憲法 上 の 権利 の 作法。 裁判を受ける権利について|ノウハウノート

小山剛 「憲法上の権利」の作法 第3版(尚学社)

憲法 上 の 権利 の 作法

「「憲法上の権利」の作法」の特徴 本書は、慶應義塾大学の小山先生が執筆された人権論に関する基本書です。 本書の特徴は、その構成にあります。 すなわち、本書の構成は、「権利ごとの縦割りの構成ではなく、実際の憲法判断で踏まれる審査の段階に応じた、いわば横割りの構成」(初版あとがきより)となっており、三段階審査や下限統制・制度準拠審査といった論証の方法ごとに、人権論を学ぶことができます。 受験生の観点からみると、本書は、「答案を書く」という観点から知識を体系化するのに適しているといえるでしょう。 小山先生は、ドイツ流の三段階審査論を取られています。 三段階審査論は、保護範囲、制約、正当化という順序を辿る思考方法であり、その通りに答案に書くか否かを問わず、身に着けておくべき頭の使い方であると思います。 本書の前半は、この三段階審査論をわかりやすく解説しています。 他方で、三段階審査論はあらゆる場面で使えるものではありません。 三段階審査論が妥当しない領域については、別の論証作法を用いる必要があります。 本書の後半は、「もう一つの作法」として、下限統制・制度準拠審査を解説します。 こちらも合わせて読むことで、憲法上の問題点の把握が容易になるでしょう。 「「憲法上の権利」の作法」の評価は? 短答式対策において 本書は、短答式試験対策には全く向いていません。 取り扱っている範囲は、人権論に限られており、また情報の整理の仕方も、知識を詰め込むのには適していないからです。 本書は、論文対策にフォーカスした1冊であるといえます。 法科大学院入試対策において 法科大学院入試においては、憲法の答案の書き方がわからないという悩みをもった受験生が多くいると思われます。 本書は、憲法上の問題について、論証の作法を与えてくれるものであるため、本書に従って答案を書くことができれば、法科大学院入試においてはかなり有利になるものと思われます。 したがって、法科大学院入試対策として、本書はかなりおすすめできます。 司法試験・予備試験対策において 本書は、論文対策として非常に強力な書籍であり、司法試験・予備試験対策としてもおすすめできます。 もっとも、このレベルの受験生にとって、本書の内容は、憲法上の問題を検討するにあたっての前提として、ある程度理解していることが当然のものだと考えられます。 そうすると、使い方としては、本書を繰り返し読んで勉強するというのではなく、問題演習をする際に座右に置き、適宜確認するといったものになると思われます。 また、憲法の知識を学ぶためには、本書ではなく、スタンダードな基本書を使う方が適しているでしょう。 最終的には、本書の内容を知っていることは重要ではなく、作法に則って論述できるか否かが重要です。 本書は、そこに至るまでの足掛かりとして使うのがよいと思われます。

次の

「憲法上の権利」の作法 レビュー

憲法 上 の 権利 の 作法

憲法の意味に関しては多義的ですが,芦部信喜『憲法』(岩波書店,第6版・高橋和之補訂,2015)の「初版はしがき」の以下の記述に要約されているものと思われます。 「…憲法が,国家権力を制限し一定の権能を各国家機関に授権する法,制限し授権することによって人権を保障する法,であるところに本質がある点に思いを至し,そういう観点から憲法の意味やその現代における問題状況を検討し,国家権力の濫用から憲法を擁護するための制度的装置のあり方を探究する心がまえをもつことが,必要になろう。 」 また,同書「初版はしがき」では,大学で講義される憲法学について,以下のように述べ,解釈手法を示しておられます。 「…大学の憲法講義は,制度の枠組みの解説ではなく,その制度の沿革を探り,その趣旨,目的および機能を,それに関する諸々の見解の比較検討と対立しまたは絡み合う諸々の価値・利益の比較衡量とを通じて,具体的に明らかにし,一定の結論を導き出す論理構成の能力を養うこと,を目的にしているということである。 なお,下記ウィキペディアの「芦部信喜」では,上記で引用させて頂いた憲法学の第一人者である故・芦部信喜先生の学説を概観できます。 また,下記国立国会図書館HP「日本国憲法の誕生」では,日本国憲法の制定過程に関する概説と貴重な資料を展示・解説しています。 参考にして下さい。 また,司法試験及び予備試験の論文式試験の憲法の特徴として,その特有の設問形式を挙げることができます。 例えば,平成29年予備試験論文式試験憲法では,事例が示された後の設問文は,「甲(注:原告)の立場からの憲法上の主張とこれに対して想定される反論との対立点を明確にしつつ,あなた自身の見解を述べなさい。 」とされています。 この主張,反論,私見を論じさせる出題形式は旧司法試験にはなく,一部の例外を除いて,現行司法試験及び予備試験開始以来踏襲されております。 そして,この特有の出題形式に対応した解答方法の大筋は,下記法務省HP「平成22年新司法試験論文式試験問題出題趣旨」などに記載されておりますが,書き方について受験生を悩ますことが多いことから,憲法学習の初期段階からこの設問形式を意識し,また,ある程度学習が進んだ後には,答案練習会などで実践してみる必要があります。

