兄弟 の 結婚 式 ご 祝儀。 結婚式のご祝儀 兄弟で未婚の場合5万円?なしは駄目?学生は?

兄弟姉妹の結婚式!ご祝儀の金額とマナーについて

兄弟 の 結婚 式 ご 祝儀

もくじ• 同僚へのご祝儀相場 会社の同僚へのご祝儀相場は、やはりその同僚と日頃からどの程度親しくお付き合いがあるかによって違いが出てきます。 同僚の基本的な相場は年代に関係なく 一律3万円程度とされています。 ですが新入社員などの場合は2万円でも良いとされている風潮へと変わってきています。 親しい付き合いがある同僚でしたら3万円にギフトを贈ると喜ばれるでしょう。 5万円のご祝儀は少しあげすぎという感もあるようですが、40代の同僚で日頃の付き合いが深い場合には決して不釣り合いな相場というわけではありません。 この辺の判断は自分からの同僚への気持ち次第ということになります。 あまり奮発してしまうと相手に却って気を使わせてしまうことにもなりかねないので、その辺はしっかりと考えた方が良さそうですね。 部下へのご祝儀相場 部下へのご祝儀は 3万円がごく平均的な相場とされています。 これは30代や40代までの上司が自分の部下へのご祝儀ですが、50代の上司が部下へご祝儀を贈る場合は 3万円から5万円という相場になっているようです。 場合によっては50代上司から3万円のご祝儀は、少し寂しい印象をもたれる可能性もあります。 ですからもし日頃から仕事上で繋がりが深い場合、同じプロジェクトで信頼できる部下である、日頃から可愛がっている部下というのであるならば日頃の感謝も含めたお祝いとして5万円かそれ以上もありうるかもしれませんし今後の仕事上の良い関係が保てる可能性が高まりそうですね。 部下と上司という人間関係においてご祝儀によって、さらに関係が深まって仕事がスムーズに行くことを考えるとじっくりと考えて金額を決めた方が良いでしょう。 スポンサーリンク 上司へのご祝儀相場 会社の上司へのご祝儀の相場は、部下の年代によって相場は変わります。 例えば20代の部下でしたら相場はだいたい 3万円程度ですが、会社に入社したばかりというのであれば 2万円というご祝儀金額でも良いでしょう。 通常は2という奇数は避けるように言われていますが20代で入社したてという場合は給与も安定していないので無理せず捻出できる2万円というのは周囲からも理解してもらえることが多いようです。 最近ではその状況に臨機応変に対応して相場も決まっているようです。 そして30代の部下からというのでしたら 3万円から5万円というのが相場になているようです。 また40代の部下でしたら5万円以上というのが一般的になっています。 いずれにしても上司との関係性、親密度などによって相場には多少の変動があるでしょう。 友人へのご祝儀相場 友人へのご祝儀は20代では 2万円から3万円程度が相場で、30代から40代では 3万から5万という幅になっています。 特に20代ですと友人同士でお祝いを出し合って3人から5人程度、もしくは10人近い人数で出し合ってまとまった金額にしてから渡すという方法をとる場合が多いです。 その際には一人1万円や2万円という普通では、あまりご祝儀には利用されない金額を出し合うことができるので若い人たちには人気があるご祝儀の渡し方となっています。 30代以上になるとある程度収入も安定してくることもありますし、ご祝儀を集めて渡すということはほとんどありません。 友人関係の濃さによってもご祝儀の相場は変動しますが、基本的な相場の平均はほぼ安定して3万から5万となっています。 スポンサーリンク 取引先へのご祝儀相場 取引先への相場は、ちょっと頭を悩ませることが多いものだと思います。 その取引先との関係性にもより微妙な立ち位置がありますから相場も人それぞれの考えがあると思いますが基本的には 3万円といったところでしょう。 ただ年代にもよるところもあり、20代でしたら3万円、30代で3万円から5万円、40代で3万円から5万円という感じにはなっていますが、大きな取引先というのであれば 5万円包めば安心という風潮もあるようです。 また会社からご祝儀が出る場合もあるので、その際には負担は軽くなります。 その取引先との関係性を鑑みた上でのご祝儀の金額を決めるのが一番無難であることには変わりありません。 もし迷った場合は,職場内で他の経験者からの話を参考にすると、大幅なズレが出てしまう心配もなく常識的なご祝儀を包むことができるでしょう。 