アズールレーン 徹甲弾。 【アズレン】コアショップにまだ姿を現さない一式徹甲弾と超重量弾ってそんなにやばいの?

【アズールレーン】一式徹甲弾T0のステータスと入手方法【アズレン】|ゲームエイト

アズールレーン 徹甲弾

概要 アプリゲーム「」にて実装されたで、元ネタはのである「」。 同実装の、姉妹艦の等と共に、では初となるイタリア系のKAN-SENである。 性能・スキル 装備枠はユニオンの副砲型重巡と同じで魚雷を持たず限界突破で主砲の砲座が+1される。 対空値もユニオン艦ほどではなくとも平均よりは高めであり対空砲の装備補正も最後まで限凸させれば100%に届く。 回避値が若干低いが後述のスキルのお陰で充分補うことはできる スキル テルニシールド 自身がダメージを受けた場合8. 敵からの攻撃であれば確率にもよるがなんにでも反応して展開されるので低めの回避値をカバーできる。 半徹甲高爆榴弾 自身が榴弾・SAP弾属性主砲を装備している場合、敵を炎上させる効果が無くなる代わりに与えるダメージを4. 主砲弾が榴弾かイベント限定主砲のSAP弾だった場合炎上ダメージがなくなる代わりに与ダメージそのものを上昇させる。 徹甲弾の場合は確率で且つ時間限定ではあるもののより高倍率のデバフを敵艦に付与できる。 主砲の再発射時間を10秒以内にできれば運にもよるが常時デバフを与え続けることが出来る。 SAP弾について ザラの全弾発射で特によく見るであろう紫色の砲弾。 大まかな挙動は徹甲弾と同じで、中装甲の艦に特に強くそれ以外には弱いという独特の特性を持つ。 容姿 モデルの如きすらっとした長身とはち切れんばかりに豊満で柔らかそうな身体をした大人の女性。 頭には深緑にオレンジのアクセントの入った帽子を被り初登場時のイベント名を思わせるようなオレンジがかった紅蓮の長髪をツインテールにしている。 外はこげ茶で裏地は赤のマントを首元と胸元で止めて羽織っており儀礼用と思われる直剣を帯刀している。 服のサイズが合っていない 黒と緑に赤と金の指しが入った服装でガーターベルトでタイツをつっていると思われる。 背中は中ほどから露出していると思われ、胸元は中ほどまでしか覆われておらず布地に圧されてその上にはみ出しているほど。 腹部もパツパツで臍のくぼみがくっきりと浮き出ている。 炎のようなオーラのようなものを纏っていてよく見るとハートのような形をしている。 水着スキンでは髪をサイドテールに束ね黒のビキニを纏っている。 性格 仕事はしっかりとこなし、他の艦にも気づかいや気配りができるサディアの中枢艦隊メンバーにふさわしい能力を持っている。 元がイタリアの艦船をもとにしたために、オシャレやワインにも通じていて、夜空を眺めたりするのも戦場でなければ好きだというロマンチックな一面も。 一方、その肉感的なプロポーションに違わず容姿にも自信があるらしく、じろじろ見ているとからかうようなことを言ってきたり、タッチをすると誘ってくるようなことを言ってきたりする。 一方、自らが沈むことになったあの戦いのことはトラウマのようで、敗北時やとの出撃時にはそれを思わせるようなことをこぼしたりも。 妹ののことはとても大事にしていて、妹のこととなると指揮官相手でも許せるかわからないほどらしい 水着スキンでは水泳のインストラクターや監視員をやっているようで、バタ足のレクチャーや危険行為の注意をしていることが察せられる 関連タグ …イベントと同時に実装された水着スキン。 Live2Dで滑らかに動く 関連記事 親記事.

