韓国の反応 サッカー。 韓国のC・ロナウド訴訟騒ぎへの反応。イタリアでは「W杯の誤審を忘れない」。

【韓国の反応】韓国メディア、サッカー久保効果を紹介するもブンデスリーガとラ・リーガを混同?…韓国人「マジョルカがブンデス?」「誘導記事?」

韓国の反応 サッカー

ロシアW杯での韓国のファウル数 記憶に新しい2018年ロシアで開催された第21回FIFAワールドカップ。 ドイツ、メキシコ、スウェーデンという強豪が揃うグループFで韓国が繰り広げたラフプレーは、海外から猛烈に非難を浴びました。 韓国代表が取られたファウル数は、第一試合のスウェーデン戦で23回、第二試合のメキシコ戦では24回。 各試合では相手選手にスライディングキックを加えるなど故意ではないかと思われる反則ぶりで、レッドカードで即時退場扱いとなってもおかしくないプレーが続きました。 結局、大会終了後のファウル数は63回で全体ワースト7位。 日本の37回(26位)と比較しても、韓国代表のファウル数がはるかに上回っていることが分かります。 ロシアW杯韓国ファウルについて海外の反応 韓国との試合を終えたメキシコ代表のファン・カルロス・オソリオ監督は 「24回のファウルを誰が犯したのか一目瞭然だ。 予防措置を取ることが必要だ」 と怒りをあらわにしました。 さらに中国メディア快資訊は、着実に勝ち点を重ねる日本と韓国を比較し 「日本はしっかりとボールを蹴っているが、韓国は相手選手を蹴っている」 と指摘。 日本選手は体格やスピードなどの身体条件を技術で上手にカバーし、ファウルや卑劣なプレーのない最もクリーンなチームだという評価を受けていることとともに紹介しました。 スポンサーリンク 2002年日韓ワールドカップ 2002年まで遡ると、その深刻さはさらに明らか。 最終的に4位という過去最高の成績で終えた韓国代表でしたが、これには海外からも次々と非難の声が。 韓国代表はサッカーのフェアプレー精神とは程遠く、相手選手の顔に肘打ちをしたり倒れた選手を蹴り上げたりするなど明らかに悪質なラフプレーが続いたからです。 当時、イングランド代表のマイケル・オーウェン選手は 「卑劣な手段で準決勝進出を果たした国がワールドカップの権威まで汚した」 元オランダ代表のヨハン・クライフ選手は韓国を「恥さらし国家」とまで強く非難し、 「史上最低の開催国として歴史に名を刻むはずだ」 と発言しました。 韓国Kリーグでのラフプレーは? 実は韓国サッカーのラフプレーは、代表試合に限ったことではありません。 韓国国内のKリーグでも悪質な反則が横行。 過去には代表入りが期待されていた有望選手が足首の靭帯を損傷するほどのタックルを受けたり、膝を蹴り上げたりするような卑劣なファウルも見受けられました。 実際に激しいタックルで右足首を負傷した水原三星ブルーウィングスの外国人ストライカーは、その行為を強く非難したことも。 このような質の低いプレーをわざわざ見に行くファンがいるわけもなく、Kリーグの観客動員数の低迷につながっているのではないかと指摘する声も上がっています。 スポンサーリンク 韓国サッカーラフプレーの原因は国民性? このような韓国サッカーのラフプレーは、韓国特有の激しい国民性にあると指摘する人もいます。 一般的に、熱しやすく冷めやすい気質の人が多いと言われる韓国。 さらに民族意識が強く、一度熱くなると全体が一丸となり他の過ちを認めず自己正当化する傾向が強い面も多々見られます。 サッカーの試合においても、勝利のためには手段を選ばず理性を失してしまう。 このような極端で激しい国民性が、悪質なラフプレーを生み出す一つの要因になっているのかもしれません。 最後に 韓国サッカーのラフプレーに対する海外の反応は、過去も現在も非常に厳しいものばかり。 手段を選ばず力ずくで勝利を掴み取ろうとするプレーは決して受け入れられるものではなく、これでは真のサッカー大国とは到底言えません。 今後はサッカーのフェアプレー精神に則って、公正でクリーンな試合が展開されることを願うばかりです。