社長へのご祝儀相場 会社の社長への結婚ご祝儀はちょっと頭を悩ませることになりそうです。 ですが会社の社長ならば普通は会社からご祝儀が出るのではないでしょうか。 中小企業の社長だとすれば個人的に関わりがあるのであれば 5万円から10万円のご祝儀を包んであげるのが相場でしょう。 もしくは社長なのでご祝儀というよりもギフトをおくってあげた方がよりしっくりとくるかもしれません。 どうしてもご祝儀を、というのであれば5万円以上ということで良いでしょう。 スポンサーリンク 教え子へのご祝儀相場 教え子の結婚へのご祝儀相場は、その教え子との関わりがどの程度深いかによっても違ってくるでしょう。 平均的な相場としては 3万円ですが、これは小学校や中学校の時の担任した教え子という場合でしかも年賀状のやりとり程度にとどまっている場合の目安になります。 ですがもっと親交が深い場合には 5万円でもアリでしょう。 こればかりは教え子との日頃の交流のあり方の度合いによると思います。 ただし、都心部では5万円という相場が当たり前という風潮にもなってきていますし、ましてや大学教授ともなれば、やはり5万円というのも時代の流れで常識になってきているという話もあります。 その辺は同僚とも話をしてみてその土地での平均てきな相場を確認すると恥をかかずに済み、安心できるのではないでしょうか。 先輩へのご祝儀相場 学生時代の先輩へのご祝儀相場は、年代によっても多少の違いがあります。 もしまだ学生というのであれば懐事情も厳しいので 2万円というのもあるようですが、基本的には1万円というのは今の時代では、やや非常識と取られる可能性が高いです。 ですから学生だとしても最低2万円からと考えておいた方が良いでしょう。 どうしても厳しいというのであれば何人か仲間うちでご祝儀を出し合ってまとまった金額にしてから渡すという方法に切り替える方が良いですね。 もしすでに社会人になっているのであれば、20代なら 3万円、30代でも 3万円、もしくは5万、40代で 3万から5万といったところでしょうか。 その先輩にどれだけお世話になったことがあるかを基準にしてご祝儀を決めることをおすすめします。 あまり身分不相応ですと相手にも気を使わせてしまうことになるので他の後輩たちと一緒に相談してみるのも手です。 スポンサーリンク 後輩へのご祝儀相場 先輩から後輩へのご祝儀の相場は,年代によっても変わりますが現在のところは基本的には 3万円といったところでしょう。 ですが以前からとても可愛がっていた後輩というのであれば、先輩の立場からすると 5万円のご祝儀を弾んであげても良いですね。 あくまでも基本ラインは3万円なのですが最近は後輩へのご祝儀で5万円を包む人は非常に多くなっているのも事実です。 特に30代後半から40代以上となると5万円を包むという人が3万円を包む人よりも圧倒的に多いというデータもあるようです。 先輩と後輩のつながりの強さは時を超えて,さらにつながりを増して行くものなのかもしれません。 こういうところから推察するに、今後も5万円というのが相場になりつつある傾向は続くかもしれませんね。 親へのご祝儀相場 親が再婚する場合など子供からご祝儀を渡す機会もあるかもしれません。 ですが基本的には子から親への ご祝儀は必要がないとされている風潮がある一方で、5万円程度は包んであげるべきという意見もあるようです。 どちらを選ぶかは、その人の捉え方次第です。 親なのでご祝儀を包まないと特に失礼にあたるというものでもありません。 ですからもしどうしても親にお祝いをと考えるのであれば、 ご祝儀という形よりも食事会や温泉旅行などのプレゼントが、より心に残りやすくて良いのではないでしょうか。 もしくは形に残るお祝いの品として置き時計やブランドの食器セット、キッチンセット、写真フレームなどがおすすめです。 要は親子なのですから心がこもっていればどんなものでも親は嬉しいものなのです。 スポンサーリンク 姪へのご祝儀相場 姪っ子は特に自分の兄弟の子供ということになるので日頃から可愛がっている場合が多いものです。 そうなると結婚の際のご祝儀も弾むという人も多いわけで、ご祝儀の相場もかなり開きがあるようです。 基本的には 3万円という相場が出ていますが、ほとんどは 5万円以上というのが実際の平均となっています。 5万円が最低ラインで、10万円が本当の意味での相場の平均値だというデータもあるので、これを判断材料にして金額を決定すると良いかもしれません。 