電話 かけ 放題 au。 auで、電話かけ放題みたいなプランあるじゃないですか。

0570の電話番号に注意!スマホ「かけ放題プラン」対象外なので通話にお金がかかります!その他の「かけ放題」対象外の番号も覚えておこう!

電話 かけ 放題 au

定額オプションをつけた場合の利用料金 上記で示した金額にデータ通信プランの月額料金が加算され、最終的な月額料金となります。 以下に各プランでのシミュレーションを用意しました。 <定額オプションの月額料金イメージ> 基本料 プラン名称 通話オプション 月額料金 基本プラン(音声) 980円 ウルトラギガモンスター+ (データプラン 50GB+) (6,500円) 定額オプション 1,500円 8,980円 ミニモンスター (データプランミニ 1〜5GB) (3,000〜7,500円) 5,480〜9,980円 スマホデビュープラン (データプラン1GB) (1,500円) 3,980円 <準定額オプションの月額料金イメージ> 基本料 プラン名称 通話オプション 月額料金 基本プラン(音声 )980円 ウルトラギガモンスター+ (データプラン 50GB+) (6,500円) 準定額オプション 500円 7,980円 ミニモンスター (データプランミニ 1〜5GB) (3,000〜7,500円) 4,480〜8,980円 スマホデビュープラン (データプラン1GB) (1,500円) 2,980円 <基本通話プランのみの月額料金イメージ> 基本料 プラン名称 通話オプション 月額料金 基本プラン(音声) 980円 ウルトラギガモンスター+ (データプラン 50GB+) (6,500円) なし 7,480円 ミニモンスター (データプランミニ 1〜5GB) (3,000〜7,500円) 3,980〜8,480円 スマホデビュープラン (データプラン1GB) (1,500円) 2,480円 準定額オプションとの違い 定額オプションと準定額オプションの違いは、その月額料金と1回の通話の内の無料通話の時間です。 定額オプションでは1回の通話時間に関係なく通話料がかかりませんが、準定額オプションの場合は、1回の通話に対しての無料通話時間は、はじめの5分に限定されています。 それ以上の時間通話してしまうと、通常の基本プラン(音声)と同様、30秒につき20円の通話料がかかります。 ただし、 準定額オプションでもソフトバンクでの家族間通話は時間・回数制限なく無料です。 また、定額オプションの月額料金は1,500円、準定額オプションは500円と、それぞれの間には月々1,000円の金額差があります。 ・長電話だと通話が切断されることがある ・無料通話の対象外となる通話がある 長電話だと通話が切断されることがある 回数・時間無制限と謳う定額オプションであっても、通話回線に深刻な負担をかけ、通信を独占するような使用をすると、ソフトバンク側からの操作で、通話が切断されてしまうことがあります。 例えば、著しく非常識的な長時間に及ぶ通話や、間断なく発信・通話を繰り返している状態などが処置の対象です。 また、この定額オプションの機能を通話以外の目的(通信を行うことが使用者への直接の収入につながる用途など)で利用しているとソフトバンクが判断した場合も同様です。 無料通話の対象外となる通話がある 海外からの発着信や、フリーダイヤルへの発信など、定額オプションの無料通話が適用されないケースが存在します。 通話のオプションサービスを付けるか判断すべきポイント 通話オプションに加入するべきか? 現在のソフトバンクでは、使った分だけ通話料がかかる基本プランに、別途月額料金のかかかる定額オプション・準定額オプションを付与する仕組みです。 基本プランから見ると定額オプションは1,500円、準定額オプションは500円月額料金が高くなるといえるので、その金額分に見合う通話利用をするかどうかが判断のポイントです。 無料通話アプリの利用がほとんどの場合は不要 基本プランでの月々の通話料が、オプションの金額を下回るのであれば、定額オプションは不要だといえます。 30秒20円の通話料で計算すると、 毎月12. 5分以上話す場合は準定額オプションがお得です。 さらに超えて、 37. 5分以上通話するのであれば定額オプションがお得、という計算になりますが、そこまでの利用をしないのであれば基本プランのみで十分です。 また、通話の機会は多いけれどもLINEなどの無料通話アプリでの通話がほとんど、通話の相手はソフトバンクユーザーの家族、という人も定額オプションは不要ですね。 1回5分以内の通話がほとんどなら準定額オプション 準定額オプションは、1回あたり5分以内なら通話無料という時間制限があります。 短い通話がほとんどの場合は、準定額オプションが向いているといえます。 そのため、短時間で済ませようと思っていたのに、「ついつい話し込んでしまい気付いたら1時間」…なんてことには注意したいですね。 5分が近づいたら通知をしてくれる、という機能もとくにないため、準定額オプションにする場合は、通話時間を気にしながら電話をするくせをつけたほうがよいでしょう。 頻繁に通話する人・長い時間通話する人は定額オプション 通話の回数が多く、1回の通話時間も5分を超過するケースが多い人は、間違いなく定額オプションを選ぶことをおすすめします。 先述のように基本プランのみの場合であれば37. 5分、準定額オプションでも25分以上の有料通話時間があれば、それぞれの通話料は定額オプションとの差額を超えてしまいます。 長電話が習慣づいてしまっている人なら、この程度の時間を1度の通話で超えてしまうことも珍しくないはずです。 思い当たる人は、迷わず定額オプションを選択しましょう。 1回5分以内の通話がほとんどなら準定額オプション、頻繁に通話する方、通話時間が長い方は定額オプションがおすすめです。 ただし、通話相手のほとんどがご家族の人や、無料通話アプリの利用がほとんどの場合は不要といえます。 通話の状況によっては通話料が安くなることもあるため、必要に応じて、オプションをつけるようにしましょう。

