鼻 ヒアルロン酸 相場。 【医師監修】鼻筋を高くするヒアルロン酸注射の美容効果

【完全版】鼻ヒアルロン酸注射の効果や副作用、失敗例や費用相場の全て

鼻 ヒアルロン酸 相場

ヒアルロン酸による鼻整形って何? まず、ヒアルロン酸注射による鼻整形とは具体的にどんなものなのかを解説します。 ヒアルロン酸とは そもそも、ヒアルロン酸とは何なのでしょうか。 ヒアルロン酸は、 元々人の体にある物質で、皮膚や皮下組織、結合組織、滑液などに含まれる大切な成分です。 ヒアルロン酸は、肌や目の潤いを保持したり、関節を円滑に動かしたりする役割を持っています。 ヒアルロン酸による美容整形はとてもポピュラーなものです。 ヒアルロン酸を用いた施術は、世界的に浸透しており、鼻整形だけでなく顎や頬、豊胸などでも行われています。 鼻整形においては、ヒアルロン酸を注射すると 鼻を高くすることができます。 ヒアルロン酸を注射することで起きる副作用を心配する人もいます。 しかし、前述のとおり、ヒアルロン酸は元々体の中にある物質であるため、 安全性が高くアレルギーの心配が少ないのが魅力です。 ヒアルロン酸による鼻整形が向いている人は ヒアルロン酸注射の一番の特徴は、 メスを入れずに鼻が高くできることです。 切らなくてもいいので、『 鼻整形したいけれど切るのが怖い人』に向いていると言えます。 加えて、切るタイプの鼻整形と比べて 低予算でできることや、 短時間で施術が終わるところもメリットです。 ヒアルロン酸注射によるメリット ヒアルロン酸のメリットは他にもあるので、分かりやすいように箇条書きでまとめてみました。 切らないでできるので手術が怖い人にも向いている• 安い料金で施術できる• 施術時間が短い• ダウンタイムが短い• 施術後すぐにメイクができる• アレルギーの心配が少ない ヒアルロン酸注射による鼻整形は気軽にできることが分かるかと思います。 なかなか整形に踏み切れない人の最初の入口としてもぴったりだと言えるでしょう。 全国の多くの美容クリニックが、ヒアルロン酸注射をおすすめの鼻整形の方法として紹介しています。 ダウンタイムについて 鼻整形だけでなく、整形全般をする際はダウンタイムが気になる人も多いのではないでしょうか。 ヒアルロン酸注射の ダウンタイムはとても短いです。 施術も最短なら5分ほどで済み、翌日には元通りの生活に戻れます。 ヒアルロン酸注射なら、 会社に通いながら施術を受けることも可能です。 美容整形手術を受けた場合、腫れや痛みやむくみなどで、しばらく安静にすることを余儀なくされることがあります。 このような手術の場合、仕事をしている方や人前に出ることが多い方は、自宅で大人しくダウンタイムが終了するのを待つのは心理的にストレスになるかと思います。 しかし、ヒアルロン酸注射は、 ほぼダウンタイムを気にする必要がありません。 日常生活を普通に送りながら施術してもらえるため、社会人や学生でも安心して受けることができます。 これは、ヒアルロン酸注射の大きなアドバンテージの一つだと言えるでしょう。 ヒアルロン酸注射の効果の持続期間は永久? ヒアルロン酸注射の效果は残念ながら永久ではありません。 ヒアルロン酸は、体内に元々ある物質であるため自然に吸収されます。 ヒアルロン酸注射の持続期間は、 半年から1年ほどです。 持続時間が永久でないことをデメリットと捉えるかメリットと捉えるかは人それぞれですが、半永久的に效果がある施術が望ましい場合は プロテーゼを挿入するという方法もあります。 ヒアルロン酸注射は、 異物として残る心配がないので、その点においては安心して施術してもらえると言えるでしょう。 ヒアルロン酸による鼻整形の費用について ヒアルロン酸注射による鼻整形の費用は、 10,000円~となります。 一方、プロテーゼの挿入など切るタイプの鼻整形は数100,000円程かかります。 ヒアルロン酸は、クリニックや使う ヒアルロン酸の種類や量にもよりますが、切るタイプと比べて 料金が安めです。 鼻整形に用いられるヒアルロン酸は複数ありますので、ここでは大手のクリニックで用いられているヒアルロン酸を3種類ピックアップして料金の一覧表をつくりました。 ヒアルロン酸による鼻整形を検討する上で参考にしてみてください。 レディエッセはヒアルロン酸よりも 持続性が長く、鼻整形において注目されている成分の1つです。 