キキルン ビーター。 FINAL FANTASY XIV, The Lodestone

黒衣森:南部森林の敵生息場所とドロップ素材【FF14 敵素材MAP】

キキルン ビーター

フィールド 主なレベル帯と、共に各エリアで習得可能な青魔法を紹介する。 存在するからといって必ずしもおすすめというわけではないため、おすすめが知りたい場合はを見て欲しい。 同じ名前で複数のレベルの敵が混在している場合、最も低いものをその敵のレベルとし、主な生息座標をカッコ内に表記した。 FATEでのみラーニングできるスキルは、調査が大変すぎるため対象としていない。 情報があれば追記するのでコメントで教えて欲しい。 なお、青魔は戦闘に参加する必要はない。 参加すると死亡リスクがあり対応が面倒なので、中には入らずボス部屋の前で待っていたほうが楽。 待っているだけじゃつまらない、という人向けに一応青魔が参加する場合の攻略法も書いてはおくが、効率を求めるならやらないほうが良い。 フィールドので十分だとは思うが、ダンジョンではここが最速ラーニングポイント。 4ボスで這いずる雑魚に捕まると行動不能になるため要注意。 手伝い側が拘束されてしまうと積み、特にそれがタンクの場合は自然回復HPのほうが高く死ぬこともできない。 通常のログアウトも被ダメでキャンセルされ実行できないため、回線切断かPCの電源を落として数分待つと脱出できる。 ただしテールスクリューは効くので、あらかじめ覚えてから挑むと良い。 ミサイルからの針千本でも可。 ただ、イシュガルド防衛戦で覚えたほうが数倍楽だし効率もいいい。 ペアで挑戦する場合は青も参加しよう。 2人PTで挑む場合、何もしないと非タンク つまり青魔 に3重DOT、タンク役にスタンクロー、非タンク役にテールスクリュー HPが1になる と連続発動し、DOTとの合わせ技で青が死んでしまう。 スタンが来るためエスナも間に合わない。 ソロだとすべてが自分に来てやはりDOTで死ぬ。 あらかじめ2名が集合しておき、タンクへのマーキング スタンクローの発動先指定 が発生するまで待機、それが青に移ったのを確認したら散開 DOTが範囲なため 、青に対してスタンが発動したら回復 事前にマイティガードと出来れば超硬化を使い、スタン解除後のホワイトウィンドで良い 、とするとスムーズに進めることができる。 3ボスは触手を放置しすぎると全体攻撃で青が死ぬことがあるため注意。 高火力で全体前に倒すか、適度に触手も削っておくか、青が超硬化で耐えるか、そもそも参加しない。 最初は攻撃せずに技を見て、発動してから一気に倒すと楽。 130指はこれと詩学強化しかないため、青魔のステータスを最大値にしようと思うなら取得必須。 そうすれば特に深く考える必要もなくただ倒すだけで終わる。 入り口のアラームは即死させれば雑魚を呼ばない。 キャスレンジのアビで遠くから即死させると楽。 ボスでの雑魚は近づけると被ダメを大きく軽減してしまう。 強引に倒すこともできるが、引き離して倒すと楽。 70Lvが3人と青3人を最低構成としたほうが楽。 自爆、ファイナルスピアが輝く。 ただし自滅技でとどめを刺してもラーニングできないことに注意。 軽い自爆で雑魚を掃除した上で、アーマードラゴンはテールスクリューやミサイルで削ると良い。 テールだとNPCがとどめを刺してしまう場合があるので、複数人で挑戦する場合は死者が居ないことを確認してから使うこと。 通常は途中退出できないが、自爆で死亡していると退出できるため、これを利用すると1周4分でラーニングに挑戦できる。 そのうち3分は放置でいいので楽。 超鼻息などではダメ。 連続使用するが、1回めが発動しただけで倒しても問題ない。 片方の技を覚え終わった場合、そちらだけ先に倒してもきちんと技を使ってくる。 片方倒れると専用の行動に移る、といったことはないようだ。 入り口の閉鎖空間外で待っていたほうが楽。 ソロで挑めば自動的にミニマムが解除 というか無効化 されるため、2人ペアになって交互に戦士ソロがおすすめ。 ソロでも余裕なのでペア攻略も可能だが、人が多いほうが高速化されて楽。 1回1分半、10回20分程度。 他の極でもそうだが、実際には退出や再突入で30秒程度必要なことを考慮する必要がある。 火力の出し過ぎに注意。 小タコが出ると同時に使ってくる。 ペアでも出来なくはないが面倒。 その場合は青が必ず死ぬので蘇生スキル必須。 うっかり落下すると復活できないため青は特に注意。 定期的に士気かアスヘリバリアを張っておけばランスラを無効化できる。 