ダンゴムシ イラスト。 子どもが自分でお世話できるダンゴムシの飼い方

だんご虫の飼い方や生態が分かる昆虫サイト!ダンゴムシ博士になろう [子供とインターネット] All About

ダンゴムシ イラスト

いろいろと簡単なダンゴムシの飼い方 生き物を飼うときには、いろいろと大変なことがあります。 食べ物をやって、掃除をするだけで、毎日、何十分もかかりますよね。 ダンゴムシの場合は、いろいろと簡単です。 準備 容れ物、枯れ葉 食べ物 枯れ葉、適当な残り物、水は容れ物を湿らす程度 掃除 ほとんどしなくて大丈夫 普段の世話は1日1分で終わります。 年中、年長の子どもだけでも、普段の世話をできるくらいです。 それでは、具体的に説明しますね。 準備が簡単 飼うためにいるもの ダンゴムシを飼うために準備するのは 容れ物、枯れ葉 この2つです。 長く飼うのであれば、 容れ物、枯れ葉、土、石 この4つです。 飼う場所の作り方 ダンゴムシを飼うのは、100均の小さな虫かごで十分です。 水が染みこまないものであれば、他の容れ物でも大丈夫。 小さくても良いので、子どもにも準備できます。 ダンゴムシは、ツルツルしたところは登れません。 フタが無くなっていても大丈夫です。 枯れ葉は、ダンゴムシを見つけた場所にあったものを入れましょう。 ダンゴムシが隠れる場所になります。 ダンゴムシのエサにもなります。 見つけた場所に枯れ葉がなければ、他の場所にあったものでも大丈夫です。 できれば、枯れ葉の下には、見つけた場所の土を入れます。 ダンゴムシが隠れるために、石も入れます。 ダンゴムシは、石などの下に入って冬眠するからです。 冬眠の準備は、他には特別に必要ありません。 うまくいかないと思ったら、寒くなる前に逃がしてください。 食べ物が簡単 ダンゴムシが食べるもの わりと何でも食べます。 枯れ葉だけだと、栄養が足りません。 試しに、 いろいろな食べ物を与えて、観察してみましょう。 食べ物は、腐る前に取り除きます。 食べ物を小皿に入れておくと、土の上に直接置くよりも腐りにくいです。 ダンゴムシには、カルシウムも必要です。 卵の殻を小さく砕いたものが、簡単です。 水のやり方 水は、霧吹きなどを使って、ケースの中を湿らせます。 ダンゴムシに直接かからないようにしましょう。 息ができなくなるからです。 夏や、乾燥しているときは毎日、乾燥してなければ、2~3日に1回で十分です。 子どもに任せきって、水浸しにならないようにしましょう。 掃除が簡単 枯れ葉を食べた後、葉のスジが残ります。 気になるなら、取り除きましょう。 フンは、たまりすぎたら取り除きましょう。 微生物が分解するので、ある程度は大丈夫です。 せまい場所に、たくさん飼っているのなら、すぐにたまります。 脱皮は難しい 他の生き物と一緒で、脱皮は命がけです。 脱皮してすぐは、体が柔らかいので、共食いされることもあります。 他のダンゴムシを、違う容れ物に移せば大丈夫です。 でも、脱皮自体がうまくいかないこともあります。 赤ちゃんは難しい ダンゴムシの赤ちゃんは、とても可愛いですよね。 でも、 赤ちゃんが大きくなるのは、難しいことです。 これも、他の生き物と一緒です。 特に、一度にたくさん赤ちゃんが産まれる生き物は、ほとんどが死んでしまいます。 命のことを学ぶために、あえてそのままにする 飼育ケースの中で、赤ちゃんの数がだんだん減っていきます。 私にはちょっと無理です。 できれば、赤ちゃんが産まれる前に、なんとかしたいです。 赤ちゃんが産まれる前に、他のケースに移す 赤ちゃんが産まれてからだと、とても難しいです。 小さすぎるから、捕まえられません。 卵があると、お母さんダンゴムシのお腹に袋のようなものができています。 最初は黄色っぽく、それから白っぽくなります。 できれば、 産まれる前に見つけて、他のケースに移しましょう。 