次の

かけ放題の格安SIMのおすすめは?徹底比較!【2020年最新】|無制限・10分かけ放題など

電話 かけ 放題 au

このページのもくじ• 最近では格安SIMでスマホ代がかなり安く使えるものの、完全な通話し放題が使える格安SIMは数少ないです。 なので通話 発信 が多い人の場合、2台持ちなど「完全かけ放題専用のガラケー ガラホ 」のニーズはまだまだあります。 更に上記は通話オプションの料金なので、ここにガラケー ガラホ の端末代や、インターネット接続料なども加算された金額が月額携帯代金として請求されます。 月額2,808円…やはりガラホはガラケーのように安く使うのは難しそうですね。 auとソフトバンクも似たような料金になるのでここでは省略 ワイモバイルで完全かけ放題の「通話専用ガラケー」にした時の料金 続いてワイモバイルでかけ放題の通話専用ガラケーを契約した場合の月額料金について見ていきます。 ワイモバイルは格安SIMに近いポジション 料金的にも ですが、ソフトバンクのグループ会社で実はガラホ 4Gガラケー も販売しています。 当然ワイモバイルではガラケー専用のプラン『ケータイベーシックプランSS』もあります。 ただし、上記の「ケータイベーシックプランSS」は使ったデータ通信分だけ料金が上がっていくので、少しでもデータ通信を行う場合には全くお勧めできません。 使わなければ0円ですが という事でどこの携帯会社で契約しても、ガラケーの完全かけ放題は3千円近くは料金が掛かる事が分かりました。 参考: 結構お勧めなワイモバイルの完全かけ放題+簡単スマホの組合せ また60歳以上の場合、ワイモバイルではこの『スーパー誰とでも定額オプション』が無料で永久利用可能な『60歳以上 通話ずーっと誰とでも無料キャンペーン』を実施しています。 個人的には使わないと言ってもGPSなどでも結構データ通信を使うので、この辺が現実的な組み合わせとしてお勧めできます。

