スナップ スナップ。 概要

「スナップフィル」「スナップアシスト」とは

スナップ スナップ

スナップチャットとは? 「スナップチャット」とは、登録した個人やグループに向けて画像などを投稿するSNSアプリ。 アメリカではインスタグラムを抜いて、10代が選ぶSNS第1位になるほど人気があるようです。 ではスナップチャットは、ほかのSNSアプリと比べて何が違うのか、その人気の秘密を紹介していきましょう。 スナップチャットでできること スナップチャットでできることは、大きく分けると4種類あります。 1.スナップ(写真や動画)を友達に送る 1つ目は、撮影した写真や動画「スナップ」を、登録した友人「フレンド」に送ることができること。 テキストを載せたり、フィルターやエフェクト加工を施して送ることもできます。 2.友達とチャット 2つ目は、フレンドとの「チャット」ができること。 テキストや写真、動画だけでなく、リアルタイムでのビデオチャットを楽しむこともできます。 3.ストーリー 3つ目は「ストーリー」という機能。 すべてのフレンド(公開範囲の設定も可能)に、撮影したスナップを公開することができます。 公開されたスナップは24時間だけ閲覧することができます。 4.写真や動画を加工 そして4つ目は、写真や動画の加工ができること。 撮った人物を異性や子どもに変えることができるフィルターは、最近とくに注目されています。 なんと投稿が10秒で消えてしまう! この説明だけだと「ほかのSNSアプリと何が違うの?」と思ってしまいますよね? 実はこのスナップチャット、 最大の特徴は投稿されたスナップやチャットの内容が、たったの数秒で消えてしまうことなんです。 ほかのSNSでは、投稿された内容はすべて保存されますが、スナップチャットの場合は、閲覧時間が最大で10秒(投稿者が1~10秒のあいだで設定可能)となり、閲覧後その投稿が見られなくなってしまいます。 同じスナップをリプレイすることはできますが、そのチャンスは1度だけ。 それ以降も閲覧したい場合は、スクリーンショットを撮って残すという方法しかありません。 しかし、リプレイもスクリーンショットも、行うと投稿者に通知される仕組みになっています。 この「投稿しても数秒で消えてしまう」という機能が、人気の理由のようです。 また、受け取る側は、開けたらすぐに消えてしまうことがわかっているので、開けるときにちょっとしたドキドキが楽しめます。 ほかにも楽しい機能が満載! このほかにも、自分のスナップを無料のクラウドストレージに保存できる「メモリーズ」、フレンドの位置情報を地図上で確認できる「スナップマップ」など、さまざまな機能があります。 また、「Bitmoji」アプリを使って、自分で作成した絵文字をスナップチャットで使うこともできます。 スナップチャットの登録と使い方 そんなスナップチャットは、始めに登録をする必要があります。 方法はとても簡単。 まず「スナップチャット」アプリをダウンロードします。 そして表示される登録画面の指示に従って、生年月日や氏名、ユーザー名、メールアドレスなどを登録すればOK! ユーザー登録すると、フレンドリストが表示されるので、この画面で友達を追加することができます。 いろいろなことができるわりに、アプリの操作も非常に簡単です。 ホーム画面のアイコンをタップしたり、上下左右にスワイプすることで、「チャット」や「ストーリー」などの画面に移動することができます。

次の

スナップ写真(すなっぷしゃしん)とは

スナップ スナップ

「スナップ機能」については、すでに解説しています。 要するにウィンドウのタイトルバー部分にカーソルを合わせ、マウスの左ボタンを押したまま、デスクトップ画面の端にドラッグします。 仮のサイズが表示されたら、そこでボタンを放すとウインドウのサイズが自動調整されるという機能です。 「 スナップフィル」は、ウインドウをスナップしたとき、残り画面があれば、ウインドウの境界線をドラッグして移動させることで、別のウインドウをスナップすれば残り画面ピッタリに配置できます。 たとえば左のウインドウの幅を少し狭くしたいとき、左にスナップして 右の境界線を左にドラッグで移動させ、幅を狭くして、 残り画面にウインドウを右スナップすると ピッタリと並びます。 一方の「 スナップアシスト」は、ウインドウをスナップしたとき、残り画面があれば、そこに配置できる他のウインドウのサムネイルが表示され、 そのいずれかを選択すると残り画面ちょうどのサイズで開きます。 2つのウインドウを選んで、左右きちんと並べたいときに便利です。 「スナップ」「スナップフィル」「スナップアシスト」機能はオフにできます。 スタートメニューで「設定」を選択• 「システム」で「マルチタスク」を選びます。 右側の「スナップ」各項目で設定できます。

次の

Snapchat(スナップチャット)とは?他のSNSとの違いや機能を紹介!

スナップ スナップ

スナップ機能とは(2) ウィンドウが半分に整列され、残りの半分にはデフォルトだと、このように残りのウィンドウがサムネイル表示される。 サムネイルを選択すると、そのウィンドウが残り半分の領域に表示される。 Windows 10は、ウィンドウを画面の端にドラッグすると、そのウィンドウが自動的に右半分や左半分に整列される「スナップ」機能が標準で有効になっている(Windows 7では、「Aeroスナップ」と呼ばれていた機能)。 ウィンドウを手早くきれいに並べて作業したいような場合には、便利な機能だ。 しかし、隠れているウィンドウを見るために、その上に被っているウィンドウを端に動かしたら、スナップ機能でデスクトップの右や左半分に広がってしまい、下のウィンドウが見えなくなってしまったという経験を持つ人も多いのではないだろうか。 こうした意図しない状態になるのを防ぐには、このスナップ機能を無効化すればよい。 ただ、この機能を無効化する設定場所が少々分かりにくい。 そこで、スナップ機能を無効化する方法を紹介しよう。 [マルチタスク]画面が開いたら、「スナップ」の「ウィンドウを画面の横または……」下のスイッチを「オフ」にすればよい。 この項目を「オフ」にすると、その下の3つのスイッチも自動的に「オフ」になる。 これで、スナップ機能が無効化される。 スイッチ 意味 「ウィンドウをスナップするときに、利用可能な領域に……」 デスクトップの空いている領域を埋めるように、ウィンドウのサイズを変更する 「ウィンドウをスナップしたときに横で……」 スナップした際に残りの領域に他のウィンドウをサムネイル表示する 「スナップされたウィンドウのサイズを変更するときに……」 スナップされたウィンドウのサイズを変更する際に、隣接するウィンドウのサイズも同時に変更する スナップ機能のスイッチの意味 画面操作の項目にもかかわらず、[マルチタスク]画面にスナップ機能に関する設定があるため、知らないと少々迷うことになる(機能的には[簡単操作]画面にある方が分かりやすいと思うのだが)。

次の