お 使い の インターネット の 速度。 ▷ インターネットのスピードテスト

インターネットの通信速度はどれくらい出れば正常?上手な無線LANと回線選び

お 使い の インターネット の 速度

「光回線を契約したのに思ったよりスピードが出ない」 「モバイル回線のスピードが遅い」 そんな方は、自宅で使っているネット回線がどのくらいの速度か一度測定してみましょう。 理論値と実測値は異なり、様々な環境によって変化するものなのです。 SPEEDTEST(スピードテスト)を使ってみよう 実測値を測定する方法として。 SPEEDTEST というサイトを使うと簡単です。 SPEEDTEST(スピードテスト) ちなみに私の自宅の固定回線は光回線でマンションでVDSL方式ではなく無線LANを使っているのですが。 その条件で測定値(実測値)がこのくらいです。 こう見ると最大1Gbps(理論値)と比較すると程遠いので。 「めちゃくちゃ遅いんじゃないのか」 と思われる方もいるかもしれませんが。 実際は十分にありえる数値なのです。 それは、この最大1Gbps(理論値)というのはベストエフォートと言って、理論上の最大値なので。 実際は10分の1以下、悪いと100分の1とかもありえるのです。 様々な要因で速度が変わってくるので。 インターネット回線は単純に理論値と価格だけで決めてはいけないのです。 「格安SIM」は特に注意が必要です。 安くなっていると思ったら、実はとんでもなく使いにくいものだったということもあります。 あと有線と無線だと有線の方が速くなります。 ちなみに有線にして測定するとこんな結果になりました。 無線の場合は、特に様々な要因で速度が落ちやすいのです。 完璧なものではなく、あくまで目安なんですが。 参考程度にはなるかと思います。 実測値の目安• 30Mbps以上ならとても快適に使える• 10~30Mbpsなら快適に使える• 5~10Mbpsならまあまあ(使い方によると満足できない可能性あり)• 1~5Mbpsなら動画だと止まる可能性がある• 1Mbps以下なら動画の視聴は難しい ただし、この目安は複数台接続は想定していません。 もし2台以上接続する場合はもっとスピードが必要になってきます。 あとバリバリのオンラインゲームをやるような方も参考にしてはいけません。 オンラインゲーム(モノにもよりますが)が有線を推奨しているのは、それだけ速度が必要だということなのです。 しかし見ていてわかるのが意外にも実測値がそれほど必要ではないということがわかると思います。 回線速度があまりにも遅い場合は 実際に測定してみて、あまりにも遅いもしくは使っていてストレスを感じるようであれば。 ネット回線を乗り換えることも視野に入れておいた方が良いでしょう。 固定回線が速いのはVDSL方式でなく光回線であれば、よほど環境が悪くない限りは問題ないと思いますが。 問題はモバイル回線ですね。 モバイル回線は特性上どうしても固定回線と比較して速度が落ちます。 しかし、それでもモバイル回線の中で私が WiMAX(ワイマックス)をおすすめしている理由が。 モバイル回線の割には意外と速いからなんですね。 WiMAX(ワイマックス)のモバイルルーターは何度か接続して使ったことがあるのですが。 一人暮らしとかであれば、エリアや環境に問題なければ、本当にこれで十分だと感じました。 何より持ち運びができるので。 パソコン以外にスマホやタブレットも外に持ち出して接続できるというところにも注目です。 BroadWiMAX(ブロードワイマックス)というプロバイダーがあるんですが。 そこなら万が一、提供エリア判定「〇」で実測値が遅かったとしても。 気に入らなければ、株式会社LinkLife(ブロードワイマックスを提供している会社)が紹介するネット回線へ違約金なしで乗り換えができるので。 おすすめです。 あと初期契約解除というのもあるので「端末到着後8日以内」ならキャンセルできます(事務手数料だけは発生しますが)。 詳しくは下記の記事をご参照下さい。

次の

【簡単】「スピードテスト」の検索で「インターネット速度テスト」をしてみませんか?

