ドラえもん のび太 の 牧場 物語 料理。 ドラえもん のび太の牧場物語

ドラえもんのび太の牧場物語|料理・レシピ必要材料!交換性を利用しよう!|おちょぼらいふ

ドラえもん のび太 の 牧場 物語 料理

料理屋 レシピ レシピ 季節 値段 説明 おでん 春 1290 ふゆといえばこれ。 アツアツでホックホク。 温かいおダシで心もポカポカ。 スイートポテト 春 780 カツオのたたき 春 1200 表面をあぶり、薬味をつけて食べる。 カツオはくどくなく、タレがよく合う。 アップルパイ 春 1710 中にりんごの実がつまったパイ。 地域によって形にちがいがある。 グリーンポタージュ 春 1470 緑色の食材を使ったスープ。 温かいものから冷たいものまで存在する。 パン 春 510 クルミパン 春 1260 生地にクルミを練りこんで焼き上げたパン。 ほのかなクルミの香りが良い感じ。 ブリだいこん 春 2340 ふゆの料理の代表格。 海と陸の運命の出会い。 マグロのマリネ 春 5100 しんせんな食材の合わせ技。 見た目も大変おしゃれ。 山菜のタマゴとじ 春 480 山の幸がぎゅっとつまったタマゴとじ。 山菜にもダシがしみていていいにおい。 カジキマグロステーキ 2年目の春 4620 カジキマグロを使ったごうかいな料理。 身はやわらかく、油もしつこくない。 ラザニア 2年目の春 2400 平たいパスタとトマトソースの料理。 トマトとチーズは最高の組み合わせ。 エスカルベッシュ 2年目の春 3390 ちょっぴりおしゃれな、なんばんづけ。 実はマリネの一種なんだって。 リュウグウノ祭のレシピ 2年目の春 11760 リュウグウノツカイを使った料理。 この料理は祭りだ!ワッショイ! フルーツサラダ 2年目の春 2400 フルーツにヨーグルトをかけたもの。 見た目以上にサッパリした味となっている。 グラタンスープ 3年目春 1800 たまねぎとパンをチーズでとじたスープ。 スープとチーズがベストマッチ。 ムニエル 3年目春 1650 魚を小麦粉とバターで焼いた料理。 外はカリっと、中はホクホク。 フリッター 3年目春 1260 小魚を油であげたシンプル料理。 一口サイズなので食べる手がとまらない…。 チーズフライ 3年目春 2850 魚をチーズであげたもの。 チーズとフライの組み合わせは最高。 深海の包み焼き 3年目春 12450 深海魚を使ったユニークな料理。 見てびっくり!食べてびっくり! なんばんづけ 夏 3330 魚をあま酸っぱく仕上げた料理。 シャキシャキ野菜とどうぞ。 チーズケーキ 夏 1290 しっとりした口当たりに、チーズの香り。 カロリーが高いのでたまのごほうびに。 バター 夏 90 チーズに似てるけど、ちょっぴりちがう。 どんな料理にも合う万能食材。 ショートケーキ 夏 1650 いちごとクリームの黄金比率。 見た目も非常にかわいらしい。 いちご牛乳 夏 960 ミルクにいちごをまぜたシンプルな飲み物。 多くの人に愛されている。 アーモンドキャラメル 夏 1140 アーモンドをキャラメルで包んだおかし。 あまい香りについつい、もう一つ…。 ドラ焼き 夏 1080 みなさんご存知、ドラ焼き。 ドラえもんの大好物。 エビチリ 夏 1860 エビをソースで炒めた料理。 ピリッときいたスパイスが食欲をそそる。 クッキー 夏 1980 小麦粉とバターで作った家庭の味。 手造りをもらうとうれしい。 魚の包み焼き 夏 300 山と川の食材の包み焼き。 豊かな自然のいいとこどり。 なつサラダ 2年目の夏 4320 なつの野菜を使ったサラダ。 口いっぱいになつのファンタジー。 なます 2年目の夏 1620 にんじんやだいこんをすっぱくした料理。 ちょっぴり大人の味付け。 ウナギのにこごり 2年目の夏 3360 ウナギの切り身を、ゼリーで固めたもの。 うす味の調味料で味付けされている。 ちくぜんに 2年目の夏 3840 どこかなつかしい、母の味。 具材の歯ごたえも楽しい。 かんろに 2年目の夏 810 魚をあまいタレで調理。 頭からしっぽまで、食べる事が出来る。 よもぎパン 2年目の夏 1260 生地によもぎを練り込んだパン。 一口目からよもぎのいい香り。 サンドイッチ 2年目の夏 3060 パンで野菜をはさんだ料理。 朝ご飯やお弁当にもピッタリ! プリン 2年目の夏 210 あまいおかしの大定番。 カラメルとタマゴの出会いは、まさに運命! グラタン 3年目夏 2580 食材とソースをオーブンで焼いたもの。 