次の

かけ放題で通話専用ガラケーの料金最安は?ドコモauSoftBankY!mobile比較

電話 かけ 放題 au

現在、ガラケー(ガラホ)で通話のみとして使えるのは以下の4社となっています。 ワイモバイル• ドコモ• ソフトバンク その中でも、ガラケーを購入して使う場合におすすめできるのは「」です。 なぜなら、24回払いでガラケーを購入でき、自動更新月なら違約金を支払わないで解約ができるからです。 また、端末を支払うまでの期間のトータル料金が一番安く使えるからです。 ・・・キャンペーン情報・・・ [2019年9月19日更新] ソフトバンクの代理店の「おとくケータイ」で、ソフトバンクに乗り換えをする場合のみ、 AQUOSケータイ3が9,520円で一括購入できます。 あとは、プランの料金だけで、 待ち受けがメインの方なら月額1,601円からと安くお得に利用できるキャンペーンです。 その他には、 5分かけ放題や、24時間かけ放題オプションもつけることも可能となっています。 キャンペーン期間は、携帯電話がなくなり次第終了になります。 1つずつ説明していきますが、説明が不要な方はガラケーの機種から見てください。 データ量を少しでも消費すると月額料金が高くなる• 通話専用として使うと端末割引を受けることができない 少しでもデータ量を使ってしまうと月額料金が高額になる まず、キャリアやワイモバイルでガラケーを使うとなると、月額300円のネット接続サービスと以下のデータ量プランの加入が必要になります。 docomoは、ケータイパック:300円〜4,200円• auは、ダブル定額:0円〜4,200円• softbankは、通話のみプランがありおすすめです。 各社では、データ量が高くならないように、月額300円のネット接続料金を外して使うことことができますが、以下の注意点があります。 通話専用として使うと端末割引を受けることができない 月額300円のネット接続を契約していると、端末割引を受けることができますが、 ネット接続サービスを解約してしまうと、以下のキャリアのプランではガラケーの端末割引を受けることができません。 ドコモのシンプルプラン データ通信量は、データ通信を使っていなくても、ガラケーのアプリの更新などで自動的にデータ量が消費してしまうことがあります。 データ量はどのくらいの消費で月額料金が高くなるのかをみていただきます。 たった少しのデータ量を使ってしまうと料金が高くなる キャリア 料金が高くなる データ量 実質 月額料金 docomo 137MBを使うと プラス4,200円 5,480円 au 190MBを使うと プラス4,200円 5,700円 各社料金が高くなるデータ通信量はそれぞれ異なりますが、スマホと同じくらいの月額料金になってしまいますね。 データ量プランを外して安く利用したい場合はワイモバイルがおすすめ ワイモバイルなら、ネット使用料とデータ量プランを外しても、端末割引を受けることができ、通話のみとして最安で使うことができます。 ワイモバイルなら、データ量を消費する心配もなく、月額料金が高くなる心配もなく安心して安く使えます。 通話のみ使う時に購入できるガラケーの機種を比較 上の表は4社で最新ガラケーを購入して使った場合のトータル月額料金です。 1つ1つみていきましょう。 DIGNO ケータイ3:京セラ(2020年3月6日発売)• Simply:セイコー 機種名 画面サイズ カメラ画素数 バッテリー容量 防水・防塵 ワンセグ AQUOS ケータイ3 3. 4インチ 800万画素 1,680mAh あり あり DIGNO ケータイ3 3. AQUOSケータイ3は、無線LANが搭載されており、WiFiを持っている方は、ケータイ端末で通信料がかからずにデータ通信ができます。 また、Simply以外の各ガラケー端末では、LINEを使う事も可能です。 ワイモバイルは、購入する機種によりますが、契約をすると「割引・キャンペーン」を受けることができます。 毎月の機種代金とプランの月額料金を足して、 最安なら月々1,008円から使うことができます。 よく電話をかける場合は、月額1,100円で24時間かけ放題(スーパー誰とでも定額オプション)が用意されております。 最安値なら月額2,088円から使うことができ、キャリアよりも安い月額料金で使えます。 