1回1分程度、10回15分程度。 8人だと削りすぎが多発するため4人推奨。 特に3回目の楔を失敗するとボスが無敵になるため絶対に勝てない。 フィールド中央で自爆すれば全域に攻撃が届くため、2,3回目の楔は青が自爆してから蘇生してもらうと早く回すことができる。 出来れば事前に仕込める怒髪天と月の笛を覚えておいて高速化したい。 衰弱があると怒髪天or月の笛だけでは小楔も壊れなくなるが、両方使えば弱衰弱があっても問題ない。 月の笛 マスクカーニバル10クリア がないなら交互にやって死なないようにし、あるなら同じ人が連続で自爆しても良い。 蘇生前にイフを倒しきってしまうとラーニング出来ない点に注意。 白がヒーラー兼タンクとなり、赤が削り役になるといいだろう。 エラプはどんどん使ってくるので発動確認を行う必要はない。 1回2分半、10回30分程度。 ・蘇生法 1分半 IL380以上の赤魔を出せる人を4人集めるのが条件。 多少妥協して白380でもよく、タイムは大きく落ちるが学星370程度でも可能。 HP4. 3万以上で、蘇生スキルを持つことが必須条件。 学星がいるなら3. 7万程度でも良い。 連続短蘇生が可能な赤がいると保険になる。 2人だけでも安定周回可能だが、その場合は2分程度にタイムが落ちる。 1時間あたりの試行回数が30回から24回に減るため地味に大きい。 しかししばらく募集しても集まらないようなら2人で数をこなしたほうがいいだろう。 赤2青2の4人PTを組み、赤と青のペアを2つ作る。 青魔は自爆をセット。 雑魚はドレッド 混乱床 を出す方はさっさと倒し、残りは倒しても倒さなくても良い。 ちなみに白だとアサイズだけで倒せる。 しばらく削ると黄玉がでるが、これは無視してとにかくリヴァを削って強引にフェーズを進めると勝手に黄玉が爆発する。 青魔は雑魚が出てくるあたりまでに交代で不思議な光支援をしてから自爆して死に、ペアの赤から蘇生を貰っておく。 すぐには復活しないで待機。 蘇生はドレッドの雑魚が居なくなってから行うこと。 復活地点にドレッドがかぶると事故の元になる。 黄玉爆発からしばらくするとリヴァがタイダルウェイブで全員に4. 2万ダメージを与えてくる。 赤はHPを全快させておくのを忘れずに。 青はタイダルウェイブのセリフが見えたあたりで復活し、タイダルを回避。 すぐに船が傾くので堅実で防ぎ、再度自爆する。 復活タイミングが早すぎるとタイダルを受けて再死亡からの死体落下、遅くても硬直中に傾いて落下するためタイミングは要注意。 もう一度同じことを繰り返して2回目のタイダルと傾きを回避し、リヴァが倒されるのを待つ。 理論上8人でも可能だが、無駄に人が多くても蘇生先選択ミスなどが起きる恐れがあるため、4人で十分だと思われる。 1回1分半、10回20分程度。 2万ダメージになる。 軽減無効。 このためHPを削りすぎないように注意して、雑魚と黄玉をしっかり倒してからフェーズを進める。 青玉は放置でもいいし倒してしまうこともできる。 ただし1回6分もかかってしまう。 人数は2~8で自由にしていいが、8だと削りすぎが怖いので4が適正か。 1回6分、10回1時間程度。 水神のヴェールは開始直後に使うため発動確認を行う必要はない。 定期的にランタゲAOEのサンダーストームが来るが、これはフィールドにある玉の数によって威力が増える。 無視していると1枚あたり6000ダメージにもなるため 50Lv青の最大HPは5000 、余分なものは拾っておくと安全。 あるいは定期的に士気などを張っておくと雷を無視出来て楽。 タンクへの範囲攻撃であるショックストライクは玉なしだと70Lvでもそこそこ痛い。 3玉以上拾うと大幅に軽減されるので、タンクは拾っておいたほうが無難。 時間更新のため4以上にしてもいい。 タンクに近づくとこれに巻き込まれるので注意。 ショックストライクはどんどん使ってくるので発動確認を行う必要はない。 1回1分、10回15分程度。 70Lvなら耐えられるので、さっさと強制移行してしまったほうが少し早い。 履行演出に入ってから発動までの間に倒せば大ダメにはならない。 大ダメ版だと青は死ぬので後で蘇生すること。 履行後はしばらく倒さずに待つ必要がある。 弓に持ち替えた直後に氷雪乱舞が来るので見てから倒す。 途中ランタゲAOEが来るが、青組は参加居場所を決めておいたほうが安全。 士気などがあってもAOEが密集していると耐えきれずに死んでしまう。 70Lv組は無視して良い。 床に大円が出る方のAOEは士気などがあれば無視できる。 1回2分半、10回30分程度。