レディエッセは、 仕上がりが自然で、鼻を高くしたり、顎を出したり、フェイスラインを整えたり、深いしわをなくしたりするのに使われています。 ヒアルロン酸とレディエッセの違いについて表にして簡単にまとめたので参考にしてみてください。 施術方法 ヒアルロン酸 レディエッセ 特長 ・高濃度ヒアルロン酸、腫れにくい ・シワとみぞ治療で、厚生労働省から認可 ・鼻、アゴなどに注入することで骨同様の組織を形成する性質。 ・非毒性、非抗原性、非発がん性、非アレルギー 性の注入剤 成分 グリコサミノグリカン(ムコ多糖)の一種 カルシウムハイドロキシアパタイトが主成分 (歯や骨の成分) 施術時間 5分~ 5分~ 持続期間 半年~1年 1年~1年半 アレルギー ほぼ起こる心配なし ほぼ起こる心配なし 価格(1cc 10,000円~ 1か所につき150,000円~ レディエッセの一番の特長は、 ヒアルロン酸よりも注入量が少なくて、しかも持続期間が長いことです。 レディエッセは、ヒアルロン酸やコラーゲンなどの注射とは違い、注入した後に体の中で繊維芽細胞(せんいがさいぼう)に自身のコラーゲン成分をつくらせます。 そのため、カルシウムハイドロキシアパタイトが吸収された後もコラーゲンが残り、 長期間の効果の持続が期待ができるのです。 また、ヒアルロン酸より施術の料金は高くなりますが、安全性に優れ、FDA(米国食品医薬品局)、EC(欧州地域における法的規制に対する適合性表示制度)、KFDA(韓国食品医薬品安全局)など 世界10カ国で承認を得ています。 ボトックスでも鼻整形はできる? 余談になりますが、シワ治療に用いられることが多いボトックスも鼻整形に使われています。 ボトックスは、ボツリヌス菌からつくられるA型ボツリヌス毒素のことです。 表情シワができる部位の 筋肉の収縮を抑えてくれるため、注射するとシワがなくなります。 鼻整形におけるボトックスは、ヒアルロン酸のように鼻を高くする、というよりは 小鼻の縮小に用いられます。 ボトックス注射をすると、 小鼻の膨らみを引き締め、鼻頭の丸みを小さくすることが可能です。 そのため、ボトックスによる鼻整形は、 鼻のボリュームを抑えて控えめな可愛らしい鼻の形にしたい人に向いています。 ヒアルロン酸注射によるデメリット 鼻整形におけるヒアルロン酸注入はメリットの多い施術方法です。 しかし、施術に踏み切る前にデメリットについても知っておきたい人もいるはずです。 この項目では、ヒアルロン酸注射のデメリットについてまとめてみたので参考にしてみてください。 副作用について ヒアルロン酸の注射には、ごくまれに副作用が起こることもあります。 副作用については自然に治る場合もありますが、症状が深刻な場合は 担当医師に速やかに相談した方が良いでしょう。 ヒアルロン酸注射の副作用としては以下の4つがあります。 内出血• 腫れやむくみ• 痛みや違和感• チンダル現象 それでは順に説明していきます。 内出血 ヒアルロン酸を注射すると、皮膚が薄い部分や毛細血管が多い箇所に内出血が起こることがあります。 内出血は施術の失敗で起こるものではありませんが、できるだけ血管を傷つけないようにするために先端が丸い針を使うクリニックもあります。 内出血が起こった場合、 解消されるまでに 1週間程度の期間が必要となるでしょう。 腫れやむくみ ヒアルロン酸の注射をすると、 腫れたりむくんだりすることがあります。 ただし、 腫れやむくみは数日から 1週間程度で治まるので心配する必要はありません。 施術後は患部を強く触ったり押さえたりしないように気をつけましょう。 痛みや違和感 ヒアルロン酸の注射直後に注入した部位が かるく痛んだり、違和感を感じたりすることがあります。 これは打撲と同様の症状であり、 数日程度で治まるでしょう。 もし、痛みや違和感が続くようなら、速やかに担当医師に相談することが必要です。 チンダル現象 皮膚が薄い箇所にヒアルロン酸を注射した場合、 ヒアルロン酸が青く透けて見えることがあります。 チンダル現象については、 医師の技術や適切なヒアルロン酸製剤の選択によって防ぐことができます。 もし、このようなことが起こったら、すぐに担当医に相談することが大切です。 【まとめ】ヒアルロン酸による鼻整形は いかがでしたでしょうか。 ヒアルロン酸による鼻整形は、以下のポイントを押さえておけば良いでしょう。

