きのこ 卵 スープ。 旨味たっぷり!きのこスープのレシピ24選【和風/コンソメ/ポタージュ】

きのこスープダイエットの方法は?ローカロリーなレシピもご紹介

きのこ 卵 スープ

実際、きのこの100g当たりのカロリーは20kcal程度です。 和食や洋食、中華料理と、さまざまなテイストの料理とも相性が良いので、ダイエット中に食べ応えをアップする、かさまし用の食材としても活躍してくれるのがきのこです。 お通じが改善されれば、ウエストのサイズダウンも叶えてくれるだけでなく、溜めこんでいた老廃物も排出することができます。 デトックスすることで、むくみ解消や代謝アップも期待できますね。 ビタミンやミネラルは、代謝アップだけでなく、体やお肌の調子を健やかな状態に保つためには欠かせない栄養素ですので、美しく健康的に痩せたい方はぜひ取りたい栄養素ですね。 また、スープによって体が温められるので、血行やリンパの流れの改善をサポートして、代謝アップにもアプローチしてくれます。 きのこスープダイエットの方法 きのこスープダイエットのやり方は、1日に200g程度のきのこを入れたスープを食べるだけです。 食前に食べれば、血糖値が上がりにくくなりますので、脂肪を溜めこむ原因になるインスリンの分泌を抑えることができます。 また、きのこスープによってお腹が満たされるので、その後のおかずや主食の量を減らしやすいですね。 また、食事をきのこスープに置き換えるのもおすすめです。 ローカロリーで低糖質の野菜でかさましをするのがおすすめです。 また、筋力をアップする際に欠かせないタンパク質を多く含む食材もプラスしたいですね。 脂身の少ない赤身の肉、鶏のムネ肉や卵、大豆や豆腐などがおすすめですよ。 さらに、冷凍したきのこを煮ることで、キノコキトサンを摂取しやすくなります。 したがって、あらかじめ冷凍しておいたきのこをスープに使用しましょう。 きのこスープダイエットでおすすめのきのこの種類 きのこには、さまざまな種類があり、それぞれ含まれている栄養素にも違いがありますので、目的に合わせて選びたいですね。 複数のきのこを組み合わせれば、飽きにくいですよ。 疲労回復に役立つビタミンB1も含まれているのがメリットです。 ただし、加熱によって栄養が失われやすいので、きのこスープに入れる場合は煮込み時間は短くしましょう。 また、アルコールの分解や脂肪燃焼に役立つオルニチンも含まれているのが魅力です。 カルシウムの吸収を促進するとされているビタミンDや、むくみ解消に欠かせないカリウムも豊富に含まれているのがメリットです。

