あい ゆう 歯科。 ゆうあいデンタルクリニック(福岡県福岡市博多区)の歯科衛生士の求人情報

<ネット予約可>ゆう歯科医院(東大阪市/河内小阪駅)【口コミ・評判14件】|EPARK歯科

あい ゆう 歯科

通うのが面倒、通う時間がない、といった個人的な理由での保険診療は認められません。 医療器具はポータブル歯科機材を使用します。 また、訪問可能地域は、歯科医院から半径16キロ以内に自宅や施設があることが決められています。 治療が終了するまで定期的に往診いたします。 ご希望があれば、ご家族や、介護・看護に係る皆様に治療内容をご報告を致します。 治療メニュー• 虫歯や歯周病の治療• 入れ歯の作成や調整・修理• 口腔ケア• 費用について• 自宅にお伺いした場合 は、 治療に対する費用は健康保険適用、それ以外の日常の口腔ケアや義歯の管理等の費用は介護保険適用になります。 施設の場合 は、総て健康保険適用になります。 交通費や、往診費は一切いただいておりません。

次の

岐阜市にあるゆうあい歯科医院の紹介

あい ゆう 歯科

当院は平日22時まで診療しています。 複合施設の中にあるため、治療のついでにお買い物をすることができます。 また、院内にはキッズスペースがありますので、お子さまを連れて通院することも可能です。 当院は平日22時まで診療しています。 複合施設の中にあるため、治療のついでにお買い物をすることができます。 また、院内にはキッズスペースがありますので、お子さまを連れて通院することも可能です。 当院は平日22時まで診療しています。 複合施設の中にあるため、治療のついでにお買い物をすることができます。 また、院内にはキッズスペースがありますので、お子さまを連れて通院することも可能です。 当院は平日22時まで診療しています。 複合施設の中にあるため、治療のついでにお買い物をすることができます。 また、院内にはキッズスペースがありますので、お子さまを連れて通院することも可能です。 当院は平日22時まで診療しています。 複合施設の中にあるため、治療のついでにお買い物をすることができます。 また、院内にはキッズスペースがありますので、お子さまを連れて通院することも可能です。 当院は平日22時まで診療しています。 複合施設の中にあるため、治療のついでにお買い物をすることができます。 また、院内にはキッズスペースがありますので、お子さまを連れて通院することも可能です。 当院は平日22時まで診療しています。 複合施設の中にあるため、治療のついでにお買い物をすることができます。 また、院内にはキッズスペースがありますので、お子さまを連れて通院することも可能です。 当院は平日22時まで診療しています。 複合施設の中にあるため、治療のついでにお買い物をすることができます。 また、院内にはキッズスペースがありますので、お子さまを連れて通院することも可能です。 患者さまの大切な歯を守るために、ゆう歯科医院では「お口に違和感があるという段階から、相談にいらしてほしい」と考えています。 初期の虫歯には目立った症状がなく、悪化するにつれて「冷たいものや甘いものがしみる」「熱いものがしみる」「何もしていなくても歯が痛む」というように、段階的に変化していきます。 痛みが出ているのは、細菌感染が歯の神経に近い部分にまで至っているからです。 その状態で治療をすると、歯質を大きく削ったり、神経を抜いたりといった処置が必要になり、歯の寿命を縮めてしまうおそれがあります。 また、放置して症状が悪化すると、通院期間が長引き、治療の痛みが強くなり、費用も高くなるなどし、負担が増えてしまいます。 口内に違和感がある方は、できるだけ早い段階でご相談にいらしてください。 当院では複数のセラミックを用意しており、患者さまのご希望に合った選択をすることができます。 セラミックは白くて透明感がある素材ですので、天然の歯に近い見た目を再現することが可能です。 歯にぴったりと接着させられるため、つめ物・かぶせ物の下で虫歯が再発しづらいというのも、大きなメリットです。 ノンメタル素材のため、金属アレルギーがある方も使用できます。 また、当院には女性の歯科医師も在籍しております。 男性歯科医師が苦手な女性の患者さまも、気軽にお口のコンプレックスについて相談しやすい環境です。 料金は料金表を確認してください。 インプラント治療では、顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込む手術を行います。 人工歯根の上にセラミックなどの上部構造をかぶせることで、天然歯に近い見た目と、自然な噛み心地を再現することが可能です。 歯を失った部分を放置し続けていると、その空間に隣の歯が倒れてきたり、向かいの歯が伸びてきたりと、様々なトラブルが発生します。 インプラントはそういった問題を防ぎ、お口の環境維持にも役立つ治療方法なのです。 患者さまがインプラント治療をご希望された際には、歯科医師がカウンセリングと診査・診断を行い、口内が適応可能な状態か否かを伝えます。 可能な場合には、インプラント手術を担当する歯科医師によって、より詳しい相談と治療計画の立案が行われます。 料金は料金表を確認してください。 お子さまを虫歯からしっかりと守るために、当院では口内に問題がない時期から定期通院をして、歯科医院に慣れておくことを推奨しています。 乳歯は大人の歯に比べると柔らかいため、虫歯になると悪化が早いという特徴があります。 そのため、気が付いた時には虫歯が悪化していて、歯を削ったり抜歯をしたりといった、麻酔を伴う治療が必要になる可能性が高いのです。 お子さまに治療のトラウマを作らないためにも、定期的にお口のチェックを受けて、虫歯予防に取り組みましょう。 また、怖がりなお子さまの場合には、診療チェアに座ったり、治療器具を触ったりする練習から行います。 あらかじめ歯科医院に慣れておくことで、虫歯ができてしまった際に、スムーズに治療を受けることができます。 診療のモットーを教えてください。 ゆう歯科医院のモットーは「患者さまのお気持ちに寄り添った治療を提供する」ことです。 そのために、事前にしっかりとカウンセリングを行い、丁寧に治療内容を説明して患者さまのご理解・ご納得を得てから、先に進むことを大切にしています。 また、当院は複数の歯科医院を運営する医療法人に所属しています。 他の歯科医院と協力し合って、幅広い患者層と症例に対応できるよう、体制を整えております。 虫歯や歯周病の治療はもちろん、インプラント治療や美容診療、訪問歯科診療などにも対応しておりますので、お口に関することは何でもご相談ください。 様々ある歯科治療の中で力を入れて学んだことは何ですか?その理由も教えてください。 基本的には歯科医療全般をしっかりと修めましたが、特筆するのであれば、補綴治療です。 大学時代に所属していた補綴科でつめ物・かぶせ物・義歯などに関することを詳しく学びました。 歯科にはたくさんの診療項目がありますが、それぞれが密接な関わり合いを持っています。 そのため、何か一つだけに力を入れるのではなく、オールマイティーに提供できる歯科医師を目指しました。 説明・カウンセリングで重視していることはありますか? 当院では、事前説明をした上で患者さまのご同意を得てから治療を行う、インフォームド・コンセントを重視しています。 何の事前説明もないまま治療をされると、結果的に問題がなかったとしても、患者さまは不安になるためです。 初診では「どのような症状があるのか」を詳しくお伺いした後に、「どのような治療が必要か」を分かりやすく説明します。 説明を聞いた患者さまが、その治療を受けたいと思われなければ、診療を進めないことを心がけています。 お子さまを喜ばせるために行っていることはありますか? いきなり治療をするのではなく、遊び感覚で治療器具に触れたり、診療台に座ったりする練習から始めています。 歯を削るような痛みのある治療からスタートしてしまうと、お子さまが歯科医院に対してトラウマを持つ原因となり、歯が痛くても通院ができなくなってしまう可能性があるためです。 お子さまの歯は弱いため、一度虫歯になるとあっという間に悪化してしまう傾向があります。 まだ虫歯がない頃から定期通院の習慣を付けることで幼少期の歯を守り、大人になってからも自分でお口の健康管理ができる状態を目指しています。 スタッフの自慢できる点を教えてください。 当院のスタッフたちは、皆で協力し合って物事にあたるという意識が強いことが自慢ですね。 何か問題がある時には全員で改善策を考えるなど、議題はオープンにしています。 歯科医療はチームワークが重要なので、こういった行動を遵守してくれるスタッフが揃ってくれていることは、大きな助けになっています。 ゆう歯科医院の掲載ページを初めてご覧になる方へメッセージをお願いします。 ゆう歯科医院が目指しているのは、お口のことは何でも相談できる、地域に密着したホームドクターです。 初めて来院される方にも不安なく治療を受けていただけるように、事前に丁寧なカウンセリングをして、一人ひとりに合った対応を心がけています。 患者さまが納得できるまで処置を行うことはありませんので、しっかりと話し合いながら治療計画を立てていきましょう。