次の

討伐手帳 幻術士

キキルン ビーター

イベント関連• [dev1004] メインクエスト/クラスクエストにおいて、オファー条件を満たしている場合、NPCの頭に「!」が表示されるようになりました。 進行中も次に話しかけるべきNPCなどの頭に同様に「!」が表示されます。 [dev1004] クエストのコンプリート条件が見直されました。 討伐対象のモンスターを倒した際、行動不能になっているパーティメンバーも条件を満たしたと判断されるようになります。 また行動不能になっているパーティメンバーが復帰するようになりました。 [dev1004] クエストにおいて、そのコンテンツに関わるPCやNPCの名前の横にアイコンが表示されるようになりました。 また討伐対象のモンスターは、コンパス・ウィジェットに赤い点滅で表示されます。 [dev1002][dev1003] 新たなサブクエストが追加されました。 [dev1051] 以下のサブクエストのオファー条件が見直されました。 [dev1011] ローカルリーヴにおいて、取得できるギルドトークンの取得確率/取得量が調整されました。 [dev1021] ビヘストに関して、以下の変更が行われました。 出現するモンスターの数が調整されました。 バトル関連• [dev1031] 新たなノートリアスモンスターが追加されました。 [dev1030] 以下のエリアにおいて、モンスターの配置調整が行われました。 低地ラノシア• 西ラノシア• 東ラノシア• 中央ザナラーン• 東ザナラーン• 西ザナラーン• ティノルカ中央森林• ティノルカ北部森林• ティノルカ南部森林• [dev1049] 以下のモンスターのモーションと使用するアクションが一部変更になりました。 マジケッドボーンズ/ワイト/スケルトンソードベアラー/スケルトンソルジャー/ワイトウォリアー/ウェンディゴ/ワンダリングワイト• [dev1050] 以下のモンスターが使用する「ミスディレクション」に関して、PCがダメージを受けないよう変更されました。 キキルンエッグハンター/キキルンエッグナッパー /キキルンポーチャー/キキルンスクランブラー/キキルンビーター/キキルンマーセナリ/弾指のココルン/キキルングーン/ニョニョルン• またそれに伴い、一部ノートリアスモンスターの強さが調整されました。 [dev1020] 4~8人のパーティを組んでいる際に、ステータスボーナスが付与されるようになりました。 4人~7人PT(パートナーシップボーナス) 物理命中率/魔法命中率が+5% HP/MPの上限値が+5%• 8人PT(フェローシップボーナス) 物理命中率/魔法命中率が+10% HP/MPの上限値が+10%• [dev1037] アクション/魔法などのすべてのバトルエフェクトが1. 5~2倍に拡大されました。 アイテム関連• [dev1038] 新たなアイテムが追加されました。 また、追加されるアイテムの中に対象のクラス以外では装備できない装備品が追加されました。 [dev1041] 他の部位にも武器や防具を装備している場合、アクセサリが消耗する割合が引き下げられました。 [dev1042] 採集にてアイテムを獲得した際に、アイテム名の横にアイテムのアイコンが表示されるようになりました。 [dev1039] 採集場所のグレードと獲得対象となっているアイテムの獲得難易度に対して、以下の要件が適正以上と判定された場合、Approachフェイズの正解の場所が獲得対象アイテムによって固定されるようになりました。 PCの特技ランク 2. VIT(採掘師の場合)/STR(園芸師の場合)/DEX(漁師の場合)の値 3. (釣りの場合のみ)つけている餌やルアー 例)釣りの「ブラックイール」は、竿を真ん中に操作することで必ず動きをとらえることができます。 システム関連• [dev1043] 以下のウィジェットの表示サイズが大きくなりました。 プレイヤーパラメーターウィジェット• ターゲットパラメーターウィジェット• パーティパラメーターウィジェット• [dev1052] ~ の代名詞に関して、テキストコマンドでもターゲット指定が可能になりました。 なおこの追加に伴い、従来のモンスターの強さを表すアイコンが廃止されました。 赤はアクティブなモンスター。 緑は非アクティブなモンスター。 [dev1020] 「コンフィグ」の「キーボード設定」に、「パーティメンバー5~7をターゲット」の項目が追加されました。 [dev1020] パーティの最大人数変更に伴い、以下の項目が削除されました。 パーティ募集の人数の9人目以降の表示• 代名詞 ~ におけるターゲット指定• [dev1053] マップ、およびコンパス・ウィジェットに以下の情報が表示されるようになりました。 ショップ• 修理請負• ギルドリーヴ発行• リンクシェル発行• リテイナー雇用• リテイナー呼び出し• ギルドトークン交換• [dev1046] サーバーメンテナンス後も、リテイナーの配置位置が記憶されるようになりました。 [dev1029] フィールドの比較的低い段差のコリジョン(あたり)が廃止されました。 [dev1054] グリダニアの冒険者ギルド前とNPCマイセンタ横の岩が削除されました。 [dev1047] 戦闘開始時のBGMの切り替え方式が、フェード・イン/アウト からカット・イン/アウトに変更されました。 [dev1048] タイトル画面にパッチバージョンが表示されるようになりました。 不具合修正• 以下の不具合が修正されました。 サブクエスト「お野菜革命」の討伐対象のポポト・オポオポが、本来出現する場所ではない場所に出現する。 レベル差のあるモンスターに対し、回復アクション、強化アクション、弱体アクションを使用した場合、敵視の上昇率が正しくない。 モンスターからの状態異常魔法をレジストしやすくなる場合がある。 特定の状況において、格闘武器の耐久度減少処理が正しく行われていない。 特定のエリアにおいて、木と草に挟まれ移動できなくなる場合がある。 PCのネームプレート横に表示されるアイコンが正しく表示されない。 自分以外のパーティメンバーがテレポを実行した際に表示される「テレポを受ける」が、テレポを受けても消えない場合がある。 スタック数が201から230までのアイテムを捨てると、クライアントが強制終了する。 マーケットにてスタンドを借りる際、所持ギルが表示されない。 ブラックリストの表示が正しく表示されない場合がある。 装備品のステータスボーナスがマイナスの場合、正しく反映されない場合がある。 ローカルリーヴにおいて、ゲームパッド操作で決定を連打操作し製作を行うとすると、製作開始時に詳細のウィンドウが表示されず、以降チャット以外の操作が不可になる 確認されている不具合• マップ上のパーティメンバーのマーカーが、一定間隔で右下辺りに移動することがある不具合が確認されています。

