面接 自己pr 転職。 面接での正しい自己紹介・自己PRの仕方と回答例文 |転職ならdoda(デューダ)

転職活動の面接での自己PRの答え方と例文

面接 自己pr 転職

「自己PR」は、自身の「強み」や「応募企業にどう貢献できるのか」をアピールするものです。 事務職から事務職への転職を目指すにあたり、「自己PR」をどのように伝えればいいか、リクルートエージェントのキャリアアドバイザーが解説。 事務職の「自己PR」を書く際のポイントや例文を交えてご紹介します。 自分では「当たり前」と思っている経験が高く評価される 事務職の皆さんから転職相談をお受けしていると、 自分の「強み」「アピールポイント」について「特にない」「誰でもできること」「当たり前のことを当たり前にしてきただけ」と思いこんでいる方が多く見られます。 しかし、私たちキャリアアドバイザーがお会いしてきた事務職の方々の中には、 「大した経験・スキルではない」という方は一人もいません。 皆さん、自分の「強み」に気づいていないだけなのです。 たしかに事務職という仕事は、「正確に処理にして当たり前」と見られがちで、職場で褒められた経験があまりない方が多いため、無理もありません。 実際には、事務職の皆さんは、仕事の中でそれぞれその人の強みを発揮していらっしゃいます。 転職活動では、それをしっかり相手企業に伝えることで評価アップにつながります。 まずは、 自分の経験について細かく棚卸しを行い、それぞれの業務でどんなことを心がけてきたかを振り返ってみてください。 金融業界で事務職を務めていたAさんのケースをご紹介します。 Aさんもキャリアアドバイザーとの最初の面談で、 「普通の仕事を普通にこなしてきただけ」とおっしゃいました。 しかしAさんの経歴をお聞きすると、 「業務改善」で成果を挙げていることがわかりました。 Aさんは、 業務フローの中で同じミスが繰り返し発生するポイントを発見します。 それは、明確なマニュアルがないため、部署や個々のメンバーの認識がバラバラであることが原因だと考えました。 そこで業務フローの設計を見直し、マニュアルを作成。 全部署に伝達して浸透させた結果、ミスが起こらなくなったそうです。 Aさんは「ミスを防ぐように対策するのは当然のこと」と言いますが、このプロセスからはAさんのさまざまなスキルが見えました。 課題分析力、マニュアルを設計するロジカルな思考力、新ルールを各部署に導入する際の調整力、などです。 これらの 経験・スキルを整理して応募書類や面接で伝えたところ、高く評価され、転職成功に至りました。 このように、ただルーティンワークをこなすだけではなく、 自ら率先して「業務改善」に取り組んだ経験は、企業から高く評価されます。 業務改善にあたり、複数の部署・職種・ポジションの人々と折衝、調整を行った経験もプラス評価につながります。 営業事務は「顧客との関わり方」「営業メンバーの支援」が評価ポイント 営業事務や営業アシスタントの場合は、以下のようなポイントが注目されます。 企業によってどれを重視するかは異なりますので、企業ホームページなどで紹介されている事業内容や営業職の仕事内容などを踏まえ、 必要とされている要素をイメージしましょう。 その要素が自分の経験と共通していれば、アピール効果があります。 営業担当者1人あたり50社ほどを担当しており、すべての顧客に目が届きづらい状況です。 そこで、自主的に顧客データを分析し、そろそろニーズが発生しそうなお客様に対しては私からお電話して次回発注のお伺いをするなど、営業活動の支援を心がけてきました。 今後も営業担当者の負担軽減、受注機会の拡大、お客様からの信頼獲得のために自分にできることを考え、工夫していきたいと考えています」 経理事務は「正確性」「緻密なチェック力」が求められる 「お金」の出入りを管理する仕事だけにミスが許されない経理事務は、やはり「 正確であること」が重視されます。 経理事務の経験がある人もない人も、これまでの経験の中で、 「ミスを防ぐ」ためにどんな工夫をしてきたか、どんなことを心がけてきたかを伝えられるといいでしょう。 また、「伝票処理の効率化」など、 業務改善に取り組んで成果を挙げた経験があれば、ぜひ伝えてください。 人事・労務事務は「社内調整力」が活かせる 人事・労務部門に勤務する事務職は、社内のあらゆる部署・職種の人々、あるいは応募者や内定者などと関わります。 そのため、 さまざまな立場に配慮したコミュニケーション、調整などのスキルをアピールするといいでしょう。 昨今は「働き方改革」に取り組む企業も多いため、その経験もあれば評価される可能性大。 このほか、業種・部門によって事務職に求められる要素はさまざまです。 目指す事務職に求められているのはどんなポイントかをイメージし、それに応じて 「データ処理・管理能力」「業務改善力」「顧客対応力」「メンバーサポート力」「組織活性化力」「社内外との調整力」など、自分の強みが活かせる部分をアピールしてください。 「嫌な顔をせず引き受ける姿勢」も企業から歓迎される 「本来の担当業務以外の仕事を頼まれても、嫌な顔をせず快く引き受ける」 これも、ご自身では「当たり前」のことと思っていても、実は企業から好評を得るポイントです。 「明るく元気」を意識し、職場の雰囲気を活性化させている方は、それも十分アピール材料となり得ます。 PCスキルは、「どんな機能を、どんな目的で使っているか」まで伝える 事務職の選考においては、PCスキルのレベルも重視される項目の一つ。 応募書類では、「Excel」「PowerPoint」などソフト名を記載するだけでなく、使える機能や用途・目的まで記しましょう。 例えば、 「Excelのピボット・関数を用いた顧客データ管理」「PowerPointを使ったプレゼン資料の作成」など。 「英語力」および「英語力を磨く意欲」があればチャンスが拡大 国内市場が頭打ちとなる中、あらゆる業種・規模の企業が海外展開を図っています。 現在は国内の取引が中心でも、海外市場の開拓を視野に入れている企業は多数。 そこで 「英語力」があれば応募先の選択肢が広がり、評価アップにもつながります。 企業によって、「海外からの問い合わせを受け、営業担当につなげられればOK」から「英語での会議の議事録作成」まで、求める英語力のレベルには差があります。 TOEIC600点以上あれば受け入れられる企業もありますが、 TOEIC800点以上、あるいは英語を使った実務経験があれば高評価を得られます。 「今後、英語力をさらにブラッシュアップしていく」という意思を伝えるのも有効です。 「人柄」を「第三者評価」で伝える 事務職の採用においては、スキル以上に 「人柄」を重視する企業も少なくありません。 そこで、 「上司や同僚からは(お客様からは)細やかな気配りができると言われます」といったように、他者から言われた言葉を挙げて伝えるのもいいでしょう。

