ティアラ 作り方。 ようやくできた~(><)

手作りティアラの作り方。~イメージ作り編~|Tiara de miyam

ティアラ 作り方

ビーズティアラ作りは、取り掛かりやすさとビーズの種類も豊富なので入口は入りやすいのですが、 青写真がないままにやみくもに取り掛かってしまうと、 何だかイマイチなティアラになってしまった方も多いと思います。 作りやすさと、ポイントを押さえた設計図がある事はまた別です。 さてさて、 この小さなティアラの中にも色々法則があります。 「美しいティアラの法則」 「丈夫なティアラの法則」 「役柄にあったティアラの法則」 「バレリーナを引き立てるティアラの法則」 etc、他にも沢山の法則があります。 最低でも「基本となる法則」を知らないままいきなり挑戦すると、 やはり壁にぶち当たってしまいます。 闇雲に作ると時間だけどどんどん経過していくばかりです。 バレエの法則でみんなが知っているものでは ターンアウトにする事 プリエに始まりプリエに終わる。 書ききれないほどありますね。 例えばバレエを全く知らない人がバレエ教室で習うことは選択せずに テレビの画像だけで一生懸命バレリーナになろうと努力したとしたらどうでしょう。 そんな人いないと思いますが、居るとして 笑 この人はどんなに頑張って努力してもバレリーナの美しさは得られないだろうし、 不気味なバレリーナになるでしょう 笑 表面だけ捉えたものは嘘っぱちになります。 やはりその道の専門家に習わないとバレリーナにはなれません。 バレエ教室はバレエの法則を沢山学ぶ場です。 ティアラはバレリーナほどたいそうではありませんが、 でも表面だけをまねてみても良いものが出来上がらないのは、 上のバレリーナの例と同じと思って下さい。 「なーーーんか形だけはティアラにはなったんだけどイマイチだなーーっっ・・・」(涙) という作品になってしまうのも、ティアラの法則というポイントを押さえていないからなんですね。 法則を知らないで自分一人の力で挑戦することは、 ある意味、本当は良い事なのですが、やりきるのには苦労があり、 とても時間がかかってしまいます。 何はともあれ「基礎」からちゃんと学べば大丈夫です!! 自然とティアラの法則も分かってきます。 きっと素敵なティアラが作れますよ!! この連載では簡単な法則を交えながらティアラの作り方を紹介していこうと思います。 *2018年の夏から 「ティアラの作り方/基礎講座」をスタートの予定です。 しばらくお待ちください。

次の

バレエティアラの作り方・・・難しいの?

ティアラ 作り方

今日から3回にわたってお送りします、「手作りティアラの作り方」。 第一回目の今日は、ティアラを製作する前に必要な『イメージ固め』について ちょこっとお話します。 Chapter 1. デザイン決め デザインは、ティアラを作る上でもっとも重要な項目といえます。 ティアラを作る前に、自分の頭の中にあるイメージをしっかり固めないと あとで実際に作るときに困るので、ここではしっかり時間をかけます。 Chapter 1. 1 資料集め 一から自分でデザインを決めるのは難しいので、まずはいろんな ブライダル雑誌からアンティークのティアラの資料まで、とりあえず 何でもいいのでたくさんのパターンを集めるとこから始めるといいでしょう。 定番のクラシックなスタイルから最近はやりのデザインまで、 多種多様なスタイルの中からここではおぼろげに作りたいティアラの デザインをイメージします。 最近では大ぶりのものよりも、小ぶりで可愛らしい小さめなティアラが 喜ばれるようです。 また、ティアラだけに限らずクラウンやヘッドドレスなども人気です。 Chapter 1. 2 実際に着るドレスと合わせる 手作りするからには、やはりドレスに合ったデザインのものがいいですよね! 大まかなデザインが決まったら、実際にどういうドレスに合わせるかを 考えていきましょう。 ご自分のためにお作りになる場合でもどなたかにプレゼントするという 場合でも、ドレスが決まってからお作りになるのがベストです。 ひとえにウェディングドレスと言ってもその種類は数えきれないほど ありますし、デザインだけでなく色も青みがかった純白からベージュがかった 生成色など、それはもう多種多様です。 実際に見る機会がなくても、ドレスの色味だけは確認しておいた方が 無難だと言えます。 Chapter 1. 3 イメージ画を描く おおまかなデザインが決まってきたら、それを二次元化させましょう。 というとおおげさですが、作りたいティアラのイメージを簡単にデッサンします。 鉛筆画なのでわかりにくいですが。 ここまで出来たら、実際に作り始める段階へ。 【『手作りティアラの作り方。

次の

Tiara making Tutorial 初級冠ティアラ 03 作り方

ティアラ 作り方

ビーズティアラ作りは、取り掛かりやすさとビーズの種類も豊富なので入口は入りやすいのですが、 青写真がないままにやみくもに取り掛かってしまうと、 何だかイマイチなティアラになってしまった方も多いと思います。 作りやすさと、ポイントを押さえた設計図がある事はまた別です。 さてさて、 この小さなティアラの中にも色々法則があります。 「美しいティアラの法則」 「丈夫なティアラの法則」 「役柄にあったティアラの法則」 「バレリーナを引き立てるティアラの法則」 etc、他にも沢山の法則があります。 最低でも「基本となる法則」を知らないままいきなり挑戦すると、 やはり壁にぶち当たってしまいます。 闇雲に作ると時間だけどどんどん経過していくばかりです。 バレエの法則でみんなが知っているものでは ターンアウトにする事 プリエに始まりプリエに終わる。 書ききれないほどありますね。 例えばバレエを全く知らない人がバレエ教室で習うことは選択せずに テレビの画像だけで一生懸命バレリーナになろうと努力したとしたらどうでしょう。 そんな人いないと思いますが、居るとして 笑 この人はどんなに頑張って努力してもバレリーナの美しさは得られないだろうし、 不気味なバレリーナになるでしょう 笑 表面だけ捉えたものは嘘っぱちになります。 やはりその道の専門家に習わないとバレリーナにはなれません。 バレエ教室はバレエの法則を沢山学ぶ場です。 ティアラはバレリーナほどたいそうではありませんが、 でも表面だけをまねてみても良いものが出来上がらないのは、 上のバレリーナの例と同じと思って下さい。 「なーーーんか形だけはティアラにはなったんだけどイマイチだなーーっっ・・・」(涙) という作品になってしまうのも、ティアラの法則というポイントを押さえていないからなんですね。 法則を知らないで自分一人の力で挑戦することは、 ある意味、本当は良い事なのですが、やりきるのには苦労があり、 とても時間がかかってしまいます。 何はともあれ「基礎」からちゃんと学べば大丈夫です!! 自然とティアラの法則も分かってきます。 きっと素敵なティアラが作れますよ!! この連載では簡単な法則を交えながらティアラの作り方を紹介していこうと思います。 *2018年の夏から 「ティアラの作り方/基礎講座」をスタートの予定です。 しばらくお待ちください。

次の