ゴードン ミラー モータース。 リアルウッドのお洒落「車中泊」バンがオートバックスで買える!! |ゴードンミラーモータース【後編】

【ハイエース 新キャンピグカー】リチウムイオン・バッテリー搭載、ゴードン・ミラーGMLVAN V

ゴードン ミラー モータース

オートバックスセブンが展開するガレージライフスタイルブランド「GORDON MILLER(ゴードンミラー)」。 今年の東京オートサロンで大々的なブースを展開し、話題となったブランドだが、そのゴードンミラーのエッセンスを凝縮したオリジナルのカスタムカーが、「GORDON MILLER MOTORS(ゴードンミラーモータース)」として、コンプリートカー販売される。 まず登場するのは、前編にて紹介した【GMLVAN V-01】と、今回紹介する【GMLVAN C-01】の2台。 こだわりのガレージの世界観と連動したヘビーデューティな機能性やルックスを備え、ガレージライフの延長のようなロードトリップに出られるお洒落なVANLIFEを実現するコンプリートカー。 車両は新車ベースとなり、まずは、スーパーオートバックスNAGOYABAY、スーパーオートバックスかしわ沼南、スーパーオートバックス富山南の3店舗にて取り扱いを開始する。 GORDON MILLER MOTORS/GMLVAN C-01 GMLVAN C-01は、V-01のベースであるハイエースよりも一回り小さい日産・NV200をベースとしたコンプリートカー。 使い勝手の良いコンパクトなボディサイズなので、街中でも快適かつサイズを気にしないドライブが可能。 GMLVAN V-01同様に、ベッドやテーブルなど多彩なアレンジができるフレキシブルな車内構造や、温かみやぬくもりを存分に味わえる天然ウッドの内装を装備。 車中泊やキャンプライフを、より楽しくお洒落に楽しめる。 さらにGMLVAN C-01特有の仕様として、日産自動車協力のもと特別色を作成。 メーカー工場にて塗装されるオリーブドラブとコヨーテは、GMLVAN C-01だけのオリジナルカラーだ。 コンパクトなボディサイズながら、後方スペースはフルフラットにすれば、最長184cmの広い空間を実現。 車中泊も十分に楽しめる。 天井まで覆われた無垢材は、車内の雰囲気をがらりと変える。 特徴的なダウンライトも備わり、実用性も高い。 床面は防水・防汚加工済。 アウトドアで楽しんだ後の汚れ物や濡れ物を置いても、カンタンに掃除ができて、クリーンに保てる。 リアルウッドの天板の設置の仕方次第でベッド、テーブルなど自在なスタイルに。 車中泊の楽しみ方も様々。 フロントのグリル部分には、ゴードンミラーのオリジナルエンブレムを採用。 マットブラックでさり気なくアピール。 ルーフラックやサイドオーニング、ホイールなど、オプションも充実。 より自分らしくカスタムを進めることが可能だ。 4WD仕様も可。 ボディカラーはオリジナルカラーのオリーブドラブ、コヨーテから選択。 gordonmillerpro. com• 掲載されている写真はそれぞれの車種用でないものも含まれています。 また、対応は年式やグレード、 装備などにより異なる場合があります。 購入の際は必ずご確認ください。 商品の価格・仕様・発売元等は記事掲載時点でのものです。 商品の価格は本体価格と消費税込みの総額表記が混在しております。 商品を購入される際などには、メーカー、ショップで必ず価格・仕様・返品方法についてご確認の上、お買い求め下さい。 購入時のトラブルについて、出版元・編集部は一切関知しません。 また責任も負いかねます。 2020 All Rights Reserved.