次の

ヒアルロン酸注入の料金相場を調査

鼻 ヒアルロン酸 相場

料金相場はいくら? ヒアルロン酸注入にはどのくらいの費用がかかるのか。 東京のクリニック10院の情報をもとに、大まかな相場を調べてみました。 東京のヒアルロン酸注入の料金相場は ヒアルロン酸注入は使用量や種類によって、料金が変わってきます。 このサイトで紹介しているクリニックの主な料金を挙げると、以下のとおりです。 【光伸メディカルクリニック】 ・ヒアルロン酸/21,600円~ 【広尾プライム皮膚科】 ・テオシアル ピュアセンス グローバルアクション(0. 5ml)/42,000円 ・テオシアル ピュアセンス ディープライン(0. 5ml)/59,850円 ・テオシアル ピュアセンス ファーストライン(0. 35ml)/34,650円 ・テオシアル ピュアセンス リデンシティ(0. 5ml)/34,650円 【五本木クリニック】 ・額/120,000円 ・ほうれい線/200,000円 ・目の下、目尻、上唇/(各)120,000円 ・眉間/60,000円 【KM新宿クリニック】 ・目の周辺、ほうれい線、鼻、唇(上下)/(各)60,000円 ・あご/70,000円 【アイルクリニック】 ・1本/52,500円 ・テオシアル・リデンシティー(1cc)/42,000円 【銀座ケイスキンクリニック】 ・鼻、唇、顎/1本 75,000円 ・目の下/1本 90,000円 【東京美容皮膚科クリニック】 ・リデンシティー(1cc)/31,500円 ・レスチリン 1本(1cc)/105,000円 ・ほうれい線 2本/210,000円 【アオハルクリニック】 ・エセリス 0. 6ml /73,500円 ・ジュビダームウルトラ3(0. 8ml)/84,000円 ジュビダームウルトラ3(1. 6ml)/147,000円 【リゼクリニック新宿】 ・1ヵ所/63,000円 【南青山皮膚科スキンナビクリニック】 ・パーレーン 1. 0ml /73,500円 ・レスチレン 1. 0ml /73,500円 ・ヴィタール 1. 0ml /73,500円 クリニックにより定められている料金も、ヒアルロン酸の種類であったり、部位であったりとバラバラですが、料金相場を計算してみました。 ほうれい線の料金相場/ 97,685円 目の周辺の料金相場/ 60,615円 入れる箇所によって値段がかなり違ってくると思うので、まずは顔のどこにヒアルロン酸を入れたいのか明確にしてから、料金を調べていくのが良いですね。 ヒアルロン酸の種類 ヒアルロン酸には多くの種類があり、クリニックによって使っているものも異なります。 ここではヒアルロン酸の種類を一覧でご紹介します。 【レスチレン】 スウェーデンのQ-MED社製で、全世界で愛用されているポピュラーなヒアルロン酸です。 米国FDAにて、美容目的のヒアルロン酸として一番最初に承認されています。 【ジュビダーム】 粒子形状ではない滑らかな単相ゲルのため、真皮へ均等に浸透して、肌を自然な仕上がりにできます。 現在利用されている中でもっとも安全性が高いと言われているうえ、製剤中に含まれるヒアルロン酸濃度も高濃度です。 【エセリス】 ANTEIS社の特許である多重高密度マトリクスをもつ、新タイプのヒアルロン酸です。 真皮へのなじみも良く、滑らかな仕上がりが期待でき、細かいシワにも対応できます。 【フォーテリス・エクストラ】 ANTEIS社の技術を駆使した、ボリュームアップ弾性のヒアルロン酸です。 輪郭のくぼみや鼻筋、唇、深いしわなど、顔の陥没を修正するのに適しています。 【モデリス】 顔の輪郭形成とボリュームアップを目的にしている、単一形状のゲルヒアルロン酸。 多重高密度ヒアルロン酸注入剤のため、粘性をもちながら長く停滞するため肌の組織となじみやすく、1~2年も持続します。 しっかりとボリュームが出るため、頬やこめかみの凹み、あごなどに適しています。 【ジョリダーミス】 3種類の硬さがあるヒアルロン酸です。 目元の細かいしわから深いしわ、唇のボリュームアップなど、さまざまな用途で使えます。 【エレベス】 麻酔薬入りの注入剤です。 滑らかな高密度ヒアルロン酸で、しわや鼻、あご、唇等、多様に使用できます。 痛みに不安を持っている方でも安心して治療ができますし、約12ヶ月効果が持続します。

