ガボール アイ やり方。 トップページ|ガボールパッチ・ガボールアイ解説サイト

1日1回見るだけの視力改善法。「ガボールパッチ」とは?

ガボール アイ やり方

近視やスマホ老眼が社会的な問題となっている今、注目を集めているのが「ガボール・アイ」という視力回復法だ。 これは「ガボールパッチ」という複数の縞模様が並んだシートから、同じ模様を探すというゲーム感覚のトレーニング法。 2017年3月にはニューヨーク・タイムズで取り上げられ、アメリカで話題になった。 そんな「ガボールパッチ」を初めて日本で紹介した眼科医は、テレビでも活躍中の平松類さん。 2018年に出版した 『1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる! ガボール・アイ』(SBクリエイティブ刊)は20万部を突破し、今なお書店のランキングにランクインし続けている。 新刊JPは平松さんにインタビューを敢行。 その後編ではこの本の使い方やどんな仕事の人におすすめかを聞いた。 つまり、0.1以下の人は、そもそもの視力が低すぎて、上り幅も微々たるものなんですね。 平松:そうなんです。 視力が0.03の人は0.06になるとかそれくらいです。 確かに上がるかもしれないけど、微々たるものなので実感しにくい。 私も眼鏡をかけているので「そもそも著者の視力が改善していないじゃないか」と言われることもありますが(笑)、裸眼は0.1以下ですから、そこには限界があります。 平松:「ガボール・アイ」の特徴は脳の処理能力を上げるというところにあります。 その処理が速くなれば、読書のスピードが上がったり、注意力が上がったり、という効果を見込むことができます。 また、スポーツをやっている人なんかは、例えば野球だとヒットを打つ確率が上がったという研究もあります。 その時に起きているのは、スイングが上手くなるというわけではなく、ストライクかボールかどうかを見極める力が向上するということです。 つまり、フォアボールを選べるようになる。 また、有効視野という、人間が見ている視野の中で認識できている視野が、脳の使い方を訓練すると広がるというデータがあります。 「ガボール・アイ」にはその視野を広げるトレーニング方法もあって、サッカーやバスケットボールなどの球技、自動車の運転なんかには効果的ですね。 また、3分から10分という目安時間も指定されていますが、本当に大切なことは時間内に終わらせるのではなく、同じ縞模様を見るということが大切です。 ただ、より視力回復効果を発揮させるためには、週に2、3回は続けていただきたいですね。 さらに、4週間分が終わったらそこでやめるのではなく、継続的に週に2、3回行うと維持しやすいです。 あとは一番きつかったところや、全部探せなかったところを繰り返しやるという方法もあります。 どちらが正解というわけではありません。 また、「ガボール・アイ」は間違えてもいいんです。 模様の形を脳で認識していくことが重要であり、探す要素はあまり重要ではないんですよ。 平松さんは紙の本で見ることを勧めていますが、それはなぜでしょうか? 平松:一つはドライアイへの懸念ですね。 オフィスワーカーの7割の方はドライアイと呼ばれていますが、その原因がデジタルデバイスにあるといわれています。 なぜかというと、デジタルデバイスを見ているときは、まばたきの数が減るんですよ。 リラックスしているときの人間はだいたい1分間に30回くらいまばたきします。 紙の本を読んでいる時は15回くらい。 デジタルデバイスだと7、8回になります。 平松:そうですね。 基本的には紙の本がベストだと思いますが、紙はかさばるからもう買わないと決めている人は電子書籍の方を読んでもらえればと思います。 「ガボール・アイ」をやらないよりはやったほうがいいですからね。 平松さんはその要因をどのように分析されていますか? 平松:一つは世界で近視が増えているという背景がありますよね。 スマートフォンやパソコンが普及しているのは日本だけではなく、世界各国共通ですから。 もう一つは、アメリカなどで普遍的に行われているトレーニングだということも理由ではないかと思います。 海外でも好評をいただいているのはうれしいですね。 平松:そうなんです。 だから、SNSでも広まっていますよね。 別の言語が使えなくても誰でも手軽にできてしまうから。 文字を読むスピードが上がり、ミス率も下がるため、生産性が向上します。 読書スピードが50%上がるという研究データもあって、その能力は資料を読んだり、メールを読んだりというところに応用できるはずです。 また、処理能力が上がることで、脳の疲労感も薄くなります。 目を使いすぎて、だんだんと目から入ってきた情報を処理できなくなると、考える力も落ちてしまう。 逆に「ガボール・アイ」に取り組むことで情報の処理が上手くできていれば、疲労しづらくなるというわけです。 これは1回で急に改善されるものではなく、継続して自分の脳の処理能力を上げていくものなので、長く続けていくことが大切です。 また、疲れた状態でやると効果が落ちるというわけでもありません。 そうなると時間がかかってしまうのではないですか? 平松:それで構いません。 視覚と脳の関連を良くしているだけですから、時間がかかっても良いんです。 平松:これは科学的な裏付けがあるトレーニングです。 副作用もなく、安心してできますので、まずは試してみていただければと思います。 また、ご家族などで視力が悪い人がいる場合はプレゼントしてあげるという人も多いようです。 是非、いろいろな方に試してもらえればうれしいですね。 ・ (了).

