新型 ヤリス 価格。 【新型ヤリス超辛口試乗】トヨタの「本気」は世界一のコンパクトカーに届いたか?

新型「フィット」 vs 新型「ヤリス」。価格から走りまで徹底比較

新型 ヤリス 価格

トヨタはヤリスクロスを世界戦略車として2020年8月31日追加予定。 9月に入って本体・オプション・付属品価格が決定し、先行予約スタートの予定です。 全長4180mm(最低地上高185mm)のBセグメントクロスオーバーモデルが新しく誕生します。 同社SUVと全長比較すると、C-HRが全長4385mm、トヨタライズが全長3995mmとなるため、当然、この中間に位置するモデルということができます。 ヴェゼル全長4330mmより短く、全幅は同じです。 ヤリスが生粋のコンパクトカーを務め、ヤリスクロスはサイズアップしたクロスオーバー車を担います。 4170mm• 1765mm• 1555mm• 2560mm 新開発GA-Bプラットフォームを採用します。 ライバル【VW T-Cross】• 0L直3ターボ搭載• ハイオクWLTC燃費16. 価格帯300万円前後• フロント:マクファーソンストラット式• リア(FF):トーションビーム• リア(E-Four):ダブルウィッシュボーン ヤリスクロスのボディカラー|12色【ヤリス参照】• 新色コーラルクリスタルシャイン• 新色アイスピンクメタリック 2トーン|6色• ブラックルーフ4種類• しかし、シートカラーやパネルの色、素材の変更で標準ヤリスと差別化されます。 オプション設定でラゲージスペースの撥水加工、リアシートバックの撥水加工などが考えられますね。 インテリアスペースは3ナンバー化により、それなりに開放感が高まったものとなるでしょう。 ヤリスクロスの内装部品【ヤリス参照】• ディスプレイオーディオ• ヘッドアップディスプレイ• ステアリング小径化• ステアリング中央パッド小型化• 2眼式メーターデジタル化• フードレス双眼TFTメーター採用• 西日でも表示読み取りしやすい• ドアトリムに新素材フェルト採用• イージーリターンシート採用• ターンチルトシート採用• ディスプレイオーディオ採用• アクセサリーコンセント(ハイブリッドのみ) ヤリスクロスのパワートレイン ヤリスに用意されるパワートレインの1. 5Lハイブリッドと1. 5Lガソリンが採用されます。 0L直3エンジンは搭載されません。 燃費はヤリスよりボディサイズが拡大して150kg重くなる分、悪くなります。 【ハイブリッド】新開発1. 現在このクラスのハイブリッドモデルには4WDが設定されていません。 しかし、トヨタの4WDはプリウスに搭載しています。 ヤリスクロスにも4WDが設定されます。 120ps• 8kgm• 6-21. 2 ヤリスクロスの先進安全装備Toyota Safety Sense コンパクトカー初搭載機能• レーダークルーズコントロール• レーントレーシングアシスト 新装備高度駐車支援システムAdvanced Park(アドバンストパーク)• 自動制御ステアリング・アクセル・ブレーキ機能 その他コンパクト初機能• 低速時加速抑制機能• リヤクロストラフィックオートブレーキ• ブラインドスポットモニター Toyota Safety Senseの基本性能については以下にまとめています。 【参照】ヤリスの価格.