次の

鼻の美容整形の料金一覧

鼻 ヒアルロン酸 相場

部位別ヒアルロン酸注射の相場 ヒアルロン酸注射の平均値段を参考に相場をまとめてみました。 ヒアルロン酸を注入する部位によっても使う本数の違いがあるので価格に違いがあります。 84,330円 軽いしわ1本1cc ~252,990円(広範囲で深いしわ3本3cc) 74,883円 1本1cc 85,698円 1本1cc 85,192円 1本1cc 7万円 1本1cc 5万円(0. 3cc) 7~12万円(0. 6cc~1. 2cc) 10万円~(3cc~5cc) 30万円~40万円(200cc) ヒアルロン酸注射の価格は入れる量や製剤の種類によって変わってきます。 ただ、適切な入れる量は医師の判断を仰ぐしかないですし製剤の種類はクリニックの扱っているものから選んでもらうしかありません。 一般的にヒアルロン酸注射は注射1本1ccの値段が提示されていることが多いです。 そのため、1ccよりも注入量が少ない涙袋は相場が5万円、逆に注入量が1cc以上になるおでこは10万円など部位によって相場が変わってくるのです。 施術したい部位の大体の相場を把握した上で、提示してもらった金額で納得のいく施術をしてくれそうなクリニックを見極めましょう。 10院の価格を計算!ほうれい線のヒアルロン酸注射の本当の相場は? ほうれい線へのヒアルロン酸注射は多くのクリニックでは、注射1本分(1cc)の金額を提示しているので、ここでは1本の価格を集めています。 ほうれい線が深い場合、2本以上注入することもあるのでその場合費用は2倍以上になる可能性も知っておきましょう。 大手美容外科やアラガン社やガルデルマ社認定のボトックス・ヒアルロン注入指導医、認定技術指導医などが在籍するクリニック 10院の平均は84,330円でした。 また注入量は個人差があるため、価格が必ずこの通りとは限りません。 目元のヒアルロン酸注射10院分の価格一覧 目元へのヒアルロン酸注射は目の下のたるみや目尻のしわなどに対応します。 目元は皮膚が薄いため、目元向けのヒアルロン酸を使用するクリニックも多いです。 大手美容外科など 10院の平均は74,883円でした。 また注入量は個人差があるため、価格が必ずこの通りとは限りません。 鼻のヒアルロン酸注射の各クリニックの費用を公開比較! 鼻へのヒアルロン酸注射は多くのクリニックが、注射1本分(1cc)の金額を提示しています。 鼻へのヒアルロン酸注射は鼻根の高さを出すために注入されます。 大手美容外科など 10院の平均は85,192円でした。 また注入量は個人差があるため、価格が必ずこの通りとは限りません。 唇へのヒアルロン酸注射の価格一覧【10院】 唇へのヒアルロン酸注射は注射1本分(1cc)の価格を提示しているところもあれば、0. 1cc単位からの価格で表示されているところもあり様々です。 今回は1ccの価格で算出してみました。 大手美容外科など 10院の平均は85,698円でした。 また注入量は個人差があるため、価格が必ずこの通りとは限りません。 ヒアルロン酸注射で料金を見る際の注意ポイント ヒアルロン酸注射を行う際は、ホームページなどで提示されているヒアルロン酸注射の価格以外にも追加料金がかかることが多いです。 あとで、思っていたより金額が高かった…と思わないように事前に何に費用がかかるのか、具体的にみていきましょう。 よくある追加料金の原因は「麻酔」 ヒアルロン酸注射は他の施術と比較して、「身体へのリスクが少ない」、「ダウンタイムが短い」が売りの美容施術ですが、注射器でヒアルロン酸を皮膚内にいれて、指で押してならすので、施術では痛みがあるといえます。 初めての場合や痛みが少しでも怖いという方にはほとんどのクリニックで麻酔の使用をおすすめしてくるでしょう。 