次の

レトロ&クリーンなカスタムハイエース オートバックスの新ブランドGORDON MILLERから

ゴードン ミラー モータース

スーパーオートバックス仙台ルート45 外遊びでも頼れるショップ カー用品でおなじみの「オートバックス」に今、アウトドア好きファミリーが集っていることを知っていますか? お目当ては「ゴードンミラー」。 「心踊るガレージライフ」をテーマに、クルマ関連のグッズやアウトドアギアなどからライフスタイルを提案しているブランドです。 先月22日にリニューアルした宮城野区日の出町の「スーパーオートバックス仙台ルート45」は、そんなゴードンミラーの売り場を東北最大規模に拡充した、全国5番目の店舗。 壁面まで所狭しと雑貨や収納ボックスが並べられ、思わず「こんなモノも!? 」と驚くワクワクがいっぱいです! 耐荷重や撥水性などの機能性に優れていながら、無骨でインダストリアル色の強いデザインのアイテムは、キャンプをさらにカッコよく、部屋に置けばガレージハウスさながらの重厚感が漂いそう。 並べただけで写真映えする、スタイリッシュなパッケージの掃除道具も手頃にそろいます。 人気商品「トランクカーゴ50L」各3188円は、耐荷重100kgと頑丈。 スツールとしても優秀です バンライフをかなえるクルマ 「スーパーオートバックス仙台ルート45」では、世界的に注目を集めるバンライフを提案する「ゴードンミラーモータース」の常設・販売も同時スタート。 こちらが展示中の新車カスタムカー(本体価格429万円から)。 ハイエースをベースに、自在にスタイルを変えられる無垢材の内装を備えたクルマは一見の価値アリ。 ぜひお店で魅力を体感しませんか。 クルマ好き親子必見「こどもばっくす」 スタッフと同じつなぎを着てレーシングカーとの撮影など、お楽しみ盛りだくさん!.

次の

オートバックスが作ったキャンピングカーがマジでオシャレ!!

ゴードン ミラー モータース

オートバックスの自社ブランド text&photo:Hidenori Takakuwa (高桑秀典) オートバックスのオリジナル・ブランド「ゴードン・ミラー(GORDON MILLER)」のエッセンスが余すところなく凝縮されたオリジナル・カーレーベル「ゴードン・ミラー・モータース」の販売が好調だ。 東京オートサロン2020に展開された「ゴードン・ミラー」ブースが終始賑わっていたことからも、その注目度の高さを窺い知ることができた。 会場に展示されたのは、トヨタ・ハイエースをベースとした「GMLVAN V-01E(参考出品車)」。 そして、ボディがコンパクトな日産NV200バネットをベースとした「GMLVAN C-01(車両本体価格:322万9000円~)という2モデルだ。 参考出品、GMLVAN V-01Eとは 2台はいずれもヘビーデューティーなルックス、フレキシブルな車内構造、無垢のリアルウッド内装、高い機能性、最新の車体設備を備えており、4WD仕様も選択できる。 今回のトピックは「GMLVAN V-01」をアップデートした新モデルとして「GMLVAN V-01E」が提案されたことである。 車名の最後に「E」が付いたことからも察しがつくように「V-01E」はキャンプギアとして、より使い勝手のいい車両とするためリチウムイオン電池の強力なバッテリー(2300Wh)を搭載。 バッテリー どこに? 「V-01」のクラシックなスタイルやインテリアはそのままに、車内外に複数のコンセントを備え、スマートフォンなどの充電や冷暖房機器の使用が可能となっており、さらには冷蔵庫まで装備している。 そのため、リモートオフィスとしての活用や停電時の非常電源としての活躍も期待できるのであった。 なお、リチウムイオン電池「ゴードン・ミラー・バッテリーV2300」(2300Wh)は、車両右側のデッドスペースに積載されている。 また、ユーザーから寄せられたリクエストを反映し、天井のライトを簡単に調光できる新スイッチを採用したこともトピックだった。 純正塗装カラー 車体がコンパクトな「GMLVAN C-01」は女性も運転しやすいため、ファーストカーとして使っているファミリーも多い。 メーカーと協力し、オリジナルで色をおこして純正工場で塗装されるコヨーテとオリーブの車体カラーも注目されており、個性的な1台をゲットしたいアウトドア好きも「GMLVAN C-01」を購入している。 「GMLVAN C-01」をピクニック気分でアウトドアを楽しめるクルマだとすると、一方の「GMLVAN V-01」は本気でキャンプを楽しむためのクルマということになるだろう。 キャラクターが異なる2モデルが存在していることによって、数多くのユーザーを獲得してきたが、電源ステーションにもなる「GMLVAN V-01E」がラインナップに加わることになれば、さらに多くのファンから注目されることになるはずだ。 「ゴードン・ミラー・モータース」の話題で、2020年も盛り上がりそうだ。

次の