こげた表面がまた美味しそう…。 あきサラダ 秋 4770 あきの野菜を使ったサラダ。 口いっぱいにあきのフェスティバル。 コンフィ 秋 1980 バターにひたした保存食の一種。 非常に簡単に作れる、お手軽料理。 ピザ 秋 1860 こんがり焼けた生地と、とけたチーズ。 熱いうちにめし上がれ。 リンゴタルト 秋 1470 リンゴをふんだんに使っている。 お口の中はリンゴのカーニバル。 ドジョウなべ 秋 2310 少々インパクトのある見た目。 中々見る事の出来ない、レアな料理。 茶わん蒸し 秋 4920 タマゴと具材を、おダシで蒸した料理。 全体的に優しい味付け。 カミツキなべ 秋 10740 きばのある魚を使ったユニークな料理。 人を食ったような料理が出来上がった。 アロエヨーグルト 秋 1260 アロエの食感が楽しいヨーグルト。 食べる事で始まる、健康への第一歩! ソテーサラダ 秋 2070 ソテーとサラダが夢の共演。 おたがいの長所を活かした一品。 フルーツポンチ 2年目の秋 5370 フルーツを盛り付けた、ごうかなデザート。 お祝いの席で喜ばれそう。 うどん 2年目の秋 1140 白い絹のようなめんに、こはく色のスープ。 味わうは、のどごし。 てっちり 2年目の秋 2100 フグを使ったなべ。 意外と骨が多い。 残ったスープも美味しく頂こう。 キッシュ 2年目の秋 1860 パイ生地と野菜を、オーブンで焼いた料理。 名前の由来は意外にもケーキってしってた? テリーヌ 2年目の秋 3420 様々な食材を焼いた、カラフルな料理。 食材をむだなく使っており、エコな料理。 ベッカフィーコ 2年目の秋 2100 とてもおしゃれな魚の香草焼き。 来客にふるまえたらカッコイイかも? バーニャカウダ 2年目の秋 1560 ソースに野菜をつけて食べる、なべ料理。 名前に意味は「熱いソース」。 シチュー 2年目の秋 2910 寒い時の強い味方。 これを食べれば体の中からポッカポカ。 カルパッチョ 3年目の秋 1470 サッパリ味の魚料理。 トマトとの色合いがとてもキレイ。 アクアパッツァ 冬 2160 海の食材を、トマトと油で調理。 名前の意味は「風変わりな水」 バターコーン 冬 1200 コンーンにバターだけの組み合わせ。 単純だからこと、食べる手がとまらない! コンポート 冬 750 果物を砂糖水でにた料理。 保存食としての役割もある。 ホットケーキ 冬 1380 おやつの定番。 あつあつのケーキに、 バターとはちみつをかけて食べよう。 モンブラン 冬 1230 くりを受かったケーキ。 あまさひかえめ。 あまいのが苦手な人にもおススメ。 お好み焼き 冬 3240 好きな具材を鉄板で焼いた料理。 裏返すドキドキは、ここだけのもの! ポワレ 冬 1200 表面をカリっと焼き上げた料理。 「ポワレ」とは調理の仕方を言うのだとか。 野菜いため 冬 4410 具だくさんの野菜をサッといためた料理。 作る人で味付けがびみょうにちがう。 八宝菜 2年目冬 3270 好みの具材を、あんで包んだ料理。 具だくさんで食べ応え満点の一品。 サバのみそに 2年目冬 420 おかずの王様。 あまからい味付けが美味。 付け合わせのしょうがもいい感じ! アヒージョ 2年目冬 780 野菜や海の具材をオリーブ油で調理。 バゲットと食べるのが基本のスタイル。 ふゆサラダ 2年目冬 3030 ふゆの野菜を使ったサラダ。 口いっぱいにふゆのミュージカル! さし身ふな盛り 2年目冬 8160 海の幸のオンパレード。 さて、どの魚から食べようかな? トリュフ乗せ目玉焼き 2年目冬 4440 トリュフをつかった、ぜいたくな目玉焼き。 バチがあたらないか心配になってくる。 パウンドケーキ 2年目冬 1590 材料を同じ分量だけ使って作るのがコツ。 好きな果物を入れても楽しい。 大きな魚のハンバーグ 2年目冬 12060 ピラルクをつかったハンバーグ。 この料理は、伝説になる。 カレー 2年目冬 4290 暑いなつこそ、スパイシー! ピリっとしたホットな料理。 てんぷら 3年目冬 3120 季節の野菜を油であげた一品。 塩で食べるのがツウの食べ方。 フライドポテト 3年目冬 1110 じゃがいもを油であげたもの。 ケチャップをつけても美味しい。 サモサ 3年目冬 1800 じゃがいもを油でカラッとあげた料理。 異国の香りを感じる事ができる。 アンコウなべ 3年目冬 4830 アンコウの身をむだなく使ったなべ。 季節の野菜を入れると、また美味しい。 