また、かけ放題などを使わない場合でも、1時〜21時までは、「softbankとワイモバイル」の携帯への通話料金が無料になるサービスがあります。 その中でも一番安く使いたい人には「Simply」がおすすめです。 ワイモバイルのガラケーの機種の詳細は以下のリンクから見ることができます。 docomoのガラケーは3機種 docomoで購入できるガラケーは以下の3つです。 arrows ケータイ F-03L• AQUOS ケータイ SH-02L• P-smart ケータイ P-01J どのガラケー機種も新料金プランに変更してからは、36回払いで月々864円(税込み)の支払いとなっています。 新規契約、機種変更、MNP(他社からのお乗り換え)は全て同じ月額料金です。 ドコモでガラケーを購入すると待ち受けがメイン(通話オプションなし)なら、最新のAQUOSケータイ SH-02Lが月額2,160円〜使うことができます。 ドコモでは、新料金プラン変更後に月々サポートがなくなり、月額料金が高くなっています。 auのガラケーは3機種• INFOBAR xv• AQUOS K SHF34• また上の表で記載しています料金は、全て税込価格です。 ソフトバンクではワイモバイルと同じガラケーを購入でき、機種変更・新規・MNPは最安では月額1,171円で使うことができます。 ドコモかauを使っている場合ならMNPをするとお得に! ・・・キャンペーン情報・・・ [2019年9月19日更新] ソフトバンクの代理店の「おとくケータイ」で、ソフトバンクに乗り換えをする場合のみ、 AQUOSケータイ3が9,520円で一括購入できます。 あとは、プランの料金だけで、 待ち受けがメインの方なら月額1,601円からと安くお得に利用できるキャンペーンです。 その他には、 5分かけ放題や、24時間かけ放題オプションもつけることも可能となっています。 キャンペーン期間は、携帯電話がなくなり次第終了になります。 ガラケーで通話のみ最安で利用できるのは?4社のプランと料金を確認 まずは、ワイモバイル、docomo、au、softbankの4社で、 ガラケーの端末代金を含めない月額料金はどのくらいかを見ていきます。 ワイモバイルには、かけ放題がないプランは月額934円のケータイSSプランで、トータルで月々1,234円から使うことができます。 また、1時〜21時までは、「softbankとワイモバイル」の携帯への通話料金が無料になります。 たくさん電話をかける人は+1,100円で24時間通話し放題に加入できる 頻繁に電話をかける人は、 月額1,100円の「スーパー誰とでも定額オプション」に加入すると、24時間通話し放題を使うことができます。 通話料金を気にしないで電話をかけたい人は加入がおすすめです。 ドコモのガラケー最安プラン docomoでガラケーを使うには、月額1,200円のケータイプラン(データ容量100MB付き)の加入の他に以下のオプションを追加できます。 通話オプションなし:月額(待ち受けがメインの方向き)• 5分通話無料オプション:月額700円(5分かけ放題を利用したい方向けプラン)• かけ放題オプション:月額1,700円(24時間かけ放題を利用したい方向けプラン)• ガラケーで通話のみのプランを契約したい場合は、以下のプランがもっとも最安値になります。 待ち受けがメインでも月額1,296円〜 加入が必要なプラン 月々支払う料金 ケータイプラン データ容量100MB 1,296円 通話オプションなし 0円 トータル月額料金 1,296円 (税込み) docomoでは、かけ放題なし(待ち受けがメイン)の方は、月々1,296円〜利用することができます かけ放題を利用したい人は月額1,800円〜2,800円 ドコモで、かけ放題を利用したい方は以下の月額料金で利用できます。 5分かけ放題を使いたい方は月額2,052円• 24時間通話し放題を使いたい方は月額3,132円 auのガラケー最安プラン auのプランの内容は以下となっております。 