赤ちゃんだけ他のケースに移したとしても、どうしても死んでしまいます。 でも、何匹かは、ちゃんと大きく育ちます。 命のことを学ぶためだとしでも、せめてケースを移しましょう。 赤ちゃんが産まれる前に自然に帰す 自然に帰しても、ほとんどが死んでしまうことは変わりません。 でも、少なくとも、目の前で見なくてすみます。 「広い世界の方が、隠れやすいから安全。 」 というように、子どもに言うことはできます。 すごく大きい容れ物で飼う 「広いところが安全」と言うのであれば、最初から大きい容れ物で飼いましょう。 赤ちゃんがどこにいるか分からないくらい大きい容れ物です。 観察することはできません。 「うまく隠れている。 」と言うことはできます。 オスメスを分けて飼う 赤ちゃんが産まれないように、最初からオスメスを分けて飼うことはできます。 一番分かりやすいのは、背中の模様を見ることです。 メスには黄色っぽい、斑点があります。 体の色は、オスの方が濃く、メスの方が薄いです。 まとめ 最後に赤ちゃんの話をしたので、難しい印象が残った気もしますが・・・ ダンゴムシの世話は、他の生き物に比べて、本当に簡単です。 準備 容れ物、枯れ葉 食べ物 枯れ葉、適当な残り物、水は容れ物を湿らす程度 掃除 ほとんどしなくても大丈夫 毎日の世話が大変だから、今まで生き物を飼わなかった人もいることでしょう。 ダンゴムシから始めてみては、いかがでしょうか。 逃がすのも簡単ですから。 他にも、子どもが興味を示しても飼うことがない生き物たちがいますよね。 もご覧ください。 にも、ダンゴムシのことを書いてあります。 最後まで読んでいただき、ありがとうございます。 「もっといろいろと知りたい」という方は、 や、このサイトの記事が一覧になったをご覧ください。 保育に携わるみなさんが 元気で明るく働けるよう 「保育塾」は3つの企画を行っています 「保育塾」のサイトをご覧のみなさん、講演やワークショップの依頼、お問い合わせ等をしていただき、ありがとうございます。 「保育塾」では、個人の方にも気軽に参加していただけるよう、 研修・ワークショップの一部を、無料で公開しています。 子どもの見取り• ねらいや内容• 保育者の援助• 指導要録・保育要録 主にこれらについて、1回10分から20分くらいの内容を、数回に分けてお届けします。 完全無料です。 自分のペースでOK。 途中でやめたくなったらやめてもOKです。 「やってみたい」「もう少し詳しく知りたい」という方は、 大阪の園より求人情報が届いています。 神奈川の園より求人情報が届いています。 既存の保育求人サイトや、ハローワークの条件には足りないものがあります。 みんなが知りたいのは給料や勤務地、表向きの労働時間だけではありません。 もっと知りたいのは、• 園の保育観• 勤めている人たちの価値観• 具体的に子どもに何を求めているか• 詳しい勤務形態 などです。 保育塾は、価値観の近い保育者と園が、互いに納得した上で働くことのできる仕組みを作りました。 保育塾は、 業者ではないので、料金は一切かかりません。 ただ、積極的な勧誘なども一切しませんので、気長に待てる方はご利用ください。 保育塾のサイトで「イベントの告知」「作品の宣伝」その他もろもろの情報発信をしてみませんか? 基本的に、掲載料はいただきません。 イベントの参加料や商品が高額の場合、また業者の場合は、相応の料金をいただきます。 保育に関するブログを書いている方、いませんか? 一緒に保育界を盛り上げていきましょう。 要望があれば、できる範囲でサポートさせていただきます。 保育所保育指針の解説を30分に一回程度つぶやきます。 指針の理解だけでなく子育てのヒントになりうる事が沢山あります。 保育士だけでなく、子どもに関わる全ての方に役立つと思います。 を是非フォローしましょう。 保育士必見。 保育所保育指針を配信している、のツイートを見てみましょう!! きしもとたかひろさん ツイートを見て、ファンになりました。 