料理 料理 季節 値段 説明 うどん 春 650 白い絹のようなめんに、こはく色のスープ、 味わうは、のどごし。 エスカベッシュ 春 1920 ちょっぴりおしゃれな、なんばんづけ。 実はマリネの一種なんだって。 カジキマグロステーキ 春 2620 カジキマグロを使ったごうかいな料理。 身はやわらかく、油もしつこくない。 チーズフライ 春 1620 魚をチーズであげたもの。 チーズとフライの組み合わせは最高。 てっちり 春 1190 フグを使った鍋、意外と骨が多い。 残ったスープも美味しく頂こう。 クルミパン 2年目春 710 生地にクルミを練り込んで焼き上げたパン。 ほのかなクルミの香りが良い感じ。 コンフィ 2年目春 1120 バターにひたした保存食の一種。 非常に簡単に作れる、お手軽料理。 アロエヨーグルト 2年目春 710 アロエの触感が楽しいヨーグルト。 食べる事で始まる、健康への第一歩。 サンドイッチ 2年目春 1730 パンで野菜をはさんだ料理。 朝ご飯やお弁当にもピッタリ! アロエヨーグルト 3年目春 710 アロエの食感が楽しいヨーグルト。 食べる事で始まる、健康への第一歩。 フリッター 3年目春 710 小魚を油であげたシンプル料理。 一口サイズなので食べる手がとまらない…。 ムニエル 3年目春 940 魚を小麦粉とバターで焼いた料理。 外はカリっと、中はホクホク。 クルミパン 3年目春 710 生地にクルミを練りこんで焼き上げたパン。 ほのかなクルミの香りが良い感じ。 フライドポテト 3年目春 630 じゃがいもを油であげたもの。 ケチャップをつけても美味しい。 いちご牛乳 夏 540 ミルクにいちごをまぜたシンプルな飲み物。 多くの人にあいされている。 サモサ 夏 1020 じゃがいもを油でカラッとあげた料理。 異国の香りを感じる事が出来る。 コイのあまずに 夏 530 コイをあまずっぱい味付けで料理。 ドロをしっかりぬく事が調理のコツ。 ショートケーキ 夏 940 いちごとクリームの黄金比率。 見た目も非常にかわいらしい。 かに玉 夏 3830 かにの身が入った一風変わったオムレツ。 あんを上からかけたら完成! パウンドケーキ 2年目夏 900 材料を同じ分量だけ使って作るのがコツ。 好きな果物を入れても楽しい。 てんぷら 2年目夏 1770 季節の野菜を油であげた一品。 塩で食べるのがツウの食べ方。 なつサラダ 2年目夏 3年目夏 2450 なつの野菜を使ったサラダ。 口いっぱいに夏のファンタジー。 かに玉 2年目夏 3830 かにの身が入った一風変わったオムレツ。 あんを上からかけたら完成! アンコウなべ 2年目夏 3年目夏 2740 アンコウの身をむだなく使ったなべ。 季節の野菜を入れると、また美味しい。 コイのあまずに 3年目夏 530 コイをあまずっぱい味付けで料理。 ドロをしっかりぬく事が調理のコツ。 バーニャカウダ 3年目夏 880 ソースに野菜をつけて食べる、なべ料理。 名前の意味は「熱いソース」。 なんばんづけ 3年目夏 1890 魚をあま酸っぱく仕上げた料理。 シャキシャキ野菜をどうぞ。 カツオのたたき 秋 680 表面をあぶり、薬味をつけて食べる。 カツオはくどくなく、タレがよく合う。 魚のにつけ 秋 1480 魚をじっくりとにた一品。 しっかりと味のしみた身は絶品。 ドジョウなべ 秋 1310 少々インパクトのある見た目。 中々見る事の出来ない、レアな料理。 うめきゅうり 秋 370 きゅうりと、うめの化学反応。 つかれた体には酸味とうま味。 山菜のタマゴとじ 秋 270 山の幸がぎゅっとつまったタマゴとじ。 山菜にもダシがしみていいにおい。 ドジョウなべ 2年目秋 1310 少々インパクトのある見た目。 中々見る事の出来ない、レアな料理。 ピザ 2年目秋 1050 こんがり焼けた生地と、とけたチーズ。 熱いうちにめし上がれ。 山菜のタマゴとじ 2年目秋 270 山の幸がぎゅっとつまったタマゴとじ。 山菜にもダシがしみていいにおい。 カルパッチョ 2年目秋 830 サッパリ味の魚料理。 トマトとの色合いがとてもキレイ。 グリーンポタージュ 2年目秋 830 緑色の食材を使ったスープ。 温かいものから冷たいものまで存在する。 ベイクドビーンズ 3年目秋 1480 エンドウマメをあまからく調理。 パンといっしょに食べてもいい。 キッシュ 3年目秋 1050 パイ生地と野菜を、オーブンで焼いた料理。 名前の由来は意外にもケーキって知ってた? カレー 3年目秋 2430 暑い夏こそ、スパイシー! ピリっとしたホットな料理。 