次の

本当は恐ろしいドライアイ

ガボール アイ やり方

リンク 本当に効果が期待できるのかどうなのかは、やってみないことには何も分からないので毎日の日課として続けています。 僕と「ガボール・アイ」との出会いは本屋さんで見かけたことがきっかけです。 【1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる!ガボール・アイ】 濃いめのピンクを基調とした表紙デザイン。 これだけで目を引かれるのですが、僕が魅せられたのはこのフレーズ。 【世界で唯一科学的に証明された脳を使った視力回復法】 老眼という弱点を持っている者からすると 「科学的・証明・脳・視力回復」 なんともそそるフレーズがてんこ盛りではないですか。 この4つのフレーズをみた瞬間 「買って、やってみるしかない!」 と購買意欲を掻き立てられました。 購入後、2週間ほどトレーニングしています。 毎日やっていて直後は見え方が良くなっていると実感できます。 それがずっと継続しているのかはよくわかりません。 本書で、女優の沢田亜矢子さんのインタビューがあります。 1カ月後、老眼の指標である「近見視力」が0.6から1.0へと大幅にアップ!そして想定外でしたが、近視まで改善していたのです。 それまではお仕事の現場でも老眼鏡が手放せなかったのですが、「ガボール・アイ」と出会ってから、台本やカンペを裸眼で速く読めるようになりました。 車の運転も、より快適になりました。 信号が以前よりもハッキリと見え、視界も遠くまで広がった気がします。 引用:1日3分見るだけでぐんぐん目が良くなる!ガボール・アイ 50代後半から老眼により見えづらさを感じるようになった沢田亜矢子さんは、僅か1カ月のトレーニングで改善されたと仰られています。 口コミなどを見てみると期待せずにはいられないですよね。 ガボール・アイに効果がある理由は? 僕たちの日常生活で普段目にしているものには、見えていると思っているだけで実際には見えていないということがあるそうです。 その見えていない部分を、あたかも見えているように補正しているのが、見ることを司っている脳の視覚野といわれるところになります。 この視覚野を強く刺激することで見え方を改善するのが、ガボール・アイなんですね。 一般的には「目を鍛える」ためのトレーニング、つまりはピントを調節するための「毛様体筋」を鍛えるということが老眼改善には効果的といわれていますが、ガボール・アイにいたっては、脳に働きかけるわけなので少し意味合いが違います。 ですが「目を使うトレーニング」といった点では、ある意味同じかもしれないと僕は感じます。 ガボール・アイのトレーニングのやり方 ガボール・アイのトレーニング自体は、まったくの自由です。 昼夜を問わず「やりたいときにやりたいだけ」という、なんともファジーな方法なんですよ。 ですから、僕のような飽き性な人間にも継続できているのかもしれませんね。 注意点としては下記になります。 1回につき3分~10分が目安 1日1回でOK(2回以上でもOK) 目の疲れを感じたら切り上げる 毎日ではなくても週3回程度でOK たったの3分、やらなければなどと義務的に感じる必要もありませんので気負わずにトレーニングできるところが魅力だと思いませんか。 実際にトレーニングしてみました 冒頭でも書きましたが、昨年末よりほぼ毎日トレーニングをしています。 