お 使い の インターネット の 速度

インターネットを新規契約または乗り換える際、気になるのが回線速度ですよね。 ここでは、利用用途ごとのインターネットの快適な速度を説明します。 回線のスピードをチェックするサイトも紹介します。 目次:• 現在使用しているの速度を計って20Mbps出ていれば、大抵のことは快適にこなせる状態といえるでしょう。 megabits per secondの略で、1秒間当たり1メガビット(0. 125MB)のデータを転送できるという意味があります。 1,000Kbps(キロビーピーエス)=1Mbpsとなり、1,000Mbps=1Gbps(ギガビーピーエス)となります。 20Mbpsがどれ位のスピードなのか考えてみましょう。 もし 20Mbpsの一定速度で音楽CD1枚分(700MB)のデータをダウンロードしたとすると、4分40秒かかる計算になります。 一服している間にダウンロードが終わるという感じですね。 快適な通信速度は、インターネットの使用目的によって異なります。 インターネット利用用途別の快適な速度 インターネットで何をするかは人それぞれです。 ウェブページ閲覧が主という人や、YouTubeやストリーミングなど映画やドラマ・アニメなど動画の視聴がメインの人、スマホやパソコンでオンラインゲームを楽しむ人もいます。 また、SNS(Facebookやインスタグラムなど)に写真や動画をアップする人もいることでしょう。 それら利用用途に応じた快適なインターネット速度は、以下を参考にしてみてください。 インターネット利用用途別 - 快適な通信速度(下り)の目安 速度 インターネット利用用途 1Mbps ウェブページ閲覧、メール受信、LINE 3Mbps YouTube動画(720p)、ビデオ通話 5Mbps YouTube動画(1080p)、スマホのオンラインゲーム 25Mbps 4K動画の再生、PCオンラインゲーム なお、インターネットの通信速度には、ダウンロード(下り)とアップロード(上り)があります。 これはデータを受け取るのか、それとも送るのかの違いです。 データを受け取る時や、Webサイトを開いたり動画を観たりするの時 (ダウンロード)の通信速度を下り速度、LINEやインスタグラムに写真や動画を投稿すると アップロードする時の速度を上り速度といいます。 インターネット利用用途別 - 快適な通信速度(上り)の目安 速度 インターネット利用用途 1Mbps メール・チャット送信、フォーム送信 3Mbps SNSに写真投稿、ビデオ通話(映像送信) 10Mbps SNSに動画投稿、データファイルの共有 一般的に、インターネット回線はアップロード速度よりもダウンロード速度のほうが速くなります。 アップロード速度は10Mbpsもあれば快適と思えるでしょう。 インターネット速度に応じた動画の画質 インターネットで動画を視聴する際は、基本的にインターネットの速度に応じて画質が自動調整されます。 どの画質になっているか確認することで、現在のインターネット速度をある程度推し量ることも可能です。 冒頭でも説明したとおり、ネットスピードが20Mbpsあれば高画質の動画でも問題なく観ることができます。 回線別 — 最大速度と実効速度 光回線 モバイルWiFi 最大速度 1~2Gbps 220Mbps~1Gbps 実効速度 10Mbps~200Mbps 1Mbps~40Mbps CMなどで大きくうたわれるのは最大速度なので、そればかりに目が行ってしまいがちです。 最大速度が1Gbpsだとしてもそれは理論上の最大値であって、現実的には最大速度が出ることはあり得ません。 回線は複数のユーザーで共有されているほか、通信機器を介することで速度低下などが起きるからです。 インターネットの実効速度は、様々な要因によって上下します。 たとえば昼間は速くても夜になると回線速度が落ちることがよく見られます。 