麻酔には、主に注射器の痛みを抑える表面麻酔(麻酔クリームなど)と施術中の痛みを抑えてくれる局所麻酔・ブロック麻酔、緊張や軽い痛みをごまかせる笑気麻酔と様々な種類があります。 それぞれの麻酔の相場は…• 麻酔クリーム…3,000円• 笑気麻酔…3,000~5,000円 ちなみに クリニックによっては、麻酔料金込みヒアルロン酸注射の価格をホームページに載せていることもあります。 また、麻酔の価格はホームページ上には載っていないクリニックも多いので注意してくださいね。 注射針の種類によっても追加料金が必要 ヒアルロン酸注射を行う注射針は、普通の献血のような注射針よりも細い注射針を使っています。 ただ、より内出血や痛みを少なくするために先が尖がっていない特殊な注射針(「マイクロカニューレ」「ソフトカニューレ」など)を追加で料金を支払えば使用できるクリニックもあります。 マイクロカニューレが追加料金で発生する場合は、プラス5000円~10,000円のことが多いです。 クリニックによって価格が異なるのはなぜ? ヒアルロン酸注射はクリニックによって価格設定に違いがあります。 原因は3つあります。 まずは、製剤の種類 ヒアルロン酸の種類はさまざまなメーカーのものがあり、各クリニックがメーカーを選んで取り寄せています。 一般的なヒアルロン酸のメーカーであれば、大きな価格の違いはありませんが、クリニックによって多少の違いがあるようです。 次に、医師の技術料 人気な医師や技術に定評のある医師はそれだけ予約もたくさん入るので技術料を高めに設定しているクリニックがあります。 クリニックのホームページで「技術料」と明記されていることはほとんどないので、わかりにくいですが… 価格に含まれる内容の違い 上でも説明していますが、 麻酔込みの価格のクリニックもあれば、 製剤自体の価格だけをウェブ上では表記しているクリニックもあります。 製剤自体の価格だけ表記している場合、実際施術する際に処置代や麻酔代が追加されます。 初回価格やキャンペーンを実施しているクリニックも ただ、それでも高いのは手が出ない、という人は各クリニックが用意している初回価格やキャンペーン価格、モニター価格、お試し価格などを利用するのが良いでしょう。 モニター価格は施術のビフォー・アフターなどの写真をホームページなどに掲載するもので、本人だとわからないようにしてくれるところもありますので、積極的に利用しても良いでしょう。 ただ、インターネット上に顔が出る可能性もあるので、きちんと話あった上で進めるようにしてくださいね。 お試し価格は、そのサロンを初めて利用する人に限りや、その部位を初めて行う人に限り、などの制約がありますが、お得に施術を受けることができるようになっているのでおすすめです。 アケミの総評 【免責事項】 ヒアルロン酸注射の施術について ヒアルロン酸注射による施術は、しわやほうれい線に直接注射でヒアルロン酸を注入することで皮膚をふっくらさせ、線を目立たせにくくするほか、 唇や涙袋、鼻筋のボリュームアップができる美容施術です。 施術を行う部位や肌質、仕上がりのイメージに合わせたヒアルロン酸のメーカー・注入する量によって費用は変動しますが 一般的な費用相場は1ccあたり3万~10万円程度。 ダウンタイムは約1~2週間程度とされ、副作用・リスクとしては注射針を刺すことによる内出血・腫れや赤み、むくみ、ヒアルロン酸を注入した部位の若干の違和感・異物感が発生する場合があります。 ヒアルロン酸は半年から一年程度で体内に吸収されるため、効果が薄れてきます。 そのため効果を保つには繰り返し注入が必要です。 不安や疑問に思う点については、医師にしっかりと確認をし、施術を検討することをおすすめします。 当サイトをご覧いただいた末の施術において、何らかのトラブルが生じた場合、当サイトでは一切の責任を負いかねますことをあらかじめご了承ください。 (本サイトは、2019年9月時点の情報を基に作成しています。

次の