オカメ 納豆。 注目の納豆菌「S

注目の納豆菌「S

オカメ 納豆

マウスを使った実験によって、 スーパー納豆菌「S-903 納豆菌」がインフルエンザウイルスの増殖を抑制し、感染後にも体内での抗体生産量を高める効果があると確認されました。 また、その関与成分としては「S-903 納豆菌」と「S-903 納豆菌」が大豆を発酵させることでつくりだされる 納豆の糸成分の可能性が示唆されました。 スーパー納豆菌「S-903 納豆菌」に、ノロウイルス予防効果があることを確認 ノロウイルスに感染させる3日前から7日後まで、マウスに「S-903 納豆菌」でつくられた納豆あるいは「S-903 納豆菌」を与えてノロウイルス量を測定し非摂取(蒸留水)の感染マウスと比較しました。 ノロウイルスは小腸に感染して腸管上皮細胞で増殖します。 実験の結果、「S-903 納豆菌」でつくられた納豆、「S-903 納豆菌」を摂取したマウスは、非摂取のマウスに比べて、ノロウイルスの量が大きく抑えられていることがわかりました。 この実験によって、「S-903 納豆菌」にはノロウイルス発症の予防と、感染後の症状を軽減する効果が期待できることが確認されました。 「S-903 納豆菌」の毎日の摂取で、大人風邪(ライノウイルス)予防効果が高まることを確認 ライノウイルスに感染させる7日前からマウスに、「S-903 納豆菌」でつくられた納豆あるいは「S-903 納豆菌」を与え、12週にわたって血液中の中和抗体の値を測定しました。 中和抗体は、ライノウイルスの毒性・感染力などの活性を減退あるいは消失させる抗体で、値が高いほど抗ライノウイルス効果が高く、ライノウイルス量を減少させることができます。 実験の結果、 「S-903 納豆菌」でつくられた納豆、「S-903 納豆菌」を摂取したマウスは、非摂取(蒸留水)のマウスに比べて、中和抗体価が明らかに高いことがわかりました。 この実験によって、「S-903 納豆菌」にはライノウイルスの予防や感染後の症状軽減に効果があることが確認されました。

次の

注目の納豆菌「S

オカメ 納豆

すごい納豆 S-903• 添付品 乳酸菌入りたれ(4. 8g)・からし(0. 6g)• JANコード 49-01160-016442• 販売エリア 北海道エリア 東北エリア 関東・甲信越エリア 近畿・北陸・東海エリア 中四国エリア 九州・沖縄エリア• 納豆菌と乳酸菌のWサポートで毎日の生活を応援します。 原材料名 丸大豆(アメリカ又はカナダ)(遺伝子組換えでない)、米粉、納豆菌、(一部に大豆を含む) たれ[ぶどう糖果糖液糖、しょうゆ、食塩、砂糖、煮干エキス、醸造酢、乳酸菌粉末(殺菌)、昆布エキス、鰹節エキス/調味料(アミノ酸等)、アルコール、増粘剤(キサンタン)、(一部に小麦・大豆を含む)] からし[からし、醸造酢、食塩、植物油脂/酸味料、着色料(ウコン)、ビタミンC、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、香辛料、(一部に大豆を含む)] アレルゲン物質 小麦 大豆 栄養成分表 納豆・たれ・からし(1パック45. 4gあたり)栄養成分表 ( )内納豆40gのみ エネルギー 88kcal(81kcal) たんぱく質 6. 6g(6. 4g) 脂質 3. 8g(3. 7g) 炭水化物 6. 9g(5. 6g) 食塩相当量 0. 5g(0. 001g) 容器形態 【東北・関東・甲信越エリア】角まる丸底トレー 【北海道・近畿・北陸・東海・中四国エリア】丸底トレー•

