タピオカ 木下。 木下優樹菜が恐喝したタピオカ店の現在!営業再開後のお店の状況は?|mom clip

木下優樹菜が恫喝したタピオカ店どこ?場所と営業時間解説!地図付き

タピオカ 木下

活動再開の発表からわずか5日で芸能界を引退したタレントの(32)。 木下から恫喝(どうかつ)めいたメッセージを受け取ったタピオカ店のオーナーが損害賠償を求めて提訴し、木下に訴状が届いていることが6日、分かった。 引退しても解決しなければならない課題が残った。 引退して子供2人との静かな生活を取り戻そうとしている木下だが、これからも落ち着かない日々が続くことになる。 騒動は昨年10月上旬に勃発。 実姉が都内のタピオカ店で働いていたが、オーナーとトラブルになり退店。 これに木下が怒り、インスタグラムで「事務所総出でやりますね」などと恫喝めいたメッセージを送った。 この内容がSNS上で公開されたため大炎上。 同11月から芸能活動を自粛した。 昨年7月の同店の開店当初は木下が「姉の店」としてSNSで積極的に宣伝。 木下のファンも多数訪れていたというが、実姉の退店後から「もうお店には行かなくて大丈夫です」と態度を一変させた。 関係者によると、騒動後にタピオカ店にはいたずら電話が度々かかってくるようになり、オーナーは営業を妨害されるきっかけをつくったとして木下を提訴した。 昨年10月中旬に元夫のFUJIWARA・藤本敏史(49)と木下の母が店主に謝罪に行ったが、受け入れてもらえず。 木下の対面謝罪も実現していない。 ただ、関係者は「結果がどうあれ、木下さんにとって裁判になることで事態は進むことになる」とした。 外部サイト.

