親しまれているジャンルなので、ほとんどの人が一度は経験したことがあるかと思います。 探偵がアリバイを崩したり、トリックを暴いたりしていく様は爽快ですよね。 やたらタバコや酒を好むハードボイルドな刑事に憧れたこともありました。 そんな「推理」している快感を味わうことができる「推理ゲーム」は名作が多く、シナリオも相まってファンも多くいることでしょう。 しかし、「シナリオを楽しみたいのに謎解きが難しくて進めない! 」という声もあり、そのバランスを整えるためか、「推理パートを簡略化し、シナリオを増幅させる」という調整を行う推理ゲームも中にはあります。 気持ちは痛いほど分かります。 難しすぎると「クソゲー」とか言われてしまって、やってもない人にも「難しそうだからやらない」と言われてしまう世の中ですからね。 せっかく面白いストーリーなのに、謎解きが難しくて最後まで見られない、ということになってももったいないですし、理解はできるんです。 しかし、難易度を下げることは、「解けそうで解けない」「これ気づいた俺、天才なんじゃね? 」という絶妙な高バランスの謎を解いたときの何ものにも代えがたい快感は推理ゲームならではの快感を薄めてしまっているように思うのです。 もちろん『たけしの挑戦状』のような理不尽な難易度は別ですが。 この快感を「何度も」味わうことができるだけでなく、今までになかった斬新さがコアゲーマーをトリコにした傑作推理ゲームが今回紹介する『Return of the Obra Dinn(オブラ・ディン号の帰還)』です。 1803年に行方不明となっていたオブラ・ディン号という商船が、4年後の1807年のある日、港に突如姿を現しました。 保険調査官である主人公は、その船に乗っていた乗員乗客60名の安否を確認して損害査定書を書くために、船に乗り込みます。 しかし、船はすでにボロボロで乗員乗客たちの姿はありませんでした。 はたしてこの船にいったい何があったのでしょうか……。 これがあらすじです。 これだけ聞くと「え、分かりようがなくない? 」と思われるかと思いますが、主人公は乗船時に特殊なアイテムを渡されます。 まず1つは、この船に乗っていた人物たちの名簿や船内の写真などを確認できる手記。 この手記に書いてある名簿の60人の安否を確認していくことになるわけですが、初期の状態ではほとんど白紙です。 プレイヤーが船内を観察して気づいたことや判明した真実を記入していくことで少しづつ埋まっていき、この手記の情報をすべて埋め尽くした頃にこの船で起きたことの全貌が明らかになる、という仕組みになっています。 推理することのすべてが「過去に起こったこと」である本作は、時系列や人物関係がごちゃごちゃしてしまいがちなので「何を考えればいいのかも分からなくなる」ほど混乱するときもありますが、手記を見て頭を整理できます。 つまり、「とにかく手記を埋めること」に徹することで思考をシンプルにできるシステムとなっているんですね。 2つ目は「メメント・モーテム」という不思議な懐中時計です。 船内には、乗員乗客たちの「残留思念」が転がっています。 この残留思念の近くでメメント・モーテムを起動させると、その人物が最期を迎えた瞬間を少しだけ遡ってみることができます。 これが本作の「肝」です。 たとえば、一番初めに見ることになる、船長室と思しき部屋の前で倒れている人物の残留思念。 その人物は船長室と思しき部屋の前で「船長! 」と叫んでいます。 そして、その船長室と思しき部屋から出てきた男に銃で撃たれてしまいました。 ここで、残留思念はストップし、静止画になります。 この状態で主人公は、様々なところを観察しながら推理していくことになる、という流れです。 この状況で推理できることとしては、まずその人物は「銃殺」されました。 そして、死の直前に「船長! 」と呼び掛けていたので、その人物が「船長ではない」ことが分かりますよね。 ということは、その声を聞いて部屋から出てきてその人物を撃ち殺した男が「船長」である確率が高そうですよね。 という感じで、少ない情報からその人物の「名前」「死因」を推理していくというゲームとなっています。 このゲームの斬新なところは、先ほども申しました「すべて過去に起きたこと」である点です。 多くの推理モノは「犯人」がいて、第一の事件が起きた後に第二の事件が起きたり、関係者のウソや矛盾を見破る駆け引きがあったりしますよね。 しかし本作は「犯人捜し」が目的ではありませんし、これから誰かの命が狙われる心配もありませんし、犯人が逃げることもありません。 あくまで「保険調査官が死因を調べて損害査定書を書くこと」だけが目的なのです。 それだけなのに、まるで歴史書を読んでいるかのように、死因を読み解くことで徐々にその船で起きたことが明らかになっていく快感はすさまじいです。 本当に。 自分で情報を集めて資料を作成していきながら、名簿とにらめっこして死因を特定していく。 ここの部分を自動的に行ってくれる親切な推理ゲームもありますが、推理ゲームに本来必要だったのはこの「自分で真相に迫っていく感覚」なのではないでしょうか。 そして本作は、この感覚「だけ」にフォーカスを当てることでとんでもない没入感を感じさせ、ゲームの魅力を増大させることに成功しているのです。

次の

オブラディン(Return of the Obra Dinn)の評価と感想を熱く語る!