これは、夜にインターネット利用者が増加するため回線が混雑するからです。 週末や祝日なども同じ理由により速度が落ちやすくなります。 たとえば光回線では、昼間100Mbpsのスピードが出ていても夜に10Mbps以下になることもあります。 そこで、インターネット回線に申し込みまたは乗り換える前に、実効速度がどれほど出るかある程度調べることが必要になってきます。 以下ではを利用した(プロバイダーがフレッツ光を借り受けて提供するサービス)の通信速度を見てみます。 フレッツ光(光コラボ)は利用者が多いという点において参考にしやすいでしょう。 ただし、接続環境や時間帯、利用通信機器などによって速度は上下します。 マンションか戸建の家など様々な要因が関係します。 また、以下のデータは実際のユーザーが測定を行ったデータを元になっていますので、そのプランを使用している人数も関係数するでしょう。 このため毎日結果は異なります。 あくまで参考程度と理解してください。 光コラボ ・下りの速度(2020年3月13日 -RBB SPEED TEST統計) 順位 光インターネットサービス名 平均速度(Mbps) 1 221. 9 2 178. 4 3 151. 4 4 88. 7 5 67. 1 これを見る限り、光コラボでは快適なインターネットが可能といえます。 IPv6が平均速度を押し上げていることは間違いないでしょう。 これまではIPv4接続方式でしたが、インターネット利用者の急増により問題やスピード低下が発生するようになりました。 そこで光回線の速度向上を図って登場したのがこのIPv6接続方式です。 光コラボの一例(IPv4 over IPv6対応) サービス名 特徴 月額料金 戸建て 集合住宅 en ひかり• 月額料金は業界最安値。 契約の縛りや解約金がない。 4,300円 3,300円• 老舗のプロバイダー。 契約の縛りや解約金がない。 4,500円 3,500円• 大手キャリアのソフトバンク• ドコモのスマホ料金が毎月割引• IPv6接続対応ルーターのレンタルずっと無料 5,200円 (自動更新) 4,000円 (自動更新)• 契約の縛りがなく解約金もない• IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料 4,800円 3,600円• セキュリティ「カスペルスキー」が永年無料• IPv6接続対応ルーターのレンタル料金12ヵ月間無料 3,780円 (自動更新) 2,780円 (自動更新) 光インターネットの速度について、ユーザーの口コミはどうなっているのでしょうか?一例を調べてみました。 ビッグローブ光: さきほど光コンセントを作ってもらいビッグローブ光が無事開通。 さっそく速度計ってきたけどキモい 笑 さすがv6。 夜はまだ分からないけどWimaxが1M届かないこともあったの考えたら涙出そう。 — Keiichi Nishimura nissy421 沼津市のアパートにビッグローブ光の工事が完了しました、1Gbpsコースで回線速度はLAN接続で164Mbpsでした、このぐらい速度が出てれば良い方なのかな? — いずいずみ Izuizumi727 うちに光が来た。 ビッグローブ光というやつらしい。 早速速度テストをした。 なんだこれ。 今の時間は条件もいいだろうけど200Mbps超えてるな。 — identifier identifier ------ BNRスピードテスト ダウンロード速度 ------ 推定転送速度: 94. 68Mbps 11. — えに子? enixhehehe やったーーーーー!!!光回線が通ったよ!! 速度を比較してみた! Softbank光 下り 19. 8 Mbps 上り 29. 5 Mbps ぷらら光 下り 50. 0 Mbps 上り 73. 5倍以上速く為りました。 回線の混み合う夜中でも、200Mbps以上は出てます。 