ポケモン ウーラオス 育成論。 【ソードシールド】2つの型を持つポケモン!ウーラオスの育成論【ポケモン剣盾】

【ポケモン剣盾】ウーラオス(れんげきのかた)の育成論と対策|おすすめ性格【鎧の孤島】|ゲームエイト

ポケモン ウーラオス 育成論

半減できるタイプが7つと多い上に、技範囲も広いため多くのポケモンと対面で戦えます。 また、対面操作が可能な「とんぼがえり」を覚えますので、優秀な耐性と併せて サイクルを回すパーティに採用しやすいポケモンになっています。 環境に多いギャラドスに二重弱点を突ける フェアリータイプへの打点。 ダイスチルで自身の防御を上げられる みずタイプの先制技。 ウーラオスは抜群タイプが5つと多めですので、じゃくてんほけんを発動しやすく 、一定以上の物理耐久があるため非常にじゃくてんほけんと相性の良いポケモンになっています。 素早さは、ダイジェット1回で最速エースバーン抜きまで振っているため、多くのポケモンよりも先に行動することが可能です。 ダイスチルで自身の防御を上げられる みずタイプの先制技。 終盤に相手の残ったHPを削れる点が優秀 ウーラオス れんげきのかた の役割と立ち回り ミミッキュより素早さが「1」高い ウーラオスは環境に多いミミッキュより素早さ種族値が「1」高いポケモンです。 ハチマキを巻けば耐久に無振りのミミッキュを「すいりゅうれんだ」で確定1発で倒すことができます。 キョダイマックス技「キョダイレンゲキ」が強力 キョダイマックス個体であれば水技が「キョダイレンゲキ」に変化します。 「キョダイレンゲキ」は「ダイウォール」や「まもる」などを使った相手にもダメージを与えられるので、ダイマックス同士の戦いにおいて有利に立ち回ることが可能です。 タイプ相性的に有利ではないポケモンでも、すいりゅうれんだのタイミングで後投げに成功すればそのまま処理できてしまう可能性もあります。

次の

ウーラオス れんげきの型 育成考察 育成論

ポケモン ウーラオス 育成論

技 攻撃対象 割合 回数 すいりゅうれんだ H4 ミミッキュ 103. そのため、ウーラオスを最速で育成すれば、 最速ミミッキュの上から攻撃することができます。 無駄のない種族値配分 合計種族値550のウーラオスですが、上記にも書いた通り、最速ミミッキュを抜ける素早さを持ちます。 加えて、次に重要な攻撃種族値も 130と高く、反対に基本的に腐ることになる 特攻の数値が抑えられていて、他の HPや防御に数値が高くなっています。 アタッカーとしてバランスのいい種族値配分です。 そのため、実際の威力期待値は 112にもなり、 相手の防御ランク上昇や、きあいのタスキなどを無視してダメージを与えることができる点が非常に強力です。 さらに、貫通するだけでなく、「キングシールド」や「トーチカ」といった守る系の 追加効果も無視します。 専用技の確定急所で防御ランクを無視できる上、守る系も無効と、受けポケモンに対してもかなり攻撃的に動けるのが特徴です。 こちらには、守る系に加えて 「ダイウォール」も貫通できる効果がついているため、相手のダイウォールに上手く合わせることができれば、 ダイマックスターンを1ターン無駄にすることができます。 特に「トゲキッス」は、タイマンで勝つのはほぼ不可能で、特殊ダイジェットで起点にされるでしょう。 すいりゅうれんだ読みで裏からゴツメナットレイを出された日には、一気にHPを持っていかれます。 ただし、ナットレイに関しては鉢巻インファイトでワンパンすることもできるので、状況に応じて上手く読みを通せば、一概に天敵になる訳ではありません。 ウーラオス れんげきのかた の対策 対策ポケモン.