次の

注目の納豆菌「S

オカメ 納豆

健康に良いとされる納豆、実は納豆で不健康になるリスクもあるのだ。 納豆菌は危険でもある。 納豆をはじめ、やまいも、おくら、めかぶなど、いわゆる「ネバネバ系食品」は、健康に良いと昔からいわれてきました。 しかしながら、今の時代、スーパーなどでパック詰めされている安い納豆は「食べたら健康になる」どころか「食べたら不健康になる」リスクの方が大きいのです。 きちんとした知識を身につけ、納豆の危険性から身を守る必要があります。 納豆は体にいいものだと思い込んでいる人がいるようですが、世の中そんなに甘いものではありません。 まずは大豆自体の問題があります。 生物毒が多く栄養素の吸収を阻害するといわれてきましたが、ただこの説は違うという説が有力であり、発酵することで生物毒が失われるとも言われてきたため、あまり気にしすぎる必要はないかもしれません。 消化酵素をもちアルカリ性食品であることも良いといわれています。 しかし繰り返すようにそんな甘いものではありません。 まず豆の質、これはまず農薬や硝酸態窒素の問題があります。 昨今の大量生産されているものには遺伝子組み換え食品を使われているものもあります。 またスーパーで売ら得ている納豆のたれや辛子は、色素だ添加物だアミノ酸類だ増粘多糖類が入っており、その場では死ななくても危険な物質てんこ盛りです。 納豆巻き用の納豆なんて見れたもんじゃありません。 さらにいえば菌そのものの問題があります。 今の大量生産されている納豆菌の菌は遺伝子操作されているものさえあり、さらには伝統的な作り方を諦め、調味料・添加物で発酵させたように見せかけているものさえあります。 稲わらに自生している天然の納豆菌はもはやほとんどなく、人工的に培養された納豆菌が添加され、発酵感を作り出すために発酵調味料というものまで存在します。 さらにいうと納豆菌自体は非常に有用だとばかり考えられていますが、危険だという説があります。 発酵させるときに周囲の菌をなぎ倒すくらいの強い菌だとも言われており、芽胞形成力も強力であり高熱でも死にません。 またSASPs small acid-soluble proteins とよばれるたんぱく質を含有し、これはほかの菌では存在しないとも言われます。 つまりほかの菌に有害かもしれないといわれています。 実は病原菌の炭疽菌も納豆菌の仲間だそうです。 じゃあ何も食べれないじゃないかというとそれが正解です。 納豆を食べ過ぎるとむしろ問題が生じるという説は、この辺りが原点になります。 発酵食品がいいばかり言っている人は多いですけど、本来の生物界には発酵食品はないというのを思い出すのも重要です。 腸内細菌でも日和見菌でも最も重要なことは、自然界における多様性です。 納豆ばかり食ってる人は玄米ばかり食ってる人同様、バカになると考えたほうがいいでしょう。 まず、本来、納豆とは「わらづと」といわれる藁につつまれた状態で納豆菌により発酵される発酵食品です。 しかし、スーパーなどで売られている納豆のほとんどは、人工的に操作された納豆菌により効率優先で製造されています。 中には「遺伝子組み換え」された納豆菌もあり、危険を伴います。 納豆に使われる大豆も産地によっては放射能の影響が考えられ危険です。 また、農薬や化学肥料の影響も大きいでしょう。 多くの納豆は食品表示に「遺伝子組み換えではない」と明記されていますが、そのような大豆以外は遺伝子組み換えされたGMO大豆の可能性が高いといえます。 さらに、「遺伝子組み換えではない」と表示された商品でも、全体の5%までなら「遺伝子組み換えされた」大豆が混入してもOKだそうです。 納豆を手作りしたことはありますか?納豆菌は非常に熱に強い菌類です。 100度でも死滅しないらしく、納豆作りの行程で、蒸し上がったばかりの極めて熱い大豆にすばやく納豆菌を混ぜ合わせる作業があります。 これは熱に弱い他の菌を死滅させ、納豆菌だけを繁殖させるためです。 熱湯にも耐える納豆菌は極めて強い菌であるといえるでしょう。 そのような強い菌がはたしてプラスにだけ働くのでしょうか?体内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌が共生しており、恒常性をたもっていますが、そこへ納豆菌が大量に入ってきたら共生環境は破壊され危険になるでしょう。 町内の運動会にオリンピック選手が多数参加してメチャクチャな結果になるようなものです。 健康に良いとされるものでも、質が悪かったり、そればかり食べていては健康にはなれないのです。 何事もバランスが大事といえるでしょう。 また、金銭的に余裕がなくやむを得ず値段が安いものを購入しがちですが、「ス-パ-で売られている安いものは危険」ということも心の底に据えておきましょう。 関連記事; 食品の危険性に関する記事.

次の