次の

ニラときのこ、卵のスープでスピードクッキング

きのこ 卵 スープ

スープは、食卓に欠かせない料理の一つ。 煮込むことで、肉や魚、野菜などの具材が柔らかくなり、スープに旨味が溶けだします。 具材が溶けるくらいに煮込んだり、具だくさんでをボリューミーなスープもたまりませんよね。 旬の素材を入れて作れば、栄養も満点、季節を楽しめる一皿になりますよ。 スープに溶けだした栄養分を逃すことなく、効率よく摂取できるのもスープの嬉しいところ。 この記事では、スープの基礎知識に加え、卵スープ、トマトスープ、オニオンスープ、かぼちゃスープ、クリームスープ、冷製スープにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 スープについて 「理想的な食事は一汁三菜」というように、スープは食卓に欠かせない料理の一つ。 肉や魚、野菜などを一緒に煮込むことで、素材は柔らかくなり、食べやすくなります。 消化吸収にも良いことから、赤ちゃんから高齢者まで、体調がすぐれない時にもおすすめの料理。 通常、熱を加えると食材の栄養分が流れ出てしまいますが、スープなら流れ出た栄養分も一緒に摂れますよ。 スープの食文化は、世界中に根付いていて、日本では味噌汁、イタリアはミネストローネ、フランスはブイヤベース、ロシアはボルシチ、韓国はサムゲタン、タイはトムヤムクンというように、様々な種類のスープがその土地に合わせて発展してきました。 包丁いらずな簡単レタス&卵スープの作り方です。 レタスはサラダや付け合わせなど、生でしか使ったことがないという人が多いのではないでしょうか。 このレシピでは、レタスをさっと加熱することで、シャキシャキ感が残り、ふわふわの卵との相性もバツグン。 卵は鍋に入れて、少し固まってきたところを混ぜるとふわっと仕上がりますよ。 最後に、ごま油を回しかけると中華風の風味豊かなスープになります。 レタスが余った時におすすめ。 えのきとしめじが入った卵の中華スープのレシピ。 きのこは火の通りが早いので、あっという間にできる一品。 きのこは、1種類よりも複数入れると、より旨味が出てGOOD。 卵は火を通し過ぎないようにして、ふわっと仕上げましょう。 火を止めてから、ごま油を回しかけると、芳ばしい香りが広がり、食欲をそそります。 いりごまを少し加えると、さらに香りがUP。 寒い季節。 体も心もホッと温まる熱々のシチューが恋しくなりますよね。 日本発祥で優しい味わいが魅力のクリームシチューと、ちょっぴり贅沢な気分になれる洋食代表のビーフシチュー。 実はどちらも、ちょっとした工夫で簡単にプロの味に近付きます。 さらに、手軽で豪華に見えるリメイクメニューが豊富なところも手作りシチューの嬉しいところ。 この記事では、シチューの基礎知識に加え、クリームシチューのレシピ、ビーフシチューのレシピ、クリームシチューのアレンジ、ビーフシチューのアレンジにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の

きのこスープ鍋 レシピ 栗原 はるみさん|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

きのこ 卵 スープ

【材料】• しめじ 50g• 乾燥わかめ 5g• 卵 1個• 水 400cc• 鶏がらスープの素 小さじ2• 醤油 小さじ1• すりおろし生姜 少々• ごま油 適量 【作り方】• 水、鶏がらスープの素、醤油、すりおろし生姜を鍋に入れて火にかけ沸騰させます。 石づきを落としてほぐしたしめじ、薄い輪切りにした長ねぎ、水で戻しておいた乾燥わかめを加えてひと煮立ちさせます。 弱火にして水溶き片栗粉を回し入れ、とろみをつけます。 菜箸を伝わせながら溶き卵を回し入れ、ごま油を回しかけます。 器に盛り付けて出来上がりです。 【材料】• ブロックベーコン 50g• マッシュルーム 50g• しめじ 50g• 椎茸 2枚• 舞茸 50g• 塩 少々• コショウ 少々• 水 100cc• 顆粒コンソメ 小さじ2• 牛乳 300cc• 粉チーズ 大さじ1• バター 10g• オリーブオイル 大さじ1• パセリ 適量 【作り方】• 鍋にオリーブオイルをひいて熱し、薄くスライスしたベーコンと玉ねぎを入れてよく炒めます。 玉ねぎが透き通ったらマッシュルーム、椎茸、しめじ、舞茸を加えて炒め、塩コショウとバターを加えます。 きのこがしんなりしたら一度火を止め、水とコンソメを加えて3分程度中火で煮ます。 牛乳を加えて沸騰する直前まで温め、火を止めて粉チーズで味を調えます。 器に盛り付け、パセリを散らせば出来上がりです。 【材料】• スライスベーコン 80g• 玉ねぎ 1個• トマト 1個• しめじ 1パック• にんにく 1片• 卵 2個• 顆粒コンソメ 大さじ2• 乾燥パセリ 適量• オリーブオイル 適量• 水 1リットル 【作り方】• 鍋にオリーブオイルをひいて熱し、櫛切りにした玉ねぎと刻みにんにく、分量外の塩を加えて炒めます。 食べやすい大きさに切ったベーコンとしめじを加えてさらに炒めます。 しめじがしんなりしたら水を加え、沸騰したら角切りにしたトマトを加えます。 アクを取り除きながら煮込み、コンソメ、塩、砂糖を加えます。 溶き卵を加えて菜箸でざっと混ぜます。 器に盛り付け、パセリを散らせば出来上がりです。

次の