次の

ダメージは深刻!?木下優樹菜の「タピオカ店恫喝騒動」の余波

タピオカ 木下

木下優樹菜のタピオカ事件 経緯 【全文あり】問題のDM ネットで拡散された木下優樹菜さん本人と思われるメッセージが 2児の母で30代の女性が書いたものとは思えないと批判殺到しています。 内容を見てみましょう。 さやかの妹だけど。 色々言いたいことがあるけど、 とりあえずさー インスタで宣伝したのが気に食わねえだの 色々言われていたみたいだけどさー インスタから消すのがスジじゃないかなー? あと、弁護士たてて、法的処理、いくらでもできるからこれからの出方次第でこっちも事務所総出でやりますね。 いい年こいたばばあにいちいち言う事じゃないと思うしばかばかしいんだけどさー 嘘ついちゃって、あとひけなくて、焦ってるのばればれすぎだから、 今のうちに、謝るとこ謝るなり、認めるとこ認めて、筋道くらいとおしなよ^^ うそつきwww んで、給与明細だすの常識な。 文章をみても幼稚で、2児の母とは思えませんね。 感情的で話し言葉になっており、気持ちをぶつけただけの内容になっています。 トラブルの原因は? 炎上の発端は木下優樹菜さんの姉・さやかさんが、2019年7月20日にオープンした都内のタピオカドリンクのお店で働き始めたことから始まります。 木下優樹菜さんの姉さやかさんとタピオカ店の店長は、幼稚園のママ友だそうです。 さやかさんが家庭の事情で悩んでいた時にタピオカ店の店長が「気晴らしにウチで働いてみる?」と誘ったのが働くきっかけです。 実際に働いてみると、木下優樹菜さんの姉さやかさんは 1円も出資していないのに経営者扱いされていたそうです。 そして、このタピオカ店で姉さやかさんが働いていることを木下優樹菜さんがインスタグラムで宣伝しました。 ゆきなのお姉ちゃんさやかがオープンしました 20日から是非タピりにいってね(現在は削除済み) まるで木下優樹菜さんの姉であるさやかさんがお店を開いたように紹介していますが、 実はただの従業員でしかないです。 その後、給与の振り込みをめぐってトラブルが起きていたことを木下優樹菜さんが2019年10月6日のインスタグラムで明かします(現在は削除済み)。 お姉ちゃんが、知り合いと始めたっていってからファンの方とかも遠くから足を運んで下さったり、差し入れまでいただいたり、わたしがお店にいたらたまたま来店してくださった方も、すごい喜んでくださったり、お姉ちゃんも有難いね、大切にするんだよって、わたしにいってくれていました。 それなのに、お姉ちゃんは、一緒にやっていた方に、裏切りのような行動などをされてしまい、しまいには、わたしが、ぜひ来てくださいねって、インスタで、宣伝したことがよほどご迷惑だったらしく、、ご機嫌がよろしくなくて、お姉ちゃんがキレられてしまったり、しまいには、給料もちゃんともらえず、、給与明細までもらえず、、人間不信のようになってしまいました。 その方に、メールをしても、返信すらなく、わたしが宣伝してしまったのが嫌だったはずなのに、未だわたしの写メは消してくれないし。 お姉ちゃんは、盗んだ犯人みたいな扱いをされたり、、意味がわからなくて。 とっても悲しい気持ちになりました。 現在は削除済み これを見たファンたちがタピオカドリンク店のインスタグラムに中傷コメントを投稿し、炎上状態となりました。 そのことがきっかけで、突然【拡散希望】とTwitterで木下優樹菜さんがタピオカ店の店長に送ったとみられるDMが公開され、現在の炎上に繋がっています。 そして現在このタピオカ店は、休業状態になっているそうです。 このトラブルに関して、タピオカ店の店長が反論しています。 7月分はお支払いしました。 『8月と9月の分をお支払いするのでお店に来てほしい』と伝えたのですが、来店しないので、9月30日付で口座に振り込んだのです。 明細も『郵送しますね』と伝えたら『わかりました』と返答があったので郵送しました また、木下優樹菜さんの姉さやかさんを犯人としたという経緯に関しては、 『食品衛生責任者』のプレートがなくなったんです。 それを警察に相談したところ『まずは合鍵を持っている方に確認して』と言われたので、Yさんに聞くと『犯人扱いされた』 と、コメントしています。 経緯をまとめると、 住所:〒133-0057 東京都江戸川区西小岩3丁目27-16-103 T E L:不明 アクセス:JR小岩駅から約800m 客 席:あり 営業時間:10:00〜19:00(日曜は定休日) このタピオカ店、 木下優樹菜さんの姉さやかさんのお店ではないです。 いちスタッフとして働いていたにもかかわらず、経営者のような扱いで木下優樹菜さんがインスタグラムで紹介しており、タピオカ店の店長は立場がなかったのでしょう。 繁盛している状況を木下優樹菜さんは 自分のおかげと勘違いした結果、あのような幼稚な発言に繋がった可能性が高いです。 双方の言い分をまとめました! 