レクサス es 納車。 レクサスES試乗記・評価 世界基準の高級セダンへ成長

レクサス「GS」終了でも「IS」は継続!? 近年のレクサスが好調な要因とは(くるまのニュース)

レクサス es 納車

レクサスES試乗記・評価の目次• カムリと同じ2. 5Lハイブリッドシステムを搭載するレクサスES330h 北米を中心に高い人気を誇っているミドルクラスのプレミアムがである。 日本の同じクラスにはカムリがあるため、これまでは発売を控えてきた 一時期、カムリプロミネントとウィンダムを日本で発売していたが、レクサスは初。 だが、7代目にモデルチェンジしたのを機に日本に上陸し、2018年10月下旬から発売を行っている。 レクサスESのメカニズムは、カムリと共通する部分が多い。 だが、レクサスブランドだけに、より上質ムードに仕立てられた。 最大の特徴は、ハンドリングと快適性を重視した新設計プラットフォーム「GA-K」を採用したことだ。 駆動方式は前輪駆動のFF(前輪駆動)で、海外向けにはV型6気筒エンジンなどもある。 日本仕様では、環境性能の高い車の人気が圧倒的に高い。 そのため、日本では2. 5Lのハイブリッドのみの設定。 車名はES300hだけとなった。 未来のクルマを感じさせる世界初のデジタルアウターミラー レクサスESのエクステリアは、誰が見てもレクサスと分かる明快なデザインだ。 4ドアクーペを思わせる伸びやかなルックスで、縦型のスピンドルグリルを採用したフロントマスクも凛々しい。 カムリと比べると全長は90mm長く、ホイールベースも45mm延びている。 全幅も25mm広い1865mmだ。 車両重量も100kgほど重い。 注目の装備は、世界で初めてオプション設定されたデジタルアウターミラーである。 従来の光学式ミラーに代えて、小型カメラを内蔵したアウターユニットをフロントドアに組み込んだ。 左右を走るクルマの画像は、フロントピラーの内側に設置した5インチのディスプレイに映し出す。 最初は戸惑い、ついついピラーの付け根に視線を移動してしまった。 徐々に慣れてくると余裕が生まれる。 便利だと感じたのは、ウインカーを操作したときに画角が広がり、後ろから来るクルマが分かりやすいことだ。 モニターの取り付け位置や角度、画像の解像度などに不満はあるが、クルマの未来を感じさせた。 際立つ静粛性 レクサスESのパワーユニットはカムリと同じで、2. 5Lの直噴4気筒DOHCのガソリンエンジンにモーターを組み合わせている。 5kg-m の実力だが、モーターを加えたシステム出力は160kW 218ps だ。 電動化していることもあり、車重は1. 7トンを超えている。 最近ののハイブリッド車は、加速が力強い。 応答レスポンスは過敏なところがなく、リニアな加速を見せた。 これまでのように、回転の急な上昇や4気筒ならではの振動も上手に抑えている。 街中を中心とした走りなら、ジェントルなエコモードでも痛痒のない、軽やかな走りを味わえるようになった。 レクサスESは、自然なパワーフィールで、クルージング時は静粛性も高い。 モーターを使える領域も増えている。 さすがに急加速するとエンジンがかかり、音が高まった。 静粛性が高いゆえにノイズが気になる場面もある。 だが、前席だけでなく後席に座っても快適だ。 キャビンは兄貴分のレクサスLS並みに広く、頭上も足元も余裕があるからロングドライブも苦にならない。 上級のバージョンLに採用されているセミアニリン本革のシートも座り心地がよかった。 安心感ある走行性能を支える世界初のスイングバルブショックアブソーバー 予想を上回る好印象だったのが、ハンドリングと乗り心地である。 素直なハンドリングで、一般的な走りならFF車であることを意識させられる場面はほとんどない。 新開発プラットフォームの効果は絶大だ。 走りの質感を大幅に高め、コントロールできる領域も広げられている。 4輪の接地フィールがよく、郊外の道や高速道路だけでなくワインディングロードでも安心感のある走りを披露した。 驚かされたのは、標準仕様とバージョンLに採用されている世界初の「スイングバルブショックアブソーバー」の実力だ。 独自のオイル流路を備えていることにより、超微小な領域での減衰を可能にし、良好な乗り心地としなやかな気持ちいい走りを手に入れた。 17インチタイヤだけでなく、18インチタイヤを余裕で履きこなしている。 フラットライドな乗り心地を実現し、ハンドリングも素直だ。 快適性を重視するなら17インチタイヤがいい。 18インチタイヤはちょっと硬質な乗り味になる。 だが、さらに正確なハンドリングを身につけ、コントロールしやすかった。 うねった路面を駆け抜けたときの追従性も素晴らしい。 気持ち良い走りが魅力のES初のFスポーツ ES初となるFスポーツも魅力的だ。 電子制御による連続可変制御ショックアブソーバーの「NAVI・AI・AVS」を採用し、ダイレクト感のある走りを実現した。 19インチタイヤとの組み合わせだったが、ワインディングロードでも意のままに、気持ちいい走りを楽しむことができる。 ステアリング操作に正確で、狙ったラインに乗せやすい。 バージョンLなどと比べると走りに特化している。 他のグレードよりハンドリングはダイレクト感が強く、意のままに操る楽しみが色濃いが、優雅な走りを期待する人には向かない。 9m 車両重量 1,730kg JC08モード燃費 23. 221 22.