流石に3倍速いとはいきませんがww 使用中のインターネットの速度は: 370Mbps. お使いのインターネットの速度はどのくらいですか? — エースを狩る者 hyper8021 そういえばSonet光は何故か(!)2日目くらいからは普通に速度が出るようになった。 23時台でもこの速度。 — azu teaniso 上記を見ると、同じ光インターネットサービスでも利用ユーザーによって実効速度が大きく異なることが分かりますね。 でも IPv6接続対応であれば20Mbpsという目安を大きくクリアするので、データ通信を沢山使う人でも安心して申し込むといいでしょう。 フレッツ光以外・自社回線の光回線インターネット速度 NTTのフレッツ光に頼らない、自社で敷設した光回線を使ったインターネットサービスを提供している会社もあります。 全国規模もしくは広範囲でサービスで展開しているところでは、auひかりやNURO光があります。 フレッツ光に比べ利用者が少ないこともあり、より高速で快適な通信速度が魅力です。 回線をシェアして利用しなければならないマンション住まいの方は、特に混雑時の速度低下に悩まされがちです。 自社の回線を利用したインターネットは、このようなケースに該当する人に特に人気があります。 もしくは モバイルWiFiのインターネット速度 モバイルWiFiとは、工事不要で場所を選ばずにインターネット接続できるモバイル回線です。 やといったサービスがこれに当たります。 最新ルーターなら最大速度1Gbps超えとされていますが、実際のスピードはどうなのか口コミを調べてみました。 WiMAXです。 大阪市北区でこの速度 — まちゃ machyawo 光回線からwimaxに変更。 au回線に切り替えれば田舎や山奥でも使えるのは大満足。 そこで、ネット情報を頼りに簡易パラボラアンテナを作成。 SSは北海道某地方都市での平日昼ピーク時の速度。 — ぽんた hhklp18gpUvIBbC 返す前にwimax最後の測定したら案外速度出たわ 最初からこれ出してくれてれば話は変わったんやが — ま ymneet ゴールデンウィーク中に遅いな〜と思っていたWiMAXの速度を再計測してみました。 また、居住エリアやモバイルWiFiルーターの位置によって速度が落ちることもあります。 そのためモバイルWiFiは、4K動画を観たり大容量通信オンラインゲームをしたりするのにはあまり向きません。 モバイルWiFiのメリットは速度よりも、持ち運び可能で利便性が高いことにあるといえるでしょう。 現在利用中インターネットの速度をチェックする方法 現在利用しているインターネット回線の速度を調べるのはとても簡単で誰でもできます。 以下にいくつかのスピードテストツールを紹介しますので、ぜひ試してみてください。 なお、スピードテストの結果は瞬間を切り取ったもので、時間帯やサーバーの混雑度によっても結果が変わります。 あくまで目安として参考にしましょう。 お手軽度NO. 1スピードテスト「Fast. com」 Fast. com)は、動画配信サービスのNetflixが提供するスピードテストツールです。 他の多くのスピードチェックサイトのように広告が表示されないのも好印象といえます。 ページを開くだけですぐにダウンロードスピード測定が始まるので、誰でも簡単にチェック可能。 「詳細を表示」をクリックすると、アップロード速度も確認できます。 正確度NO. 1スピードテスト「SPPEDTEST. NET」 SPPEDTEST. speedtest. net は、正確に速度を測定できるテストツールです。 インターネットで何かを検索して表示される情報は、その情報を提供するサーバーにつながっていることになります。 これも使い方は簡単で「GO」をクリックするだけ。 LINE無料通話なら100ms以下、オンラインゲームなら50ms以下が快適に使える目安です。 nPerf社のスピードメーター.

次の

ネットの速度を測定しよう、自宅の回線は速いのか?