魚のにつけ 3年目秋 1480 魚をじっくりとにた一品。 しっかりと味のしみた身は絶品。 トリュフ乗せ目玉焼き 3年目秋 2520 トリュフをつかった、ぜいたくな目玉焼き。 バチがあたらないか心配になってくる。 ホットケーキ 冬 780 おやつの定番。 あつあつのケーキに、 バターとはちみつおかけて食べましょう。 よもぎパン 冬 2年目冬 3年目冬 710 生地によもぎを練り込んだパン。 一口目からよもぎのいい香り。 かんろに 冬 460 魚をあまいタレで調理。 頭からしっぽまで、食べる事ができる。 茶わん蒸し 冬 2790 タマゴと具材を、おダシで蒸した料理。 全体的に優しい味付け。 ウナギのにこごり 冬 1900 ウナギの切り身を、ゼリーで固めたもの。 うす味の調味料で味付けされている。 フルーツサラダ 2年目冬 1360 フルーツにヨーグルトをかけたもの。 見た目以上にサッパリした味となっている。 ソテーサラダ 2年目冬 1170 ソテーとサラダが夢の共演。 おたがいの長所を活かした一品。 シチュー 2年目冬 1650 寒い時の強い味方。 これを食べれば体の中からポッカポカ。 茶わん蒸し 2年目冬 2790 タマゴと具合を、おダシで蒸した料理。 全体的に優しい味付け。 ふゆサラダ 3年目冬 1720 ふゆの野菜を使ったサラダ。 口いっぱいにふゆのミュージカル。 アクアパッツァ 3年目冬 1220 海の食材を、トマトと油で調理。 名前の意味は「風変わりな水」。 チーズケーキ 3年目冬 730 しっとりとした口辺りに、チーズの香り。 カロリーが高いので、たまのごほうびに。 モンブラン 3年目冬 700 くりを使ったケーキ。 あまさひかえめ。 あまいのが苦手な人にもおススメ。 作物 作物 季節 値段 説明 かぶ 春 180 だいこんに似てるけど、全然違う。 つけ物にしても美味しい。 エンドウマメ 春 210 じゃがいも 春 340 いも、といえばこれ。 カレーやシチューの具が有名。 いちご 春 380 赤い実と、つぶつぶのタネがかわいい果物。 実はバラの仲間だとか、トゲはないけどね。 きゃべつ 春 660 パイナップル 夏 400 南国のフルーツといえばこれ。 酸味も強く、肉料理との相性が良い。 きゅうり 2年目春 190 ほかの作物に比べて水分が多い。 サラダやつけ物など、料理のはばも広い。 カリフラワー 2年目春 580 見た目は白いブロッコリー。 でも、ブロッコリーとは全く別物。 たまねぎ 夏 220 いためる事であまみが増す作物。 ただし、料理の際は目が痛くなるので注意。 パプリカ 夏 210 一見、ピーマンにそっくりな作物。 でも、苦味は全くない。 とうもろこし 夏 350 黄色い実をまるかじり。 スイカと並んで、なつの作物の代表格。 トマト 夏 290 なつの栄養不足に。 赤いのは照れてるわけじゃないよ。 メロン 2年目夏 1060 スイカと並んで、なつの果物ツートップ。 しばしば高級品として取引される。 スイカ 2年目夏 270 なつの風物詩。 これがなければ始まらない! 塩をかけるとあまくなる。 かぼちゃ 2年目夏 140 ウリに属するので、スイカの仲間。 温めて食べるのがオススメ。 ほうれんそう 秋 180 ソテー、ピザの具にしても美味しい食材。 料理の前によく砂利を落とそう。 ごぼう 秋 380 歯ごたえの良い食材として料理に使われる。 遠い国では薬としても使用されている。 ピーマン 秋 220 その苦みから苦手な人も多い作物。 あまとうがらしとも呼ばれた。 にんじん 秋 580 きらいな人も多い赤い野菜。 日を通すとあまくなる。 さつまいも 秋 100 あきの風物詩。 自分が育てたいもなら、一層美味しいハズ。 なす 2年目秋 510 肉厚な身が美味しい作物。 料理の他に、えんぎ物としての一面を持つ。 だいこん 冬 140 ふゆの野菜の王様。 皮から葉っぱまで捨てるところがない。 はくさい 冬 580 寒さの中で、さらにあまみが増す。 とってもガマン強い野菜。 ブロッコリー 冬 140 名前の意味は「出っ歯」。 ちょっぴりかわいそう... 、 スパイス 150 スパイシーなにおいのする調味料。 料理の味がグッと引きしまる。 パン 200 食べ方は自由自在。 発想の数だけ食べ方が存在。 油 100 多くの料理に使う、植物からとれる油。 あんこ 150 豆をつぶして作った食べ物。 こしあん派と、つぶあん派で争いが起きる。 小麦粉 200 めんやパンに生まれ変わる食材。 中の成分で名前が変わるみたい。 