次の

レクサスESの納期納車情報まとめ!納車は早められる?

レクサス es 納車

自分の納車式は簡単な機能説明と粗品のプレゼントだけ ちょっと恥ずかしいんですけど、僕の実際の納車式の様子がコレ。 担当営業さんに写真を撮ってもらう• 粗品(ゴルフボール)をいただく• 車の機能や操作説明 内容は、これだけでしたw 「派手な納車式か~なんか嫌だな~」って思って行ったのに拍子抜け。 1時間程度で終わっちゃいましたよ。 納車まで3ヶ月ちょっとワクワクして待っていたのに! 粗品は僕がゴルフ好きなことを知っていて、担当営業さんが「レクサスのゴロ入りの、タイトリストのPROV1といったゴルフボール」をプレゼントしてくれました。 タイトリストのPROV1ってダースで買うと5千円くらいするし、ロゴ入りってところがなんかオシャレですよね! 早速ラウンドで使って1スリーブ(3個)なくしましたよ・・・悲しい。 そんな感じであっさりした納車式だったのですが、 事前に 友達を連れて行ってもいいと確認していたので友達と二人で行きました。 僕よりも友達の方が楽しんでいましたねw 聞いたりイメージしていたレクサスの納車式の様子• 花束を渡される• 高いお酒をプレゼントされる• 大きなキーを渡されて写真撮影• 社員総出でお祝い• シャンパンで乾杯 てっきりこういったものをイメージしていたんですけどね~。 これは ディーラーの店舗によって違うし、 お客さんによっても変わってくるようですが、大きくは変わらないと担当営業さんは言っていました。 とにかく、「派手にお祝いする店舗はかなり減っている」といったことは間違いありません。 派手な納車式をやらなくなった理由は? 理由は 「そういう時代になってしまった」から。 派手な納車式というか、 シャンパン(ノンアル)で乾杯だとか、お酒をプレゼントといったことをやらなくなっていると営業さんは言っていましたね。 そのような「車なのにお酒って・・・」といった部分がどうも引っかかっているみたいです。 今はそういったモラル的な部分というか、重箱の隅をつつくようなことで叩かれてしまう時代になりました。 なので、できる限りそういったことは避けようとした結果がそうなったというわけ。 花束をプレゼントしたり、社員総出でお祝いしたり、といったことは店舗によっては行っているみたいですよ! 実際に僕のときも、納車された車に乗って帰る際は社員さんが整列してお見送りしてくれましたからね。 こっぱずかしかったですが、20代の若造にもそのようにしてくれるのは嬉しかったですよ。 絶賛独身なうですけど、奥さんでも連れて行ったら花束をくれたのかな・・・。 まぁ、このように 特別感のある納車式は健在だけど、「お酒に関わることであったり、あまり派手にやることはなくなった」と思っていただければ間違いないですね! 納車のスタイルが変わってもレクサスの良さは変わらない 派手な納車式は「嫌だな~」とか言いつつも結構楽しみだったんですけどねw キャッチーなんでネタにもなるし。 まぁそこが変わっても、レクサスの本質は変わらないので問題ないでしょう。 最近のレクサスはどちらかと言うと 「お金持ち」よりも「一般層」に寄せてきている印象があります。 それには賛否両論がありますが、レクサスの質を担保した上でそのようなマーケティングを行うのであれば全然アリだと思いますね。 良いものは多くの人に知ってもらった方が絶対にいいですから! 変にユーザーだけ増やして質は反比例して下がったなんてのは最悪のパターンですけどねw レクサスオーナーは順調に右肩上がりでメーカーも潤っているのは分かりますが、そこだけは間違わないでもらいたいと偉そうに言っておきます。 まぁあーだこーだ言っていますが、納車式なんて最初だけなので時間が経てば忘れます。 大事なのは質ですよ。 とにかく、もう乗り心地は最高!! 「一回レクサスに乗っちゃうと他の車には乗れなくなる」と言われるのもよーく分かりますね~。 と、最後は話が逸れてしまいましたが以上が納車式の様子と、派手な納車式を行わなくなってきている理由でした。 そうそう、途中で書こうと思ってすっかり忘れていましたが、僕は 「絶対値引きをしない」と言われているレクサスを値引きしてもらって購入したんですよ。 そのと、誰でも安く購入できる裏技を別の記事でまとめたので興味のある方は下の記事をお読み下さいね。 というか、 レクサスに限らず車を購入する際に知っておいた方が良い情報なので読まないと損しますよ!.