もしくは5万円のご祝儀にプラスして家電や家具などを購入してあげるのも気が利いていて良いかもしれませんね。 あくまでも可愛い姪っ子のためのお祝いですので、おじ、おばからできることをしてあげれば良いでしょう。 甥へのご祝儀相場 甥っ子へのご祝儀の相場も姪っ子と、ほぼ同じです。 年代にかかわらず最低ラインが 5万円からで、あとは 10万円というところが平均的です。 姪っ子の場合と同じで最近では10万円のご祝儀を贈る人が多いようです。 10万円を包むのが難しいというのであれば5万円にギフトを1、2万円分つけてプレゼントしてあげるのも良いアイディアです。 いずれにしても甥っ子の結婚式ですから、少しでも新生活の足しになるようなことをしてあげられると、より感謝されることは間違い無いでしょう。 ご祝儀は当日ではなくあらかじめ渡しておくのがスマートです。 落ち着いた懐石料理屋さんなどでお祝いを開いてあげて、その席でご祝儀を渡してあげるのも気が利いていて良いかもしれません。 スポンサーリンク いとこへのご祝儀相場 いとこへの相場ですが、20代では 2万円から3万円で十分でしょう。 30代から40代になるとそのいとことの関係が日頃から深い場合には 5万円程度包むのが常識的だと言えます。 40代から50代ともなると社会的にもそれなりの地位を築いている場合には、10万円のご祝儀を包む人も多いようです。 特に母親方のいとこですとつながりが深い場合が多いので、父親方のいとこよりも相場はやや高めになります。 これはあくまでも、そのいとことのつながりによって金額も決まってくる判断材料となるからでしょう。 20代ではご祝儀を贈らずに、記念になるギフトだけを贈るという人もいますので,その判断もその人によるということになります。 兄妹へのご祝儀相場 兄弟姉妹への相場は、一般的に20代でしたら 5万円程度、そして30代や40代で5万から 10万、50代でしたら 10万円程度が平均となっています。 やはり兄弟姉妹ですと身内なので相場も通常の友人などからよりはアップします。 ですが特に年齢が20代で若い場合でしたら現金を渡さないという場合もあるようです。 その代わりに記念品となるものを贈る場合も多いです。 年代があがるにつれて、ご祝儀も上がります。 もちろん人によっては10万円以上のご祝儀を包むという場合もありますので、これもその家庭の状況によって金額は変動します。 しかし、自分の兄弟姉妹だけへのご祝儀というよりも、新しい親戚となる相手のことも考えて、失礼のないようなご祝儀をおくった方が後々の関係もスムーズに行くということは頭に入れておいた方が良いでしょう。 スポンサーリンク 孫へのご祝儀相場 祖父母から孫へのご祝儀の相場はあって無いようなものです。 その人たちの財力によって金額が決まってくるので多い人ですと100万円以上ということも決して珍しくありません。 もちろん常識的な相場からすると 10万円と書かれていることが多いですが、実際に祖父母から孫へ10万円というのは極めて少ない例のようです。 ですから 特に相場を気にすることなく、できる範囲でご祝儀を包んであげれば良いのでは無いでしょうか。 可愛い孫の結婚ですから、相場にこだわらないで心から祝福してあげたいものですね。 金額にこだわらず、家具や家電など新居の生活をスタートさせる時に喜ばれるものをプレゼントするのもとても良いことですね。 結婚式のご祝儀相場まとめ 同僚 3万円 部下 3万円・5万円 上司 3万円(入社したばかりであれば2万円) 友人 20代:2万円~3万円 30代:3万円~5万円 取引先 3万円・5万円 社長 5万円~10万円(もしくはプレゼント) 教え子 3万円・5万円 先輩 3万円(自分が40代であれば5万円) 後輩 3万円・5万円 親 必要なし(もしくはプレゼント) 姪 3万円・5万円 甥 3万円・5万円 いとこ 2万円・3万円 兄妹 5万円・10万円 孫 必要なし(もしくはプレゼント) いかがだったでしょうか? 渡す相手や、自分の年齢によっても変わってきますので、その組み合わせを考慮してみて下さい。 基本的には『 3万円』か『 5万円』なら間違いありません。 2万円や、4万円などの 偶数は2人が別れることを連想させてしまう恐れがありますので、なるべく避けましょう。 しっかりと相場を把握し、失礼のなように渡したいですね! それでは、ここまでお読みいただきましてありがとうございました! スポンサーリンク.