次の

ライバルはヴェゼル! 価格はまさかの209万円から!? トヨタ「ヤリスクロス」徹底解説

新型 ヤリス 価格

ヤリスクロス(ヤリスクロスオーバー)のデザイン ヤリスクロスのデザインが発表されています。 出典 ヤリスよりも厚みのあるフロントグリル、大きなタイヤなど、どっしりとしたデザインです。 リヤのブレーキランプは、ライン状で、左右つながっています。 これは新型ハリアーに似ていますね。 ヤリスクロスは、ライズやRAV4に比べると、少し丸みを帯びていますが、C-HRのようなクーペスタイルではありません。 一時期、C-HRやヴェゼルなど、クーペ風のSUVが流行りましたが、居住性が悪いということで、最近はRAV4やライズのような、角ばっていて広いSUVの方が人気となっています。 専用設計された外装に対し、内装はヤリスとほぼ同じです。 出典 高さ方向は、当然ヤリスよりも広くなっていますが、後席の足元空間は、ヤリスとそれほど変わらないように見えます。 その代わり、荷室は広くなっているように見えます。 センターコンソール部分に注目すると、サイドブレーキがありません。 電子式のサイドブレーキが採用されているということですね。 電子式のサイドブレーキが採用されているということは、レーダークルーズコントロールは、渋滞追従型になっている可能性が高いですね。 ちなみに、シーケンシャルターンランプ(流れるウインカー)は採用されず、この縦に白く光っている部分(デイタイムランニングライトと言うんですかね)にウインカーが内蔵されているようです。 ヤリスとは違い、3ナンバーサイズです。 ちょうど、ライズとC-HRの間を埋めるサイズとなっています。 それを埋めるためにラインナップを拡充したということですね。 ヤリスクロスのパワートレイン ヤリスクロスには、 1. 5Lガソリンエンジンと、1. 5Lハイブリッドの2種類が搭載されるということが発表されています。 0Lガソリンエンジンは、さすがに搭載されないようですね。 パワー不足です。 4kgf・m システム最高出力・・・116ps ガソリンエンジン、ハイブリッドともにダイナミックフォースエンジンです。 ダイナミックフォースエンジンは、パワーアップと燃費の向上という、通常は相反する部分を両立させた、革新的なエンジンです。 スポンサーリンク 最新のトヨタセーフティセンスの機能 出典 新型トヨタセーフティセンスは、最も新しく、高性能、高機能なトヨタセーフティセンスです。 ミリ波レーダーと単眼カメラによって周囲の状況を検知するシステムです。 ・プリクラッシュセーフティ(自動ブレーキ) 前方の車両や歩行者、自転車を検出し、衝突の可能性を知らせる、また自動でブレーキをかけてくれる機能です。 車両や歩行者に対しては昼夜、自転車に対しては昼のみ作動します。 右折時の直進車や、右左折後の横断歩行者も検知できるように進化しています。 ・レーントレーシングアシスト カメラで白線、黄線を認識し、車線中央を走行するために必要なステアリングの一部を支援してくれる機能。 車線を認識できない時も、先行車両に追従する支援をしてくれます。 また、車線から逸脱しそうになった時は、警報による警告や、ステアリング操作の一部を支援してくれます。 車両のふらつきを検知したときは、休憩を促す注意喚起を行います。 ・レーダークルーズコントロール ミリ波レーダーと単眼カメラで先行車を認識し、車速に応じた車間距離を保ちながら追従走行を支援してくれる機能です。 要は、 アクセル、ブレーキの操作を自動で行ってくれる機能です。 高速道路でのロングドライブがかなり楽になります。 デザインの項目でも紹介しましたが、渋滞追従型になっている可能性が高いです。 ・オートマチックハイビーム 先行車や対向車を検知して、自動でハイビームとロービームを切り替える機能です。 ・ロードサインアシスト ロードサインアシストは、前方のカメラで道路標識を認識し、マルチインフォメーションディスプレイに表示してくれる機能です。 対応している標識は、 最高速度、はみ出し通行禁止、車両進入禁止、一時停止です。 最高速度の標識などは、一度見逃すと「何キロだったっけ?」となるので、ありがたい機能ですね。 ・先行車発進アラーム 先行車が4m以上進んでも自車が発進しない時、ブザーとマルチインフォメーションディスプレイで知らせてくれる機能です。 スポンサーリンク トヨタセーフティセンス以外の機能 ・インテリジェントクリアランスソナー インテリジェントクリアランスソナーは、 踏み間違い時サポートブレーキとも呼ばれているものです。 バンパー部分に搭載されたソナーセンサーで障害物を検知して、障害物があるにもかかわらずアクセルを強く踏み込んだ時にエンジンの出力を抑制します。 最近は、アクセルとブレーキを踏み間違えてコンビニに突っ込むような事故が増えていますが、これが搭載されていればそういった事故を防ぐことができます。 ・リヤクロストラフィックオートブレーキ リヤクロストラフィックオートブレーキは、駐車場からバックで出る時に、左右から接近してくる車を検知して警報、ブレーキをかけてくれる機能です。 駐車場からバックで出る時って、左右が見づらいですよね。 そんな時にとても役に立つ機能です。 ・ブラインドスポットモニター 死角になりやすい、自車の後側方に車がいる時に、サイドミラーの隅のサインを点灯して知らせてくれる機能です。 サインが点灯しているにもかかわらずウインカーを出すと、サインが点滅して注意を喚起します。 これは、しっかりと目視で確認をすれば必ずしも必要な機能だとは思いませんが、あったら便利な機能です。 ・アドバンストパーク カメラとソナーにより、ステアリング・アクセル・ブレーキ操作を制御し、駐車を支援してくれる機能です。 ドライバーはシフト操作のみで良いという、高度な駐車支援機能です。

