初音ミクの歌。 最高速の別れの歌「初音ミクの消失

TSUKUMO、Thermaltake社製の初音ミクコラボレーション商品を発売(2020年7月16日)|BIGLOBEニュース

初音ミクの歌

2020年07月11日 22時30分 無料で初音ミクがタップに合わせて歌ってくれる「Mikutap」で遊んでみた 初音ミクがタップやスワイプにあわせて歌う「 Mikutap」は、無料で遊べるサービスです。 スマートフォンとPCの両方から使用でき、ダウンロードも不要。 初音ミクがどんな歌を歌ってくれるのか、スマートフォン版を使って確かめて見ました。 Mikutap 「Mikutap」を使うには上記のURLにアクセスして「START」をタップ。 BGMが流れ出すので、画面の好きなところをタップかスワイプすると初音ミクが歌い始めます。 以下のムービーで、実際にMikutapのスマートフォン版で初音ミクに歌ってもらいました。 1タップで1音節歌ってくれます。 Mikutapは、キーボードやタップに合わせてアニメーションとサウンドエフェクトが楽しめる「 」にインスパイアされた作品。 歌だけでなく、タップに合わせて画面に丸や四角の図形がアニメーションで色とりどりに出現します。 Mikutapのスマートフォン版はタップに合わせて、初音ミクがランダムな音で歌ってくれます。 スコアや制限時間はなく、BGMに合わせるも合わせないも自由で好きなようにタップすればOK。 しばらく画面に触らずにいると、設定の変更が可能。 「FEEDBACK」はタップしたときに画面に表示される半透明の白い四角の表示をオンオフを切り替えられます。 以下が画面をタップしたときに表示される四角形。 BACKTRACKはBGMのオンオフを切り替えることができ、オフにすれば初音ミクの歌だけを楽しめるようになります。 MikutapはスマートフォンおよびPCで使用でき、PC版ではキーボードの入力に合わせて初音ミクが歌を歌ってくれます。 PC版は各キーボードに対応する音節が決まっているので、キーボードごとの音を覚えれば好きな歌を奏でることができそうです。 Mikutap.

次の

初音ミクの歌全曲教えてください

初音ミクの歌

2020. 異世界を越え、宇宙船に乗り、やってきたミクさんが地球でアブダクション!? 恋の引力に引き寄せられる。 あなたのエイリアン、ここに参上!• 「迫りくる絶望から乗り越えた先で、希望の光を握りしめる……」 攻撃的かつ疾走感を突き詰めた、ハイスピードPV。 「テオ」(Music by Omoi Lyrics by Sakurai)• 多彩に変化する光の演出をテーマにした、幻想的な表現のPV。 力強くアグレッシブなダンスとダイナミックなカメラーワーク、 LEDライトイルミネーションをイメージした空間表現に注目!• 動画投稿サイトで3,000万再生を越える、ベースラインが特徴的なデジロック曲。 インターネットのあるあるネタを表した、リンとレンの軽やかな掛け合いを聞いているだけで 思わず楽しくなってくる、中毒性の高い楽曲です。 2018年に公開された、ギターサウンドが印象に残る、まふまふ氏の楽曲。 ビビットなカラーで彩られた鮮烈なPVをバックに、訴えかけるように歌うさまが心に響きます。 本作では、MONO-Devoid氏によるオリジナルPVでゲームをお楽しみいただけます。 ボーカロイド専門レーベル「KARENT」より、巡音ルカ5周年を記念して配信された楽曲のひとつ。 映像はモゲラッタ氏によるオリジナルPV。 初音ミク10周年記念コンピレーションアルバム「HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album 『Re:Start』」に収録された Mitchie M氏の書き下ろし楽曲。 「大江戸元禄」と「平成」、それぞれのバブル期を表現したダンスチューン! イラストは竜宮ツカサ氏、PVはNot-116氏が手掛け、元禄文化や現代文化のオマージュ・パロディが多数盛り込まれています。 令和元年のMEIKO15周年に公開された、軽快でリズミカルな楽曲。 木管楽器とピアノが織りなす、珠玉のハーモニーに酔いしれましょう。 詳細は続報をお待ちください。

次の

初音ミク JOYSOUND歴代カラオケ配信曲を振りかえる!|m.tonton.com.my

初音ミクの歌

2020. 異世界を越え、宇宙船に乗り、やってきたミクさんが地球でアブダクション!? 恋の引力に引き寄せられる。 あなたのエイリアン、ここに参上!• 「迫りくる絶望から乗り越えた先で、希望の光を握りしめる……」 攻撃的かつ疾走感を突き詰めた、ハイスピードPV。 「テオ」(Music by Omoi Lyrics by Sakurai)• 多彩に変化する光の演出をテーマにした、幻想的な表現のPV。 力強くアグレッシブなダンスとダイナミックなカメラーワーク、 LEDライトイルミネーションをイメージした空間表現に注目!• 動画投稿サイトで3,000万再生を越える、ベースラインが特徴的なデジロック曲。 インターネットのあるあるネタを表した、リンとレンの軽やかな掛け合いを聞いているだけで 思わず楽しくなってくる、中毒性の高い楽曲です。 2018年に公開された、ギターサウンドが印象に残る、まふまふ氏の楽曲。 ビビットなカラーで彩られた鮮烈なPVをバックに、訴えかけるように歌うさまが心に響きます。 本作では、MONO-Devoid氏によるオリジナルPVでゲームをお楽しみいただけます。 ボーカロイド専門レーベル「KARENT」より、巡音ルカ5周年を記念して配信された楽曲のひとつ。 映像はモゲラッタ氏によるオリジナルPV。 初音ミク10周年記念コンピレーションアルバム「HATSUNE MIKU 10th Anniversary Album 『Re:Start』」に収録された Mitchie M氏の書き下ろし楽曲。 「大江戸元禄」と「平成」、それぞれのバブル期を表現したダンスチューン! イラストは竜宮ツカサ氏、PVはNot-116氏が手掛け、元禄文化や現代文化のオマージュ・パロディが多数盛り込まれています。 令和元年のMEIKO15周年に公開された、軽快でリズミカルな楽曲。 木管楽器とピアノが織りなす、珠玉のハーモニーに酔いしれましょう。 詳細は続報をお待ちください。

次の