次の

【面接対策】使える自己PRのコツ<例文付き>

面接 自己pr 転職

Contents• 【例文公開】コンサルファームへの転職を成功させる「自己PR」の作成方法 コンサルティングファームの転職面接や書類選考では、自己PRを求められます。 面接で、「自己PRをお願いします」と言われることは稀ですが、「強みは何ですか?」とサラッと聞かれることがしばしばあります。 また、書類選考については、職務経歴書に自己PRの記載欄が用意されています。 しかし、自己PRって何を書けばいいのか正直悩むと思います。 私自身も、あーでもない、こーでもないと頭を悩ませながら自己PRを作成していました。 そこで今回は、コンサルからオファーを獲得するための自己PRの作り方・書き方について、実体験を踏まえながらご紹介したいと思います。 特に、以下の内容に触れつつ書いていきます。 4つのコンサルからオファー獲得した私の自己PRを公開• 自己PRを作成するときのポイント・作り方• 「自己PR」と「貢献できること」に書く内容の違い• これまでの業務経験を通して今後のキャリアには以下の点が活かせると考えております。 (2)何事にも主体的に取り組む姿勢 現職で、コンサルタントの不足という社内課題を解決するために、コンサルタント育成のための〇〇プロジェクトにリーダーとして取り組みました。 当初はプロジェクトの目的が明確に定まっていなかったために、まずは自身でコンサルタント育成という目的と、運用マニュアルの社内浸透率という目標を設定しました。 そして目標達成のために、媒体と共同での運用マニュアル作成や社内の影響力があるメンバーを巻き込んで勉強会開催を実施するなど、社内の運用レベル向上に取り組んできました。 また、クライアントに対するコンサルテーション業務においては、クライアントの要求する目標設定値をそのまま実行するのではなく、必要に応じて自身が正しいと考えた目標設定や施策とその根拠を提示するなど、自ら考えて行動することを意識して取り組んでまいりました。 性格的な強みとしては、ストレス耐性の高さが挙げられると考えております。 現職では、クライアントと折衝しながら二人三脚で広告効果を改善していますが、時には、時間や作業工数に関係なくクライアントの求めるスピード感で要望を実行する必要があるケースがあります。 そういった業務を経験したことで精神面でのタフさと、それに加えて、想定されるクライアントからの要望を先回りして考えてできるだけ効率よく業務を進めていく意識を高めてまいりました。 今後、上記の強みや経験を最大限活かすことで、貴社業務に尽力してまいります。 これは、転職エージェントに添削をしてもらいながら作成した自己PRですが、前職までの経験を元にした強みを記載しています。 専門用語をなるべく使わないようにしていたり、強みであるという根拠を出しながら具体的な内容になるよう心がけています。 このような自己PRの作成で注意すべき重要なポイントや作り方について紹介していきます。 自己PRを作成する際の重要なポイント 自己PRを伝える1番の目的は、「自分はこういう人間だ」というのを、わかりやすくイメージしてもらうということです。 そのため、自己PRを作成する際には、以下の3点を踏まえる必要があります。 職務経歴書の記載内容に合わせた強みにする• 根拠となるエピソードを入れる• マインド・性格的な自己PRを1つ入れる それぞれについて解説していきます。 職務経歴書の記載内容に合わせた強みにする 基本的には、職務経歴に記載したプロジェクトや案件の内容と一致するような自己PRにすることが重要です。 職務経歴を要約して、自己PRにするようなイメージですね。 その理由は、受け手にとって わかりやすいように、且つ、より納得感が出るようにするためです。 自己PRの記載欄は、職務経歴書の最後というのが一般的です。 そのため、書類の読み手からすれば、「こういった職歴や業務内容から、〇〇のような強みがあるのだな」という見え方になります。 このときに、職務経歴とは全く関係の無い強みが記載されていると、どうしてそれが強みになるのか?