次の

新型ヤリス 正式発表!! 燃費と価格も判明! 旧ヴィッツから大幅刷新で原点回帰狙う

新型 ヤリス 価格

トヨタの正統派コンパクトカー、新型ヤリスが正式発表。 ヴィッツから大幅刷新で原点回帰&No. 1ブランド奪取へ。 トヨタのコンパクトカーとして日本では20年間・3世代続いたヴィッツが、車名を「ヤリス」に変え、本日2019年12月20日、正式発表された。 発売は2020年2月10日となる。 新型ヤリスは、現行ヴィッツが2010年に発売されて以来、約9年ぶりとなるフルモデルチェンジ。 そして、価格や燃費もついに判明した。 2020年2月には競合のホンダ 新型フィットも発売されるだけに、注目される新型ヤリスの詳細を、明らかになったスペックも交えながら見ていきたい。 文:永田恵一 写真:奥隅圭之、TOYOTA ボディサイズはほぼ据え置き! 新型ヤリスの立ち位置は? 市販型国内仕様の新型ヤリス。 5ナンバーサイズは旧ヴィッツから継承したが、中身は大幅に刷新 さまざまなコンパクトカーがあるなかで、ヤリスは、ヴィッツ時代と同様に日本車ではマツダ2やスズキ スイフトが直接的なライバルとなる「コンパクトカーのド真ん中」というポジションは不変だ。 しかし、現行型ヴィッツが、「特に目立つところのない普通のコンパクトカー」という印象も否めなかったのに対し、ヤリスは「コンパクトカーらしさはそのままに、上級車に匹敵する機能や魅力を備える」というコンセプトで開発された。 この点、クラスレスな魅力があった初代ヴィッツに通じるところがある。 1999年登場の初代ヴィッツ。 そのクラスレスな質感が好評を博し、2000年には車種別で2位の16万731台を売り上げた また、ヤリスにはヴィッツ時代を含めれば20年の節目を迎えたことや車名の変更などから、原点回帰や決意表明のようなものも強く感じる。 スタイルは「大胆 BOLD に、活発 BRISK に、そして美しく BEAUTY 」というテーマのもとデザインされ、日本車離れした印象もあるコンパクトカーらしい軽快さ、アグレッシブさを感じさせるものに仕上がっている。 ダッシュボードなどに代表されるインテリアは、最近のトヨタ車に共通するテイストとなっている。 なお、リアシートに関しては前述したコンパクトカーにおけるポジションもありコンパクトカーとしては平均的な広さとなるため、各々の必要性に見合った広さがあるかは実車で確認した方が無難だろう。 新型ヤリスは骨格もエンジンも一新! パワートレーンも一新した新型ヤリス。 ヴィッツでは遅れをとっていた基本性能や「走り」の向上が期待される コンセプトと同様に、ヤリスは機能面もほとんどの部分が一新されている。 クルマと土台となるプラットホームは軽量かつ高剛性、低重心なコンセプトで開発されたコンパクトカー用のGA-Bプラットホームを初採用している。 GA-Bプラットホームの採用により、ヤリスは現行型ヴィッツに対し、車重はエンジンの3気筒化なども含め50kg軽量化され、ねじり剛性を30%以上強化、重心高は15mm低くなっており、ハンドリングや乗り心地、静粛性といった動的な質感の向上が期待される。 新型ヤリスはコンパクトカー向けTNGAプラットフォーム(GA-B)を採用 パワートレーンは1. 5Lガソリン、1. 5Lハイブリッド、1Lガソリンの3つで、すべて3気筒エンジンとなる。 この点も1Lガソリンが3気筒、それ以外は4気筒だった現行型ヴィッツに比べると思い切った変更といえる。 それぞれ見ていくと、新開発となる1. 