次の

小山剛 「憲法上の権利」の作法 第3版(尚学社)

憲法 上 の 権利 の 作法

Contents• 憲法は鵺(ぬえ)?! 憲法ってどうやったらいい点数をとることができるのかよく分からなくてつかみどころがないと思っている方も多いのではないでしょうか。 かくいうロースクール時代の私もその一人で、「憲法上の権利の作法」とか、「憲法 解釈論の応用と展開」等の本を買ってはみたものの、全て読み切ることができず、結局憲法ってよく分からないと思っていました。 私のロースクールでは、卒業生の弁護士がゼミの指導をしてくれるという制度があったのですが、そこでお世話になった弁護士は、「憲法は鵺(ぬえ)だから難しいよね」と言っていました。 「鵺(ぬえ)」とは、もともと平家物語に出てくる謎の生き物で、頭はサル、体はタヌキ、尾はヘビ、四肢はトラで、トラツグミに似た陰気な声で鳴くそうですが、これが転じて正体のはっきりしないさまを表わすそうです。 確かに言い得て妙ですよね。 ですが、こんな憲法も基本の型さえマスターしてしまえば、あとはそれにそって知識をインプットして答案にアウトプットする練習を行えば必ず点数はついてきます。 憲法は答案の型がすべて 憲法は、その答案の型に沿って書くだけである程度の点数を取ることが可能になるので、型を理解してしまえば得意科目にすることも夢ではないですが、反対にいえば型を理解していなければつかみどころがなくて苦手だという意識を持ってしまう科目だと思います。 そして、この憲法の型とは、主に自由権の場合と、平等権の場合に分けられます。 自由権の場合 この場合は、いわゆる3段階審査論といわれる方法をベースにします。 その上で、権利の性質、つまり、その権利がどれだけ重要な権利であるのかを論証します。 例えば、直接規制なのか間接規制なのか、事前規制なのか事後規制なのか、刑罰によって担保された規制なのか人の履行を前提とする規制なのかなど、事案に応じて規制の程度を分析します。 確かに目的が必要不可欠かというのはともすれば個人の勝手な評価になってしまうので、目的と手段は別々に評価できるものではなく、相互に関連して論述できるとスマートかもしれません。 平等権の場合 メモが見つからないので、見つかり次第追記します。 インプット• 憲法(著: 芦部 信喜 )• 憲法事例演習教材(著: 渋谷 秀樹、 大沢 秀介、 渡辺 康行、 松本 和彦 ) 私は主に上記3つを使っていましたが、基本的知識のベースになる部分は芦部憲法に加えて伊藤塾の基礎マスターも一通り読みました。 ただ、基礎マスターは知識を取り入れるという意識で読むにはいいのですが、答案の書き方は司法試験向きではないので、知識だけ取り入れれば十分です。 また、3段階審査について理解すると、• 憲法上の権利の作法(著:小山 剛)• 憲法 解釈論の応用と展開(著: 宍戸常寿) の2冊についてもすんなり理解できるようになったので、さらに理解を深めるには最適だと思いますが、個人的には時間の制約もあるため必須ではないと思います。 アウトプット アウトプットについては、辰巳の答練が最も司法試験向きの練習になると思います。 というのは、辰巳の問題は司法試験の問題を予想して司法試験と同じ形式で出題されているのに加え、解説や参考答案が3段階審査に沿ったものになっているので、参考答案をみて答案の書き方をブラッシュアップしていくことができるからです。 答練のやり方は簡単で、一度2時間と決めて本番と同様答案用紙にすべての答案を書ききり、その後に解説をみて答案の書き方の流れを確認して自分の答案を見直し、知らなかった知識があれば自分のまとめノートにメモしておくだけです。 わからないのに2時間も答案に向き合うのは確かに苦行以外のなにものでもないのですが、司法試験本番では自分が知っている論点ばかりが出題されるとも限らず、自分が知っている知識をフル活用して何らかの解答をひねり出す必要があります。 普段からそのような練習をしていないと本番でいきなりひらめいて解けるということは起こりませんので、普段から答案を書く練習を怠らないことが重要だと思います。 まとめ 憲法って難しいと思われがちですが、コツを掴めば全く難しくはありません。 少しでも参考になれれば幸いです。

次の