月額998円のVKプランS(ひと月に1,100円分の無料通話が付き)• 月額998円のVKプラン(auへの通話なら1時〜21時の間は通話料金が無料)• 月額1,200円のスーパーカケホ(ケータイ)(5分かけ放題が付き)• 月額2,200円のカケホ ケータイ (24時間かけ放題が付き)• 通話料金30秒20円 加入するプラン 月々支払う料金 スーパーカケホ ケータイ 1,200円 ダブル定額 ケータイ 0円〜4,200円 インターネット接続サービス 300円 トータル月額料金 1,500円〜5,700円 税抜き 月額料金が最安のプランはVKプランですが、ダブル定額Zが月額500円からになります。 ですので、スーパーカケホプラン(ダブル定額Zが月額0円からのため)が月額1,500円と最安で使うことができます。 現在、softbankで契約できる最安値のプランは、 通話専用プランの月額980円の「ケータイ通話プラン 通話料金は30秒20円 」となっています。 また、かけ放題を利用したい場合は、 オプションに加入することによって5分かけ放題または、24時間かけ放題を利用することができます。 ソフトバンクは月額980円〜使える softbankで、ガラケーで通話のみ使いたい方は月々980円からと安く使うことができますね。 24時間通話し放題でも月額2,480円から そのほかには、月額1,500円の定額オプションを選ぶことで、24時間通話し放題を利用することもできます。 24時間かけ放題はぜったいに必要な方は、安く利用できるワイモバイルとSoftBankがもっともおすすめになります。 ガラケーで通話のみ最安で使うならここがおすすめ! 下の表は、新規・機種変更・MNPでガラケーを購入して使った場合のトータル月額料金です。 月額料金は、ソフトバンクが一番安いですが、36回払いでガラケーの機種を購入しなくてはいけませんので、ワイモバイルが一番おすすめです。 ワイモバイル ご紹介しました4社の中で一番安くおすすめできるのはワイモバイルです。 ワイモバイルはソフトバンクが運営しているから品質も安心 ワイモバイルってどんな会社なのか気になる方も多いのではないでしょうか? ワイモバイルはソフトバンクが運営している会社ですので、 キャリアと同じ品質で安心して利用していただけます。 選んで間違いのない機種は3つ 選んで間違いのない機種は以下の3つです。 DUGNOケータイ3• AQUOSケータイ3(バッテリー劣化防止機能付き)• DIGNO ケータイ2 この2つの機種なら通話音がキレイで、防水、防塵に対応しており大容量バッテリー搭載で充電が長く持ちます。 また、 WiFi機能が付いているので、ご自宅や外出時にWiFiを使ってネットが利用でき、パケット料金が発生することがなく利用できます。 また、LINEを使うこともできますので、WiFiが使える場所なら様々な使い方ができます。 申し込みはネットがおすすめ 契約をお考えの場合は、店舗よりもネットでの契約がおすすめです。 なぜなら、店舗での契約だと余計なオプションを付けられて月額料金が高くなってしまう、オンラインストアなら待ち時間を気にしなくても良いからです。 在庫があるうちにガラケーを購入して、毎月の料金を安く使って家計費を節約してくださいね。 実はソフトバンクを選ぶのも1つの選択肢 ・・・キャンペーン情報・・・ [2019年9月19日更新] ソフトバンクの代理店の「おとくケータイ」で、ソフトバンクに乗り換えをする場合のみ、 AQUOSケータイ3が9,520円で一括購入できます。 あとは、プランの料金だけで、 待ち受けがメインの方なら月額1,601円からと安くお得に利用できるキャンペーンです。 その他には、 5分かけ放題や、24時間かけ放題オプションもつけることも可能となっています。 キャンペーン期間は、携帯電話がなくなり次第終了になります。 イオンモバイル• QTモバイル 契約期間は1年間だけですので2年縛りなどがありません。 下に記載した月々の料金をご覧ください。 格安sim MVNO データ量 月額料金 回線 IIJmio なし 920円 docomo、au ロケットモバイル 使い放題 948円 docomo QTモバイル 1GB 890円 12ヶ月目まで docomo、au 1,450円 12ヶ月目まで softbank 格安simでは、通話のみ使いたい場合には、音声通話SIMの契約が必要になり、データ通信量もセットで選ばなくてはいけません。 しかし、データ通信量の一番少ないプランを契約することで、月額料金を安く使う事ができます。 