本当に子どもと真摯に向き合って、保育のことをすごく考えて、本気で「保育業界は変わらなければならない」と思って活動をしておられます。 あなたは「実習生に敬意を払って学ばせてもらう」って、思ったことありますか? この言葉を見て、その日のうちに掲載許可を頂いて、このコーナーを作りました。 ツイッターをしていない人も、ぜひ見てください。 固定ツイートの「きしもとさん」 どの立場から子どもを取り巻く世界を良くしていくかを、真剣に考えました。 いまの保育業界を本気で根っこから変えられる仕組みを研究しています。 みんなが子どもの可能性をとことん信じて、子どもにとって最善となる保育ができるよう、おもしろいことをしていきたいです。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 最近の「きしもとさん」 好きな手術がしたくてしょうがない医者と、患者に合わせた治療法を提案する医者のどちらがプロで信頼できるかと聞かれたら、一目瞭然だよね。 保育者がしたい保育ではなく、その子どもがなにを必要としているかを考えて保育ができたらいいよね。 その中の選択肢のひとつに自分の特技があったらいいよね。 — きしもとたかひろ 1kani1dai インタビュー記事がほいくライフさんで掲載です。 全3回です。 第1回はぼくの身の上話が中心なので誰が興味あるんだろう…と心配ですが、回を追うごとに面白くなっていくのでぜひ読んでもらえたら嬉しいです。 ライターさんの真摯さと熱量でとてもいい記事になっています。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 承認欲求が良くないことみたいに言われるけれど、それが欲しいと思っているなら今そういうコンディションってことだから「そんな自分はダメだ」って思って自己嫌悪になって身動き取れないくらいなら、目の前の承認欲求をまずは満たしてあげてエネルギー貯めて次に進めばいいと思う。 なんでもバランス。 — きしもとたかひろ 1kani1dai よく「仕事が遅いからサービス残業してもしょうがない」って聞くけど、僕らは労働時間に対価をもらっているから成果が出なくても怠慢や過失でなければ残業代は発生するし、時間内に仕事が終わらないのはマネジメントのせいだからあなたのせいではないし、そこんとこ管理職はちゃんとわかってないとね。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 自分で書いたコラムを読み返してる。 やっぱり自分のために書いているんだなあと実感する。 今日は昼出勤だったので、午前中に次の原稿をあげるつもりだったのに、昼前まで寝てしまった。 気持ちよかった。 電車に乗る前に買ったポカリを座席に置き忘れた。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 箸の持ち方が話題になっているようなので、一つの視点として読んでもらえたら。 — きしもとたかひろ 1kani1dai ある人が発した価値観や視点を見て「間違っている」と思ったとしても、それをその人の全てだと思わないようにしていたい。 みんなどこか間違っていて、その間違いも文脈や背景を知れば間違いではなかったりするから。 奥行きを想像できたらいいなと思う。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 主体性を尊重するうえでその子自身が「選択できる」ということが大切なんだけど、同時に「選択しない」という選択もあるということを知っておかなければならない。 自分で選ぶということをしんどいと感じる子もいるし、選ばないという選択肢も含めて尊重されて、その子は自分で選べるようになっていく。