いつその強みを身につけたのか?というのが非常にわかりづらくなります。 例えば私の場合は、職務経歴には広告代理店時代のデジタル系案件のプロジェクトや、社内プロジェクトでの成果を記載していました。 そのため、自己PRについても「デジタル広告やテクノロジーの知見」という内容を入れています。 このように、職歴と自己PRに一貫性を持たせることで、「この人は〇〇に強いのだな」というわかりやすいイメージを持ってもらうこともできます。 根拠となるエピソードを入れる これは「志望動機」や「貢献できること」と同様ですが、自己PRに書いた内容の根拠を示すことが重要です。 本当にそれが強みと言えるのか?を面接官に納得してもらうためです。 私の場合も、「デジタル広告の最新の知見」の裏付けとして、前職の社内の評価制度を元に、社員の上位10%以内として評価されていたという客観的事実を記載しています。 もちろん、「その会社の上位に入るのが凄いことなのか?」については、面接官はわかりません。 しかし、一般的な会社でそれなりに努力して評価されていたという事実は、ポジティブに捉えてもらえることが多いです。 なので、「自分の前職は大した会社じゃ無いから」とか「知名度のない会社だから」と卑下するのではなく、 「一定程度の評価を得られていました」という謙虚な伝え方をすれば、面接官や書類確認の担当者からはポジティブな評価をしてもらえるでしょう。 ち なみに、この根拠についてもなるべく職歴書の内容に沿ったエピソードにするということも気をつけてください。 マインド・性格的な自己PRを1つ入れる 先ほどもお伝えした通り、自己PRは「自分はこういう人間だ」ということをアピールするものです。 そのため、マインド面や性格的なPRを1つ入れておくことが好ましいとされています。 性格的な強みというと難しいのですが、私のように「仕事に取り組む姿勢」でも問題ありません。 私の場合は、「何事も主体的に取り組む姿勢」にしましたが、例えば「コツコツと着実に積み上げる姿勢」とかでもいいわけです。 とにかく、面接官に「あーこういう人間なんだな」と思ってもらえればOKです。 ただ、なるべくコンサルタントの適性があるなと思われるような自己PRのほうが望ましいです。 そのためには、コンサルタントの業務についてある程度理解しておく必要があるので気をつけましょう。 「自己PR」と、志望動機書の「貢献できること」の違い 私も最初は、志望動機の「貢献できること」と職務経歴書の「自己PR」の違いがわかりませんでした。 それぞれの目的を一言にすると、以下になります。 自己PR= 自分の強み(人間性)をアピール• 貢献できること= コンサルで活かせるスキルをアピール 「貢献できること」はコンサルで活かせる実務的なスキルをアピールするものですが、「自己PR」はシンプルに自分の性格を含めた強みをアピールするものです。 つまり、 自己PRは必ずしもコンサルファームで活かせるスキルである必要はありません。 もちろん、活かせる強みであることに越したことはありませんが、その辺は 伝え方・見せ方によっても工夫できるので、こだわりすぎないようにすることが大切です。 私の場合も「デジタル広告の知見」「主体的に取り組む姿勢」は、一見コンサルとは関係のない強みとなっています。 ただ、コンサルファームがデジタルに注力していることなどと関連付けて伝えることで、より効果的な自己PRとなります。 このように、自己PRは自分の強みをアピールするものだと認識して、「貢献できること」とは別の内容を作成しましょう。 まとめ 今回は、コンサルファームの転職で必要な自己PRの作り方についてご紹介しました。 コンサルファームは、書類選考や面接で多くの応募者を判断しています。 その中で、自分がどのような強みを持っているのかをわかりやすく、且つ、印象に残せるように伝えることは非常に重要です。 また、自己PRを作成することは、自身の経験の棚卸しにも繋がります。 コンサルファームからオファーをもらうために、まずはしっかりとした自己PRを作成していきましょう。