次の

院長挨拶|川口市芝 ゆうあい歯科

あい ゆう 歯科

院長眞鍋 昇 Manabe Noboru 口腔内も、他の食堂や胃などの消化器と同様、一つの臓器と考えてください。 例えば、食道、胃、腸などのうち、一つでも病気になれば、食事や栄養補給が難しくなり、毎日の生活に支障を来たすようになります。 そして、このような問題が起こる前に、人間ドックなどの健康診断を受けられる方も年々増加しています。 一方消化器の一つである口腔内はどうでしょうか。 むし歯や、歯槽膿漏や、歯の抜けたところをそのまま放置しておいて、痛みが出たら治療を受ける。 そしてひと通り治療が終われば次に痛みが出るまで放っておく、という方が多いのではないでしょうか。 例えば、歯が抜けたところに義歯を入れないで放置すると、その周辺の歯が移動して噛みづらくなったり、顎関節症といったあごの関節の病気になり苦痛に見舞われることもあります。 それぞれに合った義歯やブリッジ等を入れ、定期的に来院していただき、その具合をチェックしていくことをおすすめします。 むし歯や歯槽膿漏など、痛みが出てからの治療ではなく、痛みが出る前に治療を受け、治療後も定期的にその人の状態に合った期間で口腔内の健康診断を受けましょう。 早期発見・早期治療を心掛ければ、抜かなくてもよい歯を抜いたり、やっかいな治療をすることも少なくなります。 お口も、他の消化器と同じように、定期的な健康診断をうけさせてあげてください。

次の