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 外した机に置いたりしないようにお願いしたところ、マスクを外さずにおやつを食べるための最適解を編み出した子がいたのでイラストにしておきました。 よかったら参考にしてください。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 傷つけようと思っていなくても誰かを傷つけてしまうことはある。 なにをどうしたって誰も傷つけないというのは難しいことなのだと思う。 けれど、どうせ傷つけてしまうからというのを言い訳にして傷つけるなら、それはもう故意だ。 どれだけ気をつけても事故は起こるけど、ハンドルは離さないでいようよ。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 原稿を書いてるときに「あ、これ次のネタに置いておこうかな」と思うけど、いや今思ってることなら今書いておこう次は次で何かしら書きたいこと出てくるだろうと思って書いちゃうからいつも長くなっちゃうんだけれど、次も読んでもらえるかわからないんだからそれでいいよね、と思って書いてますいま。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 「余裕がある」というのを「余っている」と認識してその余白を埋めてしまうと、今まで無理なくやっていたことでもうまくできなくなることが。 サボっているのではなく必要な時間。 できるのは人の質ではなく、たまたま余裕を持てる環境だから。 余裕があるからできている、というのを忘れないように。 — きしもとたかひろ 1kani1dai 私もツイッターやってます。 ツイッターで主に書いているのは、ブログで書いた記事の裏話や、全国で保育をしているみなさんとのやりとり、我が子の様子などです。 フォローよろしくお願いします。

次の

ダンゴムシの構造&体のつくりを徹底解剖

ダンゴムシ イラスト

ダンゴムシとは? ワラジムシ目に含まれる生き物で、昆虫類とは系統の違う分類です。 オカダンゴムシ科、ハマダンゴムシ科、コシビロダンゴムシ科の陸生のものがダンゴムシの仲間で、大きな特徴としては体を丸めることができます。 有名なものではオカダンゴムシがおり、一般的にダンゴムシを探した時に見つかるのはこの種類です。 自然の中では落ち葉などを食べて土に戻すのを手伝う分解者としての役割も担っています。 ダンゴムシの名前 ダンゴムシは体を丸めるその姿が「お団子」のように見えたので名付けられました。 ですから漢字で書いても「団子虫」です。 他にも地域によっては、マルムシ、タマムシ、ボールムシなどと呼ばれることもあるようですが、ダンゴムシという名前が一般的にも浸透しています。 ダンゴムシは英語で「pill bug、roly poly」 ダンゴムシは英語で「pill bug」や「roly poly」と呼ばれているようです。 丸くてコロコロしているとkろから呼ばれているみたいですね。 「wood louse」などとも呼ばれますが、これはダンゴムシだけでなくワラジムシの仲間なども広く含めた呼び方になります。 (ちなみに複数形になると「wood lice」となります。 ) ダンゴムシの学名はアルマジロから オカダンゴムシ属の学名は「Armadillidium(アルマディリディウム)」となっていますが、これはアルマジロが由来になっています。 ちなみにアルマジロの語源は「アーマード(武装した)」というスペイン語からきています。 ダンゴムシにも色んな種類がいて「科」のレベルでは「オカダンゴムシ科」「ハマダンゴムシ科」「コシビロダンゴムシ科」などに分けられています。 オカダンゴムシ科には、オカダンゴムシやハナダカダンゴムシなどが知られています。 