データ量があっても、 キャリアとは違い定額制のプランですので、アプリ更新などで勝手にデータ量を消費しても月額料金が高くなる心配がありません。 ですが、現在、IIjmio(みおふぉん)のみ通話とSMSがセットになっているSIMカードの購入ができおすすめです。 IIJmio(みおふぉん) IIJmio(みおふぉん)は、2019年2月から通話のみ専用のSIMカードの契約ができるようになりました。 ガラケーでSIMを使うにはドコモのガラケーしか使うことはできませんが、利用できる機能は「音声通話とSMS」とシンプルです。 通話料金は30秒20円ですが、みおふぉんダイアルというものがあり、電話番号の先頭に「0037691」をつけて発信するだけで、通話料金が半額にできます。 長時間の通話をしたい場合は、以下の通話オプションがあり使いやすい格安SIMです。 月額600円の3分かけ放題(同一id間なら10分間)• 月額820円の10分かけ放題(同一id間なら30分間) 同一ID間なら、みおふぉんダイアルを使うと30秒8円で通話することもできます。 IIJmioが気になった場合は一度お持ちの機種の動作確認をしてみてくださいね。 2019年7月4日から3,000円の初期費用が1円のキャンペーンが始まりました。 ロケットモバイル• docomoのガラケーをそのまま使える• 今使っている電話番号をそのまま使える• 業界最安値 月額料金は948円 SIMカードを入れ替えて使いたい方に、オススメしたいのは月額948円で使えるロケットモバイルの「神プラン」です。 通常の通話料金は、30秒20円ですが、「」を組み合わせて使う事で 通話料金を半額(30秒10円)にできます。 もし、たくさん電話をかけたい方は「G-Callアプリ」なら月額800円で10分かけ放題が使え、10分以内の通話なら何回かけても無料にできます。 お店の予約や、お仕事の電話など何回もかけたい方には最適ですね。 ロケットモバイルで利用できるガラケー 現在、ロケットモバイルで、SIMの交換だけをしてで利用できるガラケーの機種は以下になります。 ARROWS ケータイ F-05G• AQUOS ケータイ SH-06G この2つのガラケーは、ロケットモバイルを契約してSIMカードが届きましたら、ガラケーにSIMカードを挿してAPN設定をするだけで使えるようになります。 ご家庭にWiFi環境がなくても、無料WiFiスポットでAPN設定は簡単にできますので、持っているガラケーで通話のみ使いたい方には最適です。 APN設定はデータ通信を使うための設定ですので、通話のみ使う場合はAPN設定の必要はありません。 QTモバイル• ガラケーを購入して使える回線はdocomoのみ• 今使っている電話番号を使える• docomo回線とau回線は月額料金が1年間890円• softbank回線の月額料金は1年間1,140円 月額料金は890円から QTモバイルは、docomo回線とau回線は月々890円、softbank回線は1,140円で使うことができます。 ただし、13ヶ月目からは月額料金が高くなってしまうために、ガラケーで1年間だけ安く使いたい方にはぴったりの格安simです。 また、通常30秒20円の通話料金ですが、 たまに電話をかけるだけなら専用通話アプリを使うと30秒15円と少し安く使うこともできます。 そして、月額850円で10かけ放題を使うこともでき、10分以内の通話なら何回かけても無料にできます。 仕事やプライベートのちょっとした電話など通話料金を節約することができますね。 気になる方は「」で調べてみてくださいね。 QTモバイルでは、ガラケーを購入して使うこともできるのですが、月々の料金が1,990円と高くなってしまうためにおすすめはできません。 まとめ ガラケーで通話のみ最安で使いたい場合のキャリアの料金を比較しました。 キャリアで通話のみとして使うには端末割引が受けられなくなり、月々の料金が高くなるためにおすすめすることはできませんでした。 しかし、通話のみとして使っても端末割引を受けられるなら安く利用できる為におすすめです。 また、以下2社で通話のみとして使うのも、選択肢としておすすめとなります。 ぜひ、あなたに合った通話のみ最安の携帯会社を見つけてくださいね.

次の