次の

面接の自己PRと長所に違いはある?|ハタラクティブ

面接 自己pr 転職

転職の面接で「 自己PRをお願いします」と言われたら、何を話しますか? どれだけ自分の評価を高められる自己PRを作るかが、転職面接の合否を分けます。 そのため、しっかりと面接準備をして当日の面接に臨むことが必要です。 しかしそうは言っても、• 「急に聞かれてもうまく答えられない」• 「自己PRって自己紹介や長所と何が違うの?」• 「どんなふうに準備すればいいのか分からない」• 「1分で自己PRをする場合のコツを知りたい」 といった方も多いと思います。 そこで今回は、 面接官が自己PRに求めていることや 自己PRのポイント・注意点をお伝えします。 また、自己PRの作り方が分からない方向けに3ステップでの作成方法や事務職・営業職・SE職の職種別自己PR例文もご用意しました。 よろしければ、参考にしてください。 転職面接の自己PRと自己紹介・長所の違いは? 転職の面接では、様々な角度から応募者のスキルや経験が見極められます。 したがって、企業側もいろいろな質問を投げかけてきます。 この章では、よく混同される自己PRと自己紹介や長所との違いをお伝えします。 自己PRと自己紹介との違い 面接の冒頭で、面接官から自己紹介を求められることがあります。 この時は、挨拶と氏名や簡単な自分の経歴を伝える程度で十分です。 仕事内容への質問や志望動機といった質問は、自己紹介を終えてからしっかりと聞いてもらえます。 自己紹介では、長々と自己PRをすることなく簡潔にあなたの人となりが分かる程度でまとめましょう。 自己PRと長所との違い 自己PRを聞かれた後に、長所を聞かれることもあります。 これらはどちらも、応募者自身の良いところを企業にアピールする点では同じです。 しかし内容は変えたほうが、企業側によりあなたを知ってもらうチャンスが増えて良いでしょう。 自己PRでは主に、仕事における自分の強みとして、これまでの経験を踏まえて具体的なエピソードとともに話すものです。 一方の長所では「 人柄」を聞かれていると考えてください。 あなたの性格上の魅力をベースに考えます。 仕事で毎日一緒に過ごすメンバーとなる応募先企業に対し、 あなた自身がどのような人物かイメージできる情報を盛り込むと良いでしょう。 【関連記事】 人事が面接で自己PRを聞く目的は? 自己PRを作る前に、面接官が自己PRで期待していることを理解し、企業側の意図を認識しておくと良いでしょう。 企業が自己PRを聞く目的は何? 企業は、自己PRを通して「応募者が入社後に活躍しそうか」を判断しています。 自社で働いたことのない転職希望者が入社後に活躍できるかを判断するポイントは、次の2点によります。 スキルや経験があっているか• 求人票に記載されていた募集要件を満たしているか、または募集要件を超える経験をしてきたかがチェック項目です。 自身の仕事に対する取り組み方や、これまでのキャリアを通して身につけたスキルをアピールすることが必要になります。 したがって、仕事に対する価値観や姿勢が社風とあっているかが確認されます。 中途入社の人材に長く活躍してもらうため、自己PRを通しても企業との適性が見極められるのです。 面接官が求めている自己PRとは 自己PRに盛り込むべき内容は次の3つです。 今までどんな経験をしてどのようなスキルがあるか• 仕事に対してどのような価値観を持っているか• 応募先の企業ではどのように働きたいか これら3つを伝えるためには、あなたのキャリアの棚卸しと自己分析が必要になります。 資格や特技・自己啓発を振り返ることができる自分への問い• 保有している免許や資格は?• 誰にも負けない技能や趣味は?• それらを身につけた理由は?• 応募先企業がどんな人材を求めているかを押さえ、それにあった自分をアピールすればよいのです。 そして、応募先企業が知りたいことは「応募者がどんな形で貢献してくれるのか」です。 したがって「自分の強みを活かして、転職先でどのように活躍したいと考えているか」を最後にまとめると良いでしょう。 POINT• 企業側の求める人物像を理解する• 具体的なエピソードを説明に交える• 企業側が欲しい人材を理解するためのヒントは、企業のホームページや求人票にあります。 隅々まで目を通し、応募先企業で活躍する人材の特徴を満たした応募者であることを伝えましょう。 