時間にして3分。 1日1回という「そんなんで大丈夫?」と思われるくらいの短い時間です。 僕がこうして続いているのは、 「短すぎるのでは」と感じるような時間しかやっていないからこそ毎日実行できているのだと思います。 ただ、現在感じていることは、もう少し1日あたりのトレーニング時間を増やすか、回数を増やすかした方がいいのではないかなと感じているのが現状です。 そう感じる理由はただ一つ。 「目み見えた効果が感じられないから」 そうなんです・・・ 「あれ、今までと違う」 「見えるやん」 と、いったような効果を実感できていないのです、僕の場合は・ ・ ・ ですが、何らかの効果が現れるのにも個人差はあるでしょうし、「1日1回3分」という最低限のトレーニングしかしていませんから、実感できるほどの効果を感じることができないのかもしれません。 おわりに 口コミ、評判はとても良いのですが、何が悪いのだあろうと考えてみたところ思いあたる節がありました。 効果が出やすい人、出にくい人のタイプがあるそうなんですね。 「やってもダメだろう」と思っている人には効果が感じにくく 「良くなったみたい」と前向きな人に効果が現れやすいみたいです 僕の場合、前者が当てはまっていたのも原因の一つになっていると思われますし、実際トレーニングをするに当たり半信半疑でしたので効果が感じられにくいのかもしれませんね。 ガボール・アイは画像処理をする脳に対してのトレーニングというところも、歳を取り衰えてきた僕の脳にも 刺激になって良いかもしれない部分もお気に入りの理由になっています。 先述した通りハッキリとした効果は感じていないのですが、考えてみると「最近また老眼が進んだな」とは思ってもいませんし、「クソー(老眼のせいで見えにくい)」と イライラすることも少なくなったように思うのですが・・・ 自分自身では気づいていないだけで、これが効果なのかもしれませんね。 「継続は力なり」といわれるように、諦めずに続けて行こうと思います。

次の

ガボール・アイ、千円札でのやり方は?老眼に効果はあるの?やり方・口コミをチェック【この差って何ですか?】

ガボール アイ やり方

そんな中、科学的根拠のある視力回復法が海外で話題になっています。 の著者であり眼科医の平松類先生に聞きました。 子どもも高齢者も「視力」に悩んでいる 「最近本やパソコン、スマホを見ると目が疲れる。 でも眼鏡もかけるのもなあ」「子どもの視力が悪くなってどうにかしてあげたい」。 そう思う方から「視力をよくする方法はありませんか?」と、よく質問を受けます。 レーシックなど、眼科医の中でも「視力を回復する方法は手術以外ない」という考え方が特に日本では主流です。 が、レーシックには感染症やドライアイなどのリスクがあります。 しかし、最近の論文で「ガボール・パッチ」という方法が新たな視力回復の方法となりうることが示されてきました。 カリフォルニア大学の研究では、大学の学生16人と65歳以上の高齢者16人を対象とした研究で、近視も老眼も視力の改善が示されました。 119人を対象とした研究でも(平均年齢49歳、40~63歳)視力の改善はもちろん、読書スピードの増加も示されました。 視力が上がる事で日常生活が楽になったり、仕事がしやすくなる可能性もあるように思います。

次の