次の

南部森林

キキルン ビーター

スポンサーリンク 北部森林モンスター配置図 北部森林モンスター詳細 No. 001「レディバグ Little Ladybug 」 No. 002「スクウィレル Ground Squirrel 」 No. 109「マイトリング Miteling 」 No. 110「オポオポ Opo-opo 」 No. 111「ミッヂ・スウォーム Midge Swarm 」 No. 007「コチュー Microchu 」 No. 112「イクサル・ロストウィング Ixail Lostwing 」 No. 113「イクサル・スロウビーク Ixail Slowbeak 」 No. 114「イクサル・ダルタロン Ixail Dulltalon 」 No. 019「トレント・サップリング Treant Sapling 」 No. 115「ベーンマイト Banemite 」 No. 116「イクサル・ライトビーク Ixail Lightbeak 」 No. 117「イクサル・デフタロン Ixail Deftalon 」 No. 118「イクサル・ストレートビーク Ixail Straightbeak 」 No. 103「レッサーカロング Lesser Kalong 」 No. 119「ドライアド Dryad 」 No. 120「デュラハン Dullahan 」 No. 106「カロング Kalong 」 No. 121「ウォッチウルフ Watch Wolf 」 No. 122「イクサル・ウィンドタロン Ixail Windtalon 」 No. 123「イクサル・ボールドウィング Ixail Boldwing 」 No. 124「ジズ Ziz 」 No. 125「シュラウドアリオン Shroud Hare 」 No. 126「ブライトバルーン Bright Ballon 」 No. 127「クレイゴーレム Clay Golem 」 No. 128「パミスゴーレム Pumice Golem 」 No. 129「ヤーゾン・スカベンジャー Yarzon Scavenger 」 No. 085「キキルン・ビーター Qiqirn Beater 」 No. 130「バルーン Balloon 」 No. 131「プラズモイド Plasmoid 」 コンテンツ 大迷宮バハムート:侵攻編 The Second Coil of Bahamut リンク スポンサーリンク jinbarion7.

次の