食道 アカラシア 治療。 食道アカラシア

POEM診療ガイドライン

食道 アカラシア 治療

食道には「3大疾患」と呼ばれるものがあります。 1つは「食道がん」、そしてもう1つは「逆流性食道炎」。 この2つは有名ですが、もう1つ「食道アカラシア」という病気があります。 そこで、今日はこの「食道アカラシア」について、6月11 日(月)、松井宏夫の「日本全国8時です」(TBSラジオ、月曜あさ8時~)で解説しました。 食道がんや逆流性食道炎に比べるとマイナーですが、食道アカラシアも影響の大きい病気です。 症状としては、まず食べ物だけでなく、飲み物も、飲み込みにくくなります。 そして、胸のつかえ、痛み、胸焼け、進行すると、嘔吐や背中の痛みがでて、病状が進行すると体重が減少したり誤嚥性肺炎などが現れます。 こうした症状があり、病気がはっきりしない方は食道アカラシアを疑ってみていいでしょう。 この食道アカラシアは、傷が残る外科手術しかなかったんです。 そこに新しい負担の少ない手術方法が開発されて、日本でもかなり広がりを見せています。 そこで今日は食道3大疾患の1つ、食道アカラシアについて、その最新医療をご紹介します。 胃につながる食道の出口には、逆流を防ぐ筋肉のバルブ=弁のようなものがついています。 そのバルブが閉じたままでは胃に食べ物が落ちて行かないので、物を飲み込んだ時にバルブが緩んでくれるのが、正常なバルブの動き方です。 しかし、食道アカラシアになると、2つの異常が出て来ます。 この影響で、はじめにご紹介したように、症状としてはまず食べ物が飲み込みにくくなります。 これは固形物だけではなく、液体もうまく飲み込めなくなります。 そのほか胸のつかえ、痛み、胸焼け、進行すると、嘔吐、特に夜間寝ている時に多い傾向があります。 さらに背中の痛みがでて、病状が進行すると体重が減少したり誤嚥性肺炎などが現れます。 こうした症状のうちいずれかの症状がある場合は、食道アカラシアの可能性があります。 そんな食道アカラシアの診断方法は4つあります。 これらによって、食道の拡張=大きく広がりすぎていないか、や、食道と胃のつなぎ目が狭くなりすぎていないか、圧力が強すぎていないか。 そして、食道がちゃんと正常な働きをしているかを検査します。 それらを総合的に判断して、食道アカラシアかどうか診断します。 特に腹腔鏡手術は治療効果が高いことから食道アカラシアの根治的治療の主体とされています。 しかし、おととし保険適用となった新たな治療法がここ数年で広がってきています。 その治療法の名前が「POEM(ポエム)」経口内視鏡的筋層切開術といいます。 この方法は、体に傷をつけずに内視鏡=いわゆる胃カメラだけで行う方法で、昭和大学江東豊洲病院の井上晴洋教授が世界に先駆けてヒトで成功した方法です。 そして、食道を締め付けている筋肉を切って緩めることで、食道を広げるという手術です。 その「POEM」の良い点は、お腹を切ったり、穴を開けたりしないで済むこと。 体への負担が少ないという点などです。 体に傷がつかないこと、という点でいうと、これまでの食道アカラシアの手術では、根治的治療ができて、再発が少ない腹腔鏡手術が行われていました。 ただ、この腹腔鏡手術、腹部に5か所の穴をあけ、そこから腹腔鏡を挿入して手術します。 これでは筋肉の切開が長くても7センチくらいしかできません。 傷も残ります。 加えて筋肉を25センチも切開することができ、きちっと治療を終えることが出来ます。 また、体への負担が少ない、ということでいうと、腹腔鏡手術では手術時間が3~4時間かかっていたんですが、POEMは口から挿入した内視鏡だけで筋肉を切開するので、時間は1時間半ほどなのです。 また、腹腔鏡手術では通常、患者さんに『食事は普通にできるようになるが、胸の痛みは取れない』と説明するのですが、POEMの場合は7割方は胸の痛みが消える。 入院期間は、術後4日で退院です。 それで、翌日から水が飲め、2日目から食事ができます。 逆流性食道炎は、食道と胃のつなぎ目の筋肉が弱まって胃酸を含む胃の内容物が食道へ逆流するというものです。 これに対しPOEMは、内視鏡を使って、その筋肉を切って緩めることで、食道を広げるという手術で、逆流性食道炎の発生率は15%です。 これまでに重症化した例はなく、すべて内服薬でコントロールできているということです。 POEMは、3歳以下の幼児や、全身麻酔がかけられない体の状態が悪い患者さんは、適応外となりますが、それ以外の患者さんであれば受けることができます。 このため適応範囲が広く、メリットが多いので、世界的にも食道アカラシアに対する標準治療になってきています。 日本国内で現在POEMを導入している病院は、昭和大学江東豊洲病院の他、そちらで指導を受けた医師たちが地元の病院に戻って治療を行っていて、現時点で20施設程度あります。