次の

【新装備】VH装甲鋼板【吾妻】

アズールレーン 徹甲弾

概要 アプリゲーム「」にて実装されたで、元ネタはのである「」。 同実装の、姉妹艦の等と共に、では初となるイタリア系のKAN-SENである。 性能・スキル 装備枠はユニオンの副砲型重巡と同じで魚雷を持たず限界突破で主砲の砲座が+1される。 対空値もユニオン艦ほどではなくとも平均よりは高めであり対空砲の装備補正も最後まで限凸させれば100%に届く。 回避値が若干低いが後述のスキルのお陰で充分補うことはできる スキル テルニシールド 自身がダメージを受けた場合8. 敵からの攻撃であれば確率にもよるがなんにでも反応して展開されるので低めの回避値をカバーできる。 半徹甲高爆榴弾 自身が榴弾・SAP弾属性主砲を装備している場合、敵を炎上させる効果が無くなる代わりに与えるダメージを4. 主砲弾が榴弾かイベント限定主砲のSAP弾だった場合炎上ダメージがなくなる代わりに与ダメージそのものを上昇させる。 徹甲弾の場合は確率で且つ時間限定ではあるもののより高倍率のデバフを敵艦に付与できる。 主砲の再発射時間を10秒以内にできれば運にもよるが常時デバフを与え続けることが出来る。 SAP弾について ザラの全弾発射で特によく見るであろう紫色の砲弾。 大まかな挙動は徹甲弾と同じで、中装甲の艦に特に強くそれ以外には弱いという独特の特性を持つ。 容姿 モデルの如きすらっとした長身とはち切れんばかりに豊満で柔らかそうな身体をした大人の女性。 頭には深緑にオレンジのアクセントの入った帽子を被り初登場時のイベント名を思わせるようなオレンジがかった紅蓮の長髪をツインテールにしている。 外はこげ茶で裏地は赤のマントを首元と胸元で止めて羽織っており儀礼用と思われる直剣を帯刀している。 服のサイズが合っていない 黒と緑に赤と金の指しが入った服装でガーターベルトでタイツをつっていると思われる。 背中は中ほどから露出していると思われ、胸元は中ほどまでしか覆われておらず布地に圧されてその上にはみ出しているほど。 腹部もパツパツで臍のくぼみがくっきりと浮き出ている。 炎のようなオーラのようなものを纏っていてよく見るとハートのような形をしている。 水着スキンでは髪をサイドテールに束ね黒のビキニを纏っている。 性格 仕事はしっかりとこなし、他の艦にも気づかいや気配りができるサディアの中枢艦隊メンバーにふさわしい能力を持っている。 元がイタリアの艦船をもとにしたために、オシャレやワインにも通じていて、夜空を眺めたりするのも戦場でなければ好きだというロマンチックな一面も。 一方、その肉感的なプロポーションに違わず容姿にも自信があるらしく、じろじろ見ているとからかうようなことを言ってきたり、タッチをすると誘ってくるようなことを言ってきたりする。 一方、自らが沈むことになったあの戦いのことはトラウマのようで、敗北時やとの出撃時にはそれを思わせるようなことをこぼしたりも。 妹ののことはとても大事にしていて、妹のこととなると指揮官相手でも許せるかわからないほどらしい 水着スキンでは水泳のインストラクターや監視員をやっているようで、バタ足のレクチャーや危険行為の注意をしていることが察せられる 関連タグ …イベントと同時に実装された水着スキン。 Live2Dで滑らかに動く 関連記事 親記事.