次の

兄弟への結婚ご祝儀は式なしの時も必要?相場といつ渡すかも解説します

兄弟 の 結婚 式 ご 祝儀

スポンサーリンク 兄弟の結婚式を欠席する事は非常識? 兄弟の不仲って、すごい多いので 兄弟の結婚式にわざわざ出る出ない? の疑問が多く寄せられます。 私の周りでも兄弟が中がいいという人は結構います。 絶縁状態の人達も大勢います。 兄弟の結婚式を出たくない理由 ・絶縁中 ・お金に余裕がない ・不仲 ・祝う気になれない ・仕事の都合 などなどがあると思います。 これらの理由で結婚式にでないのは非常識?ってみなさん悩まれているかと思いますが、 そもそも 非常識ってそもそも何? 何が常識で非常識か分からないこの世の中で私は非常識という言葉自体はあまり使いたくない表現です。 だって、誰から見て常識的なのか? 親?自分?社会?会社?地球?宇宙? 何をもって非常識なのか? それぞれの観点からみてどう思うかは十人十色です。 私からしてみたら結婚に出席する事を常識と思っている人こそが非常識なのではないか?って思います。 昔から日本にある風習か文化か、すりこまされた教育か分かりませんが、 その昔から考え方を今でも大事に守っていく事に対して 別に文句があるかって事ではないのですが、 今の時代は自分自身が ・どうしたいか? ・何をやりたいか? ・どうすべきか? を考え、周りの考えに左右されるのではなく 自分の意見を信じる事が私にとって常識だと思います。 昔と今は時代が違います。 昔の人は汗を流して働けば収入がもらえ何も考えず給料がでる時代でしたが、今は将来の事を考え自分なりの人生設計をたて、どうしたら会社に頼らずに自分自身でお金を稼げるのかを考えなくてはいけない世の中なんです。 だって、年金だってもらえるか怪しい時代ですし大手も簡単に倒産してしまう時代ですから。 この時点で、もう考え方が違うのに昔の考えで常識、非常識って言われても・・・ -. - 結婚式に出なかったから非常識? 世間一般的(昔の人の考えを大事にした場合)で言うところ非常識になるそうです。 現代の考え方は、まったくもって非常識ではありません。 どちらを捉えて常識なのか非常識なのかは、自分で考え決めて下さい。 ・私は妹の結婚式を欠席する予定でした 私の場合は、海外で留学をしていたため妹の結婚式には欠席をする予定でした。 一回断ったのですが、母親の猛反発をくらいシブシブ出席する事になりました。 その変わり、航空券を出してもらい、ご祝儀代はなしという事で契約を結びました。 妹と私は仲が悪いという事ではなく、むしろ仲が良いと思います。 しかし、私の性格を知っている妹はどうせお兄ちゃんが出席するとは思っていないので 妹からは、招待をされず実の母からの要求でした。 しかし、今では妹の子供を遊びに連れていったり、 兄弟の結婚式に行かない時の周りの反応は? 今の時代では非常識なんて考え方は改めた方がいいと思いますが、 まだまだ、団塊の世代の考え方、昔からの考え方を根強く大事に抱えている人達がいらっしゃいます。 