次の

【ポケモン剣盾】ウーラオスはどちらがおすすめ?【鎧の孤島】

ポケモン ウーラオス 育成論

ウーラオスとは HP 100 こうげき 130 ぼうぎょ 100 とくこう 63 とくぼう 60 すばやさ 97 特性 ふかしのこぶし ポケモン剣盾-鎧の孤島にてストーリー終盤にて入手可能なポケモンです。 進化前は「ダクマ」であり、「ダクマ」から2種類の姿に進化することができます。 「 いちげきのかた」と「 れんげきのかた」が存在し、どちらの姿にするかはストーリーで選択することができます。 2種類の姿での 違いはタイプと覚える技のみで、種族値や特性に違いはありません。 特性である「 ふかしのこぶし」は 接触技であれば「まもる」などを貫通して攻撃することができるため、定数ダメージを稼ぐための「まもる」などを相手に安易に打たせないようにすることができます。 また、どちらの姿でもキョダイマックスが存在し、「ダイウォール」や「まもる」を無視して攻撃できるため非常に強力です。 威力80のあくタイプの技であり、必ず急所にあたるため相手の壁や能力上昇を無視して攻撃することができます。 キョダイマックスするとあくタイプの技が「 キョダイイチゲキ」となります。 「キョダイイチゲキ」は相手の「ダイウォール」や「まもる」を無視して攻撃をすることができるため、ダイマックスターン枯らしなどに強いです。 威力25のみずタイプの3回連続攻撃技であり、3回とも必ず急所にあたります。 相手の壁や能力上昇を無視して攻撃できるうえに、連続攻撃技のため 「きあいのタスキ」を貫通することもできます。 キョダイマックスするとみずタイプの技が「 キョダイレンゲキ」となります。 「キョダイレンゲキ」は相手の「ダイウォール」や「まもる」を無視して攻撃をすることができるため、ダイマックスターン枯らしなどに強いです。 ウーラオスのおすすめの型 ウーラオスは高い攻撃力と防御力をもっており、覚える技の範囲も広く優秀なポケモンです。 素早さ種族値は97であり、素早さ種族値が96の「ミミッキュ」よりも1速い種族値となっていることから、 「ようき」などの素早さに補正が乗る性格にするのがおすすめです。 また、「こだわりスカーフ」を持たせることで最速ドラパルトを抜くこともできます。 「ダイナックル」や「ダイジェット」によって攻撃や素早さを上げることもできるため、ダイマックスとも相性がいいです。 また、「こだわりスカーフ」の場合はミラーの際に上をとることができるため有利です。 「こだわりハチマキ」を持たせることで、高い攻撃力と通りの良いみず技によって受けだししてきたポケモンに対しても大ダメージを与えることができ、確実に仕事をしてくれます。 不利対面となったときは「とんぼがえり」で交代することで不利対面を回避することができます。 優秀な補助技も覚えるため、補助技を入れることでいろいろなポケモンを役割対象にすることができます。 「つばめがえし」は「ダイジェット」を打つために採用してますが、相手の上をとる必要がない場合はこの枠を他の技に変えるといいでしょう。 ダメージ計算 ・与ダメ すいりゅうれんだ ミミッキュ (AS振り) ハチマキ 102. 2~118. 3% 確定1発(ばけのかわ有り) スカーフ 72. 5~83. 9% 確定2発(ばけのかわ有り) スカーフ 102. 2~118. 3% 確定1発(ばけのかわ無し) いのちのたま 90. 8~105. 3% 乱数1発 31. 2%(ばけのかわ有り) いのちのたま 129. 0~150. 3% 確定1発(ばけのかわ無し) ドリュウズ(ダイマ) AS振り ハチマキ 117. 2%~138. 3 確定1発 スカーフ 78. 3~92. 9% 確定2発 いのちのたま 101. 8~120. 8% 確定1発 あんこくきょうだ ミミッキュ (AS振り) ハチマキ 154. 1~180. 1% 確定1発(ばけのかわ無し) スカーフ 108. 3~125. 1% 確定1発(ばけのかわ無し) いのちのたま 137. 4~158. 7% 確定1発(ばけのかわ無し) ギャラドス (AS振り) ハチマキ 109. 3~129. 8% 確定1発 スカーフ 73. 6~86. 5% 確定2発 いのちのたま 95. 9~112. 2% 乱数1発 75. 0% インファイト カビゴン (HB振り) ハチマキ 107. 8%~128. 0 確定1発 スカーフ 72. 6~86. 1% 確定2発 いのちのたま 94. 3~111. 9% 確定1発 アーマーガア (HB振り) ハチマキ 52. 6~61. 9% 確定2発 スカーフ 35. 1~41. 4% 確定3発 いのちのたま 45. 8~54. 1% 乱数2発 44. 5% ウーラオス(いちげき) (AS振り) ハチマキ 176. 0~209. 1% 確定1発 スカーフ 117. 7~140. 5% 確定1発 いのちのたま 153. 1~182. 8% 乱数1発 ふいうち ドラパルト (AS振り) ハチマキ 139. 8~165. 6% 確定1発 スカーフ 93. 2~111. 6% 乱数1発 62. 4~145. 3% 確定1発 アクアジェット エースバーン (AS振り) ハチマキ 85. 1~100. 6% 乱数1発 6. 4~67. 0% 確定2発 いのちのたま 72. 2~87. 0% 確定2発 ・被ダメ ミミッキュ (A252珠) ・いちげき じゃれつく 178. 2~21. 7% かげうち 9. 7~12. 0% ・れんげき じゃれつく 89. 1~106. 8% かげうち 20. 0~14. 5% ドラパルト (A252) ・いちげき ドラゴンアロー 48. 0~56. 0% ゴーストダイブ 20. 5~24. 5% ・れんげき ゴーストダイブ 41. 7~49. 7% FCロトム (C252) ・いちげき ハイドロポンプ 77. 1~90. 8% オーバーヒート 89. 7~106. 2% ボルトチェンジ 48. 5~58. 2% ・れんげき ハイドロポンプ 38. 2~45. 1% オーバーヒート 44. 5~53. 1% ボルトチェンジ 97. 1~116. 5% ギルガルド (C252) ・いちげき シャドーボール 67. 4~80. 5% せいなるつるぎ 51. 4~61. 7% ・れんげき シャドーボール 67. 4~80. 5% せいなるつるぎ 25. 7~30. 8% メインメニュー•

次の