バター 200 チーズに似てるけど、ちょっぴりちがう。 どんな料理にも合う万能食材。 チーズ 250 ミルクを加工したもの。 種類もたくさん。 ほかの動物のミルクを使ったものもある。 おにぎり 150 お米を手でにぎった、真心のこもった料理。 どんな具が入っているのかはお楽しみ。 小麦 80 様々な料理に使用する食材。 目的によって使い分けがされる。 ヨーグルト 2年目冬 300 ミルクを加工した食品。 その歴史は古く、大昔から食べられている。 調理器具 調理器 値段 説明 なべセット 9800 これがなければ始まらない。 にこみも、スープもこれひとつ。 あわ立て器 2450 リズムに乗ってまぜまぜしよう。 料理がついつい楽しくなる。 オーブン 3850 火を使う料理はお任せあれ。 火加減を間違えないでね! めん棒 2100 生地を延ばす時に使う道具。 色んな料理を作ってみよう! フライパン 6300 パンはパンでも食べられないパン。 でも、料理を作る事の出来るパン。

次の

ドラえもん のび太の牧場物語攻略wiki

ドラえもん のび太 の 牧場 物語 料理

ニンテンドースイッチで発売中の 『ドラえもん のび太の牧場物語』をプレイしてみました。 牧場物語はPS1のハーベストムーンをかなりプレイしていて、今でも好きなゲームですが、 『ドラえもん のび太の牧場物語』もこのハーベストムーンに近い作品ということで、これは期待できそう。 また、グラフィックが綺麗で、優しげな雰囲気なので、そちらも好印象でした。 あと、なんと言っても牧場物語に『ドラえもん』がやってきたわけですよ。 賛否はあるみたいですが、あの国民的アニメ代表格の『ドラえもん』が牧場物語とコラボなんて、なかなかの胸熱です。 最近では、牧場物語ライクの『Stardew Valley(スターデュー・バレー)』が人気で、本家牧場物語はちょっとお株を奪われた感じがしていたのですが、ここで『ドラえもん』とのコラボ! これを機に、小さいお子さんも牧場物語のおもしろさを見出して、また牧場物語シリーズの発展につながっていくといいですね。 あと、個人的には、ドラえもんと牧場物語をどのように組み合わせてゲームにしていくのかが、かなり気になるポイントですね。 と、前置きが長くなりましたが、プレイしてみた雑感・レビューをつらつら書いていきたいと思います。 ネタバレも大いに含むので、ご注意くださいませ。 ドラえもん のび太の牧場物語の操作性について 全体的な操作感はおおむね悪くないと思いますが、Aボタンの誤操作で食べ物を食べちゃうのは、あるあるすぎました。 これは、道具ボタンと食べるボタンを同じにしてしまったからですね。 Yボタン空いとるやんけ!って思っていたのですが、Yボタンはクリア後に手に入るスペアポケット用のボタンになっていました。 十字キーが空気なので、もうちょっと上手くキー配置できたかなとも思いますね。 スイッチコンもプロコンでもプレイしましたが、どちらでもスムーズに操作できます。 木を切るときに、少し反動があって連続で斧を振れないことがありますが、Ver1. 03で修正されるみたいです。 ドラえもん のび太の牧場物語 攻略メモ ちょっとした攻略メモとしては、最序盤は「虫あみ(2000G)」をゲットした方がいいかなと思いますね。 資金は、探索で十分確保できます。 春は「よもぎ」が気づきにくいので注意ですね。 「びわ」や「うめ」など、木になる実は1つの木で3つずつ落ちるので、影に隠れた実も忘れずに拾いましょう。 あと、雑草が意外と1つ10Gで売れて、最序盤は良い資金源なので、適当に拾って売るといいですね。 虫とりは体力いらずでバンバン虫をゲットできるのと、「ミツバチ」を確保しておくと、夏に牧場の右手側奥で取れる「ハチの巣」で作れる「養蜂箱」から「「ハチミツ」が取れます。 虫あみの後はリュックをゲットしましょう。 利便性重視なら、先にリュックでもOKです。 「びわ」は序盤にしては売値が高くて重宝しますが、「びわ」+「はちみつ」で作る「コンポート」が女神さまの大好物なので、取っておくのもいいでしょう。 女神さまの友好度がたぶん7まで上がらないとクリアのためのイベントが発生しません。 女神さまの友好度が一番必要なので、コンポートは早期クリアの重要アイテムと言えますね。 クリアのための条件「友好度」を上げていこう このゲームをエンディングまでクリアするためには、 「友好度」が一番大切です。 お金はあとからいくらでも手に入るため、毎日コツコツ友好度を上げていく方が結果的にはクリアが早くなる感じです。 