5Lガソリンは、RAV4などに搭載される2L直4を1気筒カットし3気筒の1. 5Lとした成り立ちだ。 技術的にも直噴化やロングストロークであることなど、2L直4エンジンと共通するところが多々あり、スペックもレギュラーガソリン指定で最高出力120馬力&最大トルク14. 8kgmとなかなか強力だ。 トランスミッションは、エンジン同様にRAV4などに搭載されるものと共通の「変速幅が広く、アクセル操作に対しダイレクトにレスポンスする」というコンセプトを持つCVTと6速MTが設定される。 燃費&予防安全もクラストップの性能に! 写真は2019年10月に世界初公開された新型ヤリスハイブリッド。 ついに燃費も明らかとなり、WLTCモード燃費は最高値で36. この燃費は現行ヴィッツの1. 3Lガソリンが、WLTCモードほど厳しくないJC08モードで25. ハイブリッドは、1. 5L・3気筒エンジンに駆動用と発電用の2つのモーターを組み合わせたものだ。 エンジン以外の成り立ちは現行ヴィッツ ハイブリッドに近いものに見えるが、エンジンは74馬力から91馬力、モーターも61馬力から80馬力と大幅にパワーアップされている。 加えて前述した軽量化もあり、パワフルな走りも楽しめるに違いない。 それでいて燃費はJC08モードで33. 実用燃費がどの程度かも非常に楽しみだ。 またヤリスでは今までなかったハイブリッドの4WDも設定される。 ベーシックな1Lエンジンは、2代目ヴィッツから3世代に渡って搭載されるものだが、ヤリスに搭載されるにあたりこちらもエンジン、CVTともに改良を受けている。 なおヤリスのガソリン車はここ10年近くで当たり前になったアイドリングストップを新型車としては珍しく装着しない。 これはアイドリングストップが特に市街地での燃費向上には有効ながら、その反面12Vバッテリーの寿命が短くなるという問題もあるためと思われる。 総合的な環境負荷やユーザーの負担も考えると、この選択も1つの見識といえるのではないだろうか。 注目度の高い安全装備&運転支援システムも、ヤリスは前述したように上級車に匹敵するものとなっている。 予防安全装備の「トヨタ セーフティセンス」も最新型が搭載され、夜間歩行者にも対応 具体的には運転支援システムと自動ブレーキがセットになった「トヨタ セーフティーセンス」は、自動ブレーキは夜間の歩行者、昼間の自転車に対応するのに加え、右折時の対向車や右左折後の歩行者も検知するというトヨタで最新のものを搭載。 運転支援システムも、停止までの対応こそしないものの、先行車追従型のアダプティブクルーズコントロール、操舵支援など充実した機能を備える。 5Lガソリンと1. 5Lハイブリッドが「X」、「G」、「Z」と、それぞれ3つが設定される。 価格は売れ筋となりそうな「G」で、1. 5Lガソリンが175万6000円、ハイブリッドで213万円だ。 コンパクトカーとしてみると絶対的に安いとは言えないにせよ、装備など内容を考えれば納得できるところではないだろうか。 また、ヤリスは魅力的なメーカーオプションも魅力的なものが多く、深く考えずに選ぶとイメージよりずっと高額になりそうなので、装備に関しては必要性を吟味して選んでほしい。 それだけにヤリス自体の完成度が非常に興味深いことに加え、2020年の東京オートサロンで発表されるGR-4に代表されるスポーツモデル、ヤリスから派生すると思われるトヨタのコンパクトカー群など、ヤリスは自動車業界やユーザーの生活を潤いのある豊かなものにしてくれる存在となるに違いない。 4kgm) WLTCモード燃費:36.

次の