カレイ の 煮付け 殿堂 入り。 煮付けの定番!カレイの煮付けのレシピ/作り方:白ごはん.com

煮付けの定番!カレイの煮付けのレシピ/作り方:白ごはん.com

カレイ の 煮付け 殿堂 入り

Sponsored Link ガッテン カレイの煮付け(煮魚)の材料• 魚の切り身 2切れ(約200g)• 水 150ml• 酒 50g• 砂糖 20g• しょうゆ 20g ガッテン カレイの煮付け(煮魚)の作り方• 煮魚の下準備 バットに塩をたっぷりとふりカレイの切り身(お好みの切り身魚)を乗せます。 切り身の上から塩をふり10分置きます。 (魚から余分な水と魚の臭みが出て美味しくなります。 10分後、バットにお湯を注ぎ入れ、塩を洗い流します。 煮魚を作る。• 魚の皮に包丁で切れ目を入れる。 (中骨にあたるくらいの深さまで切り込みを入れる。 魚の切り身がぴったり収まるくらいの小さめの鍋に切込みを入れた魚を入れ、水 150ml、酒 50g、砂糖 20g、しょうゆ 20gを入れ落とし蓋をして強火にかけて、煮込みます。 沸騰して泡立っても強火のまま3分半加熱する。 (吹きこぼれそうな場合は少し火力を弱めますが泡が消えない程度にする。 3分半後、魚の切り身を取りだし器に盛り付ける。 鍋に残った煮汁を好みの濃さに煮詰め、魚の上からかけて完成。 ガッテンより。 強火3分半で出来る煮魚の作り方 — テレビ番組ブログ yonta24blog まとめ 煮魚は長時間じっくり煮込んで味が染みると思いがちですが何時間煮込んでも味が染みるわけではないそうです。 落としフタをして強火でしっかりと煮汁を対流させることで短時間で美味しい煮魚が作れるとのこと! 目からうろこというか強火で煮込んでいいのか?って納得です。 是非参考に美味しい「煮魚」を作ってみてください。

次の

煮付けの定番!カレイの煮付けのレシピ/作り方:白ごはん.com

カレイ の 煮付け 殿堂 入り

魚屋をやっていると、お客さんから「魚をおいしく煮るコツ」をよく聞かれるのですが、「焼き魚の方が簡単で煮魚は難しそう」という方、とっても多い気がします。 そんなみなさんに朗報! じつはですね、煮魚の方が簡単なのです。 焦げや生焼けに注意しなければいけない焼き魚よりも、悩ましくない! ちょっとしたコツさえつかんでしまえば、おいしい煮魚が思いのほか簡単にできるんです。 そのポイントを、切り身魚を使ってお伝えしていきますね。 ちなみに、本日ご紹介する我が家の煮魚は、 母から教えてもらったコッテリタイプ。 これが白飯にもお酒にも最強に合うのです! 魚屋三代目の「おいしい煮魚のコツ(切り身魚編)」 【材料】1~2人前• 魚の切り身(今回は銀ダラ) 2切れ• 葉物野菜(添える用、今回は菜花をゆでました) お好みで• 醤油、みりん、砂糖 大さじ3• 酒(日本酒) 大さじ1• 水 50ml 作り方 【ポイント1】煮汁の調味料は最初に作る まずは鍋(ふた付きのもので)に醤油、みりん、砂糖、酒を入れてから点火し砂糖が溶けるまでよく混ぜ合わせ、 さらに、水を入れて一煮立ちさせ、 それから魚の切り身を入れます。 水は煮る時間の調節用、と考えてください。 【ポイント2】火加減は中火で6分、落としぶたで煮汁を対流させる 写真のように深い鍋の場合(このくらいの深さのものが多いかも)は、アルミホイルなどで落としぶたをしてから鍋のふたをするといいでしょう。 煮汁が対流して切り身を覆うように煮ることができます。 鍋が浅い場合は、ふたをするだけでOK。 大きく厚い切り身でも8~9分、つまりは、たいてい10分以内で煮上がるということ。 それ以上煮てしまうと身が硬くなったり、パサついたりしてしまうんです。 (今回は6分ほど煮るのに水を50ml。 9分前後煮る場合はさらに大さじ1~1半程度加えてみてください) 皿に盛りつけ、残った煮汁をかけたら、お好みで葉物野菜などを添えて完成です! お好みは白身の魚? 青魚?• 煮汁は先に作り、煮汁が煮立ったら魚を入れる• ふた、または落としぶたをして中火で6分煮る この2つのポイントをおさえれば、ふっくらおいしい煮魚に仕上がります。 ちなみに、みなさんがお好きなのは白身の魚の煮付けでしょうか、それとも青魚? 白身だと、今回の銀ダラや銀ムツ(メロ)、カレイや金目鯛などがおなじみ。 青魚だと、イワシやアジ、サバ。 サバは味噌煮の割合が多いかな? 青魚はクセがあるので生姜(1~2人分煮るのにひとかけ、チューブ生姜なら4~5cmくらい)を入れるのがオススメです。 今度はこの煮魚応用Ver. で、定番のサバの味噌煮をコッテリおいしく仕上げるコツなどご紹介したいです!.

次の

最高級のスーパー TH

カレイ の 煮付け 殿堂 入り

カレイの煮付けの下ごしらえ カレイは頭を落として、1切れ100gほどになるように切り分けたものを用意します。 また、生姜は皮をむいて繊維をたつように薄切りにし、ねぎは4〜5cm幅に切っておきます。 1尾250gだったので、2尾分をそれぞれ半分に切って合計4切れで煮付けることに。 ここでは4切れのカレイとねぎを入れた時に、ちょうどまんべんなく広がるサイズのフライパンを使用。 煮付けに使う鍋が決まれば、鍋に調味料(醤油、みりん、酒、砂糖)と水を加え、生姜の薄切りを加えてから火にかけます。 カレイを入れた後は、ねぎの白い部分をカレイと鍋の間に入れます。 それからカレイの上に落し蓋を落とし、少なめの煮汁がカレイ全体にいきわたるようにします。 なければアルミホイルなどを切って丸く形づくって使うとよいです。 火加減は中火〜中火より少し弱めの火加減にして5〜6分煮ます。 (落し蓋orアルミホイルの下で、煮汁がしっかりと沸いている状態を保ちましょう。 これはつまり、頭を出したカレイの上部にも煮汁がいきわたって、美味しく煮上がるということ!)•

次の