また、友好度を上げてイベントを進めると、どこでもドアなどの便利なひみつ道具が手に入りますし、お手伝いをしてくれるコロボックルも仲間になります。 のび太の牧場物語のクリア時間について エンディングまでのクリア時間は、一日一日の過ごし方(プレイスタイル)によって大きく変わりそうです。 体力や時間を限界まで使い切って一日を過ごしたくなるという、このゲーム特有の「体力・時間もったいない族」も多く見受けられますね。 (完全に私のプレイスタイルのことですがw) まぁどうプレイしても自由なのですが、クリアしてみて、一日一日、限界までプレイしなくても良かったかもなと。 これするとプレイ時間がめっちゃ伸びます。 お金にはあんまり困らなくなりますが、お金自体はクリア条件に関わってこないため、クリアまでの間延び感がすごいことになります。 また、間延びするため飽きてきますw エンディングまでのクリア時間は、序盤から友好度を中心に上げていくプレイだと、おそらく30~40時間ぐらい。 毎日体力・時間を限界まで使う金策プレイだと、70時間以上はかかると思います。 (私個人の実感です。 ) 農場・牧場・鉱山のバランスについて 農場や牧場は放置していてもペナルティがないため、好きなタイミングで自由に広げていけます。 私はイベント用にニワトリ・ウシ・ヒツジを1匹ずつ買って、重点的に友好度を上げていきました。 放牧した方が友好度が上がるのですが、毎日出し入れするのが面倒なので、まずは1匹ずつだけ育てた方が良いと判断しました。 2年目でハートマックスで優勝できました。 コロボックルが仲間になったら、お世話は自動化できるので、最大数まで増やしても手間は変わらずです。 あと、放牧はしなくても、声かけとおやつで友好度は多少上がるようなので、放牧のメリットが感じられず、途中から小屋内だけで飼育してました。 動物があまり動かず固まってしまうのでやや不気味…。 毎日の出し入れが面倒すぎます。 基本的にプレイについては自由ですが、農地は広げすぎると鉱山に行く体力がなくなるので、そこだけ注意ですね。 農地ゼロの鉱山物語でも良いですが、最序盤の資金確保に1度か2度かぶを作りまくるのもありです。 鉱山をするときは鉱山に集中したほうが効率がいいので、私は春の途中ぐらいから夏にかけて鉱山物語してました。 夏にレストランでおにぎりが売っていたら、おにぎり鉱山でひたすら掘れます。 夏は雨がほとんど降らないため、水やりが面倒です。 (てか、全季節を通して雨が少ないです) 曇りの日は雨が降る可能性があるため、水やりは後回しにして、雨が降らなかったら水やりをします。 「ガラクタ」は後々使うので売らずに全て取っておいた方がいいですね。 銅鉱石は余りがちなので最序盤は売ってしまってもいいです。 石材や銅鉱石は住民の好きなものが揃えられないときは、プレゼントしてました。 お金はあとから余ってくるため、鉱石系は足りなければ高いけど買えます。 (金鉱石までは販売確認。 ) 全体を通してだと、住民の友好度が上がりにくいため、意識的に毎日話しかけたり、好きなものが用意できなくとも、いらないものでも毎日あげるようにするとクリアが早くなると思います。 私は序盤はひたすら石材をあげてましたw それでも、1年目の夏から秋は友好度の停滞感をかなり感じましたね(住民イベントも停滞…) 中盤の攻略目標 どら焼き錬金術でクリアを目指そう 中盤の大きな目標としては、 「1. 自宅を増築してキッチンを作ること」、「2. 製粉機を作ること」、「3. コロボックルを見つけること」になるかと思います。 自宅キッチンと製粉機が揃えば、パンやどら焼きを増産して錬金術ができます。 Ver1. 02で製粉機の能力が落ちましたが(小麦粉10から1へ変更)、それでも十分稼げます。 私は、どら焼きをひたすら作りました。 「ドラえもん」だし…w レストランのレスターから「あんこ」「小麦」を仕入れて、製粉機で小麦を小麦粉にします。 (9個ずつだからちょっと面倒) あとは、自宅キッチンでどら焼きを作って、出荷するだけ。 また、コロボックルが仲間になれば、牧場のお世話を任せてしまって、のび太は住民の好きなものの料理をしつつ、プレゼントに時間を回せますね。 ここまでくれば、エンディングまでクリアが見えてきますね。 ドラえもん のび太の牧場物語をクリアした感想! メインストーリーは、まあまあこんなものかなというところで、満足しました。 ただ先述の通り、クリアまで間延びしてしまったので、いつクリアできるんだとちょっと飽きかけました。 