ダンゴムシの特徴や生態 オカダンゴムシは普段は落ち葉などを食べて生活していますが、植物に登って葉っぱを食べたりもするようですね! このときは小雨が降っていて、空気も湿り気味だったので活動もしやすかったのだと思います。 ダンゴムシの特徴は丸くなるのが一番ですが、野外ではどんな風に生活しているのでしょう? ダンゴムシは乾燥が苦手で、湿度の高いところを好み、物陰に隠れて生活をしています。 落ち葉や石の下などです。 落ち葉などの餌になるものを食べて生活していますが、小雨が降ったり雨上がりなどは植物などにも登って食事をしたりもします。 花壇の花にも登って花びらを食べているのを見たこともありますよ。 5月頃からダンゴムシは交尾を始め、梅雨の頃には赤ちゃんダンゴムシが見られるようになってきます。 夏場は乾燥に弱いこともあって、活動は控えめですが、秋で少し冷えてきても陽が差す温かい日には活動しているのを見かけます。 冬は落ち葉の下や枯れ葉の下などの良い場所を見つけて越冬しています。 昼間に丸太をひっくり返すと、ダンゴムシがくぼみのところに収まっていた。 ダンゴムシの節はいくつある? ダンゴムシの体はたくさんの節に分かれていますね。 一体いくつの節にわかれているのでしょう? 答えは「14節」にわかれています! たくさんの節に分かれているから丸まれるのか!といえばそういうわけでもなく、丸まることのできないワラジムシも14節に分かれています。 ちなみに内訳としては「頭部で1節、胸部で7節、腹部で6節」にわかれています。 脚の数も胸部の7節に合わせて7対ありますので14本です。 マンカ幼生 生まれたてのダンゴムシの赤ちゃんは「マンカ幼生」と呼ばれ大人のダンゴムシとは少し異なります。 胸部の節は6つしかなく、脚も6対しかありません。 最初の脱皮を行うと大人のダンゴムシと同じ胸部7節、脚7対になります。 オスとメスの違い オスとメスは交尾器の有無で判断します。 ダンゴムシは小さいし丸まると見えないので判断が難しいですね。 オカダンゴムシの見分けで簡単なものとして、ねずみ色で模様の少ないのはオスで、黄色いまだら模様の入ったものはメスの可能性が高いです。 オカダンゴムシは模様や色彩の変化の大きな種類なので確実ではありませんが、ざっくりと見分けるには充分かと思います。 しかし、これは一般的なオカダンゴムシの特徴で、他の種類のダンゴムシではオスとメスで顕著な変化のあるものは少なく、交尾器の有無で判断しないといけません。 他には求愛行動を観察すると、ダンゴムシの上にダンゴムシが乗っていることがあります。 オスはメスの上に乗って交尾の機会を伺いますので、上に乗っているのがオスで下でじっとしているのがメスです。 丸まろうとしています。 ダンゴムシの寿命 飼育下では5~6年ほど飼育されていた記録があります。 想像以上に長生きですね! 野外では外敵も多いのでそこまで生きるダンゴムシは少ないかもしれませんが、それでも越冬を繰り返し数年は行きているダンゴムシはたくさんいると思います。 ダンゴムシの豆知識 ヨーロッパからやってきた! よく見るオカダンゴムシは実はヨーロッパから渡ってきたとされています。 ですから、日本でもダンゴムシが一般的に認知されてきたのは昭和以降とされています。 日本在来のダンゴムシもいるのですが、分布が限定的で有名ではなかったようです。 触角は二対ある!? 昆虫の仲間では触角は1対しかありません。 しかし、ダンゴムシは2対の触角を持っています。 第1触角と第2触角に分かれているのですが、その役割が異なります。 第1触角はとても小さく一見するとどこにあるのかわからないのですが、ニオイを感知するセンサーになっています。 第2触角が普段目にする触角です。 動かしながら周りの状況を確認する物理探知のアンテナになっています。 アゴが強力 小さなおちょぼ口ですが、アゴは固く発達してペンチのように硬い餌でもかじります。 しかし、好きな餌は柔らかいものが多いグルメさんです。 