オブ ラディン 号 の 帰還

小説、ドラマなどでも広く親しまれているジャンルなので、ほとんどの人が一度は経験したことがあるかと思います。 探偵がアリバイを崩したり、トリックを暴いたりしていく様は爽快ですよね。 やたらタバコや酒を好むハードボイルドな刑事に憧れたこともありました。 そんな「推理」している快感を味わうことができる「推理ゲーム」は名作が多く、シナリオも相まってファンも多くいることでしょう。 しかし、「シナリオを楽しみたいのに謎解きが難しくて進めない!」という声もあり、そのバランスを整えるためか、「推理パートを簡略化し、シナリオを増幅させる」という調整を行う推理ゲームも中にはあります。 気持ちは痛いほど分かります。 難しすぎると「クソゲー」とか言われてしまって、やってもない人にも「難しそうだからやらない」と言われてしまう世の中ですからね。 せっかく面白いストーリーなのに、謎解きが難しくて最後まで見られない、ということになってももったいないですし、理解はできるんです。 しかし、難易度を下げることは、「解けそうで解けない」「これ気づいた俺、天才なんじゃね?」という絶妙な高バランスの謎を解いたときの何ものにも代えがたい快感は推理ゲームならではの快感を薄めてしまっているように思うのです。 もちろん『たけしの挑戦状』のような理不尽な難易度は別ですが。 この快感を「何度も」味わうことができるだけでなく、今までになかった斬新さがコアゲーマーをトリコにした傑作推理ゲームが今回紹介する『Return of the Obra Dinn(オブラ・ディン号の帰還)』です。

次の

個人的に今年1番ハマったインディーゲームといえば? : m.tonton.com.my

オブ ラディン 号 の 帰還

記事タイトルの通りゲーム『オブラ・ディン号の帰還』の攻略に役に立つかもしれないメモを作ったという記事です。 筆者もプレイ中に「これメモとか取らなきゃクリアできないゲームなんじゃ……」と思ったので自分用にメモのひな台を作ってみたのだが、これから『オブラ・ディン号の帰還』をプレイする人の役にも立つかなと思い記事として公開することにしました。 いや、もっといいメモを作ってくれて配布してくれてる有り難いお人が既にいるのかもしれないけど、ネタバレを可能な限り避けたいゲームなんで 迂闊 うかつに検索してバレを見たくないんスよ。 その点この記事で作ったメモはゲームを始めた直後にわかる情報だけで作ったので安心して欲しい。 記事タイトルにも最初に【ネタバレなし】って付けたしね……。 オブラ・ディン号捜査資料 オブラ・ディン号海路図 まずはオブラディン号が辿ったいう海路を示した地図です。 事件が起きた場所もゲーム中判明していくのでここでこの事件が起きたって書き込めばなんかの役に立つんじゃないかなきっと。 オブラ・ディン号船内図 お次はオブラ・ディン号の船内はどうなっているか描いた図です。 ここでこの人が死んだとかあの時ここでこの人がなんかやってたとか印をつけるといいと思う。 オブラ・ディン号乗員スケッチ そしてオブラ・ディン号に乗っている乗員の姿を描いた2枚のスケッチです。 後に提出する「オブラ・ディン号乗員の顔とメモ」と合わせてご利用ください。 このスケッチ内で近くの位置にいるってことは役職が近かったり国籍が同じだったりするんじゃ……? などと推理材料にもなります。 オブラ・ディン号乗員の顔とメモ 作るのが一番面倒だったのが「オブラ・ディン号乗員の顔とメモ」です。 残留思念の中で何やってたか、人種は何と推理できるか、どうやって殺されたか、候補の名前はなにとなにか? 色々推理のためにメモしていけばいいんじゃないでしょうか。 使用例 まーこんな感じに気になることをメモしたりすればいいと思いますよ。 ちなみにここに書いたメモは全部デタラメなのでネタバレではありません(言わなくてもわかるでしょうが)。 オブラ・ディン号乗員名簿 乗員名簿はゲーム内で見れるんだけど手元で見てみたいという事もあるかもしれないので。 『オブラ・ディン号の帰還』ってそもそも何よ STEAMで発売中のミステリーアドベンチャーゲーム 『オブラ・ディン号の帰還』はSTEAMで発売中のPCゲーム、ジャンルとしてはミステリーアドベンチャーゲームとなるだろうか。 ゲームのあらすじ 1802年、ロンドンから東方に向けて出港した商船「オブラ・ディン号」が1803年航海中に消息を絶った。 そしてその4年後の今日、突如オブラ・ディン号がファルマス港に入港してきた。 しかし船の中に生きた船員の姿はない。 プレイヤーは東インド会社ロンドン本社所属の保険調査官となって「この船で一体何があったのか?」を明らかにしなければならない。 残留思念を読み取れる懐中時計を使って。 頭を使う推理ゲーム 残留思念を読み取れるといっても読み取れるのは断片的な情景のみで限られた情報をつなぎ合わせて乗員の名前と死因を推理しなければならない。 3人名前と死因を正解したら確定情報として決定されるシステムのおかげで総当たりパワープレイはほぼ不可能。 一人称視点でオブラ・ディン号内部を動き回り時間を遡っては船員たちの情報を集めるというのはアドベンチャーのシステムとしてはかなり特異なスタイルだ。 まだ筆者はクリアしていないけど(多分全体の一割も事態を把握してない予感がする)、逆転裁判とかダンガンロンパとかミステリ要素のあるゲーム好きとして新鮮な推理ゲームを楽しんでいる。 この記事を読んで興味が出てきたら上の捜査資料をダウンロードして『オブラ・ディン号の帰還』に挑戦してみてはいかがか。

次の