イベントが飛び飛びになるので、進み方についてはやや不満ですかね。 ここからツッコミどころの話になります。 いや、結構多かったよね!?ツッコミどころ。 のび太だけガチ牧場物語 まず、のび太だけお手伝いのレベル段違いに高くない!? そんで、のび太だけ、一人暮らしかい! 最初イメージしてたのは、ドラえもんメンバーで、ひみつ道具とか使って5人で協力しつつ牧場を切り盛りしていくのかなって思ってたら、そこはガチの牧場物語だった件。 のび太には無理だろwどう考えても。 まず、朝起きれないだろって思ったら、起きれるんかーい!w とまあ、しょっぱなからのツッコミどころがすごかった。 これは…このゲームやってもうたか?と思いきや、牧場物語のゲーム性は踏襲しているため、なかなかに遊べてしまう…。 ただ、主に売値など数値面でのゲームバランス・レベルデザインが良くない。 Ver1. 02でも根本的には改善されていない。 グラフィックがいいだけに、マジでもったいない。 料理加工で儲けられるようにしたのがたぶん失敗で、農場・牧場だけで十分に稼げるようにしないと、ゲーム性の根本がおかしくなってくる。 ハーベストムーンでは料理は売れなかったのに…なぜ? ハーベストムーンはホントによくできてたと改めて感じますね。 イベントが飛び飛びなため犬が怪我してるのに放置される イベントが飛び飛びになるという話がありましたが、その関係で、怪我をして岩に閉じ込められた犬が数日以上放置されますw 岩を取り除くのにスーパー手袋が必要で、それを入手しないとイベントが進まないからです。 「早くしないと…」みたいなこと言ってるから、スーパー手袋を探し回りましたが、結局見つからず仕方なく適当に過ごしていたら、ヤーメイがスーパー手袋をくれました。 で、犬のところに行って、感動の再会を果たすわけですが…。 イベント的にも期間が空くことを想定されていたようで、のび太が「待たせてごめんね(涙)」とか言うわけですが、なんかもうただただ怖いw これ作った人も含めてちょっとゾッとするイベントでした。 牧場物語が完全崩壊するひみつ道具 ドラえもんのひみつ道具があれば、牧場物語はすべて崩壊してしまうのですが、それを象徴するひみつ道具がイベントで出てきたときには、さすがにツッコみましたね。 スネ夫がレストランで料理試験をするときに「グルメテーブルかけ」が出てくるのですが、 「いやそれはあるんかい!!」ってめっちゃでかい声が出てしまいましたw (他の道具はだいたい行方不明ってことになってたので。 ) グルメテーブルかけあったら、食物系全部解決ですやん。 牧場しなくていいじゃんってw 詳細は省くけど、どら焼きを欲しがるドラえもんも 「それでどら焼き出せるがな」って、このイベントを見た人みんなツッコんでたと思う。 住民が冷たすぎる! 次に、住民みんな冷たすぎないですか?w 話しかけると、基本みんな「いま忙しい」、もしくは「おなかが空いた」か「体調が悪い」系のセリフがほとんどと言ってもいいぐらい。 仲良く(友好度が5ぐらい)なってくると、多少前向きな会話もあるけど、それでも半分以上はネガティブな感じ。 てか、そこまで友好度上がるまでに、相当な時間がかかるため、クリアまでの時間でいうと、プレイ中はほぼみんな冷たいってことになった。 これ作ったやつ、全体を通しでプレイしてないやろって、たぶんみんな思ったよね。 (私だけかな?) (部分部分でしか確認してないから、全体を通して受けるプレイの印象が分からず、会話などが雑な作りになっている) 友好度を上げるのは、毎日会話してプレゼントをあげ続けるのですが、住民が冷たすぎてあんまり仲良くしたいと思えないぐらいにネガティブな連中です。 ドラえもん・しずかちゃん・ジャイアン・スネ夫も割と冷たいw お前ら友達ちゃうんかい!ってツッコんだよね。 あと、朝に話しかけたときにみんな「朝早いね」って言いすぎな。 のび太だからか!? のび太だけハードワークすぎるのにこの扱いよ!w 住民の中に変人おる キャラによっても変わってくるけど、元々性格の変わった住民キャラも多いですね。 ヤーメイ・レスター・ロコッドあたりは、もはやサイコ感すらあります。 (まぁ、それ以外のキャラは大体普通な感じなので、これでバランスは取れているのかもしれません。 ) 憎まれ役・嫌われ役のヤーメイ ヤーメイに雑草とかあげてみるのは誰しもやるぐらいには憎まれ役なわけですが、なぜにこのようなキャラを配置したのか? ドラえもんの「ひみつ道具」を取り上げるキャラとして配置されたのだと思われますが、ちょっとうまくいかなかったねっていう印象をヤーメイからは受けました。 