お 使い の インターネット の 速度

インターネット回線事業者がシステムメンテナンスを実施している• インターネット回線がDoS攻撃を受けている の2種類が考えられます。 回線事業者・プロバイダがメンテナンスを行う場合、よほど緊急なメンテナンスでない限り、事前にメールで通知があるはずなので、メンテナンスの時間を確認しましょう。 また、インターネット回線がDoS攻撃を受けていて、その影響でインターネットの接続速度が遅くなっている可能性があります。 DoS攻撃(どすこうげき)とは、インターネット回線に対して意図的に過剰な負荷を加えるサイバー攻撃のことです。 利用しているインターネット回線に過剰な負荷が加えられるため、サービスが一時的に使えなくなったり、インターネットに接続するのに異様な時間を要する等、様々な問題が発生します。 1 回線事業者・プロバイダの公式サイトを確認する インターネットの速度が遅いと感じたら、まずはスマートフォン等で回線事業者・プロバイダの公式サイトを確認しましょう。 もし、なんらかの通信障害が発生している場合は公式サイトに通信障害に関する発表が掲載されているはずです。 通信障害から復旧した場合も公式サイトに掲載されますので、こまめに確認してみましょう。 また、Twitter上で「〇〇(インターネット回線・プロバイダの名前)+通信障害」等のキーワードで検索を行うことでも情報を知ることができます。 同じインターネット回線を利用しているユーザーの口コミが多ければ、回線事業者で通信障害が起きている可能性が高いことがわかります。 ただし、仮に回線事業者・プロバイダで通信障害が起きているとわかったとしてもユーザー側でどうにかすることはできないので、通信障害が解消されるのを気長に待ちましょう。 IPv4接続で回線が混雑 インターネットに接続する際、接続する機器すべてに「IPアドレス」という数字が当てはめられ、IPアドレスの当てはめには「IPv4」という接続方式が使われてきました。 特にフレッツ光や光コラボを利用している方は「PPPoE」と呼ばれる接続方式で通信を行い、NTTの基地局からプロバイダを経由してインターネットへ接続しています。 ところが、夜間帯になるとアクセス数が増加して、IPv4接続口の網終端装置と呼ばれる出口で混雑が起きてしまいます。 インターネット回線を説明する際の例えとして「高速道路」がよく使われますが、混雑している高速道路でスピードを出そうとしても前の車が邪魔で速度を出せませんよね。 それと同じで、混雑を起こしている網終端装置を通過してインターネットに接続しようとするので、夜間帯はインターネットの回線速度が遅くなるという現象が起きてしまうのです。 網終端装置は各都道府県に設置されていますが、利用者が多いエリアであればあるほど混雑してしまうので、東京や大阪などの大都市部では通信速度が低下しやすい傾向にあります。 2 IPv6 IPoEオプションを申し込む IPv4で接続している方は、IPv6 IPoEオプションに申し込むことでインターネットの回線速度を速めることができる可能性があります。 IPv6とは、約340澗(かん)個という超膨大な数のIPアドレスを割り振ることができる新しい接続方式です(IPv4は約43億個のIPアドレスが割り振れる)。 近年では、パソコンやスマートフォンの普及、様々な機器がIoT化(モノのインターネット)したことで、IPアドレスが足りなくなってきていました。 ところが、IPv6 IPoEという接続方式を利用することで利用者の少ない出口を経由してインターネットに接続することができます。 IPv4と比べてIPv6は、まだまだ利用者が少なく割り振られるIPアドレスも事実上無限なので、インターネットの回線速度が速くなるのです。 一覧にしてまとめると以下のような感じです。 IPv6 IPv4 接続方式 IPoE PPPoE PPPoE IPアドレス 約340澗個 約43億個 特徴 利用者が少ないため、混雑を回避してインターネットに接続できる(IPoEの場合) これまでの標準接続方式だったため、利用者が多く混雑を起こしやすい 難しい単語やアルファベットが出てきましたが、要約すると「IPv6 IPoEオプションに申し込むと回線速度が速くなる可能性がある」ということだけ覚えておいてください。 IPv6とIPv4の詳細な比較や、それぞれの特徴については以下のページで詳しくまとめていますのであわせてご覧ください。 