そんな人達は、あなたが兄弟、姉妹の結婚式に行かなかったら当然のように ワォワォ言ってきます。 特にあなたの両親はすごくワォワォ言ってくるでしょうね。 両親の反応は? 親戚に何か深い闇でもあるのかって思われる 欠席した理由を聞かれたらどうしよう 兄弟不仲と思われる どんな教育してるかって周りから思われる こんな気持ちだと思われますが、これらの反応はすべて周りの反応を伺うような気持ちですね。 このキーワードにも 兄弟の結婚式に行かない時の周りの反応は?とわざとつけてみましたが あなたが、周りに対しての反応が気になるのであれば、絶対に出席するべきです。 いいや、私は周りの反応なんて一切関係ないって思えるのであれば欠席してもなんの支障もありません。 ただ、私も鬼になれとは言えません。 兄弟や姉妹が嫌いでも、血が繋がっている家族なのですから出席してあげて少しの間我慢できるのであればあとあと問題が起きた時でも助けになってくれたりするので 出席してもメリットもうまれるんじゃないでしょうか? もし出席するのであれば、こちらを参考にしてみて下さい。 兄弟が当日何をするのか?ご祝儀代の相場なんかを書いています。 ・妹の結婚式に出席してどうだった? 妹とは不仲でないので参考になるかは分かりませんが、結婚式にでる前はどうせくだらない自己満足の世界なんだろうなって思っていました。 しかし、実際に出席してみて思った事は結婚式って感動してやっぱりでて良かったなって思います。 私の事もちゃっかり紹介してくれて、妹にも幸せな人生を歩んでほしいなって素直に思いました。 ただ、私と妹は仲が悪くはないので不仲の場合はこんな気持ちにはなれないかもしれませんね。 スポンサーリンク 兄弟の結婚式を欠席してもいい理由とは? 私は、兄弟の結婚式に欠席しても全然構わないと思います。 先ほど ・絶縁中 ・お金に余裕がない ・不仲 ・祝う気になれない ・仕事の都合 などの理由で兄弟の結婚式に行かなくてもいいと書きましたが、 これらの理由でなぜ欠席してもいいのか? 結局、結婚式って結婚する人達とその両親のお披露目会すなわち 自己満足の世界だから。 仮に兄弟の結婚式に出席してお祝いをしましょう。 その兄弟が離婚したとして、その兄弟は出席した1人1人に土下座でもして謝りにくるんですか? あんだけ盛大に結婚して離婚って・・・ 世界で一番幸せの国の一つデンマークやスウェーデンの離婚率80%ですよ。 もう自己満足以外なにものでもないじゃないですか? そんな考え方から、私が結婚する時は当然妹にも出席してくれとは頼まず、 「結婚式あるんだけど暇だったら来て」 これくらいの気持ちで妹を誘います。 さいごに 日本の常識は世界の非常識という言葉通り、世界から見たら非常識なんてものはいくらでもあります。 それにより、非常識だからこんな行動は控えようなんて思わずに 自分がどうしたいかをまず先に考えて出席するか欠席するのかを決めてみてはいかがですか? そんな事を言っている私は母親の圧力に負けて出席しましたが、正直妹の結婚式にでてみてよかったと思いました。