次の

中国の「嫌韓」警戒する韓国メディア 燃え上がる「トロフィー騒動」への反応は: J

韓国の反応 サッカー

26日、韓国・デイリーアンはこのほど、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の1次リーグF組第2戦のメキシコ戦にも敗れ、グループリーグ敗退の危機にさらされた韓国サッカーの成績について「日本のサッカーファンは淡々と受け入れている」と報じた。 資料写真。 2018年6月26日、・デイリーアンはこのほど、ワールドカップ(W杯)ロシア大会の1次リーグF組第2戦のメキシコ戦にも敗れ、グループリーグ敗退の危機にさらされた韓国の成績について「日本のサッカーファンは冷やかしもなく淡々と受け入れている」と報じた。 韓国は24日午前0時に行われたメキシコ戦で1対2で敗れた。 2連敗したものの、まだ決勝トーナメント進出の可能性はある。 しかし、最終戦の相手は前大会優勝国でFIFAランキング1位のドイツで、厳しい戦いが予想される。 一方、ドイツもメキシコとの初戦で敗れているため、韓国戦の結果次第では決勝トーナメント進出を逃す可能性がある。 そんな中、記事は「目につくのは日本メディアとファンの反応」と伝えている。 まず「日本メディアは韓国が2敗し、自力での決勝トーナメント進出が不可能になったことを先を争って報道した」とし、特に試合内容や結果など事実のみを報道した点に注目している。 ただ、試合終盤ののゴールについては「脱アジア」「ワールドクラス」などとたたえたと記事は伝えている。 また、「批判的な見方もかなりあったが、内容の大半は24もの反則を犯した荒いプレーに対するもので、データを基にした論調がほとんどだった」と説明した。 記事が次に伝えているのは日本のサッカーファンたちの反応。 メディアとあまり差はなく、むしろ「韓国の後退はアジアサッカー全体としても深刻な問題。 日本も見舞われかねない問題」といった心配混じりの反応が多かったと伝えている。 その理由として、記事は「現韓国代表の多くが日本で活躍していること」を挙げた。 つまり、「日本サッカーはJリーグ出身選手が多い韓国代表の現状を他人事のように見ていない」というのだ。 これを受け、韓国のネットユーザーからは男性ユーザーを中心に「負けたからって相手チームのSNSを攻撃して他人のせいにする韓国人ほど醜いものはないね」「どう見ても日本は韓国に対して無関心。 以前はライバル視してたけど、最近は先を行ってるという余裕を感じる」「さすが勝者は余裕があるね」「日本在住だけど、日本人は韓国サッカーにあまり関心ない。 自分たちがうまくいってるのに関心などあるわけない」「もともと、たたくのは韓国人の特徴」「からかう価値もないと思っているのだろう」「認めたくはないけど、日本の国民性は韓国よりまし。 政治後進国かもしれないけど、それ以外は先進国」「これが先進国と後進国の違い」など、さまざまなコメントが寄せられた。

次の

韓国の反応 総合アンテナ

韓国の反応 サッカー

バルセロナは14日未明、スペイン・マジョルカで行われた「2020ラ・リーガ第28節」において、メッシの活躍でマジョルカを4-0で下しました。 勝ち点61点のバルセロナはリーグ単独首位を守りました。 勝ち点追加に失敗したマジョルカ(勝ち点25点)はリーグ18位で降格圏です。 同日、久保はマジョルカの右ウィングとして先発出場しグラウンドを駆け巡りました。 久保は前半21分、威力的なシュートを放つなど印象的な活躍をしました。 ドイツのメディアは16日、「久保のおかげで日本にブンデスリーガブームが起きている」と報じました。 同メディアは「久保のおかげで、マジョルカ戦に日本人のファンが集まっている。 久保がマジョルカ戦に出場し、日本のファンの注目を集めている」と報じました。 スペインのメディア『アス』の日本特派員、イバン・コディーナ氏は「久保効果は非常に大きい。 久保効果で日本におけるスペインリーグ人気がプレミアリーグを超えた。 中国のウー・レイ効果と似ている」と説明しました。

次の