連日情報が錯綜しているので、改めて整理します。 タピオカ店側の言い分 タピオカ店の経営に木下優樹菜さんはもちろん、姉のさやかさんも関わっていません。 さやかさんには2019年7月20日のオープンから働いてもらっていました。 私はさやかさんとはママ友で、ここ最近、彼女は家庭内のストレスなどから精神的に疲弊していて、たびたび相談を受けていました。 少しでも気晴らしになればと思い、「タピオカ屋をオープンするから一緒に働く?」と誘ったのがきっかけでした。 しかし、8月に入ると子供が夏休みだということもあり、急に「働けない」と言われ、話し合いの結果、8月は毎週金曜日のみ働いてもらうということになりました。 9月に入ると、子供を預けてまで働きたくなかったのか、「もう辞めます」と告げられたのです。 急に辞められるとお店の運営上も困ることや、木下優樹菜さんの姉の店だと聞いて来てくれたお客さんに申し訳ない、といったことも伝えたのですが、全く話し合いにならず、さやかさんはそのまま辞めました。 働いてもらった分の給料はもちろん支払うと伝え、手渡しするので営業中に取りに来てとさやかさんに伝えましたが取りに来ませんでした。 これを木下優樹菜さんは「 給料未払い」とインスタグラムに投稿。 実際には、あまりに取りに来ないので、9月末にすべての給料を振り込みで支払いました。 他にも9月のある朝、店を開けるとレジの後ろに置いていた、さやかさんの名前が書かれた衛生管理者のプレートが無くなっていました。 一応、警察に届けたのですが警察からは「合鍵を持っている人に確認をして下さい」という指示を受け、辞めた後も合鍵を持っていたさやかさんにも「衛生管理者のプレートを知らないか」という確認をしました。 この経緯から、さやかさんは「 犯人扱いされた」と感じたのか、木下優樹菜さんのインスタには「盗んだ犯人みたいな扱いをされたり、、」と書かれていました。 『週刊新潮』(2019年8月8日号)でも、木下優樹菜の姉がタピオカ屋をオープンしたと報道されていますし、さやかさん自身も『自分の店』だと報じられていることを知っていました。 また、木下優樹菜さんがインスタグラムで「ゆきなのお姉ちゃんがオープンしました」など投稿していますが、「さやかさんの店ということにして宣伝して欲しい」などと頼んだということは一切ありません。 さやかさんは「私のお店みたいになっちゃってごめんね」と話していました。 木下優樹菜の姉がついに証言! この件に関して木下優樹菜さんの姉さやかさんが、ついに証言していました。 私がここ最近、家庭内のストレスなど精神的に疲弊していたことを気にかけて貰い「 一緒にタピオカ屋をやろう」と誘って貰いました。 当時はとても有り難く感じたのを覚えています。 木下優樹菜さんに「 友人とタピオカ屋をやる」と伝えると、インスタグラムに投稿してくれて反響がありました。 優樹菜のおかげもあり、7月20日のオープン当日から200人を超えるお客さんが来店。 タピオカ店の店長も「インスタの力は大きいね」などと話していて、木下優樹菜さんが宣伝してくれたことについても喜んでくれていました。 さやかさんはお客さんに必ず「私は働いているだけで木下優樹菜も関係ない」と伝えていたそうです。 しかし記事では、「木下優樹菜の姉の店」と報道されてしまい、さやかさんはタピオカ店の店長に謝罪するも、嫌がる様子はなかったそうです。 そもそも、 一緒に経営をするというような誘い方をされたのです。 資本金も半分払うつもりでしたが、Xさんに「うちの会社で払うから大丈夫!」と断られた。 内装のデザインなどもXさんが1人で決めていたので、そのときから私は経営ではないという自覚がありました。 7月20日のオープンから7月31日まで、お金の話などはほとんどしていません。 7月31日にXさんから今月分ということで私の給料が手渡され、そのときに「来月からどうする?」と初めて具体的な話になりました。 そのときに「給料は毎月25日締めでその月の月末払い」「時給1000円」といった具体的な給料が決まりました。 私が出勤する頻度の話もして、「人が足りない時のパートとしてお願いします」と伝えました。 私は子育てもあるので「17時までしか働けない」ということも伝えました。 そういった話し合いの結果、私は8月中、毎週金曜のみ働くということになりました。 8月30日、タピオカ店の店長から「今月、ほとんど私1人でやるのキツかったから、来月からは日数多めに出勤して欲しい」と言われました。 しかし、私は子供の世話がある、と話すと「 共同経営なんだから、負担も半分にしなきゃ」と言われました。 もうお互いによく分からなくなっていると判断し、私が身を引いたほうがいいんじゃないかと考え、再び翌31日に話し合いをしています。 そこで「私は辞める方向だ」と伝えると、Xさんからは「じゃあ、出られるときだけ出てね」と言われました。 そのほかのことも、お互いの心の内をぶつけ合った。 