次の

猫の食道アカラシア(巨大食道症)~症状・原因から治療・予防法まで

食道 アカラシア 治療

一週間ほど「」に入院していました。 この件については当初このブログに書かないつもりでした。 しかし、こうしてこの病気が完治してみると、同じ病気で苦労している人が一人でも多くこの治療にたどり着いて欲しいと思うようになりました。 食道アカラシアは治るのです。 まず「食道アカラシア」がどういう病気かということですが、簡単に言うと食道と胃袋がつながっている部分の収縮がうまくいかず、食べたものが胃袋に届かないという病気です。 最初のうちはどうも食べ物が通りずらいなぁ、という程度だったのですが、徐々に徐々に症状が悪化していき、28歳くらいのころほとんど食事ができなくなりました。 当時僕は名古屋に住んでいて、職場の友人に日本でも三本の指に入る胃腸科が名古屋にあると聞いて行ったのが「」でした。 この病院にたどり着くまで色々な病院にかかったのですが、原因がわかりませんでした。 横山胃腸科病院にいくといきなりバリウムを飲まされ、即座に「これアカラシアだね」といわれ、僕の病気が「食道アカラシア」という病気だとわかりました。 この病気の発症率は10万人に1人ぐらいといわれています。 横山胃腸科病院での治療はバルーンという方法で、食道内にバルーンをいれ、細くなっている部分を拡張させるというものです。 この治療で症状はずいぶん良くなりました。 しかし、病気そのものが完全に治った訳ではなく、また、治療法が確立されていたわけでもありません。 僕の食道はまた徐々に悪くなり、食べ物も通りづらくなっていました。 そんなときに「」という治療法があるということをインターネットで見つけます。 色々調べていくうちに「昭和大学江東豊洲病院」でその治療が受けられるということがわかったのです。 病院のHPをみると「病院からの紹介による受診が原則」となっています。 そこで僕は担当のドクターに直接メールを送ってみました。 はじめまして。 私は北海道枝幸町に住む野口といいます。 現在51歳です。 昭和37年12月28日生まれ。 私は30年ぐらい前に食道アカラシアと診断されました。 現在も食道が詰まる症状があります。 インターネットで貴病院のアカラシア治療を知りました。 私も是非治療をしてもらいたいと思い、メールしています。 北海道の田舎に住んでいますので、気軽に通院するわけにはいきません。 どのような方法があるか教えてください。 この文の後に住所と電話番号を書き午前中に送信しました。 すると、なんとその日の午後7時ころ僕の携帯電話にドクターから直接電話がかかってきました。 現在の症状やアカラシアに間違いないのかということ「POEM」という手術の内容などを話し、本来なら診断書を持って来てもらいたいのだが、事情が事情なので、こちらに来てもらって診断し、そして治療をしましょうということになったのです。 その後何回かの電話のやり取りとメールのやり取りで、10月28日午前9時に入院、29日午後から手術、11月3日に退院。 という計画が決まりました。 最初のメールを送ったのが8月25日。 治療の計画が決まったのは9月の上旬です。 病院に入る前に役場に行き「国民健康保険限度額的用認定証」をもらって来ました。 これは病院との打ち合わせの中で確認しています。 「POEM」治療は高度先進医療になっていて、手術費は153,000円。 その他検査費用入院費用込みで総額30万ぐらいかかるのではないかといわれていました。 8月27日に東京に入り、28日9時に病院に着きました。 患者サポートセンターに行き入院の手続きをとり、すぐ検査です。 X線単純撮影 2. 採血・採尿検体検査 3. 心電図検査 4. 呼吸機能検査 ここまで終わってようやく病室に案内されて僕は7階の5人部屋に入りました。 X線透視・造影検査 6. 上部消化管内視鏡 7. X線CT検査 内視鏡は麻酔をしてできるのだが、僕は痛みのほどを知っておこうと思ってあえて麻酔無しでやってもらったんだけれど、失敗だった。 麻酔をしてやるほうがまったく楽でした。 検査の後夕食。 29日午後から手術。 手術台に横になる。 さまざまな装置を体につけられて、麻酔科の医師が「眠くなる薬入れますよ」 「野口さん、野口さん、終わりましたよ」 所要時間は1時間30分ほど。 僕は手術の結果が聞きたくてドクターに「うまくいきましたか?」内視鏡を何度も通したせいか声ががさがさでした。 ドクターは「大丈夫です、成功です」といってくれました。 この日は絶食。 30日、内視鏡の検査とバリウムの検査。 バリウムの検査、モニターが患者にも見える位置にあるので、バリウムの動きが良くわかります。 手術の前は飲み込んだバリウムが胃の手前の食道でドンと落ち着いてしまい動きません。 もう一口飲むとちょろちょろとバリュウムが少しだけ胃のほうに移動します。 これがアカラシアの症状です。 手術後、バリウムを一口飲み込むと、一旦胃の手前で止まりますが、バリウムはそのまま胃のほうへ流れていき、食道に滞留するバリウムはありません。 この映像を見たときはうれしかった。 自然にこぶしを握り締めていた。 POEMは成功です。 7階のデイルームから富士山が見えます。 31日は三分粥 11月1日は全粥になりました。 2日は普通食。 昨日、朝9時に退院。 11時15分の旭川行きエアドウに乗り帰って来ました。 今回の入院でかかった費用は260,723円、保険請求用の文書料が7,642円。 往復の航空チケットが3万円。 前泊のホテル代が7千円。 旭川空港までのガソリン代、車の駐車料金3,500円。 以上です。 決して安くはないのですが、これで長年苦労したアカラシアが治療できるのだと思えば安いものです。 これで今まで食べることができなかった大好きなイカやモツやお餅も食べられるだろう。 レース中の水分の補給や栄養の補給も楽になる。 良いことだらけだ。 もし、今アカラシアの症状で困っている方がいたら是非「POEM」治療を受けてください。 お返事頂いており、どうもありがとうございます! 4月30日にPOEMの手術を終えました。 私の場合は17cm程切ったみたいです。