壁も登れる脚の爪 小さいながらに発達した爪は、先端は鋭い爪で裏側にはブラシ状の細かな毛がたくさん生えています。 この脚の構造でコンクリートの壁を登ったり、枝に宙吊りになって落ちることもありません。 鋭いと言っても手に乗せても全く痛くはありませんし、私達からすると筆でなでられた程度のものです。 野外では壁や木を登ったりもしますが、飼育環境ではプラスチックやガラスの壁は登れないので安心してください。 半分色が違うのは脱皮を前半分と後ろ半分の二回に分けて行うからなのです。 メスは卵のせいで丸まれない ダンゴムシのメスはお腹に保育嚢(ほいくのう)と呼ばれる袋があり、その中に卵を生みます。 一ヶ月ほどで孵化(ふか)した赤ちゃんダンゴムシはまだしばらく保育嚢の中で過ごします。 さらに一ヶ月ほどで保育嚢を破って赤ちゃんダンゴムシは外に出てくるのですが、この間は卵や赤ちゃんが邪魔になってメスは丸くなることができません。 ちなみに保育嚢が破られても体には傷一つつかないのでメスはピンピンしています。 青いダンゴムシがいる これは、イリドウイルスという病原菌に感染したダンゴムシなのです。 実は病気のせいで体が青くなっているのですが、見た目には綺麗です。 残念ですが、病気ですので1~2ヶ月以内には死んでしまうことが多いようです。 人に感染するようなものではないので触っても大丈夫ですが、同じダンゴムシには感染するかもしれないので飼育する場合は別のケースで育ててあげましょう。 白いダンゴムシもいる 白いダンゴムシはアルビノと呼ばれ、メラニン色素を持たない突然変異体です。 数万匹に一匹程度見つかるそうですが、遺伝もするようでアルビノとアルビノをかけ合わせるとたくさんのアルビノ個体が生まれてきたりするようです。 アルビノのダンゴムシは全体が白い姿ですが、目だけは赤くなります。 ダンゴムシを飼育してみたい! ちゃんと丸くなります。 丸い状態でラップされてガチャガチャから転がって出てきますよ! ダンゴムシのイラストや絵を探したい ダンゴムシは可愛いのでちょっとした挿し絵や、資料の端っこに入れておくと可愛いものになりますね。 イラストACというサービスではたくさんのイラストを無料でダウンロードできます。 登録は無料なので好きなイラストを探してみてください! 「ダンゴムシ 団子虫」などで検索してみましょう。 ダンゴムシの偽物イラストもあるので注意してくださいね! このページで勉強するとダンゴムシの特徴はマスターできていると思います。 例えば・・・上の画像の右下に入るダンゴムシのようなものは脚が多すぎますね!偽物です(笑) これらのイラストは無料で登録すると無料でダウンロードできますよ。 ダンゴムシに近い種類も見てみる!.

次の

ダンゴムシ

ダンゴムシ イラスト

ダンゴムシの構造&体のつくりを徹底解剖 ダンゴムシの体のつくりは、わたしたち人間とは見るからに違うし、昆虫とも違います。 甲殻類とはいえ、エビやカニとも似ていません。 しかし、人間とサルの体の構造が似ているように、実はエビやカニの構造とダンゴムシの構造とには隠された共通点があるのです。 甲殻類の体のつくり ダンゴムシは甲殻類ですから、まずは甲殻類の体のつくりを簡単に解説したいと思います。 体節と付属肢で構成されている 甲殻類の体のつくりは、簡単にいうと 体節と付属肢から構成されています。 甲殻類の模式図 体節とは胴体を形づくっている1ブロックを指し、付属肢とは各体節から出ている 1対の器官のことで、だいたい関節を持っていて動きます。 具体的には脚や触角などが付属肢にあたります。 体節は生き物の種類によって、癒着していたり退化や消失していたりするので、起源的な構造は同じでもその形態はさまざまです。 いくつかの体節によって頭部、胸部、腹部、そして尾部などに分けられ、体全体を構成しています。 