その上での言葉でしたので、私は和解したと思っていました。 しかし、9月1日の朝に再びLINEで「共同経営だと言った」「言っていない」という話になったので、9月2日に私の夫も交えて話し合いをしようという流れになりました。 その話し合いの場で「辞める方向で」と伝えましたが、なにも解決しませんでした。 その後、突然、タピオカ店の店長から 店の合鍵を受け取りたいという連絡があったそうです。 さやかさんの友人がお店に差し入れを持ってきてくれたとお店から連絡があり、家に持ち帰るので取りに来てくれと言われました。 そのときにお店の合鍵も受け取りたいと言われ、そこで私はもう辞めるということなのだなと察しました。 給料未払いの件は、9月14日にお店の合鍵を届けに行った時点で、8月分の給料をまだ受け取っておらず、お店から9月3日に「いつでもいいので取りに来て下さい」と連絡を受けていたこともあって、その際にもらえると思いましたが、支払われませんでした。 給料が入っていないことを伝えると、「今日、渡すって言っていないよね?」と言われ、「もういりません」と伝えると、後日振り込みますという連絡が入りました。 さやかさんの言い分 ・資金は払っていないのに共同経営者のような扱いだった。 ・木下優樹菜さんがインスタで宣伝しても嫌がるそぶりがなかった。 ・未払いの給与に関しては、いつでもいいと言われたのでそのままにしていた。 双方の言い分を受けて 双方の言い分をみていると、言った言わないが積み重なった結果です。 まず共同経営者なら資金を支払うべきだし、支払っていないのであれば従業員として徹するべき。 木下優樹菜さんに「友達とタピオカ店を経営する」という言い方はオカシイです。 伝えるなら、「 友達のタピオカ店で働く」でしょう。 不信感があるならすぐ伝えるべきだし、「 言わなくても分かるよね?」といったやり取りがトラブルになった原因です。 親しき中にも礼儀ありとはつまりこのことかもしれません。 木下優樹菜が謝罪【謝罪文あり】 これら報道を受けて、木下優樹菜さんは、自身のインスタグラムで謝罪しました。 この度は、私の自己中心的な発言により、 相手の方、相手の関係者の方々に大変不快な思いをさせてしまい、 誠に申し訳ございませんでした。 私の発言は いくら大切な家族のための事とは言え一方的な凄く幼稚な発言だったと思います。 実の姉の事なので一時的に感情的になってしまいました。 非常に失礼な発言をした事をとても反省しております。 相手の方には、気持ちが伝わるまで、誠意を伝えたいと思います また、この報道を見て不愉快な思いをされた方、 本当に申し訳ございませんでした。 事務所にも大変迷惑をかけました。 改めまして、私の発言について、大変申し訳ございませんでした。 今後は自分の芸能人という立場をしっかりと考え、 発言には十分注意していきたいと思います。 そして、どんな時も 応援して支えてくれているファンの皆様、ごめんなさい。 悪いことをしたと思い謝罪したからといって、事件をもみ消そうという意図がよくないですね。 また、謝罪文が定型文過ぎて「 本当に反省しているかわからない」という声も。 木下優樹菜さんは、物怖じしない性格で物事ハッキリ言う姿勢が女性から人気でしたが、裏ではただのヤンキーというのがバレてしまいママタレントの座が危ぶまれています。 木下優樹菜に対する世間の声 木下優樹菜さんの謝罪を受けて、ネットでは「 敬語使えるんだ」と辛口な意見が目立ちます。 木下優樹菜が姉が勤めるタピオカ店のオーナー脅した件だけど文章がとても大人の書いたものとは思えないが、まぁ木下優樹菜なので納得である。 もーさ、 やめなぁ? — うみちゃんは死んだよ サブ垢 umimoumuri 木下優樹菜が姉が勤めるタピオカ店のオーナー脅した件だけど文章がとても大人の書いたものとは思えないが、まぁ木下優樹菜なので納得である。 木下優樹菜 好きでも嫌いでもなかったけどこれ見てドン引いたわー いい年こいて子供もいる大人の女の発言かね?ヤンキーって言うか半グレじゃん おばはんおばはん相手の事おちょくってるけど 自分若いつもり?自分もおばはんじゃんw — もろへいや CQNIQJa63kbwakE 木下優樹菜 好きでも嫌いでもなかったけどこれ見てドン引いたわー いい年こいて子供もいる大人の女の発言かね?ヤンキーって言うか半グレじゃん おばはんおばはん相手の事おちょくってるけど 自分若いつもり?自分もおばはんじゃんw かなり批判的な意見が目立ちました。 批判の多くは、 2児の母とは思えない発言です。 元々口が悪いのが有名で、テレビでもお構いなしに暴言を吐いていた木下優樹菜さん。 最近はキレイになってヤンキー感がなくなっているように思っていましたが、非常に残念です。 木下優樹菜さんのファンの中には、「 自分の立場を顧みず、ハッキリ物事言ってかっこいい」と称賛する人もいますが、30代で2児の母とは思えない幼稚さが漏洩した結果になってしまいました。