したがって「初対面のお客様とでもすぐに打ち解けることができる」「お客様から自分を指名してもらう回数が社内トップクラス」といった、事例を交えることで説得力が増します。 数値化できる経験があれば、具体的な数字を用いて伝えるとインパクトを与えられるでしょう。 上司や同僚から仕事ぶりについて評価されたことを思い出してみましょう。 こんな自己PRはNG!面接で気をつけるべき注意点2つ 面接官の印象をより良くするための注意点についても2点お伝えします。 アピールポイントは1つに絞る• 履歴書や職務経歴書との整合性に気を付ける 具体的に見ていきます。 しかし、短い面接の時間で多くの強みを述べられても、面接官にとって「結局この人は何ができるのか」あいまいになってしまう場合も多いです。 したがって、ア ピールポイントは1つ、多くとも2つにまとめるようにしましょう。 そのほうが面接官に「本当に伝えたい強み」「本当に知ってほしい強み」を印象付けることができます。 基本的に面接は、職務経歴書をもとに進められるためです。 提出書類の内容と矛盾があると印象が悪くなっています。 ただし、職務経歴書に書いた自己PRを暗記して話せばいいということではありません。 面接では、職務経歴書の内容をさらに深く具体的に述べることが大切になります。 自己PRを1分間にまとめて話すコツ 数ある転職面接の中には、自己PRに制限時間を設ける企業もあります。 自己PRの回答時間で一番多いのは、 1分です。 「1分で話しなさい」との指示があった場合は、その制限時間内に必ず自分のアピールポイントをまとめる必要があります。 面接前に1分自己PRの指示があれば、事前に練習もできますが、面接会場でいきなり言われることもあります。 面接当日に慌てないためにも、1分用の自己PRを準備しておいた方が良いでしょう。 1分の話は文字数にすると300文字程度だと言われています。 そのため、テキストで1分用の自己PRを準備する場合は300文字程度を目安に準備しておくと良いでしょう。 どうしても300文字では収まらないという場合は、400文字以内であれば、話すスピードを速くして1分で話すことは可能です。 しかし、早口になりすぎると面接官に内容が伝わりにくくなってしまうため、録音した自分の自己PRを聞いてみるといった方法で練習し、適度な分量にすることを心掛けてください。 自己PRの回答例を職種別に紹介! ここでは、1分の分量で事務職と営業職とSE職をまとめてみました。 事務職の自己PR 前職の営業事務で経験した業務内容は、主に受発注管理と請求書作成です。 お客様と営業の間に入って日程調整することが多く、日々社内外の方々とコミュニケーションを取って働いていました。 特に私は、相手が求めることは何かを常に考えたコミュニケーションを大事にしていました。 その結果、「急な変更にもかかわらず、納品されて助かった」「次回も御社にお願いしたい」との言葉を多くいただき、やりがいを感じておりました。 貴社の業務で必要な知識をいち早く習得し、調整力やコミュニケーション能力を活かして、貴社のお客様の満足度のさらなる向上に貢献したいと考えております。 営業職の自己PR 前職では、8年間賃貸物件販売の営業をしてきました。 お客様にとって人生で数回の大きな買い物となる住宅の営業で成果をあげるために、セールストークはもちろん、住宅の素材・ローンのことといったお客様から寄せられる幅広い疑問や質問に答えられるよう努力してきました。 これまでに取得した資格は、宅建・二級建築士・ファイナンシャルプランナー2級などと多岐にわたります。 最近は徐々に管理職の仕事を任されるようになりましたが、まだまだ自分の知識を広げたいと考えております。 そこで、貴社では前職で培った知識や経験を活かし、今まで以上に自己研鑽を重ね、貴社の売り上げ向上に努めたいと考えております。 SE職の自己PR 私は努力を惜しまないことを大切にする人間です。 前職では、大規模ネットワークの構築・運用・保守を経験しました。 当初私に与えられた仕事は下流工程だけでした。 しかし、自分の仕事をいち早く終わらせ、就業後も残って勉強を続けた結果、徐々に仕事の幅が広がりました。 また、会社の資格取得支援を活用しCCNPも取得しました。 現在は、5年以内に設計に携われるようになることと、CCIEを取得することを目標に置き、ネットワークエンジニアのプロフェッショナルを目指しています。 今後も学び続ける姿勢を大切にし、貴社でより上流の工程に挑戦し、チームを牽引できるPLやPMへとキャリアアップしたいと考えています。

次の