次の

【アズールレーン】装備の選び方って?装備関連の基本的な知識を解説!【アズレン】

アズールレーン 徹甲弾

今回は、装備の基礎について解説していきます。 主砲、魚雷、対空砲、爆撃機などさまざまな装備がある本作。 時にはキャラクターの選択よりも、装備の選択次第でクリアの安定度が大きく変わることもあるほど。 今回は、装備の基礎部分を解説していきます。 それぞれの装備の役割や特徴などを解説 艦砲 一部を除き、多くの艦種で装備可能なダメージソースとなる攻撃。 射角と射程内に敵がいると自動で発射されます。 軽巡と重巡は副砲を装備できるキャラも存在。 ダメージは、ステータスの火力が影響します。 ボタンを離すと発射されます。 艦砲には、大きく通常弾、榴弾、徹甲弾の3種類の弾薬が存在。 厳密には三式弾もありますが、数が少ないので今回は省きます。 通常弾は軽~中装甲に、榴弾はすべての装甲に、徹甲弾は中~重装甲に対してダメージを与えやすいです。 出現する敵に合わせて装備を変えるのがベストですが、軽装甲の敵は体力が低く倒しやすい傾向にあることに加えて榴弾と徹甲弾のダメージ補正が優秀なので、基本的には榴弾か徹甲弾の艦砲を選択すればOKかと。 艦載機 空母、軽空母が航空攻撃を行う際に必要になる装備。 艦載機は3種類あり、それぞれ役割が異なります。 攻撃は時間経過のチャージ完了後に使用可能で、攻撃時に敵の一部の弾幕を消すことも可能です。 また、ダメージはステータスの航空が影響します。 後ほど解説する魚雷も同様ですが、敵や弾幕の多さなど、発動時の状況が重要なので手動操作のほうが本来の性能を発揮させやすいです。 爆撃機 敵の真上から爆弾を投下する攻撃方法。 複数の敵を一掃する点で優れています。 爆弾のlb(質量)が大きければ大きいほど威力が増加します。 そのため、爆弾のlbが大きく、搭載数が多いものを選ぶのがオススメです。 ちなみに、敵の艦載機を攻撃するための機銃と機関砲も搭載していますが、航空攻撃時に敵艦載機が飛んでいる場合にのみ攻撃します。 そのため、基本的には考慮しなくても問題ありません。 攻撃機 海に投下した魚雷で攻撃する艦載機です。 画面と並行になるように移動。 狙った敵の位置で交差するように移動。 どちらの型を選択するかは用途によって変えるのがいいです。 汎用型は1発の威力が高めで複数の敵に安定してダメージを与える点で優れています。 重桜型は1発の威力は控えめですが、魚雷が1点で交差するので1体の敵に大ダメージを与えるうえで有用です。 特に演習の主力艦隊など、動かない、もしくは動きが鈍い敵に使うと真価を発揮します。 また、爆撃機と同じく機銃と機関砲を搭載していますが、同じ理由で考慮しなくても基本的に問題ありません。 戦闘機 敵の艦載機を打ち落とすための装備。 敵の艦載機が飛行してくると自動で発艦されます。 爆弾を搭載している戦闘機は、航空攻撃に参加することも可能です。 戦闘機を選択する基準は、他の艦載機と同じく搭載装備。 敵の航空攻撃が激しい場合には、機銃、機関砲が複数搭載されているもの、そうでなければlbが大きい爆弾を搭載した戦闘機を選ぶのがいいです。 対空砲 敵が放った艦載機を打ち落とす役割を持つ砲撃。 攻撃は自動で行われます。 装備できるのは空母と一部の空母以外の艦種で、対空のステータスが影響します。 対空砲の特徴的な部分は、装備しているキャラの対空砲の能力(威力、射程、攻速)を足して、装備しているキャラ数で割って、1つの対空砲として扱うことです。 特に6隻で編成する場合には、威力補正や対空が高いキャラには威力の高い対空砲、威力補正や装填が低いキャラには射程が長く装填が少し高い対空砲など、キャラの性能に合った対空砲を装備させることが重要になります。 少数編成の場合にはそもそもダメージを稼ぐことが優先になるため、威力の高い対空砲をセットさせればいいかと。 魚雷 駆逐艦や一部の軽巡艦、重巡艦が行える攻撃で、時間経過のチャージが完了すると攻撃可能になります。 攻撃は、扇状に発射されて水面下を移動するのが特徴で、ダメージは雷装が高いほど上昇。 特に雷装が高い駆逐艦はダメージソースになります。 ちなみに、真価が発揮されるのは手動操作。 設備 キャラに特殊効果を付けたり、ステータスを底上げしたりする補助装備。 序盤はそれほど意識しなくても問題ないですが、高難度の海域や演習では重要になる要素です。 具体的には、炎上を発生させる榴弾持ちが多い海域で消火器をセットさせる、演習で先手を打つために戦艦に自動装填機構を装備させる、連戦を担当するキャラに応急修理装置を装備させるなどなど。 装備は細かい仕様がたくさんあるので、まずは自分がよく使う艦種の装備から理解していくのがいいと思います。

次の