次の

ESの値引き最大額は?新型レクサスESの見積書&目標値引きテク【2020年7月】

レクサス es 納車

「お葬式みたい」「恥ずかしい」という声も・・・納車式は拒否できる? ケーキや花束にシャンパンなど、 レクサスの豪華な納車式。 特にこちらの写真などを見ると 「まるでお葬式のようだ」 という人まで…。 人によっては 「派手な納車式は拒否したい」 と思う人もいるのはわかりますが、 レクサスの納車式は義務ではないので 納車式はやりたくないという自分の意向を 伝えておけば 拒否することもできます。 まとめ レクサスの納車式について紹介しました。 待ちに待ったレクサスの納車を華々しく 祝ってもらうことができる納車式ですが ディーラーによってその内容は 違うようです。 ケーキやシャンパンを期待していたら 意外とあっさり終わってしまったなんて 人もいるようです。 逆にどうしても派手な納車式は 恥ずかしいし、やりたくない。 という場合は、納車式を拒否することも できます。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・複数社に車を持って行って見積もりを 出してもらうのは面倒 ・相場がわからないからダマされた ・急な転勤で引越しに追われて時間がない ・買取の交渉をする自信がない ・断りづらい性格なので、言われたまま売ってしまう などの悩みがあるからではないでしょうか? そんなあなたには 車のネット査定がオススメです。 ネットで申し込むだけで、 ・かんたん入力で愛車の査定額が スグにわかる。 ・複数社の見積もりを取る必要がないから、 手間がかからない ・信頼できる業者しかいないので、 安心して査定を任せれる ・査定をしたことがない 女性や年配の方にも親切 ・複数の業者間の見積りを『比較』 するから、高額買取が期待できる ・高く買い取ってもらうことで、 浮いたお金を次の車の購入資金に 回すことができる また下取り相場を知ることで、 見積もりで買い叩かれる心配がないですし、 価格交渉の引き合いに出す材料になります。 車を購入する人のほとんどが「非公開車両」の存在を知らずに車を探しています。 もし公開車両を自分で探すと、 ・限られた車両の中から自分の条件に合う車を探さないといけない ・自分で調べる手間が大幅にかかる ・車両の善し悪しを自分で判断しないといけない など悩みが尽きません。 しかし、 「非公開車両」を扱う 「ズバッと車販売」なら申し込むだけで、 ・ネットでは見つからないお得な非公開車両と出会える ・車のプロがあなたに合う条件で車を探してくれる ・最新の入荷情報を最優先で知らせて貰える など、メリットがたくさん。 自分で時間をかけて選んた後から、 故障や値段が高かったなど後悔せずに車を見つけることができます。 なぜこんなことが 起こってしまうかというと、 ・保険は種類が多く複雑で探すのが面倒 ・知り合いにお願いされてそのまま加入した ・昔から使って変更の手続きが面倒だから などの理由からではないでしょうか? そんなあなたには 車保険の一括見積もりがオススメです。 ・複数社で比較するから一番安く選べる ・安くなった分はプランの充実にまわせる ・無料でたった3分で申し込みができる ・安く浮いたお金を家計・生活費にまわせる 比較することで、平均で25000円以上 中には 最大50000円お得になった という声もあります。

次の