ヤーメイのイベントが進むと、ヤーメイの監視的な態度にも説明はつくのですが、それでも「あーそうだったのかー」ってならなかったからねw 変人の極みレスターとロコッド レスター・ロコッドは、キャラクターとしては良かったのですが、イベントは思わずツッコミで声が出ましたねw レスターがレストランでロコッドの食事を、ロコッドが本に集中している間に勝手に食べちゃうっていうイベント。 レスター最低すぎるだろw ドン引きしたわw そんでロコッドも気づけよっていう。 真夜中にジャイアンが散歩?? 居候先のペンターさんの家に行ってみると… ジャイアン閉め出されてて草 とまあ、ツッコミどころは他にも色々多いわけですが、私はそれらも含めて、「ドラえもん のび太の牧場物語」を楽しめました! なんだかんだで80時間ぐらいプレイしました。

次の

『ドラえもん のび太の牧場物語』をプレイ!攻略メモ&レビュー!楽しめたけどツッコミどころも多かった

ドラえもん のび太 の 牧場 物語 料理

コツコツプレイして、20時間弱・・・季節は1年目の「秋」です。 牧場物語って唐突に衝動くるよねえええ。 なんと大体どの季節も 2~3種しか売ってません。 例年「春」とえばキャベツだろ?とか、「夏」といえばきゅうりだろ?とかあると思いますが、それの種が雑貨屋に並んでいない。 しかし大丈夫でした。 種はありました。 料理屋にてその季節ごとに、その季節ごとの野菜を売っています。 しかも雑貨屋で売っていない品種ばかりで、かなり豊富です。 正確なフラグはわかりませんが、「秋」の1日目に家を出ると強制イベントが始まり、ブラスとスミックが秘密道具を見つけることで種メーカー(そのほか各種メーカー)を販売してくれるようになります。 私は販売開始時点で、種メーカーと製粉メーカーの2つのみの販売でしたが、のび太のステータスページから見れるメーカーらしきところには全6種類あるようなので、おそらくチーズメーカーやヨーグルトメーカーが販売されるのではないかと思っています。 たのしみ 2.水やりについて 本作、 とにかく雨が降らない。 1季節に1回とか2回とかしか降りませんでした。 (しかも天気予報があてにならなかったり) 加えて、本作は特殊な水やりシステムです。 以前の牧場物語では、一度濡れた土はその日一日濡れていました。 しかし、今作では、水やりをすることで作物の成長がすすみます。 例えば、目の前の種に水をやると葉っぱが生えます。 そして、収穫後の土は乾きます。 スタミナがたんねえよ!? 今作はのび太が昼寝をすることで1時間で10体力回復しますが、かなりハードなスタミナ量かなと感じてます。 (昼寝は30分以上で1時間とカウントされるので、例えば10:25から11:00まで寝ることは1時間の昼寝と同じです) 雨が降ってくれればねえ・・・。 色々アップグレードしたり畜産は「冬」にとっておいて、それまでは楽できなさそうですね。 3.作物レベルについて これは雑貨屋の肥料をまくことでレベルをあげられるみたいですね。 ただレベルが上がるかどうかは確率のようなので、かなりの投資になりそうです。 種メーカーができたらひたすら増えるわかめちゃん。 4.連作・・・しない? 今作もう一つびっくりしたのが、 連作が途中で終わること。 1季節中ずーっとトマトを1つの茎から採りつづけられたのに、今 作は何回か採ると忽然となくなります。 季節終わってないのに! トマトは3?回、さつまいもは3回でなくなりました。 また連作の仕方も植物によってことなり、トマトは15日の初収穫日から3?日おきに採れ、さつまいもは5日の初収穫日から連日採れるという感じでした。 他にも連作野菜あるので、野菜ごとに異なる採れかたをしそうです。 とにかく3回しか取れなかった・・・ショックや・・・ 5.畜産はおいしいか? まずい。 まあ別に今作に限った話ではないですが、 動物を可愛がって収穫物のレベルが上がらないと全くおいしくありません。 加えて今のところ簡単に製品化するメーカーやレシピが見当たらず、ただ納品するよりも、いずれ何かに使うために取っておいた方がいいという、かなり長期的な投資になります。 減価償却費を1~2年で清算するような年単位の投資や。 ただ今作は、はじめから「にわとり小屋」と「動物小屋」があるため、4000円するにわとりだったら買って卵ためといてもいいかなー・・・? あ、「卵」と「油」とフライパンで調理するのはおすすめしません。 3 お気に入りスクショ.

次の