エビの体のつくり エビやザリガニの場合は頭部が大きく見えますが、付属肢である脚が複数出ているので、いくつかの体節が癒着したものだということがわかります。 腹部は各体節に腹肢と呼ばれる付属肢が出ています。 しっぽは少し退化して小さいですが、尾の両脇に尾肢という付属肢が出ている構造になっています。 カニの体のつくり カニの場合は、エビがしっぽを丸めた状態のように、常にお腹を折っている状態になっています。 つまり、口の下に尾の先がある状態です。 これを開くとエビと同じように腹肢が見えます。 このように、一見すると違うようでも、甲殻類は構造的には大体同じで、ダンゴムシもエビやカニと構造的には大きな違いはないのです。 ダンゴムシの体のつくり ダンゴムシの体のつくりも、体節と付属肢から構成されています。 体形はどちらかというとエビ、丸まるとカニに似ています。 14の体節から構成 ダンゴムシの体のつくり ダンゴムシの体は 14の体節が連なっているつくりになっています。 頭部(1)は1節から構成されていて、裏側には触角や口、表側には目が付いています。 胸部(2〜8)は7節から構成されていて、各体節に1対ずつ脚が付いています。 腹部(9〜13)は5つ、尾部または腹尾節(14)は1節から構成されています。 腹部には腹肢、尾部には尾肢が付いて、腹肢は生殖器官や、白体または擬気管と呼ばれる呼吸器官となっています。 頭部 目の付いている体節がダンゴムシの頭部です。 いくつかの体節が癒着したものと考えられていて、頭盾(ヘッドシールド)というかっこいい名前も付いています。 ダンゴムシの頭部 目 頭部の背中側には複眼が2つ付いています。 ダンゴムシは結構なつり目ですが、不思議とかわいい印象を帯びています。 個眼の数は数十個とのことですが、トンボが2万個だということを考えると、ダンゴムシは非常に 目が悪い生き物だといえそうです。 エビのように目には柄が付いていませんが、これはほかの甲殻類とは違う等脚類の特徴のひとつです。 触角 ダンゴムシの 触角は実は2対あって、それぞれ 第一触角と第二触角と呼ばれています。 わたしたちの見ている長い触角は第二触角で、第一触角は非常に小さく観察が難しいほどです。 触角は空気中に漂う物質を感知する嗅覚と、空間に存在する物質を感知する触覚の役割があり、 第一触角は主に嗅覚、第二触角は嗅覚と触覚を担っていると考えられています。 第一触角は書籍などの写真を見ても、ダンゴムシを生で凝視しても、正直どれだろうと思っていましたが、「」さんので画像が掲載されていました。 触角に限らず、こちらのブログは専門的でとても詳しいので、ダンゴムシ初心者を脱したい方は必見です。 口 ダンゴムシの口は人間のように上下ではなく、クワガタのあごのように左右に動く構造で、形状もクワガタのメスのあごに近いかもしれません。 食事を観察していたら粘液のようなヌラヌラしたものが見えたことがありましたが、これはもしかしたら唾液か、見間違いかもしれません。 糸のように細くしたかつお節を与えると、みるみるうちに口を使って体内に取り込む様子が観察できるのでオススメです。 胸部 わたしたちが背中と呼んでいる部分は、実はダンゴムシの胸部です。 7節が連なっている ダンゴムシの 胸部は7つの体節が連結している単純な構造になっています。 この7つの体節にそれぞれ1対の脚がくっついています。 ダンゴムシの胸部(右が頭部) 保育嚢 メスの胸部の裏側には保育嚢と呼ばれるカバーのようなものがあります。 育房とも呼ばれ、産卵後に 赤ちゃんは孵化して脱皮する前までここで待機することになります。 出てくるときは保育嚢を破って出てくるので、あたかも母親のおなかを食い破って生まれてくるかのように見えますが、母親は無事です。 ダンゴムシの保育嚢 腹部と尾部 腹部と尾部は、胸部よりも細い体節が6つ連なった構造になっています。 