棚の中• 電波を発する機械の側(電子レンジ等)• 鏡や水槽の近く• 部屋の隅 無線の場合は電波を送受信して通信を行っていますが、建物や壁、人といった障害物に弱いという特徴があるので、上記のような場所は避けましょう。 また、無線LANルーターを設置している部屋から遠い部屋では壁が障害物となり、電波が弱くインターネットの回線速度が遅いということが起こります。 3 中継器を購入 無線LANルーターが飛ばせる電波には、距離的な限界があります。 そのため、無線LANルーターを設置している場所から遠い部屋では電波が弱いためにインターネットを快適に使えないということがあります。 その問題を解消するためには、電波をより遠くまで飛ばすことができる「中継器」と呼ばれる機器を使いましょう。 すでに設置している無線LANルーターを親機として、親機の電波が届く範囲内に中継器を設置します。 そうすることで、親機の電波を受信した中継器が更に電波を発信するようになり、より遠くまで電波を飛ばすことができるようになります。 3,000円程度で購入できる安価な物もありますが、出来るのであれば親機となる無線LANルーターと同規格から高規格の物を選びましょう。 中継するという特性上、親機以上の速度が出ることはない• Wi-Fiルーターの性能や規格は常に進化している 上記2点の理由があるので、ご自宅で利用している無線LANルーターに適した中継器を選ぶようにして下さい。 無線LANが11acに対応していない 無線LANルーターは、これまで「11n」という無線LAN規格が使われてきました。 ですが、現在では高速無線LAN規格「IEEE802. 11ac」として、「11ac」と呼ばれる新しい通信規格が使用できるようになりました。 11acは、これまでの11nと比較して通信速度は約11. 5倍となり、5GHzの周波数帯を利用するので電波干渉を受けにくいという特徴があります。 この11acという通信規格を利用するためには、無線LANルーターと接続機器それぞれが11acに対応している必要があります。 近年発売されている電子機器類は大半が11acに対応していますが、昔からの無線LANルーターを使っている場合は11acに対応していない場合が多いです。 本来であれば通信速度が出るはずの最新機器なのに、無線LANルーターの規格が対応していないせいで通信速度が出ないというパターンがあります。 4 11acの無線LANルーターかチェック まずは、ご自宅の無線LANルーターが11acに対応しているかどうかをチェックしましょう。 基本的に無線LANルーターのパッケージや取扱説明書に書かれており、商品名をインターネットで検索しても調べることが出来ます。 これから無線LANルーターを購入する場合は、11acに対応しているかどうかを確認してから購入しましょう。 大手家電量販店等で購入するのであれば知識が豊富な専任スタッフがいるので相談してみて下さい。 同時接続台数が多すぎる Wi-Fiルーターには「同時接続可能台数」というものが設定されています。 最大で10台まで接続できる、等と書かれているのですが、接続台数が増えれば増えるほど回線速度は遅くなります。 IPv4 PPPoEの項目で解説しましたが、網終端装置で混雑が起きてしまうのと同じ理屈です。 使っていない機器でも自動接続しているケースもあるので、使用していない機器は接続を切断しておいた方が良いでしょう。 5 MU-MIMO対応の無線LANルーター 「どうしても複数の機器でインターネットを使いたい!」という方もいらっしゃるかと思います。 そんなときは「MU-MIMO対応の無線LANルーター」を使ってみましょう。 MU-MIMO(マルチユーザーマイモ)とは、スマートフォンやタブレット等、複数機器での同時接続時でも回線速度の低下を防いでくれる機能のことです。 ただし、• MU-MIMO対応の無線LANルーターだけでなく、通信機器もMU-MIMOに対応している必要がある• MU-MIMO制御にアンテナを1本使用する性質上、同時接続で速度低下を防げるのは「無線LANルーターのアンテナ数マイナス1台まで」 という注意点があるので気を付けましょう。 6 QoS設定をする 無線LANルーターには「QoS設定(Quality of Service)」と呼ばれる設定が出来るタイプの物があります。 かなり上級者向けの設定なのですが、QoS設定をすることで「設定した通信を優先的に送受信・通信帯域を確保する設定」ができます。 