次の

昭和大学 江東豊洲病院 消化器センター_対象疾患_食道の疾患

食道 アカラシア 治療

食道アカラシア 食道アカラシアの原因 詳しい原因はよく分かっていません。 食道アカラシアの症状 嚥下障害や胸やけなどが起こることも では、食道が十分に開かないことで、食べ物の残りかすが食道の中にたまってしまいます。 主な症状は、食べ物を飲み込みにくくなること((えんげしょうがい))です。 特に冷たい流動食を飲み込みにくくなります。 また、食道にたまっている食べ物の残りかすが原因で、食道が炎症をおこし、胸やけなどの症状が出てくることもあります。 食べ物が誤って気管に入ってしまうこともあり(誤嚥(ごえん))、それが原因でをおこすこともあります((ごえんせいはいえん))。 この確認には、食道造影検査がもっとも有用です。 食道造影検査とは、バリウムを飲んでレントゲンで撮影する検査です。 この検査で、食道の動きがおかしくなっている様子や、食道から胃に食べ物が流れるのが遅くなっている様子が確認できます。 また、内視鏡検査で、食道の中に食べ物の残りかすがたまっている様子が確認できます。 食道アカラシアの治療〜基本は内視鏡 重症の場合には手術治療も行われる の治療では、内視鏡を使った治療が一般的です。 これは、食道の狭くなっているところに内視鏡で風船をいれ、風船をふくらませることで食道を広げるという治療法です。 しかし、再発も多いことが問題となっています。 また、重症の場合には、手術で食道を広げる治療もおこなわれています。 記事1: 記事2: 食道アカラシアとはー食道が十分に開かなくなる病気.

次の