ダンゴムシのおしり 偽気管(白体) オスもメスも裏面には偽気管(または白体、擬気管とも)と呼ばれる器官が、オカダンゴムシでは2対、計4個(遠目では1対2つに見える)あります。 偽気管は腹肢が発達したもので、陸生であるダンゴムシが陸上で 呼吸をするための器官になっています。 甲殻類だからエラ呼吸だと勘違いされやすいですが、ダンゴムシはこの器官(と皮膚)で呼吸していると考えられています。 偽気管は長時間濡れていると呼吸できなくなり、また乾燥しても呼吸できなくなるとのことで、かなりデリケートな器官のようです。 きり吹きするときには注意しましょう。 ダンゴムシの偽気管(白体) 交尾器 裏面は、メスはきれいに割れた腹筋のように見えますが、オスは管のような交尾器が目立ちます。 ダンゴムシのオスの交尾器 しっぽ 最後尾の体節はかなり退化して小さいですが、起源は尾のようです。 よく見るとエビの尾と同じように、左右に尾肢が付いているのがわかります。 水中で移動するには役立ちそうな尾ですが、陸生であるダンゴムシにはなくても良かったのでしょう。 人間でいったら足の小指のようなものかもしれません。 背中 ダンゴムシの背中は鈍い光沢を放ち、オスは独特の青味を帯びた灰色、メスは黄金の斑紋を帯びています。 ダンゴムシの背甲 クチクラ層 ダンゴムシのアーチ状の背中はキチン質を含むクチクラという層が硬い表皮をつくり、水分の蒸発を防いでいます。 また、丸まると全方位がこの硬い層に覆われることになり、ダンゴムシ特有の高い防御力を発揮することになります。 つなぎ目 ダンゴムシの背甲のつなぎ目は、瓦屋根のように少し入り組んで重なっていて、仲間であるワラジムシやフナムシよりも体内の水分が蒸発しにくい構造になっているとのことです。 脚 昆虫類は別名を六脚類、エビやカニなどのメジャーな甲殻類は十脚類と呼ばれますが、ダンゴムシは十四脚類とは呼ばれず、等脚類と呼ばれます。 脚の数 ダンゴムシの脚は胸部の体節に1対ずつ付いている構造になっているので、 全部で7対、計14本あります。 参考写真では、1〜7が脚、Aは触角、Bは尾肢です。 オスのダンゴムシの裏側(亡くなった個体なので少し乾燥が進んでいます) 生まれたてのダンゴムシは左右に6本ずつ計12本しかありませんが、(2度目の)脱皮を経て14本になります。 つまり、ダンゴムシは子どもと大人では脚の数が異なる生き物なのです。 ダンゴムシの赤ちゃんの脚 すね毛 1本の脚はいくつかの節からつくられています。 先の方のいくつかの節の内側には毛が生えていて、ブラシのようになっています(すね毛が濃い) ダンゴムシの脚の毛 脚の先端のつくりは爪のように尖っていて(参考写真ではすり減ったのか丸く見える)、これらのおかげで垂直面を登ったり、また逆さまになることができるようです。 また上からつまみ上げようとすると地面にしがみついてなかなか取れません。 地面が砂利などの場合につまみ上げると高い確率で小石も一緒に採れます(抱いてくるので) こんな爪で触られると痛そうですが、実際にはなんともいえないむず痒さを楽しむことができます。 節足動物の脚の数 主な節足動物の足の数 節足動物門にはダンゴムシの属する軟甲綱のほかに昆虫綱やムカデ綱、ヤスデ綱、クモ綱などが含まれています。 昆虫類は六脚類と呼ばれることもあり、名前の通り3対6本の脚を持っています。 ムカデやヤスデは多足類とも呼ばれ、種にもよりますが数十の脚を持っています。 クモ綱に属するクモやダニ、サソリなどは4対8本の脚を持っています。 なおサソリのハサミはダンゴムシでいうと触角に当たるようで、4対8本の脚と1対2本のハサミを持っています。 軟甲綱にはダンゴムシの属する等脚目のほかに、有名な十脚目が属していてザリガニやエビ、カニなどが含まれています。 名前の通り基本的には5対10本の脚を持っています。 こちらのハサミはサソリとは異なり第一脚が発達したものなので、ハサミを含めて10本になります。

次の