簡単にいうと、複数ある接続機器の中から優先的に通信を行うように設定が出来る機能のことです。 このQoS設定を行うことで、インターネットの回線速度が改善される可能性があります。 メーカーや機種によって設定の仕方が異なるので、インターネットで「商品名+QoS設定」等のキーワードで調べてみて下さい。 VDSL方式の集合住宅 引用元: 光回線には、大きく分けて3つの配線方式があります。 「光配線方式」、「LAN配線方式」、そして「VDSL方式」です。 VDSL方式とは、電話回線を使用してインターネットの通信を行う方式のことです。 電話回線を使用して通信を行う性質上、通信品質が良くありません。 通信品質が良くて回線速度も速いのは「光配線方式」なのですが、建物の構造上の配線方式のため、ユーザーが配線方式を選ぶということはできません。 そうなると「引っ越すしかないの?」となりますが、2つの手段があります。 7 戸建タイプの導入 一つ目は光回線の「戸建てタイプ」を導入することです。 集合住宅でも建物が光回線の設備を導入していなかった場合、戸建ての扱いとなるので「戸建てタイプ」の導入が出来ます。 ただし、その場合は個人で契約をして工事を行うことになるので、住んでいる建物の管理会社と大家さんの承諾を受ける必要があります。 仮に承諾を受けることが出来たとしても、引っ越しをする際に現状回帰しなければならなかったりするので注意しましょう。 LANケーブルで有線接続を試みる• モデムやルーターをすべて再起動する 9 LANケーブルで有線接続を試みる 無線LANルーターを使っているとき、電波状況が不安定だとインターネットの回線速度が遅くなることがあります。 その場合は、LANケーブルを使ってルーターと接続機器を直接つないでみましょう。 もし、有線接続で回線速度が改善されるのであれば無線LANルーターが新規格の回線速度に対応していない可能性があるので、買い替えを検討しましょう。 なお、LANケーブルにも対応規格があります。 また、外的要因(ケーブルの破損、折れ曲がり等)で回線速度が遅くなることもありますので注意が必要です。 10 モデムやルーターをすべて再起動する 上記すべての対応をしても回線速度が改善されない場合は、モデムやルーターを再起動しましょう。 接触不良を起こしていたり、熱暴走を起こしている場合は再起動をすることで直るケースが非常に多いです。 再起動を行う場合は、電源を切ってから10秒以上の時間を空けてから再起動しましょう。 内蔵されているコンデンサーに電気が溜まっており、完全に電源が落ちるのを待つためです。 その他の回線の場合 現在では主流の光回線ですが、それ以外にもADSLやCATVといった回線を利用している方も多いと思います。 それぞれの特徴は以下の通りです。 ADSL:固定電話回線を利用してインターネットへの接続を行う• CATV:ケーブルテレビの同軸ケーブルを利用してインターネットへの接続を行う いすれにおいてもインターネット専用の回線を利用している訳ではないので、通信品質があまりよくありません。 それにより、回線速度の低下を招いているケースがあります。 11 乗り換え ADSLやCATV等を利用してインターネットを利用している方は、通信品質が悪く回線速度が遅いことが多いです。 一般的には光回線を利用した方がインターネットの通信品質は安定し、回線速度も非常に速いので乗り換えを検討しましょう。 乗り換えを検討するのであれば、業界内でも最速と謳われる「NURO光」がオススメです。 NURO光については、以下のページをご覧ください。 ただし、ADSLやCATVを利用していて集合住宅に住んでいる場合は、光回線を導入するための工事を行う際に管理会社や大家さんから承諾を得る必要があります。 管理会社や大家さんから承諾を得ることが出来なかった場合は、工事不要・最短当日受取可能なモバイルルーターを検討して見てください。 まとめ 以上、インターネットの速度が遅い原因6選&回線速度を上げる方法11選をご紹介しました! インターネットの回線速度が遅いと非常にストレスが溜まりますよね。 そんなときは上記の原因が当てはまるケースが多いので、それぞれの対応策を試してみて下さい。 それでもインターネットの回線速度が改善されない場合は、無線LANルーターを買い替えるか、光回線の乗り換えを検討して見てください。

次の