次の

結婚式 祝儀 金額相場】親・友人・上司・親戚・兄弟・夫婦・甥いとこ・家族

兄弟 の 結婚 式 ご 祝儀

Contents• 兄弟へのご祝儀 夫婦で出席する時の相場は? 兄妹の結婚式に夫婦で出席する時のご祝儀の相場は10万円です。 家庭や地方によっても変わることもありますが、基本的には10万円と考えましょう。 調べてみると「7万円・8万円でも大丈夫」という意見もありますが、これは 自分が先に結婚していて姉や兄の結婚式にご祝儀を包む場合ならありなのかな~・・・と思います。 妹や弟が結婚する時は自分たちの方が年長者なので、多少厳しくても頑張って10万円を包みましょう。 私が結婚した時も、姉夫婦からご祝儀を10万円包んでもらいました。 相場を知らなかったので「こんなに包んでもらってしまった・・・」と当時はとても驚きました。 各家庭によって考え方や事情は変わるかと思いますが・・・ 基本は10万円。 迷う事があったら、両親に相談して相場を聞きましょう。 兄弟からご祝儀をもらっていない場合は? 自分が結婚した時に、兄弟が未婚でお祝いをもらわなかった・・・という事もありますよね。 「もらってないのに10万円も包まないといけないの~!?」と思う人もいるのではないでしょうか。 しかし自分が既婚者の場合、 親とは「別世帯」となります。 たとえ 兄妹からご祝儀をもらっていなくても相場の金額を包みましょう。 ~私の家の場合~ 話が逸れてしまいますが、姉が結婚した時私は未婚で1人暮らしをしていました。 母親にご祝儀の相談したら「親からお祝いも渡してるし、兄弟なんだからご祝儀包まなくても大丈夫だよ~引出物もないと思うし。 」と言われました。 こういう流れで、未婚の兄弟からご祝儀がないというお家は多いんじゃないのかなぁと思います。 特に兄弟と年が離れていたりすると、友達も結婚している子が少なくマナーを知らないという場合も多いですよね。 姉も驚いたらしく、「妹からご祝儀がもらえるなんて思ってなかったよ~ありがと~!」と、喜んでもらえました。 実際私の結婚式で姉夫婦からご祝儀を頂いたとき、お姉ちゃんが結婚する時にちゃんとお祝を渡せていて良かったな~としみじみ思いました。 ちなみに私の友達は「自分はお兄ちゃんの結婚の時に何もお祝い渡していないのに、兄夫婦から10万円も包んでもらってしまった・・・」と 慌てて内祝いを贈っている子もいましたよ。 もしかしたら、兄弟にご祝儀を包んだら内祝いで何かもらえるかもしれませんが・・・「兄弟をお祝いをしたい」という純粋な気持ちで 見返りを求めずにご祝儀を贈りましょう。 自分達で悩んでも解決しないので、 なるべく早い時点で兄妹や両親に「交通費や宿泊費(電車のチケットや宿泊予約など)の手配はしてもらえるのかな?」と聞いてみましょう。 ごくまれに、交通費や宿泊費まで負担できないから申し訳ないけど自腹で来て欲しいという事もあるようです・・・。 ただ、交通費や宿泊費が自己負担だからと言ってご祝儀の金額を変えるのは好ましくありません。 最悪、交通費や宿泊費が1円も出ないという場合でもご祝儀は相場の10万円を包んであげた方が良いと思います。 厳しい事もあるかと思いますが、一生に一度の姉妹の晴れ舞台ですから・・・きっと感謝してもらえます。 どうしても厳しい!無理!という時は両親に相談してみましょう。 ちなみに私が結婚式を挙げた時、 新婦側は私がお車代や宿泊代の手配・負担をしましたが、新郎側は「親戚同士で自己負担って決めてるから!」という事で用意をしませんでした。 このように親戚同士で取り決めがある場合もありますので、本当に様々です。 どうしたらいいのかな?と悩んだらまず両親や兄弟に質問・相談をしましょう。 まとめ いかがでしたか? 大切な兄妹の結婚式。 お祝いの気持ちをしっかり伝えるためにも、相場の金額を包む事をおススメします。 これからもずっと続いていく親戚関係。

次の