次の

木下優樹菜の引退でタピオカ店の店長を直撃「謝罪は1回もない」

タピオカ 木下

名前:木下優樹菜 本名:藤本優樹菜 相性:ユッキーナ 生年月日:1987年12月4日 年齢:32歳(2020年7月現在) 身長:168cm(88-58-86) 出身地:東京都 葛飾区 職業:タレント、ファッションモデル 最終学歴:通信制の高校(詳細不明) 実家は中華料理屋で、木下優樹菜さんは三姉妹の三女です。 若い頃はヤンキーで中学時代は副番長だったとのこと。 2006年に渋谷でスカウトされ、2007年からグラビアで活躍されています。 また同年の名物バラエティ『クイズ! ヘキサゴンII』では珍回答を連発し、里田まいさん、つるの剛士さん、スザンヌさん、上地雄輔さんらとともに瞬く間にお茶の間の人気者になりました。 2010年8月28日、約1年半の交際を経てお笑いコンビ『FUJIWARA』の藤本敏史さんと結婚。 おしどり夫婦としてテレビで共演されることも多かったです。 現在は2児の母。 2019年11月18日 月 、芸能活動の自粛を発表されました。 弊社所属・木下優樹菜は7月1日に活動再開を発表いたしましたが、今後の活動に向け慎重に協議を続ける中で、当社として今後同人との信頼関係を維持することが著しく困難であると判断し、また本人からの申し出を受けたため、専属マネジメント契約は解除、木下優樹菜は芸能界引退する事となりました。 木下優樹菜とは14年間の長きに渡り苦楽を共にしてまいりましたが、このような結果になりまして、当社として誠に不本意であり、マネジメント会社としての責任を痛感しております。 長年にわたり、木下優樹菜を応援していていただいたファンの皆様、関係者の皆様には、このようなご報告となってしまい大変申し訳ございません。 どうかご理解いただければと存じます。 木下さんのインスタグラムアカウントはすでに削除されています。 木下優樹菜のタピオカ騒動、登場人物まとめ まずはこの騒動の登場人物をまとめておきましょう。 木下優樹菜 上でも紹介していますのでもう説明不要ですね。 木下優樹菜の姉、石井さやかさん(旧姓木下) 木下優樹菜さんは三姉妹で、次女の石井さやかさんがこの騒動に登場します。 画像は2014年の物なのでちょっと古いですが、かなりの美人です。 年齢は2019年11月現在で33歳とのこと。 木下優樹菜さんの2歳年上になりますね。 現在は3児の母です。 タピオカ騒動でインスタアカウントは削除されてしまいました。 タピオカ屋『ALL RIGHT』経営の夫婦 石井さやかさんの友人です。 どんな方なのかは詳しくはわからないのですが、お店の名前は『ALL RIGHT』と言います。 住所は、東京都 江戸川区西小岩3-27-16-103 です。 ストリートビューではまだお店がで出来る前の画像になっています。 木下優樹菜のタピオカ騒動とは?サルでもわかるお手軽かんたん解説! まず最初から簡単に説明していきましょう。 石井さやかさんの友人(後のタピオカ屋夫婦)が「今度タピオカ屋をやる、石井さやかさんも一緒にやろう」と誘いました。 石井さやかさんは承諾し、こうしてタピオカ屋『ALL RIGHT』がスタートします。 この時点で経営者は石井さやかさんの友人夫婦であり、石井さやかさんは従業員という形になります。 しかし最初「一緒にやろう」と誘っていたので、石井さやかさんは「自分も経営者の一員なんだ」と、勘違いが起きてしまったのです。 この勘違い事情を聞いた妹の木下優樹菜さんも勘違いしたまま「姉がやるタピオカ屋がオープンしたよ」とインスタグラムで大々的に宣伝してしまったのです。 木下優樹菜さんのインスタフォロワー数は530万人で、日本では4番目です。 影響力は絶大なわけです。 そして大勢のお客さんが『ALL RIGHT』に来ることになります。 しかしここで「おかしいな、こんなはずでは 来客数が多すぎる 」と感じた経営者は、『ALL RIGHT』が『木下優樹菜の姉の店』として世間に認知されていることを知ります。 で、さやかさんと話し合うことに。 ここで最初の両者の勘違いが表に出てきて、モメた結果、さやかさんはお店を辞めることに。 これに怒ったのが木下優樹菜さん。 「姉を裏切ったお店、もうフォロワーのみなさんはお店に行かないで」とインスタグラムで投稿します。 そして案の定、お店はネット上で大炎上します。 しかしお店側も黙っておらず、インスタグラムで反論。 これに木下優樹菜さんがさらに怒り、今度は恫喝まがいのDM(ダイレクトメール)を送ります。 この恫喝DMが流出し、今度は木下優樹菜さんが大炎上します。 木下優樹菜さんは世間のあまりの批判の多さから謝罪し、反省の形として芸能活動を自粛することにりました。 木下優樹菜のタピオカ騒動とは?サルでもわかるお手軽かんたん解説!のまとめ 以上、今回は木下優樹菜さんのタピオカ騒動について調べてみました。 今回は簡単に説明するための記事であり、事実はもっともっといろんなことがあって複雑です。 よりわかりやすく簡単に説明するために多少の語弊などがあることをご了承ください。 何も知らない方が「ニュアンスはこんな感じなんだな」ということをわかっていただければ幸いです。 どっちが悪いかと聞かれれば、どっちも悪いのでは?と個人的には思います。 ということで今回はこの辺で。 最後まで読んで頂いてありがとうございました。

次の